Welcome to the Haruka Misaki world!
アナル開発研究家。オスビッチ研究所のしょちょー。東京アナルクリニックTABOUの院長。MotheRsのオスガズムに出てくるセンセーです。人体を極限まで淫乱化させることに執念を燃やして研究しています。そのために医学、歴史なども勉強中。訓練済みのサイキックなので、イロイロ見えます。占い師もやります。医者とワインとバースチャートと形而上學が好物。

IMG_8215
(先日、弥音さんの誕生日で、みんなでサプライズケーキをプレゼントしたんです♡)

皆さんご無沙汰しております。
もう、あっちやらこっちやら、手直しとか更新とかやっていたら、
自分のことは一番後回しになるものなんですね。

つくづく日本人だなぁと痛感する今日この頃です。


さて、書きたいことは山のようにあるのですが、
ブログとしてきちんと書くのは今後も少なそうなので、
私の最新情報はTwitterでございます。
そちらをこまめにチェックくださるとありがたいです。

私のところにいらっしゃるお客様は、
Twitterを見ている前提でお話したりするので、
たまに噛み合わないこともありますが、
まぁ、あまりお気になさらず(笑)。

Twitterは基本的にアナル関連のことを重点的に呟いていますが、
それ以外の遥も興味がある方は、どうぞインスタグラムへ。
こっちはアダルトな写真は掲載できないので、日常です。
で、アダルトな画像はtumblerへ今後は収納いたします。

いろいろややこしいですが、暇つぶしにでもご活用ください。
 

閑話休題


書きたいことのひとつに、
地震予測のことがあったのですが、
たとえば、プレイ中に予期せぬ事態が起きたとき、
どう逃げたら良いのかと考えることがあります。

オスビッチでもTABOUでも、
使わせて頂いているホテルで、オートロックのお部屋がたくさんあります。
私はこれがとっても不安で。


オートロックとは、フロントで各部屋の施錠を管理しており、
勝手に開けることができないシステムでして、
プレイが終わって私が先に失礼するときも、
いちいちフロントに電話して、残られるお客様に代わってくれと言われます。(防犯のため)

そこまでやりとりしていても、
ロックが外されないときもあるのです。


こんなホテル。。。本当に実際に地震があったとき、
すぐに開錠してくれるのでしょうか?
停電になっても、大丈夫なんでしょうか?


この界隈は、外観はリフォームしても、中身はすごく古いホテルが多く、
お客様から「だまされたー!」という言葉をよく聞きます。
中にはお風呂のお湯が出なかったり、エアコンが壊れていたり・・・
もちろんそういったお部屋は替えてもらいますが、
こちらは時間刻みで動いている身、本当に困ります。


そんなわけで、
なるべく、なるべく、(強制ではありません。)
オートロックではない、どこも壊れていないホテルを選んでいただけると、
お互いスムーズに快適にプレイできると思いますので、
ご参考頂けますと幸いです。



JHTグループはすべてのホテルがオートロックではありません。
★ホテルバリアン
★ホテルアトラス
などなど。


そして!また話題が変わります。


東京アナルクリニックTABOUにて、
あるアクシデントが発生しました。

アクシデントというか、たまたまなんですが。


お客様の中には、常用されている薬剤がある方がいます。
その中に、肩こりがひどいときなどに処方される、「リボリトール」と、
高脂血症の方に処方される「クレストール」、
欧米では「やせ薬」として処方され、日本でも個人輸入できる、
「オリスタット(セニカ)」を飲用されている方、
大変申し訳ございませんが、開発は困難を極めると思っていてください。


リボリトールとオリスタットは以前から症例があったらしいのですが、
クレストールは最近のことで、
私もいまだその副作用の実態がつかめておりません。
しかしあきらかに泌尿器(前立腺)にダメージが出ております。


オスビッチもTABOUも前立腺以外の開発が可能ですが、
ここを無視しての開発が非常に困難で、
私たちもいまだ、模索中であります。

ハッキリしたことが分かれば、
また改めてお話しできると思いますが、
今の時点では、「困難」としか言いようがありません。


様々な持病を抱えてもなお、
アナルに興味をもって、足を運んでくださったお客様に、
なんとか報いたいと思っておりますが、、もう少し時間を頂ければと思います。


10年ぶりくらいにこれを調べにあちこちいかなくてはと思っております。
有識者の方々、ぜひご協力くだされば幸いです。



遥 美沙樹





 

