harukimania

村上春樹補完計画

村上春樹の作品を補完。

1

新刊情報

★お知らせ
Twitterへの更新情報ポストを開始します。
URL:http://twitter.com/haruki_mania ※当ブログの更新情報としても活用できます。

   *** しばらくお待ちください ***

★村上春樹の新刊情報


1

朝日新聞 2021年8月1日朝刊

no-image
■収録/『朝日新聞 2021年8月1日朝刊』

●村上春樹さん クラシック語る新刊
「名盤は自分の耳で決めなくちゃ」
(聞き手 編集委員 吉田純子)
29

日本経済新聞 2021年6月29日朝刊

no-image
■収録/『日本経済新聞 2021年6月29日朝刊』

●DJ村上春樹 ラジオ愛語る
「ポジティブなものを届けたい」
(聞き手 関原のり子)
15

MONKEY vol.24 SUMMER/FALL 2021

2021MONKEY24
■収録/『MONKEY vol.24 SPRING 2021』
■責任編集/柴田元幸
■出版社/スイッチ・パブリッシング
■定価/1540円(本体1400円+税10%)

●対談 村上春樹+柴田元幸
「翻訳にプリンシプルはない」

アマゾンで買ってみる。
19

LifeWear magazine issue04

2021LifeWear04
■収録/『LifeWear magazine issue04』
■出版社/ユニクロ

●村上春樹に26の質問
「Hello, Haruki」
Interview with Haruki Murakami
2

週刊朝日 2021年2月12日号

2021週刊朝日7
■収録/『週刊朝日 2021年2月12日号』
■出版社/朝日新聞出版
■定価/410円(本体373円)

●グラビア
「村上春樹とラジオ」

●週刊村上朝日堂 特別インタビュー
「どんな状況でも
 人は楽しめるなにかが必要です」
(聞き手/神舘和典 本誌・森下香枝)
11

週刊ダイヤモンド 2021年1月16日号

2021週刊ダイヤモンド3
■収録/『週刊ダイヤモンド 2021年1月16日号』
■出版社/ダイヤモンド社
■定価/730円(本体664円)

●Special Interview
「誰もが間違う世界を
 何が救うのだろうか?」
(ダイヤモンド編集部 杉本りうこ)
10

「グレート・ギャツビー」を追え

グレートギャツビー追え
■ジョン・グリシャム
■出版社/中央公論新社
■価格/本体1,800円+税
Camino Island / John Grisham

アマゾンで買ってみる。
7

文學界 2020年11月号

2020文學界11
■収録/『文學界 2020年11月号』
■出版社/文藝春秋
■定価/990円(本体900円)

●ロングインタビュー
「村上春樹さんにスタン・ゲッツとジャズについて聞く」
聞き手:村井康司

27

波 2020年9月号

2020波9
■収録/『波 2020年9月号』
■出版社/新潮社
■定価/100円(本体91円)

●カーソン・マッカラーズ/村上春樹訳『心は孤独な人』刊行記念特集
「いちばん最後まで取っておいた翻訳作品」
(『訳者あとがき』より抜粋)
25

心は孤独な狩人

心は孤独な狩人
■カーソン・マッカラーズ
■出版社/新潮社
■価格/本体2,500円(税別)
The Heart Is A Lonely Hunter / Carson McCullers

  訳者あとがき

アマゾンで買ってみる。
20

一人称単数

2020一人称単数
■装画/豐田徹也
■装丁/大久保明子
■出版社/文藝春秋
■価格/1,500円+税抜

石のまくらに
クリーム
チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ
ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles
「ヤクルト・スワローズ詩集」
謝肉祭(Carnaval)
品川猿の告白
一人称単数



【初出誌一覧】
石のまくらに 「文學界」二〇一八年七月号
クリーム   「文學界」二〇一八年七月号
チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ
       「文學界」二〇一八年七月号
ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles
       「文學界」二〇一九年八月号
「ヤクルト・スワローズ詩集」  
       「文學界」二〇一九年八月号
謝肉祭(Carnaval)  
       「文學界」二〇一九年十二月号
品川猿の告白 「文學界」二〇二〇年二月号
一人称単数  書き下ろし

アマゾンで買ってみる。
16

NumberSports Graphic Number No.1007

2020Number1007
■収録/『Sports Graphic Number No.1007』
■出版社/文藝春秋
■定価/640円(本体582円)

●ロングインタビュー[加齢なる決戦 特別編]
「いま走ること、書くこと、そして大きなヤカンについて」
高橋秀実=文
12

毎日新聞 2020年7月12日朝刊

no-image
■収録/『毎日新聞 2020年7月12日朝刊』

●村上春樹インタビュー
「コロナ禍に音楽の力 村上春樹さん DJ体験語る」
(構成:大井浩一、棚部秀行)
4

村上T 僕の愛したTシャツたち

2020村上T
■出版社/マガジンハウス
■価格/1,800円(税別)

