うちのショウガは、広島産じゃけぇ!

地元産野菜をお探しのバイヤー・シェフ様をお助けする地産地消農家、 『農縁たねまき』のブログ。当園は、広島県産、備後圏域産、三次産の 野菜をお探しの方に、ショウガ、青ネギを周年でご提案しています。 広島県産ショウガアンバサダー。

うちのショウガは、広島産じゃけぇ! イメージ画像
広島県北部に位置する三次市。江戸時代は広島藩の「奥郡」と呼ばれ、三つの川が流れこみ日本海へ抜ける水運に恵まれた庶民の町でした。この川が、夏は江の川の鵜飼、秋は霧の海、冬は雪と四季を様々に彩ります。この町を農業で盛り上げていきたいと思い、2016年から「農縁たねまき」を創業しました。風土、人、その他たくさんのご縁を大切にし、地域の発展とともにありたいと思います。

愛すべき故郷~三次市

馬洗川沿いの堤防から。山にはまだ枯れ木も目立ちますが、川の中州には菜の花が満開です。これはJA三次集荷場近くの堤防から。ぐるっと山に囲まれ、3つの川が入り交じる三次は、川の風景が美しい。三次インターからまっすぐつながっている三次のシンボル『願橋』。夜はライト
『三次に春到来』の画像

農業というのはとても参入障壁が高いようだ。大型の機械やそれを格納する倉庫、収獲した野菜や穀物を貯蔵する場所、コンテナや肥料や農薬を管理する部屋、もちろん条件の揃った圃場や栽培施設も必要となる。こうしたものを順次そろえていくことになるが、それが新規参入者を

うちでは小規模ですが、大豆を生産しております。農業ジーンバンクで頂いた、三次の在来大豆の種を引き継いでいるのです。我々が育てて今年で3年目となり、圃場にもあってきたかなと思います。収穫時期がショウガの繁忙期と被るため、いつも食べよう食べようと思いながら枝豆
『在来大豆のお味噌』の画像

地元単協JA三次の支店別懇談会に参加してきました。いつも思うが、JA三次の現在と将来における役割とは何だろうか?JA三次自体は、経済・共済・信用をはじめ全事業で約50億円規模の企業であり、三次市においては相当大きな所帯の部類に入る。しかし、実態は信用・共済事業に

何度も中国新聞で取り上げられるこの記事。なんとも言えない。新聞社側も、教育委員会や策定協議会に対して批判的な感情が見え隠れする。教育員会が聞く耳をもたず、コスト面だけで1か所建設を押し切ろうとしている構図が浮かんでくる。そもそも教育委員会とは、行政から独立
『給食調理場問題は、つまるところ我々市民が原因か?』の画像

広島県全域にわたって人口の減少が止まらない。都市部の広島市や東広島ですら、65歳以上の人口が増えているのが現実で、若い世代は東京への一極集中の傾向が止まらない。我が町三次市に至っては、5年前の2015年と比べて5.2%の減少。もう5万人を割り込むのも目前だ。もう、人
『三次市人口減、尊厳ある集落の消滅を』の画像

福永ともや@この時期だけがちょっとのんびり@NouenTanemaki『忍者』や『侍』みたいに海外でも注目あびることができるのだろうか?水木しげる先生の鬼太郎の方がずっと前からあるけど、そっちは世界に広がってないのか?? https://t.co/nHWDH53uwb2020/01/23 10:33:42妖怪博
『妖怪の本質がまだよくわからないけど』の画像

今日は地元のとんど祭り。竹を組み合わせて、無病息災を祈る、昔からの農村行事です。毎年人数が減っていくのが悲しいところです。行政がもう少ししっかりしてくれれば、農村の荒廃も少しは緩和されるでしょうが、現市政や市議会では望めません。我が町を守るのは、結局住民
『地域のとんど祭り』の画像

漢方薬原料の産地化がいよいよ動いてきました。いったいどんな品目が漢方薬原料の試験品目として設定されているのでしょうか。『産地化』ってどういう状態なのでしょうか。正直、こういう政策はあまり期待していません。まず、三次市で行う必然性がない。漢方薬になりそうな
『三次市、20年度に漢方薬産地化のための試験栽培開始』の画像

連日のように中國新聞に記載される三次市の給食施設問題。色々と議論はあるが、根本的には策定員会の選考基準が不透明だったこと、誰が意思決定の責任者か不明確という2点に絞られると思う。しかし、ここまで市民団体が食いつかねば情報が開示もされないとは、悲しい限りだ。
『三次市給食施設問題について』の画像