05

この件については、
どう表現したら良いのか散々悩んだのですが、
どんな言葉で取り繕っても、事実はひとつだし、
そこを曲げてしまっては、本末転倒になるので、
直球で話すことにいたします。

事前にお伝えしたいのはー
これらは、決して悪意などないことー
関係者さまのビジネスを中傷するものでも、邪魔するものでもないことを、
あらかじめご理解ください。

それを踏まえて、以下の文章をお読みください。


****************************************


私が自分のアナル開発法を人様に教えるようになったのは、
もう10年以上の前のことです。
初期は楓響さんや、Dolceのママである薫さんが在籍していた、SMクラブででした。

しかし月日は流れ、
きちんとお金を頂いて教えるようになったのは、
然程前ではないのです。

その中で、現役の方々にも教えるようになったのですが、
私の講習は座学、実技と分けていて、
都度、適切と思われる内容をアレンジして教えているのですが、
実はアナル開発というのは、日々進化しているのです。
大切なことなので、もう一度書きます。


アナル開発は、日々進化しているのです。


論より証拠、
私が数年前よりお手伝いさせて頂いている、
MotheRsの作品「オスガズム」がその時系列を物語っています。


シリーズを最初からご覧頂いている方ならお解りでしょうが、
1作目である北川エリカさん主演のものから、
最新作である川上ゆうさん・真咲監督主演のものまで、
私のアナル開発法は確実に変化しております。


たとえば、初期のアナル開発は、
実に苦痛を伴うものでした。
故意に排泄感を促して、それを利用した開発方法でした。
直腸内の精嚢という部位は、下痢のようなエマージェンシーが起きた際、
脳に信号を送るセンサーが近くにあり、
どうしてもそれを触発してしまうため、
そのような現象が起きていました。
また、当時は排泄を誘発するような潤滑剤も使っていましたし。


したがいまして、
オスガズムより前に開発された、
または開発を受けた方は、現在の開発法とは全く異なり、
それと同時に、当時に私から開発法を習った方々もまた、
現在の開発法とは全く異なることをここにお知らせいたします。


なので、当時の私から開発法を習った方々は、
それ以降、講習でスキル更新をしていないのであれば、
もはや私の開発法とは全く違うものとなっており、
それを「遥美沙樹の弟子」のように言われても・・・
正直、困るのです。
(せめて「遥美沙樹由来」くらいにして頂きたい。)


現在のアナル開発は、
いかに苦痛を伴わずに開発するかという方向で研究されており、
日々、それらのトレーニングを怠っておりません。


つまり、
基礎だけ私から習って、スキルを更新せずに、
その後オリジナルでスキルを磨いた方々と、
現在も毎月欠かさず講習を受けている方々とは、
雲泥の差だということです。



ここ最近、
そちら方面で開発を行い、もうイケるアナルになったんだと言い、
なにかを期待して当店へお越しになるお客様が続きました。


その方々のアナルは、時間が止まったままだったそうですー



昔、私が教えた開発法でしかイケず、
また、強い排泄感を伴うイキ方でした。
でもこのままだと脱肛になるので、この癖を治しましょうねと研究員がアドバイスしたら、
半ば逆切れされたそうです。


「そんなことは一言も言われていない!!!」



私が行ったことが最も正しいー
私の言うことに従っていれば良いー


特にSMはこのような殺傷文句が介在する世界ですが、
事実はそうではありません。わかりますよね?



アナル開発は進化しています。
以前よりも、もっと楽に、もっと高くイケるようにと、
日々、研究されています。


 
あなたが身を任せる方が、
どのレベルの方なのかはわかりませんが、
医学が日々進化しているように、
アナル開発もまた日々、進化しているのだとぜひご理解ください。


そしてそれを求める方々に、
私は最新のスキルを常に提供できるよう、
今後も尽力してまいりたいと思います。


遥 美沙樹 拝

 

IMG_7855

或日、同世代のバツイチの友人(♀)からLINEが来たのです。
その友人とは年に一度くらいの交流しかないのですが、
なんとなく「久しぶり」感もなく、いつも唐突に会話が始まります。
そんな彼女が突然・・・


「なんか、オススメのバイブない?」


Σ(꒪д꒪)え?
私の職業を知っているとはいえ、
どんなに仲が良いとはいえ、
一年ぶりの会話の出だしがこれ!


