アラフォー バルコの生殖日記

42歳未婚のシングルマザーの思い出や日々の出来事を書いています。
現在中学生と、3歳の娘と3人で暮らしています。
40過ぎても♀としての生殖活動がやめられず。垂れ下がったおっぱの真っ黒乳デカ首から毎日大量にミルク出しまくりです。
現在お腹に赤ちゃんもいます。分娩予定日は2017年10月。 臨月ふんどし水着海水浴再び・・・かも


いまだにいっぱい出る母乳は、鍵のかかっていない会社の会議室で何度も種付けされて、赤ちゃんができちゃった夢のような思い出の痕跡・・・


毎日受精しまくり、40歳とっくに超えてるのに、
また赤ちゃんできちゃいました・・・

平成29年5月8日現在、バルコは妊娠16週目の妊婦です。


久しぶりの更新

31才の頃、自宅から電車とバスで2時間ぐらいの海で知り合った中学生達にはその頃から「おばさん」と呼ばれていました。
年齢的には、今のカレより3歳ぐらい下ですね。
当時は、まだおばさんじゃないよと内心思っていましたが。
今でも「おばさん」と呼んでんでくれているのですが、「ババア」じやないだけいいかと最近は思っています。
彼らとは、最初の頃は年に10回ぐらい合っていました、最近は回数へってましたが。 
会う人数はその時々なのですが、今年は1月に5人と会いました。
今ではみんな社会人なので、お泊りも大丈夫なのでお互いに都合が合えばまったりと会えるのですが。
最近は夜通し6人だと、ちょっと体力的にきつかったです、。

バルコは、現在13回目の妊娠しちゃってます。
時期的に、妊娠したのは、その時の乱交の可能性がおおきいのかなって・・・合計40回近く受精しちゃったし。

でも、4年前に分娩してから、流産と死産だったので、このあとどうなるかはまだわかりませんが。
続きを読む

積雪

昨日、ちらちらと雪が舞いました。、積雪はしませんでしたが、久しぶりの雪でした。
もう20年も前になりますが、バルコが大学生になってからは、長女を妊娠してお腹が膨らんでくるまでは、
ほぼ毎朝、日の出前に走っていました。雨の日も雪の日も。
最初は7㌔ぐらいでしたが、最後の頃には15㌔~20㌔ぐらい走っていました。

多分、1994年だと思いますが、2月にかなり積雪があった朝も早朝ランニングに行きました。
その時は、当時のカレがアパートに来ていたので一緒に走りました。
普段はブルマーに体操着(高校生の時使ってた)でした。
真っ赤なブルマーに、区部回りと半袖の先端が赤く着色されているものです。(アパートの前で撮った昔の写真がどこかに貼ってあったかも。)

でも、その日はカレにブルマーの替りにビキニ水着の着用をカレに命じられ、上は体操着下はマイクロビキニといういでたち。
Webに貼ってあるバルコの勝負水着みたいな、縦紐だけで生殖器に食い込むようなものではなかったですが、人とすれ違うときはドキドキしました。
- 当時そんな水着は売ってなかったですし、アラフォーにもなって海水浴でそんな水着着用することになるなんて考えもしませんでしたが。
 
それでも、ランニングが終わった後は、生殖器が粘液噴出で、雪の積もった公園で全裸にさせられて、交尾をしました。

その後の、大きな積雪は1998年の1月でしたが、再び水着でランニングしました。その時は一人で、ビキニは横で結ぶ紐ビキニで、明らかに変態女でした。走っているうちに水着が食い込んで、T-Back状態になっていました。
人とすれ違っても体操服をずり下げて隠せないように、体操服の裾を結んで気合を入れたんですけど。
でもそんな勇気はなくて、前から人が来たら横道に逃げてしまいましたが・・・
その時は、歩道の工事中で、鉄板が置いてあるところで、転んでしりもちをついてお尻がびしょびしょになってしまったり。
最後は、前回と同じ公園で全裸になってオナニーしました。

2016年

2011年1月14日に、にここで日記を書着始めたのですが、もう5年になるんですね。
当時36歳、今は41歳です・・・

最初は、カレとの性生活や、すでに懐かしい過去の出来事を書くつもりだったんですが、
5年の間を振り返ると、にいろいろなことがありました。

‐ 職場で左遷されてしまいました。
  高層ビルの眺めのいい個室から、低層雑居ビルの関連会社の大部屋へ。
  
‐ 職場で受精するようになってしまいました。
  最初は、相手一人だけだったのですが、だんだん人数が増えて10人近くまで。
  終業後の会議室だけだったのだけど、一日の間に数人と、始業前や終業時間中もするようになりました。
     鍵のかからない会議室や、備品倉庫で、ドキドキしながら種付されたり、おっぱい吸われたり、
  精液のしみ込んだT-Backショーツで発情しながらの勤務も今では、たのしかった思い出です。

