昨夜は夜の10時前にPC仕事が終了。

今からなら少し走れるかなとボクスターGTSを引っ張りだす。

慣らしの距離を稼がないとね。

新車で買って3日目。

二度目のドライブなんだけど、義務感に追われ、それほど心は浮き立たない。

高速のICへ向かい、目標は周囲に建物のないローソンの前で写真撮影ということにする。

デジタルで水温、油温が分かるのは良いインフォメーション。

寒冷時の負荷は特に避けないとと心がけている。

水温と違い、油温が100℃で安定するにはこの季節でも20分は掛かるんだな。

高速に入り100キロ巡航すると71750回転位?

夜なので幌を開けて走る。

整流は987型と同じ程度かな。

このクルマ、ともかく自在に曲がるんだけど、ランプウェイでギリギリまで速度を上げると、限界はさほどでないことが分かる。
曲げやすい=限界が高い、じゃないよね。
ま、タイヤも温まってないから本領発揮はサーキットでね。

gts6

目的地に着いて写真撮影。

ここは田舎なのか、オタグッツがわりと残っていることがある店なのです。

遠いのでほとんど来ませんけど。

帰りも大人しく100キロ巡航、71750回転を厳守。

延々と走る。

インターを降りて、ふと左右が防音壁で覆われた道があるのを思いだし、なんとなく行ってみることにする。

深夜だと空いているだよね。

その前の信号で止まり、無人、無車両の道を見ているうちに、エンジンを引っ張りたくなりスタートすると、

クォーン、クォーンと来て、あまりの快音に驚いてアクセルを戻すと、パンパンパンと帰ってくる。
スポーツエグゾーストとか入れてないんですけど
・・・当然、スポーツプラスとかにもしていない。

そもそもこの音はなんだ?

ポルシェってこんな音したっけ?

コレ、フェラーリの音じゃん。

それも一番イイ時期の音だよ。

あんまり痛快なんで、笑いがこみあげてくる。

一通り走り終えてUターン。

数台のクルマが行き過ぎるのをまって、前が空くのを確認してから、今のが夢でなかったことの確認の為、もう一度。

クォーン、カォーンだって(爆笑

スゲエ、

このクルマ、スゲエは。

このサイズの扱い易さに、ポルシェの信頼性とタフネス。

それにこの音とハンドリングと加速があれば、もう他に何もいりません。

スゴイイイ買い物したのかも。

ps

スポーツバケットの乗り降りにも早くも慣れました。

音楽も聴こえますね。

イヤー、このクルマは素晴らしい。

すでに私のベストオブベスト確定!

後は調子こいて飛ばして世間様に迷惑を掛けないように、自重すること。

これだけは絶対に忘れないようにいたします。