総合オススメ度 ☆☆

運営株式会社日本リサーチセンター
ルート1P=1円
最低換金額10円(PEX)500円(図書カード)
手数料無料
アンケート数週に1~2件程度
紹介制度なし
ランク制度なし
有効期限年に一度の登録情報の更新で延長される

サイバーパネルの特徴

ネットアンケートの他、座談会や会場調査、サンプル調査の募集もあります。ネットアンケートは、週に1~2件程度と決して多くはありませんが、ポイントの高いアンケートが多いです。事前調査で対象に該当すると、後日、本調査のアンケートが送られてきて、50P~100Pほどのポイントを獲得できます。また、事前調査でも、会場調査のスクリーニングでも、1P~2Pほどのポイントが付与されます。

アンケートサイト年間収入ランキング

アンケートサイト月別収入


サイバーパネル(日本リサーチセンター)会社概要~モニター登録の際の危険性と安全の判断基準~

31ed512c255d7484989104c0a1e800d7_s
サイバーパネルは、株式会社日本リサーチセンターが運営するアンケートサイトです。
日本リサーチセンターの創業は、1960年と古く、国内でも老舗の市場調査会社と言えます。資本金1億円、社員数は96名と決して大きな企業ではありませんが、これまで行政や多くの企業のマーケティング調査に携わってきました。

もちろん、一般社団法人日本マーケティングリサーチ協会の加盟企業で、プライバシーマークも取得認証しています。さらには、日本経済団体連合会(経団連)の会員企業でもあります。会社の信頼性を問う上で、これ以上のものはないでしょう。

サイバーパネルの登録者数

現在、約20万人がサイバーパネルに登録しています。他の大手のサイトと比較すると決して多くはありません。それだけに、調査が〆切になるのもさほど早くはなく、競争率も高くはないです。知る人ぞ知る存在のオススメしたいサイトの一つです。

サイバーパネルのセキュリティは大丈夫か?

サイトは、SSL(TLS)の暗号化通信になっており、個人情報が外部に流出することはまずありません。
ただ、会社本体(日本リサーチセンター)のサイトによると、名簿の販売やサイト登録料の請求など、自社の名前を語った架空請求の被害が起きているようです。もちろん、サイバーパネル(日本リサーチセンター)は、プライバシーマークを取得している企業なので、名簿の転売といった違法行為などは行っていません。また登録にかかる費用に関しても、全て無料です。サイバーパネルに限らず、日本のどのアンケート会社でも、登録に費用がかかることはあり得ません。日本リサーチセンターの名を語った詐欺メールには十分注意してください。

サイバーパネルの登録資格

日本在住で義務教育を終えた15歳以上の人であることが条件です。
家族で登録も出来ますが、それそれメールアドレスを用意する必要があります。

登録方法(もちろん無料です)

トップページの「新規登録をする」をクリックして始めます。

こちらからも行けます。



「会員規約」を確認し、「会員規約に同意する」にチェックを入れます。

次に「登録情報」のページに進みます。

メールアドレス
メールアドレス(確認)
パスワード
パスワード(確認)

なお、サイバーパネルは、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。かならずPCやフリーメールのアドレスを使ってください。
調査自体はスマホなどの携帯でも行えます。


生年月日(ポイント交換の際に必要になるので正しく入力してください)
性別
郵便番号
都道府県
市町村と以下の住所
マンション名/部屋番号
氏名(漢字)
氏名(フリガナ)
電話番号
携帯メールアドレス

以上を入力し、「確認」をクリック。
 
仮登録の内容を確認し、修正する部分がなけれな、「仮登録」をクリック。
その後、最初に入力したメールアドレス宛にURL付きの本人確認のメールが届きます。
URLをクリックして、本登録完了の画面が表示されると、新規会員登録完了です。


登録情報の更新とポイントの有効期限

年に一度、「登録情報の更新手続き」のメールが届きます。〆切までに一定の期間が設けられていますが、その期間を過ぎてしまうと、ポイントは失効してしまうので注意が必要です。

アンケートが来ない

9b82ab7dfa18a0d4853d90f2a2aad1ef_s
サイバーパネルでは、虚偽の報告や回答に大きな矛盾がある場合、アンケートの送信がストップされることがあ
ります。
①登録時に虚偽の報告があった場合。(存在しない住所で登録するなど)
②事前調査と本調査で異なる回答があった場合。(事前調査では車を運転したことがあると答えたのに、本調   査では、運転したことがないを選択するなど)
③自由回答に意味不明な文字を記入する。
④登録情報と大きく相違する回答を行う。(男性で登録したのに、アンケートでは女性と答えるなど)

また、こちらは誰にでも該当することなのですが、登録直後は手続きに時間を要するせいか、すぐにはアンケートは来ません。1.2週間、気長に待ってみてください。

サイバーパネルの稼ぎ方

ネットアンケートで稼ぐ

ネットアンケートは週に1、2件入ります。件数は多くありませんが、ポイントは高いものも多いので要注目です。事前アンケートで1P~2P、対象に該当すると、後日、本調査が送られてきます。50P~100Pほどのものが多いです。

また、座談会や会場調査のスクリーニングにもポイントが付きます(1P~2P)。アンケートのタイトルにその旨記されているので、お見逃しのないように。

会場調査や座談会、サンプル調査で稼ぐ

参加型調査の依頼も、週に1件ほどは入ってきます。
個人的には、ここ何年もネットアンケート以外の調査に参加していない気がします。(座談会のテーマが自分とかけ離れたもののことが多いせいだと思いますが)サンプル調査には参加した経験があります。

モニター調査の種類とそれぞれの一般的な詳細はこちらに記しましたので、ご覧ください。

友達紹介で稼ぐ

サイバーパネルでは、サイト独自の友達紹介制度はありません。
しかし、ASP(アフィリエイトサイト)と提携しているものは存在します。
ブログなどを通じて、紹介した友達がサイバーパネルに登録することで、ASPサイトから紹介料がもらえます。
現在、サイバーパネルと提携しているASPサイトは、アクセストレードです。

アクセストレードの登録はこちらからどうぞ
アフィリエイトのアクセストレード

サイバーパネルのポイント交換アイテム

PEX(10P~) 交換日 月締め翌月15日~末日までに

図書カード(500P~) 発送 月締め翌月25日~翌々月初旬までに

寄付 国連UNHCR協会 (5P~)

手数料は全てのアイテム無料です。
ただし、PEXに関しては、PEXから各銀行への振り込り込みの際の手数料は自己負担になります。

PEXから銀行に振り込む際の手数料
   銀行名  手数料  
楽天銀行 500P(¥50)
ゆうちょ銀行 500P(¥50)
みずほ銀行 500P(¥50)
住信SBIネット銀行 500P(¥50)
ジャパンネット銀行 1000P(\100)
その他の銀行 2000P(\200)

(PEXのルートは10P=¥1です)

まとめ サイバーパネルのポイントゲットの秘訣
ネットアンケートで貯める。
座談会・会場調査・サンプル調査に参加して貯める
ASP経由の友達紹介で貯める


サイバーパネルの登録はこちらからどうぞ。


アンケートモニターおすすめトップ御三家☆☆☆☆☆のサイトはコチラをご覧ください。
アンケートモニターおすすめ度☆☆☆☆のサイト一覧はコチラをご覧ください。
アンケートモニターおすすめ度☆☆☆のサイト一覧はコチラをご覧ください。
アンケートモニターオススメ度☆~☆☆のサイト一覧はコチラをご覧ください。