‐ 全裸で性交中、直属上司に発見されてしまいました。
  その時の相手には、お気の毒としか言いようがないけど。リストラのために仕組まれていたことは、後でわかりました。

‐ 受精を繰り返し数か月後、4年ぶりに、妊娠してしまったことがわかりました。この時37歳でした。
  おなかが膨らんできたころ、妊娠で休職します・・・と挨拶し、会社を去ることに。会議室での交尾は噂で拡がってしまっていたので、相手は辞めた男性社員だと皆さん思っていたようですが。
  休職に入り、2週間後に堕胎しました。
  再び母乳がいっぱい出る身体になってしまいました。これは今でも続いています。
  
‐ 元同僚たちとは、その後も関係が続いて、また妊娠しましたが、この妊娠は結局流産でした。
  38歳の時です。

‐ 生理がこないまま、再び妊娠。39歳の誕生日から少しして、次女を出産しました。

 
現在、長女は中学生、次女は2歳です。

時間があれば、また出来事を書きたいと思います。

乱交の余韻

何度も種付けされ、窓が明るくなってきところ、しばらくウトウトしてると、
男たちに起こされ、再び3人の精液をお腹に注がれ、チェックアウトの時間ギリギリまでおちんちんを突かれました。
そして、ホテルの前で男たちと別れた。
「またね、バルコちゃん。」
既に日は高くなっていました。
来るときは、こんな服装じゃ電車乗れないなと思いましたが、
既に3人の男に種付けされて発情が止まらなくなっていた私は駅の改札を通っていました。
電車がホームに入る時の風で、ミニスカートがまくれあがり、裾からはみ出したお尻どころか、
丸出しになっても、もういいやと思ってしまいました。
だって、3人の男たちのペニスにおマンコ掻き回されて種付けたばかりの25歳の発情期の♀の身体、
見られて嬉しかったの!
電車に乗り、ドアの前で外を向きながら、ドアに密着してスカートの中に手を這わせました。
毎朝痴漢にされてたことを想像しながら。
ネットリとした股間の粘液が指にまとわりつきました。
そのままちょっとスカートを更に捲りあげて、パイパンの下腹部に粘液を擦り込みました。
そしてお尻にも。
縄下着は、切られてしまったので、22cm丈のマイクロミニスカートの下はノーパンでした。
電車を降り、痴漢に遭ったときと同じように駅のトイレで全裸になり、オマンコに指を突っ込みをクチャクチャしました。
いつもとお違うのは、オマンコから溢れる3人の♂の混ざった精液と、トイレの床にお尻をついて掻き回したことでした。
バルコ、とうとう精液肉便器になっちゃったよ・・・、おまんこの中を掻き回しすぎて、お漏らししてしまいました。

初めての複数プレー

恥ずかしい写真を見た直後は、頭の中が真っ白、心臓がドキドキしたけど。
そして呼び出しの当日には、起きるであろうことに期待している雌の私がいました。

夕方学校からアパートに帰り、お風呂で汗を流し。
縄パンツと、縄ブラを装着するのを、隣の部屋の大学生に手伝ってもらいました。
彼と初めて受精したは、股縄だけの姿でお醤油を取りにいかされて、職場の先輩たちの目の前でというすごい成り行きの末でした。
4人目の男性でした。それ以来、毎朝通学前に受精する関係です。

縄下着の上に、チューブトップに、お尻のお肉が見えてしまう一番短いミニスカで武装しました。
呼び出された駅は、電車で行けば2駅でしたが、とても電車には乗る勇気がなかったので歩きました。
着いた時は汗だくでした。 
駅前で待つあいだ、何度か声をかけられてしまいました。客引きと間違われてしまったようでした。

そして、痴漢の男到着。予想通りホテル街の方へ。

そして予想外のことが、
エレベータにのり、部屋に入ると、ほかの男が2人いました。

朝まで、3人のペニスや。おもちゃを代る代る・・・
続きを読む

続・続・続・初めての体験

そして、夏休み。
朝、電車に乗るのもしばらく休みで、この痴漢に会うのも無いかなと思っていました。
海水浴に行って、今年はどこまで水着小さくしようかななんて、
呑気にオマンコ湿らせながら水着のお直しの裁縫などをしていました。

