2011年02月

2011年02月27日

長野は晴天が続いています

R0015795


こちら長野は晴天が続き、剪定には少し汗ばむ陽気ですが
作業は順調に進んでいます。

この土管の様な中に入っているのは、葦を筒にしたものです。
お店などでも売っていたりしますが、作って置いている人もいます。

ミツ蜂は巣へ帰る習性がありますが、この中に自然と入る
マメ蜂は、巣がないのでこのように畑に置いておくと
この筒の中へ住んでくれるわけです。

りんごの花が咲いた時に、花粉を色々な所へ運んでくれ
受粉という作業を蜂がお手伝いしてくれます。

この受粉がなければ、変形した形の物や良い果物の結実
ができないのです。

蜂ばかりでは全てを補う事が出来ないので
違う品種の果物を植えるなどで受粉する事が出来ます。

例えば、サンフジとシナノゴールドなど違う種類のりんごの木を
同じ畑の中に植えるなど工夫していきます。

蜂には本当に感謝です!それと、先人の知恵は素晴らしい!!

R0015774


今年もまた、多くのりんご畑が伐採されています…

以前もご紹介しましたが、高齢化と後継者不足が主な原因です。
腰の曲がった老夫婦が時間をかけて切っていました。

確かに今、農業は見直されてきていますが、
予想以上に大変なものです。
生活の為に、お金にしなくてはならないし、作って売るという事も
難しいです。
個人単位では、出来る範囲が限られているので
大きな組織などを作り、集合体にしていかなくて
先が無いようにも感じます。大きな組織にすれば
遊休農地は減り、雇用も生まれるのではと思います。

R0015792






harvest1122 at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月16日

晴天の長野

R0015753



先日の連休中の最後に降った雪は、30センチ程積もりましたが
真冬の雪ではない為、日中のうちに半分位は溶けてしまいました。

雪は水分を多く含んでいて、ずっしりと重く、雪かきは大変でした…

本日の長野は、雲一つない晴天に恵まれました。
朝はまだ寒く、りんごの花芽が凍っています。
写真を見る限り、何か美味しそうな物に
見えるのは私だけでしょうか!?

R0015755


北信五岳と言われる山の中で、小さく三つ見えるのが
左から飯綱山、黒姫山、妙高山になります。


harvest1122 at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月12日

スノーシュー

R0015726


東京から来たお客さんと一緒に、スノーシューへ行って来ました。
場所は、鍋倉高原にある森の家です。

AM11時30分に出発。山の長い上り斜面を登って行きます。
まずはガイドさんオススメの木、通称『メビウス』
すごい枝の本数…そして、由来の通りメビウスに似ている。
それ以外には、野うさぎなど、貴重な出会いも。

R0015736



お昼は、目の前の森の中で食べました。この森の中には
若いブナの木が綺麗に並んでいます。

雪のテーブルをガイドさんが作ってくれてお昼!


R0015733


お昼を食べた場所が今回の目的地だった為、後は下り坂。
沢山の絶壁があり、ジャンプをして飛び降りたり
ソリで下ったりとスリル満点!!
ジャンプした中には、3メートル以上ある所から飛び降りました。
もちろん、私は最後でした…
フカフカの雪なので、痛みなどはなく、優しく包まれる感じです。

15時30分、皆さん無事に帰って来ました。

スノーシューは、別名『西洋カンジキ』ともいい
雪の上をうもれずに歩く道具で、新雪の雪の上や
誰も歩いていない森の中を歩く素敵なスポーツです。
春先までやっているそうなので、農園へ遊びに来られた際には
是非、スノーシューも体験してみて下さい。






harvest1122 at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月10日

伐採

R0015717



以前お話したことのある道路拡張の為、切らなければいけない
さくらんぼの木を、本日切りました…

今日の長野は、風が冷たく久しぶりの真冬の寒さ。


R0015722



育てるのは10年…切るのは1時間…
仕事なので仕方のないことですが、やはり何か切ないものですね。

切りながら、一本ずつ声を掛けていきました…「ありがとう」

木からまた、沢山の事を教えてもらった気がします。


R0015715



今日の雲


harvest1122 at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月06日

オオイヌノフグリ

R0015689


オオイヌノフグリが雪の溶けた間から顔をのぞかせ始めました。
畑にこの雑草が見え始めると、冬の終わりを感じます。
とても小さい雑草ですが、雑草というには可哀相な位
とても素敵な色だと思います。

R0015685



溶けた雪の中からりんごの枯れ葉を発見!
化石のようにも見え、まるで芸術品ですね。
自然に作られた物は本当に優しく美しい。





harvest1122 at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)