* バッグインバッグの作り方  *


バッグインバッグの作り方,任后
型紙はコチラです。
ご自分の作りやすい方法で作ってみてくださいね^^
よければ参考にしてみてください♪


,泙此∪乎呂鮑枌任靴泙后
今回のバッグインバッグでは、裏地以外はすべてラミネート生地を使用しています。

下の写真は表地、表のポケット、ファスナーポケット、底部分です。

ポケット口の縫い代は2cm取ります。
他の部分の縫い代は1〜1.5cm。私は1.5cm取ってます。


お好みでレースやタグなど飾り付けをしましょう♪


表ポケットAとBのポケット口の縫い代を3つ折りにして、ステッチをかけます。

ラミネート生地を縫う時は、押さえをテフロン押さえに変えて縫うと縫いやすいです。
家庭用ミシンで進みにくくて縫いにくい場合は、ソーイング用シリコン剤を使用すると縫いやすいです。

私は普通のクリップを使っていますが(笑)、
ラミネート生地など針穴を開けたくない生地を縫う時、洋裁用仮止めクリップで留めて縫うと便利です。


テフロン押さえ
(家庭用)は
コチラ
テフロン押え
(工業用)は
コチラ
仮止めクリップ
(10個入)
ソーイング用シリコン剤



ポケットAとポケットBをきちんと重ねます(縫い線を合わせて)

ポケットAの中央にステッチをかけます。(ポケットAは小さなポケット2つになります)





ど愁侫.好福璽櫂吋奪箸離櫂吋奪噺の縫い代を3つ折りにしステッチをかけます。





ド愁侫.好福璽櫂吋奪箸フラットニットファスナー30cmをつける。





ι獣蓮淵侫.好福璽櫂吋奪箸鯢佞韻訛Α砲猟譴遼イだから12cmのところに
裏返したイ良愁侫.好福璽櫂吋奪箸鮃腓錣察▲侫.好福蕊分を縫い合わせる。

※ここはズレないように縫い合わせるときに注意しましょう。





表ファスナーポケットをひっくり返したらこんな感じになります。


次のステップでは表地と底を縫い合わせるので、

その時にポケットと表地がずれないように、ここできちんと合わせて
表地と各ポケットを仮止めしておきます。

(下の写真ではファスナーポケットを表地に仮止めしています。もう片方のポケットも表地に仮止めしておきます)



作り方,楼幣紊任后

作り方△コチラです。
次は底と表地を合わせます♪




ブログランキングに参加していますので、
ポチポチッとクリック応援していただけるとすごく嬉しいです。
よろしくお願いします☆