少なくとも今日行われた安倍総理の答弁に関しては丁寧で真摯なものだったと思う。
これであれば、いったんは反安倍派のメディアも少々は留飲を下げたのではないかと思うが…

さて…

我々維新は堺市長選が気になってしまうが、恐らく世間のマスメディアの関心は10月あたりだったと思うが、東京の武蔵野市で市長選が行われるはず。そこではないか。
恐らくそこで都民ファーストが攻勢を仕掛けるはずだ。
そこで一気に市長選を制した都民ファーストが国政進出へと勢いをつける予定のはず。

安倍総理はいったん、大人しくなった。
一瞬は撃ち方やめ、となり、その後の武蔵野市長選でまた一気に叩く…といったところか。

どの道、仙台を落とした以上、堺市長選はがむしゃらに取りに来るだろう。
しかも、維新以外の自民・民進・共産党連合(+メディア)。
永藤さんも簡単な戦いではないだろうが、正面から挑むほかない。
日本全国の中阿たちが駆け付けるだろうが、私も出来る協力を少しでもやっていきたい。
落としてはいけない戦いだ。