haruku666のblog

晴薫という名前でやっていた、雨の日の日曜日は・・・というブログの後継です。 教養書の備忘録、小説、エッセイ、ノンフィクションの読後記録。 映画、スポーツ観戦の感想が主でしたが、最近は安室奈美恵と萌え系のアニメにもはまっています。 オープンスポーツカーも好きで今は981型ボクスターGTSでサーキットを走っています。

魔法少女リリカルなのはReflection@連続のバトルシーンに期待のラスト!足りないモノは

エヴァンゲリオンもまどかマギカもリアルタイムではなかったのですが、リリカルなのはなんて大遅れでテレビ放映版は最近やっとアマゾンプライムで観始めているしまつ。

それでも映画のMovei1はオモシロかったしAsも楽しめたので、今回のReflectionも前売りを買って待機していました。

本日行って来た訳ですが、期待を大きく上回る出来で、なのはシリーズの劇場版にハズレなし、ですね。

これはなかなか大したモノだと思うのですよ。

nanoha
 

内容は、異次元で危地に陥ったキャラが、次元移動してなのはたちの世界に降臨。

闇の書を巡ってバトルとなります。

 

敵方になる二人に味方になる一人に加え、なのはにフェイトにはやてに加えヴィータを初めとすると守護騎士4人と、それ以外にも色々でてもう大変。

 

制作にコストが掛かるであろうバトルシーンの連続で、それは良いのですが、戦う面子が増えた分、なのはの出番が少なくて、それが一番の不満かな。

なんだかんだ言って、なのはが鎖もって飛んで相手をグルグル巻きにするシーンが一番カッコ良いんだもの。

続きを読む

ポルシェ・カイエン・ハイブリッドに乗って初めてアイドリング・ストップに納得する

先日、友人のポルシェ・カイエン・ハイブリッドに試乗というか、乗り回しました。

オープンロードでの走行を含めて、ディーラーの試乗車より随分大胆に乗れました。

隣で、「ほれ、もっと踏んでイイですよ」って煽る人がいるんだもの。

ご期待に添わないとさ。

 

走りの方は、巨体にもかかわらず、スーパーチャージャー付のエンジンプラスバッテリーの威力で、加速も抜群。

アッという間に140キロとかね。

アクセルを踏んでいればバイパス程度の道でも出るんじゃないかな。

順法運転だから、試さなかったけど・・・

きっと出るよ。

ハンドリングも軽くて、遥かに小さいボクスターの方が重い感じがするんですけど何故?

ユーザー層の違いを意識しているのでしょうか?

ボクスター=一応スポーツカーだから重くて良い。

カイエン=SUVの高級車だから、軽くユーザーフレンドリーに、comfortableにしたって事でしょうかね。

 

以前、ディーラーで試乗したマカンより着座位置は明確に高く、より良好な視界と偉くなった気分は上ですね。

高級セダンのユーザーたちがSUVに流れる風潮が良く分かりました。

でも着座位置ならマセラティ・レヴァンテの方が高かったかな。

この辺は、マセラティ=貴族的高級車。

ポルシェ=現役のスポーツカーの血統

だから、フルサイズSUVでも少し着座位置は下げてスポーティーって感じでしょうか?

なんかそう考えると、一見同じようなクルマでもイチイチメーカーは考えて造っているんだなって思いますね。

 

一番印象的だったのはアイドリング・ストップです。

最近の暑さでバッテリーが元気なのか、生意気に118iが頻繁にアイドリングストップ掛けやがるんですが、なんかセコイ印象が強い。

続きを読む

ゲームを全くやらない人間がPSVRを買ったら

今日は、先日、灼熱のサーキット走行をした事からオイル交換と、各部の点検で出していたボクスターGTSを受け取りにポルシェセンターに。

ガソリンもないので、私には珍しくアイドルストップを効かせながら、家まで戻る途中、予約していたPlayStationVRも買いに行く。

 

問題は、ゲームの類、まったくやらないので、説明を聞いても何がなにやらって事。

これがカメラになりましてって言われても、

「は、カメラ?私はVRが体験出来れば良いんで、カメラなんていらないんだけど」なんて頓珍漢な事を考えてしまう。

さすがにPS4本体がないとダメなのは分かるので、プロ仕様とうのも買うと荷物がデカい!