 しかもそこから私のアホなレスポンスがこれ!

「何センチくらいのアナルの人?」


Σ(꒪д꒪)はっ?
バイブ=人に使うもの=アナルに挿すものという公式しか持っていない私、
彼女の「?????」な顔が目に浮かびます。



「違うよ。それじゃない・・・」


Σ╰( º∀º )╯もしや!!
アンタのかい!!!



実は、女性用のバイブ(なんか形容詞が変)には、
まったく疎い私。
アナルに使えそうなのなら、新製品の情報収集は怠らないのに、
膣用はサッパリ・・・。゚(´つω・`。)゚。


「なんか、よさげなの見繕ってくれない?」



良いけど、一緒に買いに行くの付き合うよ?
手で触ってみて、質感とかチェック出来る店知ってるからさ。



「やだ!!!!!!!!」



Σ(꒪д꒪)なんで?
そんな恥ずかしいことできないと彼女。
うぅーん、フツーの女性ってそうなんだね。
全然解らないよ私・・・。
もはやフツーから遠ざかって18年も経ってしまってるんだもの。



聞けば彼女にとっては、初めてのバイブのようで、
これまで電マと、「角」と、タオル派だったようで、
そのどれもが、私にとっては学生時代のフラッシュバック。
あぁ、いまここなのね・・・(´-`).。oO



大切な友人にかわって、
私が見繕うことになり、毎日ネットショップで探していたわけなんですが、
そんな折、これって・・・・・
これって・・・・・(´・ω・`;)



アナルによさげじゃね?????(本末転倒)
SKY ALTO-Light(スカイ アルト・ライト)
SKY ALTO-Light(スカイ アルト・ライト)



ケータイの方はこちら。
SKY ALTO-Light(スカイ アルト・ライト)
SKY ALTO-Light(スカイ アルト・ライト)



 なんだ?!この動き!!!Σ(꒪д꒪)
どんな風になってるの?
膣圧に堪えられるの?!

フリーSEXの国!コペンハーゲン発!!!Σ(꒪д꒪)
いやでも期待するじゃないか!!!!


くっそ!!値段が可愛くない!!!Σ(꒪д꒪)
でも・・・でも・・・



気になって気になって仕方が無い!!!!(゚∀゚)oダンッダンッ!!!



ということで、友人の依頼はそっちのけで、
お買い上げ╰( º∀º )╯
正直、この値段にポチする手が震えました(꒪д꒪)


思ったよりも小さめなのと、さわり心地が良い感じ。
今日届いたので、さっそくピックアップしたアナル君たちで、
試してみようと思います。


試してみたい方はオスビッチ研究所または、
東京アナルクリニック TABOUへ!

「スカイいっちょ!」とお願いします(^p^)



ところで・・・・
友人には、 ストロニックを勧めておきました(^p^)
ちょっと・・・・大きかった・・・かな?(;・`ω´・;)



閑話休題
オスガズム最新作が5月25日に発売!
絶賛予約受付なう!╰( º∀º )╯
川上ゆう featuringじゃない!ガチ出演の真咲南朋監督の
ダブルオスガズムがそりゃもう!!!
私のマジギレ部分、カットされてるといいなぁ・・・(;・`ω´・;)

ogsm00009pl
オスガズム

topopen


昨今、バタバタと日々を過ごしているうちに、
ご報告がこんなに遅くなりました。
毎度、私の遅筆っぷりに呆れている方も含め、
ごめんなさい。


さて、オスビッチ研究所とは別に新店舗を立ち上げました。


東京アナルクリニック”TABOU”
「たぼう」ではなく、「たぶー」です(笑)。


仏語で「禁忌」という意味ですね。
それをテーマにした新感覚のアナル開発店です。

ここで、オスビッチ研究所とどう違うのさと思われること必至ですが、
樟弥音さんが上手に説明してくれましたので、
リンクを貼ります。
弥音さんありがとー!
http://amanekusunoki.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

 

つまり簡単に言えば、
オスビッチは今後も、本当にコアな内容を取り扱う研究所として存在します。
たとえば、どこの店にいっても、開発できなかった方や、
開発はできたんだけど、今以上の快楽を得るためにはどうしたらいいかとか、
名器になって男女問わず、相手にも喜ばれるアナルになりたいと願っている方や、
または、拡げすぎて将来が不安になってしまったアナルを縮めたり、
つまりは、そういう@厄介ちゃん、@困ったちゃん、@淫乱ちゃんのために在ります。


これ、他店さんではほぼほぼ不可能でしょう!



