2007年02月01日

ブログ引越しました。

ブログ、リニューアルしました。

今まで来てくださった方 ありがとう。
いっぱいいっぱい暖かい言葉いただきました。

これからもココでみなさんと繋がっています。
 
       ↓
「まいにちが、たからもの。」       

これからもマイペースで綴っていきますが
末永くよろしゅうお願いします。
harutany at 02:01|この記事のURLComments(0)自分自身 

2007年01月31日

子供との対話から

みなさん、子供ときちんと対話をしていますか?

私は恥ずかしながら、「ハイ」と言えません。
子供といる時間が短いから、というのは
言い訳になってしまうんだけど。

しかし娘とは物凄く細かいところまで話をします。
小さい頃から、まるで自分の相談相手のように。
私と正反対で娘は冷静にものをみてるから、
話しててこっちが教えられることが多い。
小さい頃から、今日どんなことがあったか
かなり詳しく話してくれてた。
今も、娘というより姉妹のような関係。
夜息子が寝た後二人で毎日話し合います。

しかし、息子はまだ年中さんだからか、

「今日何して遊んだ?」と聞いても、
「忘れた。」

連絡帳を見て、「公園いったんや。」と言うと
初めて「うん、そう。」とだけ言う。

その間に娘がガーっと話出すから、
そこでもう話が終わってしまう。
こんなことじゃいけないんだけどな。

私の聞き方がまずいのかな?
思春期になって、もっと無口になるのかな?
と思うとちょっと今の間に直さないと、と思うんだけど。

男の子ってこんなものなん?
いや、お兄ちゃんは違うんだけど(笑)。
めっちゃよく話してくれるから嬉しい。

最近、子供達が起きてる時間は
パソコンを開かないことにしてみた。
帰ってからやることが山ほどあるのもあるんだけど、
もう少しちゃんと見てあげないとダメだよなぁ、
と反省。

娘のクラスでは今不登校の子が2人いる。
3学期になってから、らしいけど
何が原因なのか娘もわからない、と言う。

授業をサボってグランドで遊ぶ子供もいるらしい。
その子は前から授業時間中も座っていられない
問題児なんだそうで。

先生のみてないところで、陰湿ないじめもある。
授業中にコソコソ手紙を回していたり。
でも、「あかんやん」と言う勇気がないのが現状。

私達の時代と違って、いろんな問題、
いろんなストレスを子供達は抱えてます。
今日あったこと、話す時間を作るだけで
子供達のSOSって気づけるんじゃないのかな、
と思うんだけどな。

ゲームは気づいてくれないし、助けてくれないよ。
話している言葉の端々から、
子供の心の状況に気づけるんじゃないかな、と思います。

私も偉そうなこと言えないです。
でも今なら、修正がきくのかな。
もっと息子の話す言葉に耳をかたむけなきゃ、と
反省する次第です。
これからは娘には、少し時間を譲ってもらって、
息子の話をもっと聞いてあげようっと。


2007年01月30日

かつて歩いた道

昨日朝、朝寝坊した。
で、ギリギリ間に合う電車に乗ろうとしたら、
定期と財布忘れたことに気づいた。
罪悪感ながら、お休みを頂いて
この1日を有効に使おうと決めた。

彼の住む駅まで電車に乗った。
新居の掃除してランチを一緒にして
夜勤の為出勤するだりんと別れた後、
かつてヤクルト時代に走った道を通ってみたくて
歩いてみることにした。

まさかこの地にもう一度住むなんて思ってなかった。

あの頃の団地は今は高層マンションになり、
長屋があったところは、コンビニになってた。
ひとりぐらしだったおばあちゃんは、
もういないのかな。

ヤクルトを買いにセンターに立ち寄った。
6年半前と変わらないメンバーがまだ何人かいた。
離婚する前の姓で、変わらず呼んでくれる。
「変わってないやん!」と言い合って笑った。
私は凄く好きだったな。ヤクルトおばさん(レディー)。
人と話すのが楽しくて、
ヤクルト飲んで喜んでもらえるのが楽しくて、
3年目で賞をもらえてシンガポールまで行った。
雨の日も風の日も毎日お届けをこなす皆さん、
何十年も続けてらっしゃる師匠達、
本当にあなたたちはスゴイです!
思い切って扉を開けてみんなに会えたことが嬉しかった。

ここまで来たから、
新婚時代〜6年半前まで住んでた
かつての住まいも見に行くことにした。

かつて私達が住んでいた古い宿舎。
その部屋にはきれいなカーテンがついていた。
あの住まいを出るまではなんとかうまくいってたね。
ずっと宿舎にいるもんだと思ってたな。
平凡に年をとっていくもんだと思ってた。
宿舎を出てから歯車が狂いだしたんだ。

元ダンナの借金問題・息子の出産・
熊本行って離婚。
バツイチになって、
働く場所がなくって苦労したけど、
でもなんとか働くことができて、
古くて小さいけど自分の城を持つことができて、
いっぱいいっぱい失敗してぶつかりながら、
今の私達がいる。

娘にも苦労いっぱいかけたけど、
後悔なんてないんだ。
きっとあのまま平凡にあの宿舎に住んでたら
気づくことのできなかったことが沢山ある。
全部が繋がって今の私達があるから。

だから自分の歩いてきた道、
胸を張って歩くことが今だからできる。
こうして名前が何度も変わってもね(笑)。

そうこうして2時間くらい歩いたかな。
目的地の「ニトリ」に着いた。
揃える物を見てて足痛いな、と気づいたら
ストッキング破けてた。
しまった!スニーカー&ソックスにしとけばよかった!

いろんな思い出振り返りながら歩いてたけど、
気がついたら6駅分歩いていた。
(寄り道したのでもっとかな?)
自分の駅に着くなり疲れがドッと出た。
普通にご飯の準備をしてたけど、
靴擦れでめっちゃ足が痛かった。

朝はもうピンチだと思ったけど、
本当はきっと今日は大事な気づきを知らせてくれるために
忘れ物をしたんだろう。
今日は凄くいい一日になった。
そんな運命に感謝!

「ありがたい」ってこういうことなんだね。

harutany at 00:46|この記事のURLComments(6)自分自身 

2007年01月29日

もうすぐブログお引越しのお知らせ

もう少ししたら、ブログのお引越をします。

私はここのライブドアブログ、堀江さん全盛期の時に
初めて立ち上げました。
堀江さん逮捕後はサーバーエラーになって、
不具合が出て、もう他に変えようと思ったけど、
何かの縁で今まで続けられました。

右も左も何も知識のない(今もそうなんですが)
文章を書くのもまとまりがない(うん、これも今も・・・)
そんなこんなブサイクなブログを
初めて訪問してくれたのは、A姉さんでした。
A姉さんから繋がっていった、
見えない糸で結ばれた、不思議な繋がり。
友達の友達の・・・・
ネットって凄いなぁ、
顔も知らないけど、ココロは解りあえるんだなぁ。
こんな世界もあるんだなぁ。
凄いカルチャーショックでした。

A姉さんと出会うことがなければ、
今の私もなかったです。
ありがとうね。

引越しをしてから・・・では絶対にバタバタして
設定とかもゆっくりできないと思ったので、
少し早めから取り掛かろうと思いまして。

タイトルが「シングルママ」じゃなくなるってことと、
前からテンプレを変えようにも
種類が少なかったのが直接の理由かな。

ここは、私の、私でいられたところ。
だからこれからも振り返ることができるように
この先も残しておきます。

ここで出会えた縁はまだまだずっとこの先も
ずっとずっと続いていきます。
これからもみなさんとずっと繋がっていたいです。

なので、

これからも末永くよろしくお願いします

2007年01月25日

給食費未払い問題

今朝のめざましテレビで見て、このニュース、娘と目が点になって
見ていました。

以前は貧困のために払えないご家庭が未払いだったのが、
近頃、家計にゆとりがあるのに
給食費を払わない保護者が増えているそうです・・・

「高級外車を乗り回し、携帯電話に何万円も払っているのに、
給食費は払わない保護者がいる」。
文部科学省にはこんな報告が相次いで寄せられているそうです。

外車に乗るような世帯だけでなく、
普通に家族で外食をされているご家庭、
普通にディズニーランドに行っちゃったりするご家庭、
普通に子供に習い事をさせている、
ごくごく普通のご家庭でも、
「給食費払う義務はない」と滞納されているそうです。