とりあえずココでイヤな予感。

こんな大荷物、今日のポルシェに入るだろうか?

ボクスターは前と後ろにトランクがあって、遠距離ドライブしない私には十分は荷物収納容量なんですが、ポルシェはサーキット走行の帰り、直でセンターに預けたので、中にヘルメットから、レーシングシューズから、ハンスにエアゲージに、色んなモノをピット内に置いておく時に使うカゴとか入っていて、すでにだいぶ容量を食われている。

ヤケクソで助手席に放り込むもドアが閉まらない。

あんまり力任せにやっていると、総計10万以上もした品を壊しかねないので、暑い駐車場で整理してなんとか積み込んでガソリンスタンドに辿り着き、なんか大荷物状態で家に帰りつく。

 

昼食も食べてないし、お昼を食べ始めると缶ビールを半分だけ飲みたくなったりして、そうすると酒に弱い私は寝ちゃったりして、PS4VRもそのまんま。

起きて三浦選手の試合の録画みたりして、やっとこさっとこ組み立て始めるも、私はこういう電気製品のコード繋ぎの類、苦手というか嫌いなんだよ。

 

それでも妻に協力してもらいながらなんとかカタチにする。

それからもゲームのセッティング。

やり慣れている方ならスイスイなんでしょうが、ともかくゲームって、大昔に妹がスーパーファミコンをやっていたのを貸してもらっていた位なんで、イチイチ詰まる。

続きを読む

投機生活は延々たるマネージメントの日々だから、けものフレンズのチャームが楽しみ

FXは基本システムで運用しています。

5月末日に勘定系が分かりにくくなったSBIFXからセントラル短資に移行したんですが、ちょうど新システムが出来たので、口座も新規になるし、どんなモノでしょうかと開始したのは偶然です。

7週間実地して、幾らか細部変更。

クロス円以外の取引を開始。

クロス円でもよりリスクを取るようにしました。

ともかく最初は、小さく小さくやります。

それ以外考えない。

大きく儲けようなんて思わない。

大きな損だけは避ける事しか考えないんで、そうなると一回当たりの注文量も最小からです。

 

FX(あるいは日経平均先物とか)をやっている、というと一般の方はどんなイメージなんでしょうか?

もろ肌抜いて、壺振って、男は一発ココで勝負!

とか、

「俺のゴーストが囁いているぜ、ドルは買いだ」

とかなんか汗とタバコと酒の匂いが充満した博打場というか、血飛沫飛び交う鉄火場というか、そんな感じのイメージですか?

博才に恵まれた方なら、それでも良いし、通用するなら面倒がなさそうで結構なんですが、私が実際にやっている事の90%は延々たる計算と建玉、注文の確認、そして経済指標の確認と解釈です。

 

計算は何をしているかというと、リスクです。

見直しているのは注文です。

日経OPが入ると一段と複雑になるんですが、まずこの指標からシナリオはこうである。

だからこことこことこことこことここにこことここと・・・・・にIFOで注文を入れる。

IFOというのは自動注文執行の事で、IF:もしこの値段になったら、DO:この注文ドル買いなり、日経売りなりを実行して下さい。
OCOOne side done then Cancel the Other orderなので買ったなら、この値段で利食い、ここまで下がったら損切という注文です・・・

知らないと何言っているか分かりませんよね。

だからはるかに話が複雑になるOPIVとかΔとかの説明はヤメ時ます。

 

ともかく何が言いたいかというと、直観で、ここは買いとかここは売りとかやることはないとは言えないけれど、ほとんどない。

続きを読む

ツインリンクもてぎ サーキット・ドライビング・レッスン@灼熱のサーキットでの経験は

昨年に続き、もてぎサーキット・ドライビング・レッスン・スキルアップコースを受講して来ました。

ポルシェのスクールもあったのですが、コッチを受けたのは、10倍以上お得だからです。

 

