110111_newtoyko03
2011年1月11日・火曜日。
11時10分頃着。
券売機に列び数人。中にはいると6割な埋まり具合。
まずは「本枯れ中華そば 魚雷」の「貝そば」
110111_newtoyko02
都庁にある新宿住友ビル49階で催されているラーメンイベントです。

かなりガラガラなのかと思って行ったら、思ってた以上に人がいました。
∑( ̄□ ̄;)ナント!!
券売機に6人ほど列んでおります。
中にはいると、席はそこそこに埋まっております。

正直、いても4〜5人かと思っていたので、少し焦りました(時間無かったので)。

110111_newtoyko06
HPの解説によりますと
昆布、ホタテの貝柱、藻塩などでつくったこだわりの塩ダレ。
あさり、しじみ、ムール貝の三種の貝と昆布の混合ねかせスープ。
さらに豚足のコラーゲン、そして追いあさりまで加えたスープはまさに貝のうまみを最大限引き出した絶妙な味わい。

とのこと。

110111_newtoyko04
スープを飲んでみると……、けっこうオイリーです。
そしてショッパいです。
(;・∀・)
その後に、ああ……貝っぽいなぁ〜と、
感じました。

TVで、サイフォンで追いあさりを採る場面などをみて、かなりの貝の味わいを思い描いていたのですが、さほど「貝、美味いぜベイビー!」とは思えず……(;・∀・)

なによりも、油っこさとショッパさが引っかかりました。
豚足コラーゲンとタレを減らせばもっと貝がでてくるのでは? (・ω・ )モニュ?

とはいえ、美味しくない分けじゃありません。
「貝である」ということにこだわらなければ、厚みある味わいの美味しいスープに加え、塩っ気と油でインパクトも感じます。
(油と塩が少なければ、滋味美味いスープのような気もしますが……(;・∀・))

110111_newtoyko05
麺は、ものすごく柔らかい麺です。
これはゆで加減とかではなく、柔らかい麺なんだと思います。
繊細なスープに合わせるならいいのかなと思いましたが、油っこくショッパイスープの中では、存在感はかなり薄く、「柔らかい」以外の印象は残っておりません。

具は、あさり(10個くらい)、厚みある鶏チャーシューはσ゚д゚)ボーノ!、シャクッといい食感の姫タケノコ、白髪ねぎ。

あまりにショッパい&油っこいので、スープは残してご馳走さま〜。

110111_newtokyo13
このラーメン、作り手によってかなり違った味わいになるんじゃないかと思います。
画像クリックで拡大しますが、下記リンク先のFILE大御所のものとは、油の量がけっこう違っているように感じます(画像大きめなので携帯ではツライかと思います。(*_ _)人ゴメンナサイ )
FILEさんの貝そばphoto
FILEさんの貝そば記事


110111_newtoyko12
シェアリーで購入した半額チケットなので、1杯425円でいただきました。

新!東京らーめんチャンピオン HP

(006/2011)