そして、ホテルに行って1週間ぐらい経過しました。
朝、バイトから帰りアパートのドアを開けると、封筒がドアの下に落ちました。
封筒を開けると、写真が10枚ぐらい。
写っていたのは、私でした。
しかも、知り合いには絶対お見せできないようなものばかり・・・
パイパンなのも、クリトリスがでかいことも、恥ずかしいマイクロビキニの日焼け跡も全部バレバレな写真。
最後の一枚は、お腹の上に、学生証と免許証のせられて、縄ブラから風船みたいに張り出したおっぱい。
でかい乳首(当時はまだ綺麗なピンク色で鑑賞に堪えたかも・・・)を固くして、
股を広げて丸見えのオマンコから精液をドロッと垂れ流して
気持ちよさそうに放心状態のだらし無い私の、種付された直後でした。
バルコは中だしセックス大好きな変態雌みたいな。

そして、写真と一緒に入っていたのは、8月x日、午後8時に、・・・駅西口で待ってると、書かれた紙。
頭の中が真っ白になりました。





続・続・初めての体験

ふだん降りる駅は、下りた人数と同じぐらい乗り込んで再び混雑しました。
違っていたのは、私が痴漢の男とと向き合って立たされたこと。
そして 男の手は、私の下半身に食い込んだ縄をしっかり掴み電車が揺れるたびに上に引っ張り上げました。
 ヒールが床から離れ、25cm丈のマイクロミニスカートの中では、
恥部に食い込んだ縄がクリトリスとオマンコと肛門を擦り上げ、 声が出そうになりました。
 いつの間にか私は、男の胸に顔をうずめてました。
 そして、私も相手の腰に手を回し、私のおっぱいを相手に押し付けていました。
 20分ほど経過して、電車を下ろされた駅は、ラブホ街のある駅。通勤時にはあまり人が降りない駅です。
電車を降りて5分ほど夏の陽の光が射す中、縄を掴まれたまま歩きホテルのの1軒に連れていかれました。
ホテルの受付には私たちだけした。 部屋は5回で、エレベータに乗り込みました。
エレベータの扉が閉まると、男は私のスカートとブラウスを剥ぎ取りました。
 私は、縄ブラでパンパンに張ったおっぱいを手で隠しましたが、
男は私の手を払いのけ、私の乳首を音を立て吸い始めました。
私が、「やめてください、こんな場所で、誰か来たら・・・」と言うと、
男は、止まったままのエレベータの扉を開けると、 「このままの格好で帰ってもいいんだよ。」と言われました。
私は観念しました。

そして、2時間後、 股縄の食い込んだ生殖器から、精液を垂れ流しながらホテルを後にしました。
汗と、垂れる精液、自分の体液で太股をベトベトにして、学校へ向かいました。
続きを読む

続・初めての体験

初めて痴漢に遭って、
日が経つにつれて遭う頻度が増えていきました。
私が抵抗しないことがわかったようで、
5回目ぐらいからスカートの中まで手が入ってくるようになりました。
当時はだいたい32cmぐらいの丈のスカートだったので、容易くT-Backショーツ着用で
丸出しのお尻を撫でられていました。
時には、パンツをずり下げられて、電車を降りるときにあわててずり上げることや、
紐パンツを解かれ、電車の中に足首まで落ちたパンツを見捨ててホームの階段を駆け下りたこともありました。
2ヶ月ほどたち、痴漢に陰部を触られるのが平日朝の日課になっていました。
それでも、乗り換えの駅ではなんとか痴漢の手を振りほどいて電車は降りていました。
あと、痴漢されたあと、駅のトイレで全裸になりオナニーするのも日課になっていた・・・

そして、その日は学校の試験も終わり、学校に行ったあとはバイトの予定でした。
バイト先の先輩の命令により、いつもより短いミニスカートに、股縄に縄ブラという「下着」にブラウス。
ブラウスを捲れば、ローライズに穿いたスカートで、腰の縄が丸見えの状態でした。
いつものように痴漢に尻を撫でられ、そして、股縄を引っ張られたり。
いつもと違ったのは、電車を降りようとしたとき、腰の縄を掴まれ降りるのを邪魔されたこと。
「逃げると、スカート下ろしちゃうよ。縄の食い込んだパイパンお嬢さん。」
私はその言葉にハッとして電車を降りるのをやめました。

そして電車のドアが閉まりました。

初めての体験

アパートから大学までは、10km ちょっとありました。
学生のときは基本はランニングで雨の日は電車。
最後の2年間は先輩から譲ってもらったzzrー1100で通っていました。
結局バイクは盗難にあい、その後は自転車を買ったけど、それも買って1月で盗まれてしまいました。
それからは、卒業して働くようになってからも、再びランニングで。
ブルマーで走るのは気持ちよかったし、職場にシャワーもあったので。
職場の人たちにブルマー食い込んでお尻のお肉はみ出したプルマー姿目撃されるのも気持ちよかったし・・・ 
走ってる時はブルマーのクイコミ直さないでそのまま職場に突入。
性欲収まらないときは、自分で食い込ませることもあった・・・
 