サーキットを走っていますが、私がやっているのはレースでなく、タイムアタック。

自分のクルマで如何に速く走れるか、という事なんですが、今は1000分の1秒単位で計測されるので、1周回る間、他のクルマに一切の邪魔をされたくない。アクセルを一瞬でも抜きたくないんです。

でもサーキットを自分一人で借り切ると何十万円も掛かるので、集団で借り受ける事になる。

そうなるとかならず追い越したり追い越されたりという事は必然なんですが、条件として一番大切なのは、クルマの密度です。

一般には距離2.05キロの筑波2000だと26台位は入れられる。

それがこのスクーリングだと全長4.8キロのもてぎのレーシングコースに14.5台なんです。これは普通の走行会ではありえない。

それで値段は28700円。

ポルシェのは19万円位したはずで、クルマも20台は入れたはず。

より空いているコースで走りたいなら問題にならないでしょ。

 

カキュラムは、午前中は先導走行から。

もてぎのインストラクターが先導して走るのですが、最初はゆっくりでも次第にスピードが上がって最終的には28秒位まで上げる。

この日は気温35度!

路面温度40度とサーキットを走るには向いているとは言えない酷暑で、コンデションは最悪でした。

それが終わるとコース区間別走行。

S字とビクトリーコーナーでは、無線でレーシングドライバーの指導が入ります。

私はいつもなら全力で走るのですが、この日ばかりは午後のフリー走行前にブレーキでもイカレタラ困るとだいぶ控えめに走行。

とてつもない日差しと照り返してで、もうこの日はクルマを故障させないがファーストプライオリティでした。

 

午後はいよいよお待ちかねのフリー走行。

タイムアタックですが、前回は遥かにパワフルなフェラーリに次いで二位だったので、当然首位狙い、FL(ファステストラップ)狙いです。

ピットにいつ並ぼうかとソワソワしながら期を伺ったのですが、気合の入ったNSXが一番に出たので、後を追う。

このクルマ速いの、午前中の先導走行で知っていたんです。

ま、いくら速くても、本気になったら、俺の方が速いだろう。

邪魔すんなよ、という気持ちだったのですが、レーシングドライバー同乗のクルマを追っかけて走行が始まると、私はドンドン離される・・・

続きを読む

鷲尾須美の章 第三章「やくそく」@涙、涙で花澤香菜って凄い声優じゃないかと思う

結城友奈は勇者である、の鷲尾須美の章、第三章を観て来ました。

 

この処、この映画が先週公開だったらな、と考えていました。

ずっと待ち望んでいたのに、今週の週末は予定が満載で、行けそうもない。

明日もダメなので、俺はどうすれば良いのかと思っていたら、前の用事が早く終わった。

それでも時間的に苦しいだろうと思いつつ、高速を走りながらシネコンまでのナビを掛けると、なんとギリギリ間に合うかも?

でも映画館までの距離、だいぶあるのに行けるのかな?

それにチケットも買わないとね。

ギリギリに行くと、最近は買えないからね。

そして前売りを家に置いて来たことを思いだす。

というか、行けると思ってなかったし。

 

やっぱり今日は縁がないかと思いつつ、最後のPAで運を試してみる事にする。

シネコンのサイトにアクセスし、チケットを買う手続き中、ミスをしなかったら行く!