猫を棄てる

 あとがき



この本は『ポパイ』二〇一八年八月号〜
二〇二〇年一月号に連載されたエッセイを
書籍化に伴い加筆、修正したものに、
インタビューをあらたに加えたものです。

アマゾンで買ってみる。
26

ENGINE 2020年7.8月号

2020ENGINE7
■収録/『ENGINE 2020年7.8月号』
■出版社/新潮社
■定価/1100円(本体1000円)

●書き下ろし特別エッセイ
「レンタカー、良くも悪くも」
(絵=安西水丸)
10

その日の後刻に

2020その日の後刻に
■グレイス・ペイリー
■出版社/文藝春秋
■定価/(本体820円+税)

単行本 二〇一七年八月 文藝春秋刊

アマゾンで買ってみる。
25

猫を棄てる 父親について語るとき

2020猫を棄てる
■装画・挿絵/高妍
■装丁/大久保明子
■出版社/文藝春秋
■価格/1,500円+税

猫を棄てる

 あとがき



初出
文藝春秋二〇一九年六月号

アマゾンで買ってみる。
24

■フジモトマサルの仕事

2020フジモトマサル
■収録/『フジモトマサルの仕事』
■発行/平凡社(コロナ・ブックス)
■定価/本体1800円(税別)

解説
「フジモトマサルさんのこと」

アマゾンで買ってみる。
17

イラストレーション 2020 No.226

2020イラストレーション226
■収録/『イラストレーション 2020 No.226』
■出版社/玄光社
■定価/本体1,600円+税

●特集 和田誠
エッセイ「あとを埋める人はいないー和田誠のこと」 
7

CREA 2020年5月号

2020CREA5
■収録/『CREA 2020年5月号』
■出版社/文藝春秋
■定価/820円(本体745円)

●エッセイ
CREA<するめ基金>熊本、活動とイベントの報告
「<するめ基金>報告会での確かな手応え」
4

anan 2020年3月11日号

2020anan2191
■収録/『anan 2020年3月11日号(No.2191)』
■出版社/マガジンハウス
■特別定価/390円(本体371円)

●村上ラヂオ
特別編「ビフカツと猫」
(画・大橋歩)
20

極北

2020極北
■マーセル・セロー
■出版社/中央公論新社
■定価/本体860円+税

極北』 二〇一二年四月十日 中央公論社刊

アマゾンで買ってみる。
10

水底の女

2020水底の女
■レイモンド・チャンドラー
■カバーデザイン/坂川栄治+坂川朱音(坂川事務所)
■出版社/早川書房(ハヤカワ・ミステリ文庫)
■定価/本体1080円+税

本書は、早川書房より二〇一七年十二月に単行本として刊行
された作品を文庫化したものです。

アマゾンで買ってみる。
7

文學界 2020年2月号

2020文學界2
■収録/『文學界 2020年2月号』
■出版社/文藝春秋
■定価/990円(本体900円)

●連作短編「一人称単数」
その7「品川猿の告白」
20

ジュマンジ

2019ジュマンジ
■絵と文/クリス・ヴァン オールズバーグ
■出版社/あすなろ書房
■定価/1,500円+税
Jumanji / Chris Van Allsburg

アマゾンで買ってみる。
1

新潮文庫 村上春樹デビュー40年 ペーパーバックフェア

2019ペーパーバック
■収録/『新潮文庫 村上春樹デビュー40年 ペーパーバックフェア』
■出版社/新潮社

●序文 エッセイ

20

はぐれくん、おおきなマルにであう

2019はぐれくん
■作/シェル・シルヴァスタイン
■出版社/あすなろ書房
■定価/1,500円+税
The Missing Piece Meets The Big O / Shel Silverstein

アマゾンで買ってみる。
20

SWITCH 2019年12月号

2019SWITCH12
■収録/『SWITCH 2019年12月号』
■出版社/スイッチ・パブリッシング
■定価/1000円+税

●インタビュー
「村上春樹 その音が僕を励ましてくれる」
7

文學界 2019年12月号

2019文學界12
■収録/『文學界 2019年12月号』
■出版社/文藝春秋
■定価/990円(本体900円)

●連作短編「一人称単数」
その6「謝肉祭(Carnaval)」
27

波 2019年11月号

2019波11
■収録/『波 2019年11月号』
■出版社/新潮社
■定価/100円(本体95円)

●インタビュー
「「我々の見慣れた世界のすぐそばにある、もう一つの正解」について」
聞き手 デボラ・トリースマン
翻訳「波」編集部(質問部分のみ)
7

■翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK

2019BOOKMARK
■収録/『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』
■編/金原瑞人、三辺律子
■出版社/CCCメディアハウス
■定価/本体1,500円+税

●エッセイ
「行間から溢れる音楽」
BOOKMARK 11

アマゾンで買ってみる。
10

文藝春秋 2019年10月号

2019文藝春秋10
■収録/『文藝春秋 2019年10月号』
■出版社/文藝春秋
■定価/960円(本体889円)

●特別寄稿
「至るところにある妄想 バイロイト日記」
27

SKYWARD 2019年9月号

2018SKYWARD8
■収録/『SKYWARD 2018年9月号』
■発行/株式会社日本航空インターナショナル
■定価/534円(本体495円)