JA三次の中央部会の部会長から頂きました。『包丁は歯が欠けるよ。のこぎりで引いてね』そんなカボチャがあるんかい。左がそのカボチャ。皮が固すぎて、コンテナに放り投げても傷1つつかない。『粗放栽培に強く、多収。貯蔵性も極めて高い。でも味は・・・・今一つかな』やせ
『粗放栽培に耐え、多収、貯蔵性抜群・・・・その名も鉄カブト』の画像

農業の地位が低いなぁとよく感じます。世の中の名の知れた農家ぐらいになったらバカにされないのかなぁとも思うのですが、まあ現状私もよく地位の低さに直面するもので。三次市の農業の事例ですが、アスパラ3反で450万の粗収入あるとします。これは県の指標にも載っている数

結局どうするでしょうか?「市教委の長田教育次長は『策定委の了解が得られれば、会議録を公表する』」2019・12・10非公開を決めたのが策定委です。2019・11・12『議論の内容について、沖本委員長は「私がコメントすることではない」と述べた。』ひるがえって、福岡市長は「
『堂々巡りの給食施設再編問題』の画像

11月と続いて、給食施設の記事がありました。中國新聞の記事は、開かれた政治を標榜して当選した福岡市政にも拘わらず、学校給食調理場整備計画策定委員会の密室政治を容認するのか!!???という背景が、今回も貫かれています。委員会側は、市のHPに意見の概要として、議
『中國新聞言い過ぎって思ったけど』の画像

これはいい。前回の4月の統一地方選挙では、投票所が減少したため高齢者の投票率がさがってしまった。また、遠隔地から投票所のある場所までの臨時バスなどが出ていたが、運行時間の具合がよろしくないなど、投票の可否や交通の良しあしで不評がでていました。巡回式であって
『巡回式投票書』の画像

【誰かの真似ばかり】身の回りの人と接してのことなので、超ミクロ視点です。それほど、身近にいる農家の思考停止がひどい。こういう方は、どこにでもいそうです。主に、経営が不安定な人が多い。「どこそこの農家が△△が儲かっているからうちもやる」「市とJAが奨励してい
『三次農業あるある『農家の思考停止』とは』の画像

福永ともや@生姜収穫終わりました@NouenTanemaki近くの農家が羽振りがよさそうなのを見ては、取り掛かってみる。JAが勧める品目だからととりあえず作り始める。そしてやっぱり自分が作ってきたものが一番と元に戻る。しばらくして、近くの農家が・・・・・エンドレス。この思

「なんでJA三次は野菜を作れ作れというのに、いざ作ったらショップが一杯になって売れませんというのだろう・・・」「売る事も考えてくれればいいのに」近所の農家さんがつぶやいてました。私もまったく、同感です。同じことは、市の農政課や県の普及所にも言えます。生産計

全部が非公開はおかしいじゃろ。教育委員会の長田次長が言ったようになってるが、違和感あるのぅ。市民不在の行政運営に危機感を抱いて決意した市長のおる町なのに。記事にもあるように、公開すると食べ物にアレルギーのある子どもに対する議論に対して過敏に反応する保護者
『逃げずに向き合おうや三次!』の画像

広島県@hiroshima_pref【おかえりなさい、芸備線!】本日(10/23) #芸備線 が全線復旧いたしました。豪雨災害以降、地域住民の皆さまをはじめ、JR西日本、代行バス及び工事関係者の方々のご協力と、1日でも早い復旧を願った思いによって本日を迎えました。… https://t.co/De

農業青年部の飲み会があったので、初めてバスを使ってみました。福岡にいた時はよく載っていましたが、こちらに帰ってからはほとんど車でした。福岡の西鉄バスは、なんでもアジア一のバス保有台数だそうです。路線はバスだらけです。さて、薄暗がりの中待っていると、さっそ
『備北交通バスで三次駅へ』の画像

毎年参加のこのイベント。若手農業者団体『三次新農青クラブ』で屋台を出しています。今年は「ヤキソバ」好天にも恵まれ、ありがたいことです。#三次ワイナリー #ワイン祭り #三次新農青クラブ #農縁たねまき #野菜農家
『三次ワイナリーワイン祭り参加』の画像

となりの三次ハーブ園さんにお邪魔しました。ちょうど、『はぶそう茶』の乾燥中だったようです。『はぶそう茶』とは広島県北で庶民に愛される地元のお茶。原料の『はぶそう』を茎、葉、花など葉以外もすべて焙煎したものです。ものすごく濃い、のどにひりつくような味がしま
『はぶそう茶の乾燥』の画像

