いくつかある政策課題のなかで、私が特に「今年中には軌道に乗せたい」と張り切ってやっているもののひとつに、「公共交通、特にバス問題」があります。

27日(水)に、その先進地である石川県宝達志水町(ほうだつしみずちょう)を視察に行ってきました。





DVC00070
宝達志水町とは、旧・志雄町と旧・押水町が合併して誕生した町です。

写真は、支庁。




さて、私がこの宝達志水町の何を学びに行ったのかと申しますと、「100%デマンドバス・システム」です。


従来の路線バス交通の欠点として、「利用需要がないのにバスを走らせる」というものがあります。これはバスというものの性質上、致し方ないことでもあります。「決まった時間に、決まったルートを走る」ことが路線バスの特徴なのですが、逆に言えば、「ひとりも乗らないのに、バスを走らせねばならない」ことにもなります。

そうするとどうなるのか。
 (1)空バスが走る(=税金の無駄)
 (2)バスの時刻に都合が悪い人はタクシーを利用する(=住民の負担)
という現象が起きます。

これを解消するためには、便数を増やすより他に手だてはないのですが、それをやると行政負担が重くなるばかりです。

つまり、
 (A)バスは、便数が少なくて不便だ。
 (B)タクシーは便利だが、お金がかかる。
というのであれば、「路線バスとタクシーの中間」の公共交通を目指せば良い。それがデマンドバス・システムの目的になります。

具体的には、
 (1)おおまかな路線時刻が定まっている(バスの特徴)
 (2)指定した場所にバスが来てくれる。かつ、指定した場所で降ろしてくれる(タクシーの特徴)
 (3)申込があれば走るが、申込がない場合は走らない(行政負担の軽減)
この3つの特徴を兼ね備えています。

例えば、足の悪いお年寄りが病院へ行きたい場合、これまでの路線バスではバス停まで歩いていきました。それが家の前まで来てくれるということです。そして、病院帰りに買い物に行き、どこかでお茶でもして、「さあ、帰ろうか」となったときにそこまでバスが来てくれるというもの。

ですから、路線バスのような大型バスは用いません。小型タクシー車両と、ジャンボタクシー車両を併用することになります。




これを実現可能にしたのがCTIシステムと呼ばれるもので、コンピューターによる一括情報管理システムです。

DVC00066
デマンドバスを利用したい人は、その旨を申し込みます。勝山で言えば、「坂東島の松村と申しますが、家からサンプラザまで8時20分の便を使いたいのです」と申し込むと、オペレーターがそれを受け取り、データーを入力します。

同じ便に複数の申込があれば、乗合で行くことになります。そのルート選定などをコンピューターが処理します。






DVC00068
これがコンピューター画面。わかりづらいのですが、現在運行しているバスがどこを走っているのかが示されています。これらはGPSを用いています。








通常、議員視察というと視察団を組んで出かけるのですが、私は基本的にひとりで行くことが多いです。というのも、ひとりで行けば「聞きたいことを徹底的に聞けるから」


今回も、このデマンドバス・システムの導入背景、導入の方法、課題とその解決方法並びに導入の効果などを根掘り葉掘り聞いてきました。


おかげで良い勉強になりました。


もちろん、勉強しただけでは市民に対してメリットがありません。

これから、具体的な行動へと動き始めます。その経過等については、また報告致します。









さて、時間も少し残っていたので、せっかく宝達志水町に来たのですから、名所に寄って帰ろうかと。

実は、どうしても寄って行きたいところがありました。それは、
 「モーゼの墓」

なぜ、日本にモーゼの墓があるのか?そういう細かいことを気にしてはいけません。

( ´_ゝ`)ノ

あるものはあるのです。




宝達志水町のお隣は羽咋市。羽咋といえば、UFOでお馴染み。

すごいエリアだ・・・・・!



というわけで、視察の終わりに宝達志水町の総務課長さんに
「モーゼパークはどう行けばいいのでしょうか」
と尋ねてみました。

「他にも良いところはたくさんあるのに、よりにもよってそこですか?」みたいな顔をされましたが・・・・





DVC00071
山間の寂しいところに、その看板は立っています。

嫌でも期待は高まります。







DVC00073
モーゼパークは一大アミューズメントです。

アスレチックも楽しめます。








DVC00075
なぜ、ギリシャ風なのでしょう。モーゼなのに。

うんにゃ。
そういう細かいことを気にしてはなりませぬ。 ( -д-)ノ






ところが、ここから先に進もうかと思ったところ、さすが十戒のモーゼ。訪れた人々に受難を与えます。モーゼの墓まで歩いて行くには、山の中をテクテクと行かねばなりません。熊が出てきそうなんですね。ちょいと怖い。

モーゼの記帳所(!)があったので「記帳だけでもしていくか」と思ったのですが、残念ながら記帳の帳面が置いてありませんでした。


皆さんも、一度行かれてみては?かなり面白いですよ。