なので、まさにオスビッチは「最後の砦」。
そして私の飽くなき好奇心を満たすために在ります。


私の好奇心は、アナルというひとつの表現方法から、
その人体が持つ、可能性を最大限まで引き出したいということー
皆さんが思うよりずっとずっと、アナルって奥深いのですよ。
ここにあなた自身の眠れる全ての可能性が埋まっていると言っても・・・


まったく過言ではない。




医学を嗜んでいる方なら、ニヤニヤする内容かと思います。
そうそう、あれですよアレ(笑)。



そんな研究、世界中探したって誰もしていない。
なので、私がしているわけです。
誰か私に「超個人的なイグノーベル賞」をくださいな(笑)。


なので、オスビッチは年会費やら、入会金やら高くて、
なんだか敷居が高いと思われていますが、
そのくらいしておかないと、興味本位で来られても、
ご本人が困るだけなので、
ご入会の際は、よくよくお考えになってくださいね。



一方、東京アナルクリニック”TABOU”はー


実はプレイ内容の最も大切なことを、
HP上では明かしておりません。

これはぜひ体験して欲しいから。
ただ、驚くほどプレイに集中できます。
そして、驚くほど自分の体と向き合えます。



特に40歳以上の方にお勧めしたい。


恥ずかしいとか、頭ではわかってるのに上手くいかなかった方には、
特にお勧めします。
※)この件に関しての詳しくはこちらの記事をどうぞ


どのナースをチョイスしてもハズレはありません。
私がすべて監修しています。
「なんちゃって」は在籍しておりませんし、させたくもない。


気軽にアナルで遊び倒したい方から、
アナルでイケるようになりたい方、
東京アナルクリニックの世界観が大好物な方まで、
ぜひ、ぜひ、ぜひ!!!
楽しんでみてくださいヾ(。>▽<。)ノ゙✧*。


私自身、実際にプレーに入ってぶっ飛びましたwww
面白すぎて(笑)。


では、あなたが禁忌の扉を開いてしまう、
その奥でお待ち申し上げております。


ふふふ。




 

ストロニック続編です。

もう少しこの玩具を極めてみたかったので、
こういったノリが大好きなアナルくんにご協力いただいて、
試してみました。

02

まず、こういった海外製には、
制作側の意図するところが解りやすく出ています。

たとえば、私のオススメのNEXUSは、
相当なアナニストでなければ思いつかない、
いわゆる「痒いところに手がとどく」工夫がされており、
これがノーマルの性癖の方が作ったとは到底思えない確信があります。

それはNEXUS-Revo、NEXUS-Revo2、NEXUS-ステルス、インテンスの順番が、
アナニストだからこその展開方法、企業戦略が伺えます。
たぶんそのうち、逆回転するRevoも出てくるでしょうし、
腸内で往復ビンタするRevoだって出てくるかもしれません。
英国製のようですので、ちょっと予想に反した展開かもしれませんが。


しかしこういった、誰が、どんな目的で作ったのかが見える作品は、
こちらもとても楽しいのです。


そんなわけで、今回のストロニックはドイツ製ですが、
これの特徴に一番最初に気づいたのは、私ではなくとあるお客さまでした。

どうにも、仰向けの体勢で入れて楽しむものに思えないー
ちょっと焦点がズレている気がする。


そんなアドバイスをいただいたので、
今回の画像のようなテーマを設けてみたんでした。


狙いは大当たりでした。
たぶんこれ、ゲイ用かもwwwwwww


もしくは、四つん這い、またはうつ伏せになった女性に突っ込んで、
そのまま固定して放置して楽しむものかもしれません。


これの実に面白いところは、
上下逆にしても楽しめるところ。
尾てい骨に響かせて楽しんでも気持ち良いようですし、
前立腺に響かせて楽しむのも気持ちが良いようです。


またまたアナニストたちの興味をひくものが出てしまいましたね(๑•̀ㅂ•́)و✧


アナニーする時にディルドを出し入れすると、
体が硬くて長続きできない方や、
腕力が続かなくて面倒な方にはもってこいなのではないでしょうか(笑)。



ただ。。。。
ちょっと大きいのですよ(´・ω・`)
それがねぇ・・・

しかしたった10分弱入れていただけで、
このお汁・・・(笑)。
ローションは全く使っておりませんのですよ。
それなのにこんなにお潮・・・(笑)。
膝まで垂れていますね。だらしのない淫尻ですことwww