三次市民に愛される複合商業施設『サングリーン』。市街からはなれた四拾貫町育ちの私にとっては、CCプラザとならんで、ここに行くことは、都会(町)に行くことでした。懐かしい。私の学生時代は、『グリサン』と反対にして呼んでました。バブルの匂いがしますね。ずっと地
『三次の愛され施設『サングリーン』』の画像

『三次本通商店街振興組合が、妖怪博物館の周辺約10カ所に案内を掲示。博物館の来場者を商店街に誘客する狙い。案内はA4サイズの紙をラミネート加工して制作。三次町では、博物館が開館したものの商店街まで散策する観光客が少ないという課題があり、同振興組合によると
『三次市の観光戦略が見えない②』の画像

昨年から共同研究中の『ショウガの6次産品』今日はわざわざ県立広島大学より、3名の方が圃場視察にいらしていただきました。当園が生産している三次産ショウガを使った、オリジナル商品の開発のため、公開できることは少ないのですが、ご容赦ください。正直、なかなか難しい
『県大×農縁たねまきのコラボ!!中山間地イノベーションを起こせ!!』の画像

27日の中国新聞朝刊。三次の夏の風物詩、『鵜飼』の集客が1964年以降で、4番目の低水準、2,756名だった。一方、すぐ目と鼻の先の1㎞しかはなれていない『妖怪博物館』では10万人の集客があった。(4~9月)その数、およそ20倍。博物館の客が回遊することもなく、館内のスペース
『三次市の観光戦略が見えない』の画像

5
十日市小学校3年生の社会科授業に、地元の青ネギ農家として登壇させて頂きました。授業参加日とかさなり、100人以上の児童たちとその保護者の方々を前にお話しせて頂くという、非常に貴重な体験をさせて頂きました。私の頃といろんな点が違っていました。TVやPCが発展してい

三次もすっかり秋めいてきました。毎朝の気温も10℃代になり、窓を開けていると風邪をひきそうです。そういう時期になると、深い霧が町をすっぽり埋め尽くします。この霧が深ければ深いほど、その日は晴天となることが多い。夜温がぐっと下がり、霧がでて湿度が上がる。そし
『9月29日早朝6時!霧の海開き!!』の画像

今日の中国新聞『三次ピオーネ生産組合』の記事。県内トップブランドを維持しながらも、いたずらに拡大路線を走らず、品質を第一としている様子が見て取れる、まさに生産組合のお手本のような姿勢が見えました。三次市で強い農業と言えば、やはりこのピオーネ生産組合ではな
『三次市の小規模農家の存続策が急務な訳』の画像

夏の地域自慢大会で発表してくれた、三次青陵高校の生徒さんが考え、三次フードセンターさんが商品化した、コラボ商品が3品、この3連休で販売されました。3年ビジネス系列の生徒さんが、一生懸命売り子さんになって、声を出している姿に感動を覚えました!今後は、週一のペー
『三次青陵高校×三次フードセンターコラボ商品販売スタート!』の画像

第二回、地域自慢大会が開催されました。三次市内、3校の高校生が集まり、それぞれの地域課題や地域発展について研究した成果を発表する場。明日の、高校生起業家の創出もあるかもしれません。今回は福岡市長もご参加いただきました。さて、今回はそれぞれテーマが分かれ、伝
『地域の高校生リーダーを育む!』の画像

明日はいよいよ『第二回地域自慢大会』。簡単にご説明しますと、三次市の3校の高校生が、地域の魅力や課題を研究発表する場です。さらに、地元企業や自治組織と連携することにより、具体的な方策や起業を目指すといった、きっかけを創出する場です。昨年、私は三次市の農業青
『三次の明日を担う高校生が起業を目指す!『第二回地域自慢大会』』の画像

【春がそこまで来ています】庭の水仙が黄色い花をつけました。もうすぐ桜も開花しそうです。花はひまわりに限らず、太陽を追いかけるようで、ほぼ同一方向を向いています。撮影したのは夕方でしたので、ほぼ西を向いています。これが明日の朝には東を向いています。この自然
『春がそこまで』の画像

三次に、『日本妖怪博物館三次もののけミュージアム』が開館します。三次には、『稲生物怪録(いのうもののけろく)』という江戸時代の実在の人物が登場する怪異譚が存在し、それにちなんだミュージアムです。住民投票での大反対や、市民不在の箱もの行政、などと猛反発を押し
『妖怪博物館開館まで2か月を切り』の画像

最近はずっと家で昼ご飯を取るので、あまり外食していません。たまの一人だったので、気になっていた三良坂にある、『土佐かつお丸』さんへ。カツオ料理がメインと思いきや、讃岐うどんやとり天まである。。。。店内には、100円おでんもある。営業時間が11時から15時までの4
『隣町、三良坂にてランチ』の画像

