8.15靖国神社は凄まじい混雑と、分かってはいたんですが、やっぱり行くならこの日だろうと、行って来ました。

目標とするイベントとしては、「チャンネル桜、頑張れ日本」の集団昇殿参拝。

後は諸々見て回り、何か食べて飲んで、英霊の御魂、安らかなりをお祈りするだけです。

それに水島さんの集団昇殿参拝には、以前一度出たことがあるんですが、雰囲気が良く、延々と列が続く一般参拝よりむしろ楽なんだよね。


桜の参拝は1245分からの受付なので、自宅で早めの昼食を取ってから家を出たんですが、炎暑厳しく、先が思いやられました。

ホントに70年前のこの日に敗戦したんだから、よりにも寄って運命としかないような日取りだよね。

クルマで行くのも考えたのですが、駐車場の心配もあったので、電車と地下鉄で。

私は少しの間でも本を読むタイプなので、以前ならどの本を持って行くか迷う処ですが、今はiphoneに入ったプルーストがあるので、荷物は少なくなりました。


到着するとすでに地下鉄九段下駅の状況が尋常ではない。

人々がごった返す中、駅員さんが、「ただ今3番出口のみ開けております」と声を枯らしていて、警備の警官が沢山立っていて、そのまま進むとエスカレーターの列になり、やっと駅から出たと思ったら、人混みで前に進むのすら困難な状況。

なんだか夏コミを思わせる人口密度で、やっと靖国神社前の交差点にたどり着いても人だらけで前後左右とも満員電車状態。
なんだか今までにない人出で、これが70周年の威力か、と思いやられたんですが、交差点を超えるとさすがにばらけて、歩くのには支障がない程度に人口密度は低下。

「捏造朝日は読みません」なんてTシャツを着た団塊の世代のオジイサンたちが気勢を上げているかと思えば、若者が、日陰日陰とか言いながら逃げていたり(笑)カオスな状態。

今の日本、左右に旗色が分かれてどっちも熱いよね(笑

神社内にはミスト噴出機が沢山稼働しているんですが、日差しが強すぎて焼け石に水状態。
途中、巨大なテントが張ってあって、イベントをやるようなので、係りの人に聞いてみると「終戦70年、若人の集い」というのがあるようで、これは参拝が終わった後に参加しようと参拝受付場に急ぐ。
神門の辺りは、参拝者の列と、行き帰りの人、人、人で、通り抜けるのも困難なのだ。

やっとこれまた人で溢れる参拝受け付場に着くと、桜の参拝は別口と知らされるのですが、その場所に回ろうとすると、待機列はすでにその正面出口まで伸びていて、横も
6.7人になっている。
結局、この列の先はどこよという状態で、こうなると、前に参加した時も、これほどではなかったのですが、人数が多すぎて一回では終わらず、数回にわたっての参拝となり、終わるのは何時になるか知れず、桜の参拝はこの列というプラカードを持っている掛かりの人に聞いても、人数が多すぎて予定よりだいぶ遅れているということで、迷った末に断念。

参道特設ステージの「終戦70年」の方に行こうと方向を変えるも、やはり人人人。

途中、夏の靖国名物「冷たい麦茶」を呑んで、向かうも、「終戦70年」の方も席はすでに満席で、やっと受付を済ませても、講演は立ち見となり炎暑に耐えられず途中離脱。

でも国家斉唱は良かったよ。

3時からの反天連のカウンターとか、頑張れ日本のデモとかも余裕があったら出ようと思ったのですが、あまりの人混みと炎暑にヤラレテ帰宅となりました。

根性がなくて申し訳ない。


でも今日は人、多すぎだよ。

コミケも断念した私ですが、8.15靖国も来年からは8.1314にします。

ま、どっちにしろ年末には必ず行くんですけどね。