なかには、

「給食を頼んだ覚えがない」
「止められるものなら止めてみろ」

と逆切れ(???)されているご家庭もあるとか。

それって・・・
子を持つ親として恥ずかしくないのかな?
と思ったりするのは私だけでしょうか。

月約4000円ほどの給食費。
家族で外食に行ったら1回分ですよ。

その身勝手な未納者・滞納者のために、
給食の質を落とさざるを得ない、一品減らさざるを得ない、
子供達にとっては理不尽な話です。

幸い私の住む市はまだそこまで深刻ではないので、
おいしい給食を食べれるようですが、
他府県ではあまりの悪質ぶりに、法的措置を取る自治体が相次ぐそうです。
支払い督促を簡裁に申し立て、支払いに応じなければ裁判所による
差し押さえの処分が下ることになるとのことです。
また、
学校側の説得に応じず、教員がポケットマネーで負担した例は
日常茶飯事で、しかしながら
子供達が卒業した後に踏み倒されてしまった例も絶えないそうで。

今、娘の通う小学校も給食週間で、
異学年で給食を食べたり、
先生方の小学校時代の給食のエピソードが
給食だよりに載せられてたりと
給食のありがたみを改めて教えていただいてるところです。

子供に「食べられることができることのありがたさ」
を教えるはずの親御さんが、
「食べさせてもらうのが義務なんだから」
というのは、どうかと思う・・・。

きっとその「義務だから」と教えられた子供達は、
利己的で、「自分さえよければいい」という大人になるんだろうな。
いったいどんな社会になっちゃうんだろう。

みなさんはどう感じられますか?
本当にお金がなくて払えないところは別として、
私はこのような親御さんたちにも
「モラル」という義務教育は必要だと思います・・・。


 


2007年01月22日

お気に入りのお人形

ウチの近くの葬儀屋さんがリニューアルオープンとかで、
オープニングのキャンペーンで、
無料で人形供養をしてもらえるので、
この日曜日に行ってきました。

母の家にある、市松人形や
ウチにあった、あまりなじみのない、ぬいぐるみ。
などなど数点を持ち込みました。

会場で受付を事務的に済ませて、
人形の入ったダンボールを、
「確かに受け取りました。」
と手渡して、ハイ終わりです。

人形供養は、和歌山の有名な人形供養のお寺で
供養をしてくれるらしいのですが、
あまりにもあっさりと渡して終わりだったので、
ちょっと拍子抜けしました

隣にいた小学生の女の子は、
大きな熊のぬいぐるみを抱きかかえてました。
きっと小さな頃から一緒だったんでしょうね。
名残惜しそうにしてましたよ

ところで、
みなさんは小さい頃から一緒に過ごした
お気に入りのお人形やぬいぐるみがありますか?

私もいます。
生まれた時に買ってもらったお人形が。
ちなみに、「なっちゃん」っていいます。
どう見ても外人の女の子なんだけど・・・

35年前、私が生まれた時に、
母の友達からもらったそうで、
手をつないで歩けて、
寝かすと目を閉じる、
当時は画期的なハイカラなお人形だったそうで。
今で言う「ぽぽちゃん」を大きくしたかんじ。

一緒に布団で寝たり、
ミルクをあげたり、
絆創膏のあとがあるので、
きっとお医者さんごっこもしてたんでしょう。
ちなみに靴下は
私が赤ちゃんの時に履いてたそうです。
小さい頃は一緒にずっと遊んでたそうです。

友達に「気色悪い」と言われながらも、
学生時代もなぜかいつも部屋にいてて。
私は全然違和感なかったんですけどね

ずっと実家に置いてたけど、
5年ほど前大阪に戻ってきた時に
娘に手渡すと、
埃だらけだった「なっちゃん」が、
髪をきれいに結んでくれてもらってて、
顔もいつのまにか拭いてきれいに変身してましたわ

もともと人形供養は、
その「なっちゃん」を供養しようと思ったことからだけど、
でも、なんかひっかかるものがあって・・・。
ずっと一緒に遊んだ思い出があるからかなぁ、
なんて思ってたんです。

そしたら、その夜に金縛りに逢いました!!

夢の中で「なっちゃん」に手を伸ばすと、
体が固くなって動けなくなっちゃって・・・。

で、翌朝娘に話したら、
「だから言うたやん。置いといてって。」
ってあっさり言われてしまいました・・・

離れたくなかったんでしょうね。

娘は「女の子が生まれたらまた使うんやから。」
「今度また髪の毛くくりなおすから。」
と言ってくれてます。

只今なっちゃん、35歳。
大事にしてもらえる娘のおかげで
まだまだ長生きしてます

お人形に魂があるって本当なんですね。





2007年01月18日

お年玉つき年賀ハガキの結果

1月15日の お年玉年賀ハガキの発表
やっと本日確認することができました!

★今回1等の商品は・・・!
(1) わくわくハワイ旅行
(2) にこにこ国内旅行
(3) ノートパソコン
(4) DVDレコーダー+ホームシアターセット
(5) デジタル一眼レフカメラ+プリンタセット
〈以上5点の中から1点〉

100万本に2本の確率だそうで

もし当たったら、
この中では何が一番欲しいですか?

私はにこにこ国内旅行かな?みんなで行けるし♪。
場所選べるなら断然、沖縄やねっ


★さて2等!
地域の特産品小包(1個)

みなさんは何が欲しい?
私は喜多方ラーメンセットかな?
生ものはすぐ食べなきゃいけないし、
ラーメンはみんな好きだからね〜


★そして、3等!
お年玉切手シート

これは100枚に2本なんで、カタいかも!
毎年、2枚くらいは当たってます

今年は父もいるので、結構確率がいいのかも・・・!
なーんてワクワクしながら見てました。

しかーし・・・!!
150枚程ある年賀状、今年は全滅でした

母は50枚ほどの中でなんと2枚も3等の切手シートが!!

「ここで運を使い果たさなかったんだぁ、」
なんて 思わず自分に言い聞かせましたわ

皆さんはどうでしたか?
きっと当たった方もいらっしゃるでしょうね。
うーん・・・一度は2等以上が当たってみたいなァ



harutany at 23:50|この記事のURLComments(2)

2007年01月17日

今ある毎日にありがとう。

今日ふと思ったこと。

歯車が狂いだして、自分でコントロールできないくらい
物事が悪いほうへと行ってしまって
どうしようもなくなったとき、

「あること」に気づくことができる人には、
ちゃあんと光がさしてくれると思うんだ。

HELPを求めようとしたその瞬間、
絶妙なタイミングで
手を差し伸べてくれて助けてくれることがあったり。

もうだめだ!と思っても、
奇跡的に救われたり。

あぁ、私もそうだったっけ。
今はこうして笑って話せることだけど(笑)。

そんな歯車がかみあわない出来事があって、
自分を戒める機会ができたこと、
その運命にこそ
感謝できたなら

きっとまた光差す場所へ導いてくれる。
不思議なんだけど、
やがてちゃあんと歯車まわっていくようになる。

それって、逆に言うと
全てがうまくまわっていってるときには
気づかないもの。見えてこないもの。なんだよね。

いいときばっかりじゃないよ。
悪い時があって当然!!
でもそんな大事な気づきができたら、
きっと
次のステップは大きく羽ばたける。

そう。
だから忘れずにいたいね。

毎日、今日あった出来事すべてに感謝すること!

