合宿免許 西方通信欄

西方通信欄

関西ジュニアの浜中文一くんをメインに活動中。東京ジュニアでは小野寺一希くん&秋山大河くんがご贔屓です。

関西クリコンBBV版12/20一部二部

最終週になってようやく行ってきました、ド本命のBBV(って表現まだありですか?汗)公演。

ちょ、ちょー楽しいー!(吠)
前から知ってたけど、やっぱ兄組サイコー!!(絶叫)


通い詰めてる友人(淳太担)から「浜中文一リサイタルやで!」と聞いてはいたけど、きっと私の期待値を高めるために盛ってるんだろうと話半分にとらえてたら、本当の話でした。(注:超個人的見解)
マジで!あんなに文一の歌声聞いた公演初めてかも?ってくらいソロパートが多くて、もちろんダンスもコントも活躍して、一緒に入った前述の友人(しつこいうようですが淳太担)に「ね?浜中文一ショーでしょ?」と改めて言われて、今度は深く大きく頷きましたとも!
だって新曲が文一アカペラ始まりだなんて、まさに青天の霹靂。一体どなたがあんな割り振りを考えてくださったのか、先に聞いてたらお歳暮の一つも贈ったのに〜。いや、今からでもお年賀として何かお贈りしたい!

すでに昨日オーラスを迎えてネタバレを気にする必要がなくなったので、後ほどぼちぼち感想を書いていくための指標(?)に、とりあえずセットリストだけ残しておきます。

・OP
・Ume強引on!
・ロマンティック
・5W1H
・轟
・D-MOTION
・Love Cheriminal
・Bang-Bang(新曲)

<コント>

<クリスマスメドレー>
・ding-dong
・WISH
・Another Christmas
・雪が降ってきた
・雪の降る日
・10年後の今日の日も

<MC>

・夢色クロニクル
・Battle
・青天の霹靂

<和太鼓>

・買い物ブギ
・東京ブギウギ
・シークレットコード
・Crazy Moon
・グロリア
・ファンタスティポ
・STAY GOLD
・V.I.P.
・NEXT STAGE

<メンバー紹介>

<アンコール>
・鼓動
・Bang-Bang

関西クリコンWEST版12/10夜公演

え?WEST版?この人誰に降りたの?やっぱり金内?
と、お思いになられたかもしれませんが、私まだ一応文一ファンです(笑)。
でも年少チーム(と言っても18歳越えも数人出てきて、そんな若手とは言えない状況に…)でウチワ持つなら間違いなく金内くんですね。とにかくあのビジュアルがツボ!キャラなら神ちゃん、ダンスなら丈だけど、ひょろりと背が伸びた金内くんの黒髪黒目白肌のコントラストが、どうしても往年の文一(…)を思い出す〜。
そんな病的な黒髪フェチなもんで、グッズ写真を買う時に「返品交換はできませんがよろしいですか?」と出された文一の写真を見て、あやうく返品交換をお願いしようかと思いました(爆)。だってあの金髪っぷりはなに〜!?

年長チームの日程があまりに厳しすぎて後半にしか行けそうにないので、相方から誘ってもらったWESTコンを先に見てきたわけですが、久々に見た松竹コンはやっぱり楽しいですね。なんせ会場が狭い!ステージとの距離が近い!松竹ハコ担になって9年になりますが、出てる人が移り変わっても(…)、きっとこれからも会場が松竹と聞いたらチケ取り参戦しちゃうんだろうな〜。

以下、ゆるい感想文ですが、ネタバレ含みます。


続きを読む

滝つ大阪9/25夜公演

ものっすごい楽しかったのに、時間切れで泣く泣く途中退出でした……。
ご本人方曰わく「本当は2時間15分のコンサートですが、名古屋でも大阪一部でも3時間超え」だそうで、本来の時間に収めてくれたら最後まで見れたのにー!と歯ぎしりしたくなるくらい、楽しくて帰りたくないコンサートでした。
バックはFIVE、フォーユー(最近覚えたばかりで綴り知らない汗)、先週と同じく日生組べて千崎以外の関ジュでした。
そもそもは関ジュが出るだろうと踏んで、ぶっちゃけ根来くん目当てでチケットを取ったんですが、うっかり久々に見る辰巳くん始めフォーユーに夢中!滝様から直々に「MAD改め、フォーユー!」と紹介があり、そういえば以前キンキバックでTVに出てた時そんなテロップが流れてたような……って、私どんだけ情報難民!?
ともあれ、辰巳ファン福ちゃん好き松崎びいきの私としては(そのわりに何も知らないけど)、関ジュを追っかけててはめったに見ることない生の彼らに大興奮!でした。
ついでに、同じく久々に見たFIVEにもテンションが上がったことを告白しときます。こんなだから最近友達に「あなた、DDでしょ」って言われるのか……。