03




兎にも角にも、
しばらく面白がって遊べそうなお道具です。
アナニストたちにも、
縛って放置プレイが好きな女王様にも、
オススメいたします♪

ストロニック
ストロニック


ケータイの方はこちら
ストロニック
ストロニック







 

IMG_7161

先日、Twitterにてこの画像をあげたらば、
たちまちに、どこの何だとお問い合わせを多数いただいたので、
ここでご紹介いたしますね。

しかしですね。
デカイのですよ!!!
なので、指2本、3本クラスの人はちょっとキツイかもしれません。
最初のくぼみのところまで入れて楽しむほうが良いかもしれません。
それでも十分に、前立腺へのアプローチはできるかと思いますよ。


ストロニック
ストロニック

ケータイの方こちらからどうぞ→ストロニック

ストロニックアインズ
ストロニックアインズ

ケータイの方こちらからどうぞ→ストロニックアインズ



スペックはそれぞれのサイトでご確認いただくとして、
これはピストン式のバイブレーターなのです。
それがちょっと興味を引きますね。

しかしですね、ずっこんばっこん!!!とはいきません。
どちらかというと、深く沈めて、
その振動を感じたまま静かに過ごすと。。。。。


・・・っつ!!



と、いきなり始まりますシリーズです(笑)。


振動の好みがあると思いますので、
都度、お好みのパターンをお楽しみいただくのが良いのかもしれません。


充電式だし、生活防水ついてるし、
本来は女性用なので、コンドーム使用なら、
パートナーとも共有して楽しめるのではないでしょうか。


もちろんオスビッチ研究所でも使用可能ですが、
ちょっとだけ重いのが玉に瑕。
あらかじめお申し付けくださいね。






 

(大変遅くなりましたが・・・)

新年明けましておめでとうございます。
昨年はたくさんの愛に触れる機会がありました。
どうもありがとうございました。

今年は”もっと”たくさんの愛に触れていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。


さて、お久しぶりの自分ブログでございます。
あっちもこっちも更新していると、
自ずとこちらが疎かになるという、誰でも推測しやすい状態で、
本当に返す言葉もございません(笑)。

しかしオスビッチ研究所もやっと少し落ち着いてきましたので、
ぼちぼちと会員さまに遊んでいただこうかなと思っております。

私の場合はセッションというよりも、
「考察」という感じです。「セッション」とは言い難い。
一部の、理解力の低い解釈をする方は敢えて無視します。

日々めまぐるしく変化するアナル開発のスキルを、
私自身が進化を求めなくなってしまったら、
きっと誰もついてこなくなると思うので、それは止めないでいこうと思います。


つい先日、聞いた話ですがー


とある超有名な病院の、これまた超有名な大ベテラン医師が、
 後に仰いだ若い医師の診断とは真逆の診断をしたそうです。
それは確かに命の関わる診断ではなかったのですが、
手術の可否を左右するレベルのものでした。
現代のセカンドオピニンオンの必須性を感じる話でした。

 
そのベテラン医師が誤診だったのかどうかは解りません。
問題はそこではなく、
その医師が怠ったのは、あらゆる可能性を無視したことだと私は思うのです。



長年、同じ仕事に従事していれば、
そこには必ず固定概念というものが出来上がります。
それは時にとても厄介で、いわゆる「石頭」「がんこ頭」を作り上げるだけでなく、
「ちっせー」「くっだらねー」プライドも作り上げます。


その礎を築くまでに、どれだけの苦労があったのか知りません。
血を吐く思いをしたのかもしれません。
しかしそれを誇示するようになってしまっては、
その人の進化はそこで終わりだと思うのです。


いつも、どんなときでも、
進化することを、求めることを止めない人で居ようと、
あらためて実感したお話でした。



 そんなわけで、
オスビッチ研究所のスケジュールには、
ぼちぼちと出没しますので、ご都合あう方はぜひ♡

今年も、ではなく、
今年を、どうぞよろしくお願い申しあげます。 



 

↑このページのトップヘ