今日もこうして
いつもと変わりない1日だったけど、

住む場所があって、
あったかいご飯が食べられて、
ふかふかのおふとんに寝られて、
横には子供達の寝顔があること、

一見、あたりまえのように見えて、でも本当は
あたりまえの毎日なんかじゃなくて。
そうあれる今があること、
そのこと自体に、

「ありがとう」

忘れたくないね。感謝の気持ち。
これからもずっと忘れないでいよう。

harutany at 00:17|この記事のURLComments(0)自分自身 

2007年01月14日

ステキな贈り物

昨日、ステキな贈り物が届きました!




それはラベンダーさん お手製の干し柿でした!!

前に、ラベンダーさんが「干し柿を作りました」ってこと
UPされてて、
「私、干し柿大好きなんだぁ。」なんて
あつかましくもコメントしてしまったんだけど、
まさか本当に頂けるなんて・・・!

きれいに梱包された箱の中には干し柿。
この干し柿を作るのにかなり苦労されたそうで・・・。




早速父母、娘と一緒に試食。

「スゴーくおいしー!!」


今朝、早速ご本人にお電話致しまして、感謝の気持ちを述べました。
それから、あつかましくも記事の投稿の許可をいただきました。

今回ラベンダーさんと初めて電話でお話しましたが、
全然はじめまして、じゃない感じ。
いつもの穏やかなほのぼのとした、
優しいお母さん、の雰囲気そのまんまでした。
凄くステキな人!!
これから6人目のママさんになられますが、
どうかお体に気をつけて、出産に臨んでくださいね!!

ブログでいつもお互い行き来してる間柄。
でもただの、作られたネットの世界なんかじゃない。
私は、ここから繋がっていくつながりって、
普段の生活にも繋がってると思うから、
これからも生の声を聞いたり、実際会って、
普通に友達になっていけたらいいな、と思う。

でも、距離的なこともあって、会いたくても
会えない人の方のことが多いけど、それはそれで
会えなくてもちゃあんと
ココロは繋がってると思うんだ。
ホント、ブログはそんな不思議な媒体だね。

ココで会えた縁に感謝。
みなさん、ありがとう




2007年01月09日

今日から3学期

今日から3学期の始まりです。
冬休み中ずっとお寝坊さんだった私達にとって、
辛い早起きが始まりました。

昨日おでんを大量に作ったので、
お昼はそれ食べてね、と娘に言って
いってらっしゃい、をしました。

昼過ぎに外出中の母からメールが来て、
「なんだかまた10人くらい来てるらしいよ。
お昼たべてないんだってー!?」
と書いてあった。

なんですと???

すぐに娘に電話すると、
「うん。Mちゃんも家の鍵がないから食べてないよ。」
とサラリと答えた
「今みんなでどうぶつの森してんねん。じゃね。」
とあっさり切られてしまった

母達がいるその場は「お菓子みんなが持ってきてくれてたから」って
言ってたものの、
ふたりきりになって、今日の話を一通りしだした。

「ほんまはめっちゃおなかすいててん。
でも、みんな食べてないのに抜け駆けしたら悪いやん。」
って言ってました。

さりげなく気遣いができるようになったんだもんだなぁ。
いつのまにか私も知らないトコで、
彼女は成長しているみたいです。

この小学校で過ごす最後の学期、
いい思い出がいっぱいできるといいね。
どんどん友達呼びなされ!!
なんにもおもてなしできまへんけど・・・。
一緒に友達と過ごせる楽しい時間があれば
それがなにか糧になると思うから。
たくさん学ぶことができると思うから。


しかし、
きっと私だったらこっそり隣の母の家に行って食べてるわ











2007年01月05日

初出勤

初出勤は昨日だったので、
仕事は今日からなんですが…。

昨日は会社の祝賀会でした。
いつものオフィスが、
垂れ幕やら、テーブルクロスで様がわり。

そして社長の祝辞、副社長の乾杯の音頭で始まりました。

仕出のサンドイッチや、寿司、
オードブルにお酒。
会社全体で祝賀会って、
独身の時にいた会社以来です。
同じ部の上司や、先輩達と歓談して、
楽しい時間は過ぎていきました。

終わり頃になると、
お食事も誰も手をつけなくなってしまいますね。

しかし、私は主婦。

余った惣菜…!
これを夕飯のおかずにできたら…!

なんて、悪魔の囁きが聞こえました。

しかし、私は派遣の身。
それを言うのはあつかましいやんなぁ…。

……葛藤…。

そうこうしているうちに、
祝賀会はお開きになり、
後片付けに…。

よしッ!やっぱり言おう!

「頂いて帰ってもいい…」

私が振り向いて言い終える前に、お料理達は…

「ザーッ!」

(ToT)アァ〜ッ…。

あっけなくゴミ袋に入れられ、
ゴミとなりました…。
もったいない…。

しかし私は派遣の身。
…黙って黙々と片付けをしました。

なんだか祝賀会なのに、後味悪いスタートです…繊

主婦はワタシだけだからでしょうか。
こんなコト考えるのは…。

harutany at 19:16|この記事のURLComments(2)

2007年01月01日

元旦 =娘の誕生日。

あけまして おめでとうございます!!

いつも見に来ていただき、ありがとうございます。
こんなつたないブログですが、
今年もボチボチ綴っていきます、よろしくお願いします。

今日は、娘の10歳の誕生日でした

兄の子供達が冬休み初日から滞在してまして
今年は「ケーキ作る!」と
お菓子作りに目覚めてまして、
大晦日のお昼に作ってくれてました。





台は市販のスポンジケーキです。
クリスマスケーキを作った時に
生クリームをもう少し入れたらよかった、とか
スポンジに缶詰のシロップをかけたらよかった、とか
色々と自分達で課題ができたみたいで、
今回は今までの中で
一番の出来だったようです。(自称、らしいけど

クリスマスケーキ





誕生日ケーキ




少し成長のあとが見られるかも。

私はその間母とせっせとおせち料理作りしてました。

いつもは元旦夜に、
じい、ばあと兄の子供達と誕生会をするんですが、
「友達をよびたい」 との希望で、
初めてお昼にしました。
でも、元旦だから
みんな帰省中で集まらないのよね・・・
いつも一緒に遊んでいる友達を呼んで、
ウチにある未使用の雑貨等を商品にビンゴゲームしました。

ケーキのローソクを吹き消す時も、
ウチは毎回大人数なんで、
ひとりが消すのでなく、
順番をじゃんけんして、消します。
ケーキを選ぶのもじゃんけん。
これは娘が去年くらいから決めたルール。
「それでいいの?誕生日の人が選ばなくていいん?」
と娘に聞くと、
「あたしがそうしたいから。」との答え。
おぉ〜成長したなぁ。
おかげで子供達も大盛り上がりですわ。

夜は娘のリクエストでしゃぶしゃぶをしました。
毎年のように「かくし芸大会」を見ながら。

そのうち、お年玉とプレゼントが一緒になるのが
ちょっとかわいそうな気もするけど・・・。

「みんなのいるときに生まれてきてね」って言ってたので、
毎年賑やかに誕生日を過ごすことができている娘は
ある意味幸せモノかも。

お誕生日、おめでとう


2006年12月31日

カウントダウン

もうすぐ2006年も終わろうとしてます。

みなさんにとって、いい1年だったでしょうか?
どんな1年間でも、来るべき2007年に
きっと繋がっていることと思います。
どんな小さなことも、
きっと糧になっていることと思います。

2007年もみなさんにとって
いい1年でありますように。

さ、私は今から年越しそばを食べて、
マンションの屋上から、
万博のカウントダウンであがる花火を
見に行きます!