伝統的な物理的防除、野焼き。畔草をかり、冬の間そこで冬眠している成虫や産み付けられた卵を根こそぎ燃やすことで、翌年の害虫の発生を抑えるというもの。昔は町内会全体で野焼きがあり、区域の田畑が全部真っ黒になっていたのですが、今は後継不足や耕作放棄地が目立ち、
『野焼き』の画像

【在来大豆みそ仕込み】2年前にジーンバンクから頂いた種を、自家採種しながら増やしております。昨年種どりして今年2作目の登園の在来大豆、今年はみそにしててて頂くことにしました。すぐ隣の、福田農場様へお願いし、こだわりの手仕込み味噌にしていただきました。水に
『みよし在来大豆のみそ仕込み』の画像

甲奴町、ジミーカーターシビックセンターにて、「地域リーダー養成塾」が開講されました。講師には早稲田大学後藤教授、明治大学小田切教授を迎え、全国の自治体職員の方々が参加されました。それぞれの地域で行政を盛り立てる仕掛け人たちの熱い意見交換は聞きごたえ十分。
『地域リーダー養成塾意見交換会in甲奴』の画像

【立春末侯、魚上氷(うお、こおりをいずる)】今日は立春最後の日。明日から雨水に入る時期。寒さの中にも、雪が解け、氷が薄らぐ時期となっています。私は技術指導所との定例会議でした。青ネギとショウガの栽培と販売が焦点となりましたが、なかなかに意義深い時間となり

【地元ケーブルテレビふたたび】旧正月、2月5日。三次ケーブルビジョンピオネットに、またまた登場。またもや『白ネギ農家』として(笑)仲良しのJA三次若林指導員、いじられっぱなしの広報山根さんとスパルタンエックスしてきました。TV関係は、版権があるので映像を載せられ
『三次ピオネット出演』の画像

小寒も末侯。【雉始雊(きじはじめてなく)】本当に冷え込みが厳しい時期になりました。三次も連日氷点下で、車のウィンドウも凍り付いています。こんな時期は、蕪を炊いたものなんかで腹を温めたいものです。さて、当園は来年度の作付けに向けて、構造改革中です。まだまだ
『こんな冬こそ準備の日』の画像

今日は地域のとんど祭りでした。三次市だけでも各地でとんど祭りがおこなわれていたようです。当園のある、四拾貫町でも沢山執り行われていました。今年は悪酔いしてしまい、また30年ぶりにあう友人などもあり、すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。とんど祭りとは、

今年の初荷は、市内の小学校給食でした。夕方、氏神の熊野神社へ参拝。他に誰もいないので、きっと神様も私の願掛けが聞き取りやすかったことでしょう。今年は農家、ではなく、農業経営者として頑張ってみようと思います。どうぞよろしく。
『隈の神社参拝』の画像

今日はいつもお世話になっている(ぎゃんぎゃんかみつくこともありますが・・・)JA三次、八次支店さんのイベントに参加してきました。八次は9300人の人口を抱える、三次市第二の人口集積地区。しかも八次支店は、保育園、小中学校に囲まれたまさに学園都市の真ん中に位置し
『JA三次八次支店『Xmas感謝祭~野菜市』』の画像

絶句の国東半島の白ネギ栽培。干拓地で、一人平均3町の耕作面積ってどうよ。。。。九州の農家と力比べが絶対にしてはいけないとわかります。栽培に特化して圃場から作るのが最も効率的なのは自明のこと。土地の土を活かして、などというのは、もう甘いことなのかも知れません
『新農青クラブ視察旅行2日目』の画像

三次には、『三次新農青クラブ』という農業青年のグループがあります。小生も初年度から所属しており、3年目の今年は副会長を任じて頂きました。そのクラブ最大の楽しみが、この秋の視察旅行。おやじだらけで、収穫繁忙期後の発散と、各地の旅行と、勉強という、一石三鳥のイ
『新農青視察旅行初日』の画像

晴天の中、三次市駅伝大会が盛大に執り行われました。市内外からも中高大学生も集まる、結構大きな駅伝大会です。我らが三次新農青クラブも1チームを作り参加しました。見事結果は12位(ビリは回避!!)と毎年の目標をクリアすることができました!!
『三次市駅伝大会』の画像

三次での販売会社会議開催。今回は私が幹事を努めさせていただきました。目上の方をお呼びしての会議は緊張しますね。無事に会議は終了。ショウガの出荷と販促について、具体的な施策も決まり、あとは収穫を待つばかりです。

↑このページのトップヘ