公演内容についての感想もちょこっと。


続きを読む

SUMMARY京セラ9/18

楽しかったー!けど、サウナ並みに暑かったー!(笑)
ドームではいつもトイレが長蛇の列なのでなるべく行きたくないんですが、今日はきっと体中の水分はすべて汗で流れ出たと思います。それくらい暑かった!ドームのスタンド席は一部空調が壊れてるに違いない!(怒)
でも暑さも吹っ飛ぶくらい楽しかったのも確かです。関ジュの出番もいっぱいあったし。
というか、東京から来てたジュニアは数人だけで(全員把握してないので人数が言えない)、バックはほとんど関ジュが付いてました。それもシャドウWEST以下の松竹メンバーがずらりと投入され、小瀧流星慎平もゲスト的扱いで出てたくらいだから、ぶっちゃけ根来くん目当ての私は「おいしいとこ持ってかないで…」と心の中でつぶやいたくらい(爆)。
東ジュは健人、慎太郎、佐藤勝利までが私の知ってる範囲で、他にも少クラで見かける子が数人名前を紹介されてました。少クラ見返したらわかるかな?(←ちょっと勉強する気になってる)
関ジュは上で述べたように、日生組べて千崎を除いた松竹メンバー+元ジュニボメンバー(根来くんとか真鳥とか大田とか)、それに名前を覚えてないチビッコとか新人さんとか、とにかくたくさん。あの広いドームを所狭しと埋め尽くした人海戦術には完敗!

続いてステージの感想など。


続きを読む

少年たち8/20夜公演

とりあえず自分が見に行った公演日時を忘れないよう、タイトルのみ記載。
そのうちまた時間と気力があれば、感想文でも書きたいと思ってます……。(自信無)

少年たち8/7夜公演(ネタバレ含)

遅ればせながら、今年も松竹へ馳せ参じました!
少年たち……牢獄……なんとなくブルーな連想を生み出す命題ですが、内容はもちろんDVDにもなった昨年舞台の再演。ただし東京版の方らしくって、大阪しか行ってない、且つDVDの封を切ってない(まだ!?)私には、ちょっと新鮮なバージョン違いでした。
しかも現在の事務所内ヒエラルキー(…)からするとさほど期待できないと思ってた文一が、非常にエキセントリックな役でおいしかった!
東京では真田がやってた役らしいんですが、ドSな看守長がとってもお似合いで、本編目当てで充分通いたくなる出番でした。途中ミュージカル風に取り入れられた轟も良かったし。
もちろん主役は囚人たちで、WESTで構成された赤チームもかわいかったんですが、やはり世代的に私のひいきはBAD濱田千崎康二金内の青チーム。さすがキャリアがある分テンポが良くて、公演4日目にしてアドリブも入れてました。といっても初見の私にはどこがアドリブかわからず、相方の解説を受けつつの観劇でしたが(笑)。
噂の桶ダンスは、桐山のガタイの良さと骨皮と言っても過言ではない濱ちゃんの体のコントラストに度肝を抜かれ、一人妙にセクシーな淳太に赤面し、神ちゃんの痩せっぷりに愕然としてました。次世代で唯一安定感のある体型のはずが、胸板はなくなってるわアバラは浮いてるわ頬は痩けてるわ……。私の好きなガッチリ神ちゃんはどこへ!?
ライバルの歌対決は昨年に引き続き桐山VS神山の関ジュ歌担当の見せ場で、桐山の声量と神ちゃんの声の伸びに感心。つか、桐山の声がデカすぎて所々神ちゃんの声が聞こえないんですけど!(笑)
看守では龍太が割と良い役をもらってて、囚人との絡みがかわいかった〜。