ではw

今年一年間、みなさんどうもありがとうございました!

harutany at 23:40|この記事のURLComments(0)自分自身 

2006年12月29日

ありがとう。

だりん、今日は夜勤。おつかれさん。
ずっと書きたかったんだ。ホントは。
陣内智則と藤原紀香に触発されたのかもしれないけど、
ココに今の気持ちを書き留めたかったんだ。

去年の今頃、こんな日が来ると思ってなかったね。お互い。
あなたとおったらね、不思議なくらいに、
自分が自分でいられるんだ。
ありのままでいられるんだ。

だから図々しいことも言っちゃったりするけど、
それをちゃあんと受け止めてくれて、
で、出っ張ったカドがあれば修正して返してくれる。

おおざっぱで、
思いたったらガーッと石橋を走っていってしまう私。

慎重で、几帳面で、
石橋を何度も確認しながら歩くタイプのだりん。

全くの正反対の性格なんだけど、
でも、向いているベクトルの方向は一緒。

私の持ってないところをだりんは持ってて、
そして彼のもってないところを
私が持ってて、
それをうまい具合に引き出してくれる。ごく自然に。

それから、あなたの説得力、的を得てる。
そして・・・熱意が伝わってくる。

結婚を反対する私の両親に会いにきてくれたとき、

「こいつは母親としてしっかりやれてないから」という兄に、

「じゃあ、私に預けてください。私がみますから。
足りない部分はお互いあるんです。
できるもんが補ったらいいんです。」

と言った言葉。
あれは効いたね。忘れない。私凄く嬉しかったんだよ。

だりんについていこう、って決めた時も
そんな的を得た説得力と、絶対的な安心感からだったもんね。

「ひとりで抱えてやっていくよりも、
ふたりのほうが楽になるって、わかってることやろ。」

「お互い子供がいてて、トラブルはあるかもしれん。
でもそこだけちゃうねん。いいことのほうがいっぱいあるねんで。」

・・・そんなこんな力強くて納得いく言葉に後押しされたね。

今は月のうちほんの少ししか会えないけど、
会えた時のワクワク、あったかい気持ちが
感じられるって、これもいいことなのかも、と思う。

春まであっという間だけど、
来年の今頃も、こんなあったかい気持ちでいられると思う。
毎日、5人でいられることに感謝して
1日1日を大事に過ごすことができたら、と願う。
あなただから、そう思えるのかもしれない。



あなたがいてくれて、嬉しいんだ。
色々と、大変なことも引き受けてくれて、
本当にありがとう。



---P.S---
ご報告遅くなったんですが、
憧れてたあの広い部屋、実は11月に
「空きがでました」
との連絡が・・・・!! 奇跡に近いかも!!
3ヶ月ほど空家賃払わなきゃいけないけど、
これ以上ない物件なんで、喜びもひとしおです。
今から、いろいろ空想膨らませてます。









2006年12月26日

もういくつ寝ると・・・

早いもので、ことしもあと残り少なくなりましたね。
みなさん、年賀状の準備はもうお済みですか?

私は・・・

相変わらず、「まだ」です
例年、お正月休みに入ってから書いてます・・・。

それどころか、
まだまだ写真さえも選んでなくて・・・

仕事が忙しいわけではないんですが、
帰ってからがバタバタで・・・。
(言い訳ですね)

ちなみに仕事は29日まであります。
29日は大掃除らしく、午前中で終わりとのこと。

今までは、年末年始、ぎりぎりまで
仕事に追われていましたが、
今の会社での仕事は、
船積み関係は全て先週の間に終わってしまいまして、
先週末から海外の取引先がクリスマス休暇だったり、
国内のメーカーでも早いところはクリスマスから休みで、
今週は年始の仕事をしてたり、掃除にかかり始めたり。
うちの会社でも、早々と休暇を取られ、旅行に行かれる方もいて、
のんびりしているんです・・・。
というか、順調なんですよね。

追い討ちをかけるように、
今週はじめから、
会社で使わせていただいてるパソコンがとうとう壊れてしまい、
ハードごと修理中で・・・
パソコンなしで仕事をしています。
せめてネットが使えれば、ブログも見にいけるのになぁ・・・。

あと3日ほどですが、なんとか仕事をさがして
乗り切ります!!

今日は暴風雨でしたね。みなさんのところは大丈夫でしたか?
寒い日が続きますが、どうぞお身体に気をつけてくださいネ


harutany at 23:56|この記事のURLComments(2)自分自身 

2006年12月25日

今年のクリスマス

今年のクリスマスも、例年と同じように
兄の子供達と一緒にお祝いしました。

「今年はクリスマスケーキつくるっっ!!」
と気合十分の娘。

スポンジは市販のものでしたが、
なかなかちゃんと、ケーキに出来上がってました




みんなでクラッカーをパンパン鳴らし、
クリスマスムードいっぱいで
「こどもののみもの」で乾杯してケーキを囲みました


その夜のこと、娘は私の去年のブログを見てて、

「サンタさん、本当はいないんちゃうん?」
と疑い、泣きべそをかいていた。

「いや、いるんやで。」

保育園でも言ってたやん。
お父さんお母さん達がお金を出し合って、
その年に子供達にあげるものを決めて、
メールや手紙をサンタセンター(?)
(っていうのかな?)へ伝えると
それを届けにきてくれるんやで。

ママは毎年メールでしてるんだよん
英語で手紙を書いてる。
でも、届けにきてくれるのは、
日本人なのか、外人なのか、
毎年爆睡してるから
未だ見たことないからわかんないんだけど・・・。

トイザラスのCMみたいに、ホンマにサンタが
あんなふうに買い物してたらひくよね(笑)・・・。

ママは、「サンタさんなんていないやん
って小3の時かな? お母さんに言ったら、
次の年から
サンタさんからプレゼントもらえなくなっちゃった・・・。


と そんな話をしていたら、
安心したのかふたりで寝てしまいました。


朝起きると・・・!!
なんと!!
サンタさんからこんな小包が届いてました



 ↑
(箱は本日開封後のもの)

息子宛に「新快速のJRの列車」
娘宛に「自分でつくる絵本(?)みたいな本」

が入ってましたよ。

朝からハイテンション!!の子供達でした。

よかったよかった。


・・・そして私が帰ってきたら・・・

「来年は何しようかなぁ?マリオカートかな?やっぱり!」
とふたり、今からもう来年のプレゼントを考えてました・・・

早すぎ


2006年12月23日

2学期の終業式




昨日は2学期の終業式。
「例のモノ」を持って帰ってきました。

娘が通う学校では、評価が

*よくできる
*できる
*がんばろう

この3段階に分かれてます。

1学期に比べると、「よくできる」がかなり増えてました。
全教科、なんと苦手な算数の小数点の計算にも
(先生、甘いなぁ・・)

国語は、さすがに音読は、恥ずかしがりやで声が小さいんですが、
文章の表現と漢字が得意分野で。
(日ごろのブログの成果かしら?????)

