サーフ釣り日記

四国の右下あたりの釣行の記録です。釣れなかったときは使っている道具のレビューとかも

最近、いつも行っているサーフの周りの堤防で太刀魚が釣れていると聞いたので
今日は、3時半に起床して4時に、いつものサーフに到着。
すぐに2人ほど釣り人がきたので、やっぱり釣れてるのかと期待しながら
いつものサスケを投げ始めたがアタリも何もない、、、
明るくなってき出したので時計をみるともう4時50分になっていたので
今日はもうダメかなとテンションが下がってきかけたところで
急にボイルが始まったので太刀魚かと思い、
ルアーをシャローミノーに変更して投げると
1発で食って来ました。
2017-08-19-04-59-23
50センチちょいの、このサーフのアベレージサイズのシーバスでした。 

写真を取ったり、リリースしている間にボイルが終わってしまったので
ルアーをコスケに変えると、またしてもアタリがくる
が、乗らず、、、

その後も何回かアタリはあったのですが、腕前がなく1尾も取り込めず
終了

6時半には帰宅しないとダメだったので5時50分に納竿しました。

太刀魚は釣れなかったが、シーバスが釣れたので満足できました。


ヒットルアー


本日の使用ルアー
アイマ サスケ 120裂波
アムズデザインセンター


 

自分の場合、サーフでの釣りが9割で、後は堤防とか小規模河川での釣りが1割程度で
しかも釣りに行ける時間と曜日も決まっているので、大潮を狙って行くとか、
上げ始めに行くとか、干潮を狙って行くとかできないので、
そんなにも潮汐は気にしていませんが、釣りに行く前は一応、潮汐の確認はしています。

主に使っているのはこのサイトです。

choseki



潮汐だけでなく、天気とか波の予報
気温とか釣り予報とか、至れり尽くせりで大変重宝してます。
徳島県では、12ヶ所のポイントの潮汐が見れるので充分だと思います。

特に風の予報と、波の予報が便利で、
風が強い予報だと細めのラインを巻いて行ったり、重めのルアーを
持って行くようにしています。
波が高い予報だったり、上げ潮だったりした場合は、ロッドを長めのもので
準備したり、潜行深度の深めのルアーを持っていったりしていますが、
腕前が伴っていないので、釣れたり釣れなかったりで、自己満足になっています(笑)
1年分の記録が溜まったら、また潮と魚が釣れた関係を調べたりしてみたいと
思います。


 

2017-08-16-06-21-17

自分の場合、大体9割方サーフで釣りをしているのですが
いつも困っているのが魚を釣った後にフックを外してリリースするときです。

ロッドを持ったまま魚に掛かったフックを外すのは時間もかかるし、
なかなか外せないのでロッドをサーフに直置きするのですが
砂浜サーフだと後でリールに砂が入ってジャリジャリになったり、
砂利浜サーフだとロッドに傷が入ったりする心配があるので 、何か
良い物はないかと調べていたらタックルバッカンがあったので
購入しました。

これなら横にロッドスタンドもあるので便利かなと思い購入したのですが
サーフ向きでは無かったです。

まず第一に、それなりの重さがあるので持ち運びに疲れる、、、
サーフで釣りをしていると結構、右へ左へと移動をするので
いちいち持ち運びするのが面倒。

次に、蓋がファスナーだったので砂浜サーフだと砂を噛んで開け閉めが
しにくくなるので買ったけど1度しか使わず、車のトランクで道具入れに
使用しています。

あまり移動しない釣りとか、ロッドを複数持って行くときなどは
便利だと思います。

で、タックルバッカンは車に置いておく道具入れになったので
他に代わりになる物は無いかと探していたら


これを見つけました
値段もそんなに高く無かったので即購入。

到着して持ってみると軽いし、カラビナも付いているので
バッグとかライフジャケットにもぶら下げれるので
移動の邪魔にはならない感じですが、
先週購入してから魚が釣れていないので、まだ使用してません(笑)

また使用できれば感想を書いてみたいと思います。
 

↑このページのトップヘ