球体君、 

僕はお前に家族を傷つけられた。


エイトマンもだ。
くっだらない噂、ニューヨークで懸命に広めてくれたらしいな?

ニューヨークは噂がよく広まるところだって?

違うよ。
「誰がうわさを広めたのかまで」
すぐに広まるところだよ。覚えとけ。

お前が部下と何をどこでどう広めたか、

ニューヨークの僕の支援者が全部教えてくれてるよ。



例の奥さんとの話も、懸命に、広めまくってくれてたらしいな?

ニューヨーク駐在の人、知ってるんじゃないか?

長谷川が戻ってきて、不倫の恋を楽しむらしいって。

FCIの人間が言い広めてる、
そんなシーンに立ち合った人、必ずいるはず。

残念だったな、裏付けになるはずの記事が出なくて。
って言うか、ニューヨークにもいなくて。

これからはお前たちがいかに嘘つき人間か、
どんな速度で「うわさ」が広まるか、
楽しみだ。

 

僕は昔、あまりに態度がひどかったので
FCIの中で、エイトマンたちを怒鳴りつけたことがある。
人が見てる前で。
それ以来、くだらない陰口をたたきまくってること、
何度も耳に入ってきていた。


僕のことを嫌うのは勝手だ。
でもな、球体君、エイトマン、お前たち二人のしたことは
 
 
 
下品だ。

自分に被害が及ばないように、
名前も顔も出さず、
僕の支援者に対し、くだらない攻撃をするのは

気分が悪い。

 

 
球体君、
お前、まだ分からないだろ?
エイトマンもだ。
自分のことだとも自覚できてないんじゃあないか?
 

確かに、

「27日渡米」
「保育所経営」

これだけだったら特定までは出来なかったよ。
もちろん、数人にまでは絞れたけどね。

でも、お前たちは2つのミスをした。

一つ目は

週刊誌だと思って、記者を馬鹿にしたことだ。

いくらなんでも、
僕が「不倫の恋のためにニューヨークに戻る」
とか、「保育所経営」とか、
普通に考えたらありえないことくらい、分かるだろ?

そもそも、なんで信じたんだ(泣)?
フリーアナとして…とかだったらわかるけど…。

記者たちはお前の言うとおりに書くと思ったのか?
ま、去年、書いてくれたけどな。

「女性社員の評判は最悪でザマアミロと言っている」


いい記事だね。うまい情報操作だと思う。
今でも検索すると出てくるもんな。
あの

名誉棄損記事。

でも、今回はナメすぎた。

週刊誌って言っても、記者の皆さんはちゃんと記者魂を持ってる。
球体君、お前はリークした時に言われたよな?

「さすがに長谷川さんや相手の女性に一言もらわないと、記事にならないですよ」

球体君はエイトマンにその女性の連絡先を聞いた。

週刊誌の記者はその電話にかけて、取材をした。
 

お前の二つ目のミスはここだよ。

意味わからんって?

あー、そうだね。
分かんないだろうね。

お前が週刊誌の記者にリークした、あの携帯な、
あの女性の番号ってな、
 
 
 
 
 
 
あれ、
個人携帯の番号だわ。

僕の支援者が教えてくれて、
ようやく分かったよ。
球体君、お前ひとりじゃなかったこと。

裏にエイトマンがいること。
 

 
「長谷川さん、奥さん、本当に怖がっててね…」

「ええ、怖いですよね、急に電話とかきたら…」

「いや、そうじゃなくて個人携帯にかかってきたらしいんだよ」

「ん?個人携帯?」

「そう。奥さん、絶対に他の人には知らせてない個人携帯を持ってて、

 そっちにかかってきたから何が何だかって怖がってたんだよ」

「あの…その番号って、他に誰か知ってる人、いないんですか?」

「あぁ、ご家族と、ご主人と、あと、
 
 酔った拍子に話した

 FCIのUさんだけらしいんだよ」