体育も体操をしているからか、みんなの模範になって
跳び箱の台上前転したりしてるらしく、評価されてました。

通知表の前に、ひとりひとり
「2学期の振り返り」というものを
書いているんですが、
先生は、日ごろの宿題の提出やテストだけでなく、
そんな個人の評価も参考にしてるみたいなんです。

項目なんですが、こんなかんじで、自分で○つけるんです。
  ↓
(生活に関して)
1.言葉遣いに気をつける。
2.友達と協力する。
3.係りの仕事をきちんとする。
4.掃除、給食当番をする。
5.良い・悪いを考え、決まりを守る。
6.忘れ物をしない。
7.整理整頓をする。

(宿題に関して)
( )毎日きちんとやりきれた。
(○)やれないときもあったけど、がんばってやった。
( )あまりやりきれていない。

宿題に関しては先生から、
「やはりきちんとやりきっていくように
したいものですね。」とのコメントがありました。

で、その中で納得いかない自己評価が・・・。

1.言葉遣いに気をつける
6.忘れ物をしない


え、ぇぇぇぇ〜〜!!!!????
なんでこの二つに○つけてるねん!!

私と一緒で忘れもの多いですやん!
家で弟に話している言葉はなんですのん??
せんせー、ちゃいますって!!

「ちゃうやん!と娘に言うと、
口笛吹いてどっか行ってしまいました・・・。

全体的に評価は良く、先生からも
「今学期はみんなと力を合わせ、何事も一生懸命頑張りました」
とお褒めの言葉を書いて頂いているのですが、
もっと辛口でもよかったのでは・・・と思うのは私だけでしょうか?

このご時世、学校側も「うちの子はこんな成績じゃないざます。」
なんて言う親御さん達のことも考えて、言葉を選びながら
評価される先生方のご苦労もおありなんでしょうね。
先生方も大変ですね

で、当の子供達は・・・

男女総勢9人+なぜか隣のクラスの先生も来て、
ウチの家で、クレープ焼いて勝手にパーティしてたらしい
娘が言うには、
「2学期お疲れ様会」やねん。」・・・。
私は不在だったのですが、父がいてたので
安心とまではいかないけど、それはそれで大人がいてよかったのですが、
帰ってから父から、
「先生まで来たで。」と言ってたので、何事かと思いましたわ。

うん・・・そういわれてみれば確かに、
「みんなで力を合わせて・・・」なの・・・かも・・・


お得なポイント貯まる!ECナビ

2006年12月22日

父の考え方・母の言い分

ウチの両親は仲が悪い。
去年、復縁したばかりなのに
毎日毎日、顔をあわせては、母は父に怒鳴る、怒鳴る。

私が帰ってくるなり、
今日のグチをこぼす母。

娘が私にプリントを持って、
「見て!みて!もうちょっとやってんで!」
と苦手な算数の成果を見せてくれてて、
話をしているのに、
「今はママはおばあちゃんと話をしてるの!」
と自分のほうへ話を持っていく。
また父への不満の話。

ちょっと!ちょっとちょっと!!
いいかげんにしてくれや
どっちが子供なんだか・・・


最近のケンカの原因は、父の借金問題。
夏に私が弁護士の先生に相談し、
法定の利息のみで解決してもらえるよう
進めてもらっていた。
先日、最後まで和解できなかった消費者金融と
和解できたとのこと、
これから返済にかかるけど、お父さんに相談して
毎月支払える金額を教えてくれ、と連絡が入ったことを
当事者の父と財務省(?)の母に話したところから、
母が逆上した。

「あの人のせいで、私の人生めちゃくちゃや。」
と愚痴る母。

「でも、まだ毎日ご飯食べれるだけ幸せやん。
世界には、今日何も食べれずに死んでいく人もおるんやで。」
と私はボソッと言った。

「どうして、こうなったか、にこだわるよりも、
こうしたら、解決できるよね。
次はこうしたらいいよね。
と思うほうが自分も楽なのに。
そう思わん?」

私がそう言ったら
母は、なんか勘違いしはったみたいで、

「あんた!じぃの肩もつの!!??
私はあんたにたくさんしてきてやったのに!」
と言ってきた。

だみだこりゃ

いつも部屋に帰って父と話してる。

「よく我慢してられるなぁ。」
「ははは。あんなもん、いちいち気にしてられるか。」
と父。

「結果は結果。なるようにしかならんねん。
そんなに昔のことにこだわってたって解決せぇへんねん。
なんとかなるわ!でどーんと構えてたらいいねん。
そんな小さなことでカリカリすんな!」

間に挟まれる私は毎日イヤな気分なんだけど、
そう言ってくれる父の存在にほっとした気がする。

2006年12月19日

保育園のクリスマス会

今日は。保育園のクリスマス会でした。
園児だけの参加なんで、保護者は出席しなかったんですが、
その様子は帰るときに保育園の掲示板に貼り出されてました。

先生のピアノに合わせてサンタさんが登場して、
みんなと遊んだり。プレゼントもらったり。
先生たちのハンドベル演奏もあったり。
子供達はサンタさんに歌を歌ったそうで。

今日の給食は、星型のパンと、からあげなどなど。
おやつはケーキ
サンタさんのディスプレイいっぱいに
小さなケーキが並べられてました。

「サンタさん、中国人やったで。
中国語しゃべってた。」

そのわりには、貼り出されたサンタさんは、
欧米人っぽい顔なんだけど・・・

「みてぇ〜。これ、サンタさんから。」
サンタさんからのプレゼントを入れる袋は、
この日のために作ったひとりひとりの作品。
このクリスマス会にあわせて作ったそうで。



よく見ると、サンタさんがついてる。





「これな、帰ってから開けなあかんねん。
途中であけたら、これ、水になるんやで。」

・・・みず・・・???
先生、うまいこというなぁ

うれしそうにおばあちゃんに見せてました。
開けてみると・・・




カルタでした。

お正月はこれで遊べるように、やね

もうすぐ、サンタさんやってくるね。
子供達にとっては、これからが楽しみ本番です。

2006年12月17日

お花教室の発表会

月に一度、華道の先生がウチのマンションの集会室に
小学生にお花を教えに来てくれる。
総勢10人ほどのクラスだけど、最年少のうちの息子も行ってる。

今日はその発表会。

いつも教室が終わる頃に覗きに行くけど、
今日は発表会だけあってすばらしい出来だった!








小学生なので、まだまだ技術的には未熟なものの、
みんな思い思いにお花を生けてて、
それはそれでたいしたもので。

ちなみにウチの息子が生けたもの↓



なかなかサマになってる!!(先生、ありがと!)

こっちは娘が生けたもの↓



一種類しかないのが気に入らなかったみたいだけど、
風水的にこの花は縁起がいいので家の西側に飾った。
(なんでも幸せを呼ぶとか)

ふたりとも、感想に
「花を生けるのが楽しかった」
と書いてあったので、させてよかったかな?
行儀の勉強もさせてもらえるので、
親としても、こんな機会があってありがたいことかもしれない。

2006年12月15日

「キレる」大人が増えている

Yahoo!ニュースより〜
警察庁がまとめた1〜11月の犯罪情勢では、
多くの罪種で認知件数が昨年を下回ったのに対し、暴行の増加が目立った。
昨年は10年前の4・2倍に急増し、
街頭での暴行や素手で暴力を振るうケースが多いという。
少年の検挙が減少する一方、成人は大きく伸びており、
同庁は「ささいなことでキレる大人が増えているのではないか」としている。 (時事通信)

元ダンナもそんな感じでしたわ
思い通りにならない、自分の隠していることに触れられると
キレる。

SIリーダーシップ」というサイトからのリンクですが、
「キレる」という定義は以下の通りだそうです。


■「鬱積したコンプレックスが、外的な刺激によって、
  突発的に爆発的な攻撃的行動を生む過程および結果」

■「何かのきっかけで頭の中が真っ白になったり、
  前後の出来事を覚えていない、
  または通常ではありえない行動に移ってしまう状況」

■「あることを契機に、自己の衝動性を統制できなくなって
  起こす行動」

あ〜そういう意味なんだ。と改めて知りました。

そのサイトを読んだところ、なんでも、学歴が高い人ほど、「キレる」人が多いとか

「人間は最終学歴だけでは判断できません。
素晴らしい学歴の人でも、実は根性が曲がっていて、常に皮肉ばかりを言って、
人の足を引っ張る人かも知れません。

特に、高学歴な方に多い傾向なんですが、
学歴社会で自分の思い通りに何事も進んできています。
自分の納得いかないことが目の前で起こると、
パニックになってしまうのではないでしょうか。

一方、たいした学歴の無い人であっても、バイタリティーにあふれ、
他人への優しさを持っている実に優れた人格の持ち主かもしれません。」

学歴が高い=いい人格を形成している とは限らないらしい。



後,現代社会の危ない食生活や就寝時間の少なさによるものも
キレる原因のひとつにあるそうですね。

さっき、職場で昼休みに話題になってたんですが、
コンビニ弁当・冷凍食品やインスタントラーメンって、
なんて多くの添加物が入っていること!