前売りの分はまたにすれば良い。

家に寄っていたら絶対に間に合わないし。

 

そしてPA

まっすぐ入ってiPhoneだして、サイトに入って会員番号とパスコードとメールアドレスと入れてミスはない。

支払いはと見るとなんとポイントが溜まっていて無料とうい事。

これは行くしなかいでしょうと完全にテンションが上がる。

 

行くぜシネコン、鷲尾須美。

ぶっとべBMW

バイエルンの狼

アウトバーン育ちの血統を見せてみろって、スミマセン。

最近、サーキットの狼を読んでいるんで、思考回路がオカシクなってます。

続きを読む

赤い月、廃駅の上に 有栖川有栖@品位と情感に満ちた鉄道怪奇短編集

赤い月、廃駅の上に (角川文庫)
有栖川 有栖
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-09-25


本格派ミステリーの雄である有栖川有栖さんが書いた、鉄道ネタの怪奇小説短編集です。

恐怖譚なら昨今はホラーと呼ぶべきなのかもしれませんが、有栖川有栖さん、やはり現代のエラリー・クイーンですから、読んでいて、理性を捨てきれていないが分かるんです。

ホラーってやっぱりある種の狂気を持たないとダメなんでしょうね。

キングとかポーとか、乱歩とか、みんなどっか狂っているでしょう。

 

そんなホラー向きでない資質の有栖川さんですが、さすが、筆力、構成力優れていて読ませます。

短編集は一環して鉄道ネタですが、鉄道にまったく興味のない私でも楽しめました。

以下、内容に触れるので、未読の方は自己判断の上、お読み下さい。

 
個人的は最後の作品。
「途中下車」がベストでした。

続きを読む

風吹裕矢は筑波サーキットを何秒で走ったか@さらに田中哲也のF430とガヤルドは

かつて一世を風靡し、少年たちにスーパーカーブームを巻き起こした「サーキットの狼」。

私も教習所に行く前は書店でしっかり立ち読みしてテンションを挙げたのですが、コミックス7巻から9巻に掛けてA級ライセンス習得の為、筑波サーキットで模擬レースをしています。

 ookami8ookami9

模擬レースと言ってもそこは「サーキットの狼」ですから、ハマの黒ヒョウの乗るランボルギーニ・カウンタックを始めスーパーカーは大集合だし、S字で大クラッシュはあるは、最終コーナーはオイルの海になるは、果ては激突して大炎上したり、池に飛び込むクルマまで出るという、とても模擬レースとは思えないどったんばったん大騒ぎ。

果たして愛機ロータスヨーロッパ・ツインカムスペシャルをターボチューンした風吹裕矢の運命や如何に。

ポルシェ・ターボを駆る早瀬左近との宿命の対決の結果は、という辺りが読み処です。

 

古本を整理していて読み返したんですが、最近は筑波サーキット良く走るので、ああ、そうそうここはこうだよね、と。

以前と違って実感出来ます。

ロータスの天井に穴があくクラッシュは、S字で前のクルマがスピンして進路を塞がれる事から起こるのですが、私もついこの間、同じ場所でスピンされました。

目の前で真横になったクルマ見て、あれー、これじゃ行くとこないじゃんって一瞬思ったからね。

 

さて、数々のライバルたち相手に必殺の慣性ドリフトを駆使した風吹裕矢。

果たして筑波TC2000を何秒で走っていたと思いますか?

 

今回記述がある限りでは8巻79pに橋本くんが1分5秒19ですと驚いている場面が描かれます。

早瀬左近は同じく橋本さんが9巻87pで1分2秒69と言っています。

 

このタイムは今の走行会のレベルだと一番速いクラスの真ん中辺とトップレベルですね。

ちなみに二人ともタイヤは変えていて風吹はダンロップのレース用G5.早瀬左近はレーシングスリックです。

という事は、この本の7巻32pにある通りラジアルと比べ56秒は速くなっている・・・という事だから、プラス5.5秒とすると、あれだけ「うぉー、勝負だぜ早瀬」とか言って我々少年の胸を高鳴らせたロータスヨーロッパツインカムスペシャルターボ。

