March 13, 2011

[WindowsPhone7]日本人がAPP HUBへ登録する際のポイント

2011/3/11に東北地方太平洋沖で発生した地震の際に、わたしは東京に居てたのですが
なんとか自宅に帰りつくことができました。
被害に会われた方々がとても心配ではありますが
空いた時間で試したことをメモしておきます。 ※協力:みつばたん


2011/3/13現在、WindowsPhone7の端末は日本では売られてません。

ところが!わたしもついにWindowsPhone7端末(fromもちろんアメリカの端末)を手に入れることができたため

よし!マーケットプレイスに自作アプリを登録するか!

と意気込んだもののv( ̄∇ ̄)v

ちょっとしたことで詰まってしまうことが多く………

やはり、日本でのマイクロソフトさんのサポートを待つ方が効率は良いのですが、今日はひとまず、試したことの一つとして「AppHubへの登録」の手順を示したいと思います。


=====なぜAPP HUBに登録するの?=====

WindowsPhoneへ自分の作成したアプリを登録するには、マイクロソフトさんの提示しているAPP HUBに登録を行う必要があります。
これは自分のLiveIDをAPP HUBに紐つけるということです。

いちお、公式ページにも登録手順は書いてあります。
APP HUB 操作の流れ
http://create.msdn.com/ja-JP/home/about/how_it_works

Googleさんで「apphub 登録」と検索すると、結構みなさん、登録自体はすんなりされているようで、なんら問題無いように思うのですが〜

ところがどっこい、わたしはうまく登録すらできなかったので、その理由をまとめときます。


=====まずはWindowsPhone7にLiveIDを紐つける=====

手元にあるWindowsPhone7を起動すると、LiveIDを登録しようよ!と促されます。
なので、最初に

1)自分の普段利用している "xxx@live.jp" を登録しました
    (↑↑↑まず、これはアメリカ端末では間違いです)


その後、WindowsPhone7のメニュー画面をポチポチ触って行くうちに、どうやらXboxアカウントを作成することが出来るらしいと気づきます。
そこで、

2)促されるまま、XboxアカウントをWindowsPhone7上で作成しました
    (↑↑↑これも間違いです)


その後、マーケットプレイスという、いろんなアプリが落とせるサイトを見るのですが
全然アプリが表示されず…
Twitterクライアントとか、PDFビュワーとか色々落としたいのに、何で無いのかなぁと(´;ω;`)

WP7人柱的識者に聞くと

「WindowsPhone7に登録するアカウントは日本の"live.jp"ではなく、アメリカの"live.com"にしないとダメだよ」

と、衝撃の事実を聞きます。
WP7端末は、一度LiveIDを登録すると、二度とそのアカウントは変更できない作りなので、初期化をするはめに。

3)仕方なく、"xxx@live.com"というアメリカのMSNサイトでアカウントを取得します

この米アカウントをWP7に入れると、マーケットプレイスにいーーーっぱいソフトが表示されるようになりました。

ひとまず、「WP7端末への登録はLiveIDをアメリカのものにしとく」でクリアです。


=====APP HUB にLiveIDを紐つける=====

その後、APP HUBに登録しないと、自作アプリが公開できないとか、WP7端末へアプリをインストールする(端末アンロック)ができない、などなどを知ることになります。

初回の失敗が痛手だったので、今度はWP7人柱的識者に登録方法を初めから聞いてみました。

「WP7への登録はアメリカアカウントだけど、APP HUBの登録は日本アカウントでないとダメ」(※α)

とのことです。

APP HUBへ登録するには、"年間サブスクリプション99 ドル"を支払う必要があるため、
その際にクレジットカードの登録が必須らしく
LiveIDと同じ国のクレジットカード番号が無いと、登録時に跳ねられます(※β)

既にXNA Creators Clubのプレミアムメンバーの人などは別だと思いますが
このサブスクリプションの支払登録にも少しワナがありました。


(※α)とのことなので、

4)今まで普段利用している "xxx@live.jp"(1の手順で登録失敗したやつ)を再度利用することにします

APP HUBのトップ
http://create.msdn.com/ja-JP

APPHUB-top


右上に「サインイン」があるので、そこに自分のLiveIDを登録します。

…ところがですが、最後のクレジットカードの登録が失敗するのです…

よく考えると、"xxx@live.jp"は日本のアカウントですが、手順2で、アメリカのXboxアカウントと紐つけしてしまっています!!!
つまり、(※β)の条件に合致しなかったみたいです……


また仕方なく、

5)新規に "yyy@live.jp" の日本のアカウントを取得します。

この全く新規で綺麗なアカウントを用いで、再度

6)"yyy@live.jp" の日本のアカウントをAPP HUB に登録を試みます

…ところがですが、今度は「APP HUBの登録要件に合致しません」と出て、サインインすら出来ない状態になります…


どうも、APP HUBの登録要件の中に、”20歳以上”という項目があるらしく、誕生日を登録していないと、APP HUB へのサインインすら出来ないようです。

これに気づいて、後から"yyy@live.jp" の誕生日をきちんと登録したのですが、初回の登録の時の誕生日が絶対有効になるようです。。


ああ、また仕方なく

7)新規に "zzz@live.jp" の日本のアカウントを取得します。
    (今度はきちんと誕生日も登録)

8)"zzz@live.jp" の日本のアカウントをAPP HUB に登録します。

これでようやく、登録もきちんと出来て、クレジットカードの登録も完了しました(o^∇^o)ノ

-----------------------------------------------------------------------
SaoHaruka 様

2011年3月12日にご購入いただいた [App Hub 12 ヶ月間のメンバーシップ] のサービス内容は、
以下のようになっておりますのでご確認ください。
このメールのコピーを、記録として保存しておいてください。

この商品は特定商取引法による返品の対象外です。
このメンバーシップを購入することで Windows Phone 向けに
Silverlight または XNA Framework を使用して作成したアプリケーションを
Windows Phone マーケットプレースに配信したり、
Xbox 360 向けに作成した Xbox LIVE インディーズ ゲームをXbox LIVE マーケットプレースに
配信するために必要な App Hub のサービスを 12 ヶ月間利用することができます。
このメンバーシップの価格は \ 9800 (税込) で、期限が切れる前に
更新の変更や解約を行わない限り、その時点の価格で同種のメンバーシップ (12 ヶ月間) に
自動的に更新されます。メンバーシップの有効期限や購入価格については
http://billing.microsoft.com でご確認ください。
メンバーシップの変更や解約については App Hub のサイトから「よくある質問 (FAQ)」をご覧ください。

....

Microsoft オンライン サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

Microsoft カスタマー サポート
-----------------------------------------------------------------------

こんなメールが届いています。
ほっ、良かったぁ〜

まとめると、「APP HUBへの登録は、初回に誕生日を記載した、純粋な日本のLiveIDを用いること、(XboxIDも含めて)」です。
ノーマルに利用している日常アカウントでOKだと思われます。

この後は、GeoTrustによる本人確認が必要みたいです。

まだまだワナは多そうですが、今日はこんなところで………


haruka_sao at 14:24コメント(0)トラックバック(0)WindowsPhone | 設定 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Sao's Tech Memo
mvp_logo_140

Microsoft MVP for Windows
Platform Development
[Jan,2015-Dec,2015]
Microsoft MVP for
Client Development
[Jan,2014-Dec,2014]
Microsoft MVP for Client App Dev [Jan,2010-Dec,2013]
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索