忙しい毎日を送る中で、時間を短縮するために
ジャンクフードで済ますことを繰り返すことによって、
体内に添加物が蓄積し、
免疫力を低下させてしまう。
だから風邪をひきやすくなったり、
病気になっても治りにくくなってしまったり。
それって、キレやすい体質を作ってしまっているそうで。
食生活を私達は今一度、見なおすべきだと思いますね。


最後に、このサイトで、以下の説明があったのでコピーさせて頂きました。

■「キレる」とは自分自身をコントロールできていない状況である。

■換言すれば、自分自身をコントロールすることができれば、
 「キレる」ことはない。

■自分自身をコントロールするとは、すなわち、
 「自分自身の主になる」ことを自覚すべきである。

■「自分自身の主になる」ということは、
 小さいころからの躾がとても大事である。

■なんでも自分の思い通りになる、という錯覚に小さいころから陥らないよう
 留意すべきである。

■例えば、何でも買い与えるとか、
 何でも先回りして教えてしまうとか、の行為は慎むべきである。

■自分で自分の欲求をコントロールするためには、
 自分の意思で自分の道を切り開く躾をすべきである

小さい頃から「苦労は買ってでもしろ」というのは、
きっとこういうところからきているのかもしれないですね。
うちは姉弟喧嘩が毎日あるので、(ここんとこおとなしいけど)
知らず知らず「理不尽なこと」というのは
学んでくれているのかも。





harutany at 17:06|この記事のURLComments(4)

2006年12月13日

あたりまえのことをきちんとすること

「あたりまえのことをきちんとする」ことって、
なんと難しいことなんだろう。

時間には結構ルーズだし、
身なりにしても、昔から
髪ボサボサでも平気だし、
洋服はノーアイロンで脱ぎ着しやすいのが多い。
掃除、にしてもそうだし、
料理、にしてもそう。
おもてなしひとつにしてもそう。
情けないっす

昔はしつけに厳しい親がいて、
おばあちゃんが作法を伝授して、
地域のご近所さんがいろんな知恵を教えてくれて。
コミュニケーションもとれていて。

今は核家族が多いからか、
しきたりひとつにしても省略してるし、
私もそうなんだけど、わからないことがたくさんある。

「アタシ、O型だしぃ。おおざっぱだしぃ。」
と言い訳することも多々ある・・・

娘はB型特有の完ペキ主義。
こだわりを非常に強く持つし、他人にも厳しい目で見てて、
よく私も娘に「もうちゃんとしてよ!」と
ダメ出しされることもしばしば。
血液型のせいにもしちゃいけないんだけどね。ホントは。

あたりまえのことを、きちんとできている人って素敵。
簡単にさっとできてしまえるところがスマートだなぁ。


最近、歯医者さんでこんな本を見つけて読みきった。
松居一代の超(スーパー)おそうじ術

これは・・・すごい!読みやすい。
なにしろ身の回りにあるもので楽にお掃除ができること、
簡単なこと、清潔にする意味などなどを
非常にわかりやすく丁寧にかいてある。
ノロウィルスが流行っているこの時期には必見!

料理にしても、素材を生かしてさっと作ってしまえて。
船越栄一郎はいい奥さんをもらったなぁ。(しみじみ)

家族を思いやるという気持ち

これがきっと彼女をそうさせているんだと思う。

「あたりまえのことをきちんと。」
難しいけどこれからココロを入れて、
やってみようかな。と思う。

きっと、
「自分のため」でなく、
「家族のため」という気持ちがあれば、
それなりにできるんじゃないかな。


はてさて、有言実行できますかいな・・・???







harutany at 00:45|この記事のURLComments(4)自分自身 

2006年12月11日

なぜか仲のよいふたり

この週末は、子供達はインフルエンザの2回目を接種し、
その後はみんなでボーリングを堪能しました。
5歳の息子にとっては2回目のボーリング。
投げ方もままならなかったけど、
2ゲームめにはストライクを出しました
これにはびっくり!!
みんな、なかなか思い通りにボールは転がらなくて、
思い通りのスコア出せなかったかもしれなかったけど、
ボーリング、それはそれでめっちゃ楽しめたようでした。

その後はホームセンターをゆっくり見ながら、
これから必要なもの、どんな部屋にしようかと、
インテリアの売り場をウロウロしながら、
いろいろと想像を膨らませてました。

子供達は、社長風のイス(?)に腰掛けてみたり、
ベッドに乗ってはしゃいだり、(おいおい
そうそう、ホームセンターのペット売り場は、
雨でもお金使わずに結構楽しめるところがいいところで。
犬にさわったり、ハムスター見たり、
はたまた珍しいカメレオン見たりと、
思い思いにたわむれていました。

そう、思えば、その時から、手をつないでたりしてたわ、
いつもケンカしてる、このおふたりさん・・・。
なぜかこの週末から仲良くなっちゃって。

毎日、朝からファンヒーターの前の席の取り合いで負けて、
「あんたが遅いからやん。」
いつもお姉ちゃんに泣かされてる息子。

それが、この週末から何をどうしたのか・・・
昨日も肩車したり、ゲームをゆずってあげたり。
「おぉ!優しいやん!お姉ちゃん!」
と褒めると、
「あ〜もうむずがゆい!!ストレス溜まる!!」
なんて言ってたけど、
一緒にお風呂に入って流してあげたり、
一緒に本を読んであげたり。
そうすると、いつも負けじとはむかう息子も、
「うん。ありがと。」と素直になって。

おお〜いい連鎖だなぁ。

さっきも寝る前に、息子は「お姉ちゃんおやすみ。」
と言ってた。・・・・笑ったらあかんけど、
今まで長い間そんな言葉聴くことなかったように思って
笑けてきた。

「なぁ、姉ちゃんが優しくしたら、優しく育つん?」
と聞いてきた娘。

「そうやで!小さい頃から言ってるやろ。
意地悪なことしたら意地悪なことが返ってくるし、
喜んでくれることしたら喜ぶことが返ってくるんやで。」

「知ってる。ママ言ってたやん。」
あ、覚えてた・・・?

「だから優しい言葉かけてみ。変わってくるねんで。」

「うん・・・。」

いつもケンカしてる2人が
仲良く遊んでくれてるのを見るとほっとする。
ずっとこれからもこうだといいんだけど・・・。
もうすぐお兄ちゃんできて3人になるんだから、
譲り合いとか、相手の気持ちを考えて
行動をしてくれるようになれば・・・
とママからのささやかな願い。

あれ?・・・そういえばこれってサンタマジックかな???
クリスマス後、どうか元に戻りませんように!


