自己破産体験談

実際に自己破産した時の体験談を書き記したいと思います。 いかにして自己破産に至ったのか、もっとこうすれば良かったというような事を書きますので、同じような境遇の方の参考になれば幸いです。

[任意売却] ブログ村キーワード


以前、少し書いたと思いますが、通常、自己破産の際は

マイホームは競売にかけられてしまいます。


私の場合は弁護士さんから紹介された、任意売却を得意とする

不動産業者さんに、任意売却をお願いしました。


競売と任意売却はどこが違うのか?


競売は、いわゆる住宅の「大バーゲンセール」であり、

住宅ローンの貸主の銀行などにとっても、回収額がかなり

少なくなって損失が大きいケースが多いのです。


競売にかけられた物件を安く買い叩いて高く販売しようという

海千山千の業者や個人が目を光らせています。


一方、任意売却は表面上は通常の中古住宅の販売であるため

中古住宅の相場で売却できます。

当然、不動産業者さんの営業努力で、買ってくれる顧客を

見つけてもらわなければなりませんが。


また、競売情報は公の情報として出回るので、周囲の人が

たまたま役所などでその競売情報を見つけたら、

そういう知識のある人には「XXさん、破産したのか」と

バレる可能性があります。


また、公になる競売情報は常に各種業者がチェックしており

公開された途端に色々な業者がやってきます。


その業者の1つは任意売却の業者さん。

私の場合は、すでに任意売却の業者さんと組んでいて

ほぼ任意売却の売り先が決まりかけている時期に

競売情報が公開されましたので、来ていただいても

「もう頼んでいて売れる寸前です」とお断りしなければ

なりませんでしたが。


あと、私のところには来ませんでしたが、弁護士さんから

注意を受けていたのは「闇金業者」です。


家が競売にかけられる = 破産者 = 借金体質


ということで、今や誰からもお金を借りることのできない

破産申し立て中(あるいは破産後も)の人間に

「自分たちならお金を貸してあげることができる」と

寄ってくるらしいのです。


私の場合、借金の相手は銀行や、大手のカード会社だけ

でしたので、取立ての恐怖などには直面していないのですが

テレビなどで見る限り、闇金の取立ては苛酷を極めます。


ましてや、破産後に借りようものなら、もう救済措置など

ない状態で借金地獄に落ちるのです。


闇金だけには、何があっても手を出さない方がいいです。



話を戻しますと、任意売却は競売より高く売却するケースが

多いので、任意売却が成功した場合、貸主(銀行など)が

任意売却業者を通して、引越し代を出してくれることがあります。

私の場合も結果的に30万円の引越し費用を負担してくれました。


お金がないので引越しができない、、、という状態が続くと

当然、家を買った人が困るわけで、貸主としても話が

ややこしくなったら困るので、

「とっとと出て行ってくれ」

という意味のお金だと思います。


しかし、私にしてみれば引越し先のアパートの前家賃すら

支払うのが厳しい状態ですので、本当にありがたい話でした。


競売のときも、引越し代を出してもらったという人も

いるようですが、出してもらえない事の方が多いのでは

ないでしょうか。


今回はこの辺で。






今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加して自分の体験を誰かに活かしてもらうため
よかったら↓ポチっとクリック応援宜しくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[自己破産] ブログ村キーワード

自己破産をするにあたって弁護士さんに提出する

書類は、まあ少なくはないのですが、これだけで

借金地獄から抜け出せるのだとしたら、些細なものです。


借入先と借り入れ金額の一覧。
これは先に作っておいて損はありません。
なぜなら、督促の電話などを止めるための受任通知が
すぐに出してもらえるからです。
請求書や、契約書などもできるかぎり一覧に対応するように
用意しておくと間違いも少ないでしょう。


あとは、銀行口座の一覧や、保有している資産などを
弁護士さんからもらった書類にしたがって書き込みます。

分からない点は質問しながらでいいので、それほど
難しいものではありません。

あとは破産にいたった経緯などを文章で書きます。
私の場合は弁護士さんが一般的な文例を見せてくれて、
それを自分の立場に置き換えて、単語や金額や理由を
書いていけばOKでした。

あと、家計の収支表をこれは3ヶ月くらい継続して
記録しました。

家計の収支表はまあ別として、その他は、全部で2,3時間も
あれば書き終えると思います。

これに加えて、役所で住民票や、無資産証明書など
指定された書類を取ります。

これらを弁護士さんに託し、あとは裁判所と弁護士さんが
やり取りをする中で、私に確認すべき点があれば弁護士さんから
電話で連絡が来て、それに答える、という形で、
私自身は一度も裁判所には行かなくても済みました。

こういうケースも多いそうです。



今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加して自分の体験を誰かに活かしてもらうため
よかったら↓ポチっとクリック応援宜しくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[自己破産] ブログ村キーワード