●エッセイ
「ポーランド 雨の中のクラフク」
(武田正彦=撮影)
25

スタン・ゲッツ 音楽を生きる

2019音楽を生きる
■ドナルド・L・マキシ
■出版社/新潮社
■価格/本体3,200円+税

アマゾンで買ってみる。
25

ENGINE 2019年10月号

2019ENGINE10
■収録/『ENGINE 2019年10月号』
■出版社/新潮社
■定価/1080円(本体1000円)

●356Aスピードスターと新型911カレラSに特別試乗。
「村上春樹さん、新旧ポルシェに乗る!」
話す人=村上春樹 まとめ=塩澤則浩(本誌)

●書き下ろしスペシャル・エッセイ
「ポルシェ356スピードスター、エトセトラ」
7

文學界 2019年9月号

2019文學界9
■収録/『文學界 2019年9月号』
■出版社/文藝春秋
■定価/970円(本体898円)

●ロング・インタビュー
「暗闇の中のランタンのように」
(聞き手:湯川豊 小山鉄郎)
30

新潮2019年8月号別冊 平成の名小説

2019平成の名小説
■収録/『新潮2019年8月号別冊 平成の名小説』
■出版社/新潮社
■定価/1944円(本体1800円)

●不朽の名作
「かえるくん、東京を救う」
平成11年12月号
6

文學界 2019年8月号

2019文學界8
■収録/『文學界 2019年8月号』
■出版社/文藝春秋
■定価/970円(本体898円)

●連作短編「一人称単数」
その4「ウィズ・ビートルズ With the Beatles」
その5「ヤクルト・スワローズ詩集」

●エッセイ(川上未映子 真夏の出来事)
「歳月をかけて更新された風景」
25

■運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー

2019運命の恋
■収録/『運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー』
■編/滝井朝世
■出版社/角川書店(角川文庫)
■定価/本体600円(税別)

●短編小説
「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に会うことについて」

出典
四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に会うことについて』文鳥文庫)

アマゾンで買ってみる。
13

WIRED 2019 Vol.33

2019WIRED33
■収録/『WIRED 2019 Vol.33』
■出版社/プレジデント社
■定価/1200円(本体1111円)

●インタビュー
「村上春樹、井戸の底の世界を語る。」
10

ある作家の夕刻 フィッツジェラルド後期作品集

2019ある作家
■スコット・フィッツジェラルド
■装幀/和田誠事務所
■出版社/中央公論新社
■価格/本体1,700円+税

アマゾンで買ってみる。
10

文藝春秋 2019年6月号

2019文藝春秋6
■収録/『文藝春秋 2019年6月号』
■出版社/文藝春秋
■特別定価/1000円(本体926円)

●特別寄稿
「猫を棄てる 父親について語るときに僕の語ること」
9

本当の翻訳の話をしよう

2019翻訳の話
■著/村上春樹 柴田元幸
■出版社/スイッチ・パブリッシング
■価格/1,800円(税込)

アマゾンで買ってみる。
20

■文学2019

2019文學
■収録/『文学2019』
■編者/日本文藝家協会
■出版社/講談社
■定価/本体4000円(税別)

●短編小説
「チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ」

アマゾンで買ってみる。
20

■おいしい文藝 はればれ、お寿司

2019はればれお寿司
■収録/『おいしい文藝 はればれ、お寿司』
■編者/杉田淳子、武藤正人(go passion)
■出版社/河出書房新社
■定価/本体1,600円(税別)

●エッセイ
「安西水丸と語る寿司屋の話」

出典
「安西水丸と語る寿司屋の話」(『村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた 』新潮文庫)

アマゾンで買ってみる。
15

Coyote SPECIAL ISSUE 安西水丸おもしろ美術一年生

2019coyote
■収録/『Coyote SPECIAL ISSUE 安西水丸おもしろ美術一年生』
■出版社/スイッチ・パブリッシング
■定価/1200円+税

●エッセイ
「水丸さんと最初に出会った頃」

本書は、『Coyote No.58 安西水丸おもしろ美術一年生
(2019年3月発行)を再構成したものです。
25

■トルーマン・カポーティ初期短篇集 ここから世界が始まる

2019ここから
■収録/『トルーマン・カポーティ初期短篇集 ここから世界が始まる』
■著/トルーマン・カポーティ
■訳/小川高義
■発行/新潮社
■定価/本体1900円+税

解説
「天才作家の天才的習作」

アマゾンで買ってみる。
25

ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇29

2019ペンギンブックス
■編/ジェイ・ルービン
■出版社/新潮社
■価格/本体3,600円+税

序文
「切腹からメルトダウンまで」

アマゾンで買ってみる。
15

MONKEY vol.17 SPRING 2019

2019MONKEY17
■収録/『MONKEY vol.17 SPRING 2019』
■責任編集/柴田元幸
■出版社/スイッチ・パブリッシング
■定価/本体1400円+税

ジェイ・ルービン編 The penguin Book of Japanese Short Stories 序文
「切腹からメルトダウンまで」

アマゾンで買ってみる。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