2006年12月07日

ノロウイルス警報

息子の通う保育園で、0〜2歳児の乳児クラスで
ノロウイルスが流行したそうで。
息子の4歳児クラスも1人、
嘔吐・下痢でお休みしている子がいることから
保育園では保護者全員に緊急告知をして、
これ以上被害が広がらないように対処しているそうです。

ノロウィルスって改めてなんだろう・・・???
と私も無知だったんですが、
保育園のほけんだよりで知ることができました。
ここでノロウイルスについて説明しますね。

.離蹈Εルスって・・・
 
 普通の細菌よりずっと小さく、
 電子顕微鏡でなければ観察できないほど小さな粒子。
 ウイルス粒子だけでは、増えることができず、
 人間の生きた細胞の中でのみ
 増えることができるそうです。

△匹鵑文彊でこの中毒になるの?

 かきを含む二枚貝による食中毒が多く報告されています。
 その他、このウイルスを持った人がトイレの後で
 手をよく洗わずに調理をすると、ウイルスが食品に付着してしまい、
 汚染された食品が食中毒の原因になることもあります。

また、少量(数個から100個程度)でも感染するので、
 食べ物だけでなく、人→人、人→器具→人などの感染もあります。

 このウイルスは、人間の体内で増えるので、
糞便の中には多量に出てきます。
 また、非常に少量(数個から100個程度)でも感染しますから、
ちょっと汚したぐらいと思っても安心できないんです。

この食中毒にかかると、どうなるの?
 
食べてから症状が出るまでに、通常1〜2日かかります。
 主な症状は、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱(38℃以下)などです。
一般的には比較的症状は軽く1〜2日で治りますが、
まれに1日20回程度の激しい下痢をすることがありますので、
油断は禁物。

 症状は短期間で治まりますが、
 その後1週間ぐらいは、便にウイルスが排出されますから、
 調理前の手洗いはしっかりして下さい。

ね祝彬,蓮 
かきなどの二枚貝はできるだけ加熱して食べる。
 加熱する場合は中心までよく火を通す。
 調理する人は、トイレの後や調理前に十分手を洗う。
 調理器具にウイルスをつけない、消毒するといった注意も必要です。


息子の保育園では、
 お手拭タオルの当面廃止。→使い捨てのペーパーウェスに。
 コップ・歯ブラシの使用 →紙コップを使用。
 手洗い・うがいの徹底。
 父母会行事の自粛。
 下痢・嘔吐があれば登園禁止。

と徹底しているようですが、ひとつ不満が・・・

それは、遠足(消防署見学)の延期!!
息子は来週の遠足を楽しみにしてただけに、残念ですわ。 

みなさんのまわりは流行ってますか?
ちなみにこの通達があって、ウチも家族会議を開きました。
それからというもの、
手洗いうがいは徹底、
最近使ってなかった除菌剤もふんだんに使ってますよ。          

これから寒さが厳しくなりますが、
どうぞみなさん身体に気をつけてくださいね


2006年12月05日

歯が・・・

今日の夕方、携帯に保育園から電話が・・・

(あちゃー熱がでたか!)と思いきや、
「いや、熱ではないんです・・・。」と園長先生。

「実はお友達とおにごっこをしてて、
つかまえようとしたときに転んで、お友達の頭に歯が当たって、
歯がぐらぐらになったんですよ・・・。口から出血もして・・・。
ごめんなさい、お母さん。私達がいながら」

あぁ、びっくりした

「とりあえず、今から歯医者さんに診てもらいますね。
かかりつけの歯医者さんは○○歯科ですよね。」

「あ、はい。すみません。私もすぐ帰ります。」
今日はプチ残業なしであがることにした。

駅に着いて保育園へ電話をかけると、
歯医者さんから戻ったところだということ。
急いで向かうと、本人はケロッっとして遊んでいた・・・

「あ、ママーぁ!」

先生が丁寧に説明をしてくれ、レントゲンもとって、
診てもらったけど、今のところは特に異常もみられないとのこと。
上の前歯、下の前歯各1本ずつがぐらぐらになってるとのこと。
ただ、固いものだけは避けてください。」と。

とりあえずほっとしました。まだ乳歯で生え変わる前やし。
治療費は、保育園の安全会から出るとのことだそうです。
加入しておいてよかった。

家に帰っても、いつものとおりテンション高めで。
晩御飯のときに、まちがえて痛いところで噛んでしまい、
「ま、ちがえた・・。え?どこやったっけ?」
と言ってましたわ。
とりあえず様子みますが、大事に至らなくてよかったです。ホッ





2006年12月03日

この週末は




この週末も兄の子供たちが遊びに来てました。
娘たちはドーナツを作ってくれました。

「ドーナツ揚げてみたい!」という娘。
こわごわ(私が)見守る中、
初めてにしては上手に出来てました
(・・丸焦げは私が揚げた・・・

見かけによらず、
けっこうおいしく出来上がってました。
なぜかだんご三兄弟もあります・・・

夕方には、すいてる時をねらって、
息子を散髪に連れて行きました。
今、3ヶ月くらいに1回のペースかな?
今回もスポーツ刈り一歩手前まできれいにしてもらいました。
ここは帰りにガムをくれるので、
息子は気に入ってくれています。



日曜日はマンションの大掃除と
避難訓練、消防訓練がありました。

消防訓練では、消火器の使い方を説明してもらって、
実際にさせてもらいました。
消火訓練の為、中身は水ですけどね

息子はこわごわしてましたが、
私が「放水開始〜!!」というと、
目を輝かせてシャーッとまいてました。




消防車は子供たちの憧れの的。
マンションの子供たちが喜んで見てましたよ。
帰っていく時はみんな
「ばいばーい!」と手を振ってました。

その後、近くのジャスコで献血に行きました

献血、みなさんしたことありますか?

もし、されたことがない方は、献血車を見かけたら
ぜひ行って下さい。

あなたの血で人を救うことができるんですよ。
それに、
自分の血の成分を知ることもできるし、
なによりも、
タダでジュース頂けますし、
お土産も豪華ですし・・・。
(これが目当てだったりして・・・
今回は液体の洗剤のボトル1本(アリエール)と、
チャックつきの書類入れ(結構重宝もの)、
ボールペンに朱肉、それから
マクドナルドのハンバーガーの券まで頂きました

私はいつも400MLの献血をします。
毎回、緊張はしますが、
看護婦さんはベテランの方なんで、
思うほど「痛い!!」とは感じません。
今回は知らない間に熟睡してしまってました

血を抜いた直後フラフラっとはしましたが、
しばらく休憩すると元に戻りました。

帰りに八百屋さんの前を通ると、
キャベツが30円で売られてました。
娘が、
「これ買って、ロールキャベツしようやあ。」と。

・・・ろーるきゃべつ???
え・・作ったこと、ありましぇん

例のDSお料理ナビを見て、手順を覚えて、
見よう見真似で作ってみました。



味付けは、コンソメスープ・塩こしょうと
ケチャップのみでしたが、
意外とおいしかったです。
みんなでおかわりをしましたよ。

そんなこんなで今週末もあまりお金を使わずに
おトクな週末を楽しく過ごせた・・・(かな)?