その後大学院に入ってからもランニングで通学でしたが、
たまたま運ぶ荷物がたくさんあって電車に乗る機会がありました。
5月の終わり頃でした。
通学時間の電車はものすごく混むのですが、乗って数駅経過後、お尻を触られる感触が。

人生で初めての痴漢に遭いました。
その時はミニスカの上から、数分間お尻の肉を揉まれただけでしたが、ものすごくドキドキしました。

でも、そのことがあってからは、朝は電車で通学することにしました。
続きを読む

全身無毛になった日

性奴隷の日々、。
最初は週に多くて2回だった呼び出しがだんだん増えていきました。
当時、大学院生で、バイトや、出なければいけない講義にも支障をきたすようになってきました。
性奴隷になって1年ぐらい経過後、頻繁に呼び出すのはどうしてもやめてほしいというお願いしたけど、逆ギレされてしまいました。
廃工場のような場所で、全裸で犬の首輪で紐に繋がれ、
ブルーシートの上で眠る時間もなく交尾の繰り返し。何度もイキました。
それでも、辞めたいというと。
当時腰ぐらいまであった髪の毛でしたが、ハサミでどんどん短くされて、
最後はバリカンで頭の中心部だけ。(鉄拳さんヘアスタイルに・・・、落ち武者かな)
結局、辞めたいというお願いを撤回するしかなかった。
紐を解かれたのは3日過ぎ、体中に乾いた精液で髪の毛がこびりついていました。
オマンコに注ぎ込まれた精液は、数十人の男性たちにおそらく100回以上だと思います。
その頃は、交尾した男性の人数はとっくに100人超えていたと思いますが・・・一気に性交渉人数が増えてしまった・・・ 
夜アパートの前で、車をおろされ、人目につかないように急いで階段を駆け上がりました。
そのまま、何もする気力もなく眠りにつきました。夢だったらと思いながら・・・
でも夢ではなかった。
翌朝、お腹がすいて、4時頃目が覚めるとやっぱり全身に刈られた髪の毛がこびりついていたし、
風呂場で自分の顔を見て鏡を見で、泣きました。
性器もぷっくりと腫れて、痛いのことにこの時気づきました。
オマンコが腫れるまでやりまくったのは、これが最初で最後の経験。
7時ぐらいに隣の部屋の大学生(優〇クン)が来てくれました。この大学生は性奴隷になる2か月前から体の関係が始まっていました。
関係のきっかけは、裸に縄ブラ縄パンツでお醤油を借りにいかされたのがきっかけでした・・・恥ずかしい・・・
それで、優〇クンにお願いして、残っていた髪の毛と、半分だけ残っていた眉毛も剃ってもらいました。
その後、オマンコは痛かったけど、睫毛以外毛の一本もなくなったからだで、優〇クンの精液を受け入れました。
数日間の出来事を思い出しながら。
こんなになっても発情がおさまらない、ふしだらなバルコの身体・・・
 
ピルは、既に5日間飲んでなかったけど、赤ちゃんできてもいいやと思っていました。

でも、次の生理が来た時はほっとしましたが。

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索



32歳のときから愛用中のバルコ自慢のの勝負水着です。
ビーチで何度もナンパ待ちしましたよ。発情してるのバレバレですよね。
最初身につけて砂浜を歩いたときは、心臓バクバクしました。
今でも海で着るときはすごく勇気が要ります。
最初の頃はは知り合いには、とても見せられませんでしたが、
35歳の夏、思い勇気を出して海水浴で娘と彼に公開してしました。
2013年の夏は、3回海水浴で妊娠していたオマンコに食い込ませちゃった。



バルコの生殖器。
精液の注入を許したオチンチンの数は4桁超えちゃってマス、
まだ子供産めるのかな・・・





36歳77㌔、贅肉に埋没する紐マイクロビキニで海水浴
娘も彼もびっくりしてくれました。
紐からはみ出た充血した性器と完全に勃起しちゃったクリトリスに・・・
ごめんなさい・・・この日はママは、一日中発情した♀でした・・・






37歳80㌔台最後の夏かも。
妊婦海水浴と間違われちゃった・・・
今年の夏は、本当に妊婦だったけど・・・




2011年冬37歳92㌔、全裸になるとこの有様・・・
今にも生まれそうなお腹です。。。

livedoor プロフィール
タグクラウド
ギャラリー
  • 分娩から4ヶ月
  • 臨月で迎えた30歳台最後の誕生日
  • 股下0センチのミニスカワンピ
  • 5月5日はこどもの日
  • 妊婦勝負水着の誘惑 : 腹ボテ海水浴
  • ブルマーの思い出
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