次は二週間後になりますが、しばらくは記憶を反芻して楽しめそうです。

嵐京セラ7/24(ネタバレ含)

ちょーーーーー、楽しかったです!
一緒に行った友達は「(チケットが取れなくて)通えない以上、楽しいと思ったら負け!」と自分に言い聞かせてたみたいですけど、完敗してました(笑)。だって嵐コンが楽しいのは2000年のファーストコンからずっとだもん、仕方ないよね〜。
チケットが当選してから慌てて買ったアルバムも事前にある程度聞き込んでいたので、アルバムコーナーもがっつり楽しめました。各自ソロもある意味期待通りの内容(違ってたのは、ニノ曲がピアノ演奏だと予想してたらギター弾き語りだったことくらい)だったし。

そして嵐と言えば、毎度私のツボを付く選抜バックメンバーです。
かつて国立でMAD勢揃いの奇跡を起こしてくれた嵐コンですが、今回は東京からミススノ+MAD(PZ組以外)を連れてきてくれて、普段関西では滅多にお目にかかれない子たちがたくさんいて、感謝感激の嵐でした(笑)。
私のお目当てである大河は、茶髪ボブで前髪ポンパ(というかちょんまげ)のおかげで遠目でも判別つきやすかったです。とはいえ、最初ジュニアが一斉に出てきた時は、さすがに誰が誰かわかりませんでした。最初はミススノだけ踊って、他メンバーは旗持ちだったかな?
最初にがっつり大河を堪能できたのは、ミススノ+MAD選抜の松潤ソロでした。今回ムービング真下のアリーナ席という恵まれた位置だったので、センターステージで踊ってくれたら双眼鏡なしでもけっこう見えて、引き(裸眼)でも寄り(双眼鏡装着)でも楽しませていただきました。
翔くんソロでも最初翔くんの真横、ツートップくらいの位置に大河がいて、発狂ものの喜び。バックはタキシード着用で、なんかかぶり物みたいなのをしてて、かわいかった〜。
相葉ソロのバックはミススノのみでしたが、大野ソロではどういう基準で選んだのか、大河と阿部亮の二人のみで、なんの奇跡かと思いましたよ!ありがとう、大ちゃん!
もちろん他の嵐曲にもいっぱい出番があって、MAD好きにはまたとない見応えでした。久々に見る稲葉や福士くんがこれまた男前で、やっぱ東京の子はシュッとしてるわぁと再確認。

更に今回は松竹出演メンバーに名前の載っていなかった関ジュも出てきて、根来くんを見つけた瞬間、しばらく大河のことも忘れて見入ってました。
東ジュと混じっても身長とスタイルでは引けを取らない根来くんは、夏休み限定仕様か金髪にしていて、男前度大幅にアップ!たぶん関ジュが出てきたのは「Yes,No」の時からだと思うんですが(私が根来くんを認識したのがそこだったので)、そこから2曲くらい続けてうっとり見惚れてました。
真鳥や吉田くんもいたから、ジュニボ全員そろってたのかな?なんせ根来くんに夢中で他の子までは目が行き届かず……。

とにかく楽しい夏の始まりでした。
次は松竹でいっぱい楽しみたいな〜。

ジャニーズ都市伝説

この扱いを喜んでいいものかは置いといて、まずはVETERANまさかのゴールデン番組出演おめでとうございます!
や、出演と言ってもTV局のスタジオに呼ばれたわけでもない、地元の雑誌撮影時に使用するスタジオ(以前建物の前で撮った写真が掲載されてて、あまりの無頓着さにびっくりした記憶が;)控え室で撮ったVTRが流れただけですけど、大きな失敗もけがもなく無事放送が終わったことが、何よりの喜びです。
もっとも無音声で流れた龍規や薫太の映像から察するに、おそらくなんぞネタを披露したんでしょうが、とても使える代物じゃなかったってことでしょうね(苦笑)。
でもナマモノ公開を目前にしたこの時期、メディアで現在の彼らの様子を知ることができて、とっても嬉しかったです。懐かしいユニット名が出た瞬間、なんとも言えない気持ちになったことも事実ですが……。
当然と言えば当然のことながら、ベテランの存在すら知らなかった中居さん。スタジオで他回答者から責められてましたが、一般の会社でも本社役員が大阪支社管轄の支店どころか営業所レベル勤務の一般社員を知らなくても、なーんにも問題ないと思います。