2006年11月29日

いじめ問題 

今日、政府が「いじめ問題への緊急提言」を発表しましたね。

詳しい内容は省略しますが、概要は以下のとおりです。

〜いじめをした児童・生徒に出席停止など厳しい措置を取ることを念頭に、
問題行動に対する指導・懲戒基準を明確にして
毅然(きぜん)と対応するよう求めたほか、
いじめにかかわったり、放置・助長したりした教員を
懲戒処分の対象とすることなど〜


いじめを傍観した児童・生徒の指導強化も盛り込むなど、
踏み込んだ内容となったようです。

私も、人ゴトのようには思えないな、
と思いました。
娘のまわりで、まさに今起こっている問題なので・・・。

娘のいつも遊ぶメンバーの中でも最近、
気の強いMちゃんが、あるひとりの女の子を避けてます。

その子(Aちゃん)も気の強い子で、
以前は5人くらいでつるんで一緒に遊んでたのですが、
娘がおたふくで休んでいる間に大ケンカしたらしく、
Mちゃんが「Aちゃんとは遊ばんといて。」と
みんなに言っているそうです。

Aちゃんのお母さんは働いてて、
私も時々帰りの電車が一緒なんで、
会えた時はいつもその話題になるんですが、

「最初はただのケンカだと思ってたけど、
なんか最近エスカレートしてるみたいやねん。」

って聞くと、
「ちょっと、学校に言ったほうがよくない?」と
心配になるんです。

靴に枯葉を入れられてたり、
「チビ」と叫ばれてたり、
えー!?それって、いじめやん!!!!

でもAちゃんのお母さんは、
「自分で考えて解決しいや。」と言ってて・・・
「いつもひとりでいる、というわけではないし・・・」
と少し消極的。

子供たちはというと、
気の弱い娘と、娘の保育園からの親友は、
どっちともつかず・・・
けっきょく習い事もAちゃんとも一緒だし、
悪い原因はないし・・・。
Mちゃんがいないときは、
Aちゃんと一緒に帰ったり遊んでたり。
朝も毎朝、Aちゃんと2人で行ってて。

ただ、Mちゃんに見つかると、みんな
引っ張ってAちゃんと無理やり離されるそうで。

だからといって、面と向かってMちゃんに、
「もうやめようや。」と止める勇気がない
情けない娘や友達・・・。

それは加害者になるんでしょうね。
でも私が「やめや!」としゃしゃり出るのも
おかしな話だし、
これは子供たちで解決していかなきゃいかんのかな?

・・・女の子をお持ちのお母さん方、
女の子はホント、フクザツですね。

何とかしたいですっ!!


2006年11月27日

感謝

いつも 思うんだ。

思い通りにならなくて
壁にぶつかって、
イライラしたり、

なんだか心にモヤモヤがあって、
涙が出て止まらなかったり、

そんなときは、
文字にして、
ここに吐き出すとスッキリするよね、って。

嬉しいこと、
悲しかったこと、

みんな言葉にすると、
スッキリする。
そして、
見えないものが繋がっていく、
そんな気がする。

ブログってステキ。

このブログがなかったら、
きっと今の私もなかった。

人の心と心を繋ぐ見えない糸。
これからも大切にしたい。

「ありがとう。」

いつも いつも いろんなとこで見守ってくれて。
暖かい言葉たちに支えられて、
今の私がいる。

これからも、

ずっと
ずっと
繋がっているね。

「ありがとう。」

心から。


2006年11月26日

週末は

週末はたいがい兄の子供たちが遊びにきています。

息子は小2の甥っ子と電車ごっこ。





娘と、同い年の姪っ子とは、
ふたりしてクリームシチューを作ってくれました。





ママは、ちゃっかり楽させてもらっちゃってます。

後から少し具を足しましたが、
味は、おいしかったですよん。

もうすぐこうしてゆっくり遊ぶことも、
あまりなくなってしまうけど、
「寂しくないの?」と娘に聞くと、
「え?ぜんっぜん。」
という答えが返ってきました。

子供達のほうが適応能力あるんでしょうね。きっと。



2006年11月23日

思い出しちゃった

14歳の母見て、5年前の自分とシンクロしてしまった。

もう5年前になる。
息子の命が宿ってたのを知ってから。

私のバッグから、また現金が消えて、仕事をズル休みした元ダンナと大喧嘩した。
次の日、競馬に行く、
と行ったまま帰って来なかった。

次の日も、次の日も、音沙汰ない元ダンナ。
電話がなる度淡い期待したけど、
それは借金の督促だった。

「お腹の子は、残念だけど諦めなさい。」

周りから、そう言われたな。

「父親は帰って来ないんだから。」

信じたくなかった。

愛情はなかった、
でも、家族を捨てるような人じゃない、
って信じたかった。

母子手帳を開く度、
夫婦、というフレーズを耳にする度、
他人の、家族の楽しい姿を見る度、
涙もろくて泣けてきた。

お腹にいた息子の胎動を感じた時、

「しっかりしなきゃ!」
と思った。

「私は母なんだ。」って。

行動が伴ってたかどうか?は今も疑問だけど。

でも、産まれてきてくれて
こうして川の字で寝る姿があること、

あの時の判断は、正しかった、と思う。

4歳になる娘も、普通じゃない事態を察して、
小さいながら私に気を遣って、
いつか一人で本を読んで寝るようになってた。
ききわけのいい子になってた。
甘えたかっただろうに、
あの時甘えさせてあげれなくて、ごめんね。

クリスマスのプレゼントも、料理も、
大したモノあげれなかったけど、
でもあの頃から親子の絆は深かった気がする。

モノじゃない、
大事なものがあることを改めて知ったよ。

情けないけど、
あの頃から子供達に助けてもらってたな。
ってか、今も助けてもらってるけど。

ダメダメなママで、
これから家族増えるのに、
大丈夫かよ!って不安もあるけど、
なんとか私なりにやっていこうとおもうんだ。

だからもうそんな風にパパが自分のした後始末せずに
消えてしまう、という不安は、もうしなくていいんだよね。
信じてついていっていいんだよね。あたしたち。

なんかそのドラマ見て、思い出しちゃって
泣きはらしたけど、

少しスッキリしたかな。

harutany at 01:47|この記事のURLComments(4)

2006年11月20日

節約・節約・・・

久しぶりにこのカテゴリーをクリックした。

仕事が変わって、はや4ヶ月。
給料は5万くらい減ったかな。
残業、といっても6時くらいまでだし、
(ココはみなさん、早く帰るんです。
それだけ業務がスムーズにいっている証拠??)
でも、それだけプライベートの時間がとれるので、
それはお金に代えられないな。

もらったお給料から必要経費を引くと、ほとんど残らない。
おまけに12月からの児童扶養手当は、また減った
(去年の収入が多かったので・・・)
保育料も均等割世帯になっちゃったし・・・
(その前は非課税世帯だったのに
去年の今頃は、DSやプリンターを買ってたっけ。
DVDのハンデイカムも、今思えば買ってて正解だった。
沖縄も行ってて良かった。
あの時なんとなく 「今だな」、と思ったんだ。
うん、間違ってなかった

今は昼食は全く外で食べてない、ってか食べれない。
もったいなくって。
前の会社でよく「社員食堂」と私達御用達の、
古ーいステキな中華屋さんがあって、毎日行ってたのが懐かしい。

今の私が実践してる節約方法ですが、

,覆襪世映磴なは行かないこと。
携帯で長時間話さない。ブログはパソコンで見ること。
作れるものは作る。
ぬ蟻未陛典い肋辰后
ッ繁軸鏘颪鮟个垢里呂發少し待ってみる。
λ榲に今必要なものか、よく考える。

しかし、うちは父親が日中も家にいて、
毎日スポーツクラブや買い物に出かける母も隣にいて、
そうそう全部守れないんですが・・・
(光熱費、2倍になりました

でもこれって、毎日節約をされてる主婦の方々にとっては、
きっとあたりまえなんでしょうね・・・
一度、緊張の糸がきれてしまっちゃった私にとっては、
試練に思えるんですよ・・・

節約・節約、といいきかせて、頑張りますわ

今、直感的に「これは今しかできないな」と思うのは、
自分の親(子供にとってはおじいちゃん、おばあちゃん)との時間かな。

今はそれを大事にしたいかな。
お金では買えないもんね。

QRコード
QRコード
訪問者数