春うらら

主人と共に、エクステリアの仕事に関わらせていただいています。 植栽の仕事や日々の生活の中での多くの方々と出会えていることに感謝。 さまざまな経験がうれしく楽しい毎日。 いろいろな事に好奇心旺盛な私の日記です。    どうぞ ごゆっくり。

この1年も沢山の方にお世話になり本当にありがとうございました。

今年1年もたくさんの方と関わらせていただき、
植栽のご依頼の他、玄関先に飾る寄せ植えを作らせて頂いたり、
小学校ではゲストティーチャーとして、寄せ植え講座を開催させて
頂いたりしました。


たくさんの子どもたちと一緒にお花に触れ、楽しい時間が過ごせたことは
今年も本当に貴重な時間でした。

講座などでは、一つ一つがわたし自身とても良い経験で 、子どもから教えてもらうことは沢山で

まだまだ勉強中ですが、また来年もぜひ子どもたちと楽しみたいと思っています。

そして、野外学習の山歩きの引率&付き添いで4校の小学校の子どもたちと
一緒に山歩きをしました。

幼少時代に戻った気分で一緒に楽しんだり、一緒にいろんな発見をしたり。

子どもたちの楽しい!を来年度も一緒に味わっていきたいです。

s-IMG_1077


















s-IMG_1076


















年末には親子英会話教室の花壇の植栽工事をさせていただきました。

ご縁がつながり、植栽工事をご依頼して頂けたことはとても嬉しいことでした。たくさんのグッドタイミング!が重なりました!



s-IMG_1332















たくさんのお世話になった方々、本当にありがとうございました。


来年度はもう少しまめにブログの更新をして、お花の事や楽しかったことなどお伝えしていきたいと思います!

来年もどうぞよろしくお願いいたします。






s-IMG_0938














中島はるみ

 

春と秋には自然観察指導員として(まだ見習い中ですが、、、)
小学校の野外学習の引率で付き添い、子どもたちと
弥勒の山を一緒に歩いています。

季節がいい野外学習の時期は本当に気持ちもよく、
子どもたちと色々お話をしながらの山歩きは最高に
楽しい時間です。

s-kinoko1



















山の中に入ると空気もや吹く風、聞こえてくる鳥の声などすべてが心地よいです。


木々の葉の隙間からこぼれる日差しもとても気持ちがいいです。


春には春の植物、秋にはキノコなど。

楽しみが色々。


s-kinoko





















この可愛いキノコの名前は

「たまごたけ」

このきのこは食べれるキノコで美味しい!!美味しいと
評判のキノコです。

世界で食用とされてるそうです。


一度食べてみたいものです~。



こちらは思わず、触りたくなるようなキノコ。




s-きのこ3



















たぶんこちらは食べられないキノコだと思いますが
とてもかわいい。名前はわからないので
キノコ図鑑、買ってみようと思います!



s-konoko2

 
















だいたいどの学校も往復4時間ぐらいですが
出発してからは、いざ!登るぞ!と意気込みもあり、
気持ちも前へ前へ。



だんだん登っていき、険しい個所があったりすると 
口数も減ってきて、、、、足が痛くなってきたような気になり、、、
ちょっと弱音をはいてみたり、、、、。


そんな中でも「ちょっと小股で歩いてみよう!」とか
「リュックを前にしょってみよう!」とか
「植物しりとりをしてみよう!」とか。

いろいろ子ども同士、励ましあったり、友達のリュックを持ってあげたり。


子ども同士のやり取りに毎回、和ませてもらっています。


「山頂に着いたらアクエリアスで乾杯しよう!」とかね。


本当に子どもたちって楽しい。



「頂上に着くときはみんな一緒ね!」

と提案してくれた子がいて。



頂上に着く最後の一歩はみんなで「せ~の!」で
登頂!!



たっのし~い! 


頂上でお握りを食べて、記念撮影をして。

景色を見て。

「やっほ~。」

と、みんなで叫んで。


お腹のエネルギーを充電したら、下山もなかなかみんな元気いっぱいです。

山の頂上に登れた満足感と達成感で上りの時よりも気持ちが満たされて
いるようで、子どもたちはウキウキした様子。

とても元気。
疲れ知らずです。


子どもたちは、自分たちから、何曲も歌い始めたりして楽しそう。

サザエさんだったり、、ビリーブだったり。ビリーブなんて聞いたら涙が出そう。



野外学習は一生に一度。みんなで登った山登りは一生の思い出となるんだろうな~。




こんな子どもたちの様子に胸がいっぱいになりました。



あ~幸せな時間だな~。



下山後、「ありがとうございました!」 と元気に挨拶してくれた言葉にも胸が
いっぱいになって、子どもたちが自発的にとってくれた行動や言葉、
すべてに感動して、私の方が「ありがとう!!」

子どもたちにそう伝えました。


あ~、楽しかった。


今年度、私が一緒に登れるのは残り、1校 。

今から楽しみです。
 



春日井市にて雨水タンクの設置工事を行いました。

このところ、雨水タンクのご依頼を多く頂いています。

熊本での地震災害など、非常時に備え、自宅に
設置されたいと思われる方が増えているのですね。



他、家庭菜園をされている方、お庭のお花や花壇の
お花への毎日の水やりの時の利用など。


家庭で雨水を利用し生活に取り入れられるっていいですね。








人気があるのがこちらの樽型の雨水タンク。

s-IMG_1056 (2)


















高さは1m弱。


幅は65センチほどで、置くとどっしりとした感じです。


お庭や花壇の広さにもよりますが、1日でほぼ満タンになっている
お水を使用して水遣りされるそうです。


雨が降れば(雨量によりますが)一日でほぼ満タン



自然の恵みの雨を利用できるという点で
自然のありがたさを感じ、丁寧に生活でき、
気持ちが豊かになりますね。



お庭での使用のほか、いきものの水槽の水替えなどにも
利用できます。



蛇口からお水を出して利用するほか、お庭での利用その際には、
電動式のくみ上げポンプが別途つくので、タンクの中に入れて、
くみ上げ散水ができます。

このくみ上げポンプ、雨水タンクの利用のほか、
お子様のお庭でのプール遊びの際には、
使ったお水をくみ上げて、
散水するなどの使い道もあるそうです。


タンクに雨水が溜る様子や、使い勝手のお話など

お客様のお話を色々伺えました。
タンクのふたを開け、
嬉しそうに溜ったお水を利用している様子を
想像しただけでこちらまで嬉しくなりました!



ゲリラ豪雨などが今後また発生する可能性もありますが
洪水を軽減するという役割もあります。

家庭用の規模ではないですが大きな規模のタンクの話にはなりますが
処理しきれなくなった雨水を地下のタンクで貯めることができるので
このような災害時に果たす役割も大きいですね。


自宅で、備えのお水があること。


災害時にも一番困ったことが、お水だったと言われています。

生活していくうえで大切な資源のお水を貯え、災害時の備え、そして
雨水を利用できるという喜びを味わい、恵みの雨を存分に取り入れた生活を
ぜひ楽しんでみてくださいね。

















 

このページのトップヘ