自己破産にいたる借金の理由は人それぞれだと思いますが、
私の場合、ほとんどが生活のための借り入れでした。

終盤は、クレジットの返済のためのキャッシングという泥沼に
はまってしまいましたが、それまでは、ほぼ全部が生活費と
いう感じでした。

食料品や生活雑貨、学用品などの大半をクレジットカードの
リボ払いで支払を先送りしていたのです。

割と収入のあったサラリーマン時代にも同じような時期は
ありましたが、ボーナスなどですべて返済して、リセットする
ことが出来ていましたが、この時はボーナス時期は住宅
ローンのボーナス払いが加算される辛い時期となっていました。


こうして月に4万円~7万円ずつくらい、クレジットの残高は
増えていき、2年経過した頃には100万円と50万円の
クレジット枠があるカード2枚の限度額近くまで増えていました。


自己破産するにあたっては、このような生活費のための
借金は、特に問題にならないようです。

高額なものを購入して、すぐに質屋やオークションで売りさばいたり
していると、自己破産が認められなくなったりするそうですが
そういう事はしていませんでしたので。


あと、ギャンブルや高額な飲み代、風俗、投資系への注ぎ込みなどは
自己破産の理由としては認められない可能性が高いそうです。

常習でなければ何とかOKかもしれませんが。。。


私が何度でも言いたいのは、これらの理由など色々な事情は
あるでしょうが、借金が増えてきて

「いずれ返せなくなりそう・・・」

と思った時点で、専門家に相談すべきだ、ということです。


まだ自己破産する必要もないのに、「自己破産がオススメですね」とか
言われることが心配なら、数社に相談しても良いかと思います。


ただしその際は、別の専門家に自己破産した方がいいと言われたの
ですが、それ以外の最良の選択肢はないでしょうか? と正直に
他にも相談していることを伝えるべきだと思います。


とりあえずキャッシング系を長く返済し続けてきた人なら
過払い金返還請求だけでも、結構借金を減らせるかもしれませんし。





今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加して自分の体験を誰かに活かしてもらうため
よかったら↓ポチっとクリック応援宜しくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[自己破産申請] ブログ村キーワード

自己破産の申請は裁判所に対して行うものですが、

通常は弁護士さんなどの専門家に依頼して行います。


たぶん頑張れば自分でできない事はないのでしょうが、

多くの時間と労力、そしておそらく精神力(債権者とのやり取りなど)

のことを考えると、専門家にお任せするべきだと思います。



ただし、問題は最低でも40万円前後の費用がかかる点です。

お金が無くて自己破産しようとしているのに40万円もの大金が

用意できるわけがない! と最初は私もそう思いましたが、

多くの業者さん(法律事務所など)では、その点を考慮してくれて

分割での支払いに応じてくれます。



実際に私も分割にしていただきました。


「分割でも払えないよ」と思われる方も多いと思いますが

弁護士さんに依頼した時点で、即座に「受任通知」という書面を

債権者に送ってくれます。



受任通知とは

「XXさん(あなた)は、債務整理を始めたから、手続き完了まで

返済を止めるし、督促(取り立て)もしてはいけません」


ということを受任した弁護士さん、司法書士さんの名義で

送る書面のことです。



これを送られると債権者(貸主)は法律に基づいて

取立ての電話やFAX、もちろん訪問もできなくなります。



なので、弁護士さんに依頼してからは、借金の支払を

する必要がなくなりますので、今まで借金返済に使っていた

一部を弁護士さんに支払えばいいのです。



注意しなければならないのは、弁護士(司法書士)報酬の

分割払いはOKですが、その他の借金は一切返済しては

いけません。


知人から借りていた分は義理があるから・・・

などと、一部の債権者だけを優遇して、申し立て以降に

返済していたことが判明した場合、自己破産できなくなります。




今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加して自分の体験を誰かに活かしてもらうため
よかったら↓ポチっとクリック応援宜しくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自己破産をする中で、一番キツい思いをするのは

「持ち家を失う」

という事だったと思います。



お金が払えないのだから失うのは当然なのですが、

やはり家族で10年間暮らしてきた家なのです。

子供2人はもう小学校の高学年で、

1人は生まれたときからこの家で暮らしてきたので

そこから離れる寂しさもひとしおです。



田舎の家で、交通の便は極端に悪いですが、

そこそこ広く、楽しく遊ぶには良い環境でした。



引越しをしなければならない事を言ったとき

信じられないような顔をしたのを今でも覚えてます。



さすがに自己破産をする、というような話は出来ませんでしたが

仕事がうまくいかず、お家のお金を払うのがキツいので

安いアパートに引っ越す、と説明しました。



私自身はどこに住もうといいのですが、子供たちには

本当に申し訳なかったです。



今日も読んでいただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加して自分の体験を誰かに活かしてもらうため
よかったら↓ポチっとクリック応援宜しくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