2018年04月

2018年04月06日

曲づくり

相方のろっしぃがCDを作っていて
あと2曲新曲を作れというので
去年からずーっと考えているのである
IMG_3346
1曲できそうだ
わけのわからん曲
もう1曲バラードだって・・・
そんなむちゃな注文すんなー

もどかしい
わたしの描くバラードが歌えるの?
ギターが弾けたらなぁ
この頭の中のメロディーを伝えられるのに
と歌いだして・・・きっとこんなおセンチな歌
歌えんというんだろう

店はややほったらかしな日々
看板のギターに魅せられて
音楽好きがやってくる

日常にあふれた音楽ではあるけど
ほんとは身近じゃない音楽
メジャーカルチャーになったのに
日常には触れることが少ないんじゃないか
って考える

わたしもそうだったけど
楽器が出る音
生音なんかほとんど聞いたことがなかった
ギターを間近で聞いた時の感動ったらなかったなぁ
どんな楽器でも人が演奏して音がでる
それを感じられる場所をつくってよかった
IMG_3325

あまり儲からんけどね
あまり注目されんけどね
ひっそりと夜な夜な音楽で人が集まってくる
なーんてことを考えながらFB見たりして

一生懸命やろう
バラードが書けるかしら

あそっそっ
ろっしぃはまたパーマをかけたのだ
ジャケ撮影かっこよくいくかな





harunon_cafe at 13:20|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年04月03日

4年越しの桜

咲いた桜を見て
ビールを飲みました
もうすぐ散るのかな
愛しいちいさな花たち

IMG_3256

IMG_3259

IMG_3290


harunon_cafe at 10:34|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年04月02日

手紙

高校の時
三重県 松阪市というところに住んでいた
お隣の 津市 というところにある私立高校へ通っていた
近鉄電車とJR両線あって
30分ぐらいだっただろうか

その高校で出会った友達と今も
手紙のやりとりをしている

携帯電話もSNSもやっているであろう
友達とは電話で話をしたことがない
酒も飲みにいったことがない

高校生の時に一番大笑いした友だ

その友から今日ハガキが届いた

手術をしたと書いてあった
術後は良好で
気持ちが落ち着いたから
ハガキを書いたと

わたしも1日違いで
手紙を出していた
最近の不調や日々のこと
書き出すと止まらなくなり
便箋3枚も書いてしまった

わたしののんきな手紙はまだ届いてないはず
ごめんよ

しんどかったろうに
店へ行く途中
歩きながら泣いた

年を重ねて大人の大人になるということ
をしみじみ思った

なんのために店を開けているか
お客さんに教えられる
話をするたび助けられる
下をむいていた顔がしゃんと
前をむく
人とのつながりが自分を生かしてくれている

友達の手紙は今日を生きる意味だった
ちゃんと近況を知り
励ましの手紙を送ることができる
それだけのために生きていたっていいのではないか
とさえ思えた

常連さんが店開いてる?って
聞いてくれる電話も
わたしを生かしてくれる
電話してくれるあなたに
会うために明かりを
灯すのだ

不調な時
神様がいるように
誰かがやってきて
笑顔になる

目の前にあることを
一歩ずつやる













harunon_cafe at 23:06|PermalinkComments(0)mixiチェック