生存報告

どうも、大変ご無沙汰しております。(深々)
決して関ジュ(元)最年長と共に、あるいは元オオサカヤンキー少年の片割れと共に、Jワールドを卒業したわけではありません。なかなかPCを立ち上げる時間がないだけで、今日も朝から松竹当落電話をかけては繋がらず、という事務所の手のひらで踊る生活を送ってます。一応相方が申し込んでくれた公演は取れてるみたいなんで、少なくとも一度は松竹詣でが出来るはず。
ダメ元でも申し込んだ嵐京セラも奇跡的に当選し、今年も私にとっての日本の夏、Jの夏が始まります!

相当遅ればせながら、Jネットで出演者一覧も見ました。ジュニボの名前が影も形もないことに微妙にショックを受けつつも、注目すべきはその名前順なんでしょうね〜。WESTの台頭は予想できたけど、エイトから松竹を引き継いだ4年前には、まさか重岡がここまでのし上がってくるとは思ってもみませんでした。
私個人的には2002年から始まった夏の松竹通いも今年で満10年を迎え、こっちの趣味嗜好はちっとも変化してないのに、ステージの上はどんどん変わっていくんですよね……。

と、まあそんな愚痴は置いといて、さっさと電話が繋がりますように!

関ジュ名古屋5/29

ずっとほったらかしですみません。
前回の記事の後ずっと落ち込んでたわけでなく、城ホは二公演見て充分楽しんできました。
そして本日、本当にいろいろあったツアー(…)の最終日、うっかり名古屋まで行ってきました!

名古屋メンバーは、優馬BAD濱田べてWESTフルメンバー+千崎レイヤ康二の20人。なぜか金内くんがいなかったことは置いといて、べて6人が揃うのは嬉しいもんですね〜。徳島で見た選抜バージョンもそれはそれで楽しかったけど、やっぱり轟やSOSは6人でないと!
文一は黒髪前髪ありバージョンのまま大層かわいらしく、龍規は短髪になってて、菊さんも髪を切ったらしい。(メンバー紹介の時桐山に言われてたから) 先日誕生日を迎えた龍太に、まだ身長が伸び続けてるらしい(本人談)薫太、挨拶で頭を下げる姿がクレーム対応するサラリーマンのような伊藤と、べて全てが愛おしい!
ちなみに桐山も髪型が変わってて、最初出てきた時ピンクの上着がはっぴに見えて、ヨドバシカメラの店員みたいに見えた(笑)。
そしてメンバー紹介の濱ちゃんの挨拶を聞いて、彼もいろいろあって(…)しっかりしたな〜と感心したのに、その後客席通路を通る時間違えて別の通路を降りて、スタッフに肩叩かれて呼び返されてました。や、そんなとこ彼らしくて好きですが(笑)。
ツアーラストとあってか文一の遊びも半端なく、特にビリビリダンスは濱ちゃんとの愛を確かめあう重要なポイント。文一担としてはどの公演でも当然彼ら二人に的を絞って見てるので他の子の様子を全く知らなくて、相方に「振りの合間に手を触れ合って遊んでるのはあの二人だけ」と言われてびっくり。え、みんなやってることじゃないの!?(盲目)
文一は龍規とも随所で遊んでて、二人で振りを合わせて踊ったり、その動きのまま外周回ったり、何ともきもかわいい(爆)!この組み合わせだと、どっちかっていうと龍規の方がちょっかいかけてるような?しかしこの二人ってツアー回った後は急にじゃれあいが多くなるけど、すぐに互いにブームが去る印象なんですが(笑)。
今回のツアーでは関西フルメンバー(神戸・城ホ)、選抜バージョン(徳島)、そして名古屋で20人バージョンと3つのパターンを見ることができたけど、私的には今日の流れが一番楽しかったかな〜。やっぱり関西圏以外でもべて6人揃って出てほしいし、その方が各所で見応えありました。(あくまでも私の個人的な感想ですが)
Recent Comments
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks
スポーツ紙 (えるえるのてくてく)
祝!ラジオ初収録
  • ライブドアブログ