ノーマルタイヤなら筑波1分10秒です・・・今なら中級クラスの真ん中辺・・・

早瀬左近も1分7秒後半で、上級中級の分かれ目ですね・・・・

うーん、なんか夢が壊れるというか・・・

クルマのテクノロジーの進歩って凄いというか・・・

続きを読む

蒸し暑くなった季節、夕方に幌を開け、萌え系電波アニソンを聴くのは麻薬的

好天の日差し強き時間に幌を開けたるオープンカーと出会うこと、尊し。

私には、いと出来かねること、凄まじき。

幌を開けるなら、暑き日の夕暮れ。

ようよう日差しが弱りて、されど熱気が残る中、走りだせば吹き込む風に汗が引くあたり、いとおかし。

あるいは夜明けの頃は、眠りにつき走ることなくあわれなり。

夜間は日差しなく都合良きとも、闇の中、灯りしか見えなき事、さほどオモシロくあらず。

(↑古文苦手なんで、ここまで) 


本日の午後はそんなオープン走行日和だったので、ボクスター引っ張りだして走りました。

 

聴いていたのは、ワルキューレΔで「僕らの戦場」とか絶対零度θノヴァティックとか、ロウキューブSHOOT

Party Love
おっきくなりたいとか、後はひさびさアイドルマスターのREADY!!!とか「おとなのはじまり」なんかの萌え系電波アニソンを高速走りながら、大音量で流す。

思い切りアクセルを踏むと、GTS独自のサウンドチューンが効いて、幌を開けたることもあり、クオーン、カオーンととんでもない(個人的にはフェラーリ以上の)快音がダイレクトに脳髄直撃!で、かつ流れてくるのが、GOGOLETSGO、adultアハん、なんて歌詞で、なんか精神に異常を来たしそうでした。

続きを読む

ジャコメッティ展に行って来ました@彼が現れた理由、我々が惹かれる訳

国立新美術館で開催されているアルベルト・ジャコメッティ展に行って来ました。

 

ジャコメッティの、人間が灼熱の劫火をくぐり抜けた後に残ったようなフォルムの作品群。

実存主義の彫刻的表現であるとか、シュルレアリスムの影響が残滓となってうかがえるとか、色々言われていますが、芸術を完全に言葉に置き換える事は不可能です。

 

それでもあの異様な風体を繰り返し表現した芸術家は何故、この世に生まれたのか?

そして何故我々はあの彫像に惹かれるのか?

IMG_2063

干からびたような、極限まで身体を削ぎ落された人物像に何を見るのかというと、個人的には不安神経症を読み取ります。

 

一目、セザンヌの影響が見て取れるリンゴの油彩画からは、ジャコメッティが、20世紀絵画の第一ルール。

「対象の厳密な視覚的再現の放棄」を遵守する芸術家である事も分かります。

その上で、何が彼をあの表現に駆り立てのか?

ジャコメッティは1901年10月10日に生まれ、主要な作品は1950年代から、死去する66年までの間に造られています。

 

1945年に終結した第二次大戦が影響したのはモチロンですが、20世紀が科学の時代であり、人権が叫ばれた時代であり、人が諸々の不安から解放されていった時代でもあります。

科学により、それまで何百万年もの間、人々を苦しめていた、飢餓、疫病は駆逐され、国家体制が確立されるに連れ無法な暴力も間遠になると、人々の生活に進出してきたのは、映像やクルマのもたらす娯楽、飛行機や船、鉄道による遠距離旅行の一般化、人権の確立やら権利の拡大などで、人々の平均寿命は延び、豊になって行く半面、人の不安はなくならなかった。

 

不安は人に必要な要素だからです。

人は不安を持つが故に、危険な対象を避けたり、予防処置を講じたりする事ができる。

IMG_2066

ただそれまでの時代とは違って、対象をはっきりと決められないようになった。

何故なら、それまので時代のように、死に直結する不安な事などほとんどなくなってしまったのだから。

存在しない幽霊を指さすようになったが故に、「不安の対象を指差し、実態として手に取れなくなった」が故に、人の精神は削り取られ、あの彫像が出来上がり、我々はそれを何処かで知っているから、ジャコメッティに惹かれるのでは、なんて事を考えました。

続きを読む
拙著@電子書籍
記事がまあまあと感じられましたらクリックして戴けると幸いです
カテゴリー
アーカイブ
Google Ad
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