この時期の解散について。

大義はないだのなんだのと言われているが、そもそもじゃあ、解散の時にそんな大それた大義のあった解散なんて…最近で言えば郵政以外であったのか疑問。
文句を言っている方は教えてほしい。
解散なんてものは、そもそも政権与党が有利な時にやるもの。
文句があれば、選挙で有権者が落とせばいいだけ。

モリ・カケ隠しだ、と言ってる方々もいるが、原点を忘れてないか?

そもそも隠すために選挙になだれ込めるような隙を自民党に作ったのは山尾志桜里だ。
文句ならあの週4回も子供をほったらかして男に会いに行ってるアニーに言えばいい。

アニーがいなければこんなタイミングで解散になんてなってない。

衆議院選挙は与党の都合のいいタイミングでやるもの。
いまさら泣き言言うなという感じ。
我々維新にとっては、まさに最悪のタイミング。

堺市長選の最中だし、
都民ファーストのボロがまだ出てきていないから比例票を全部持ってかれるし

それでも戦うのが衆院選。
文句言ってる暇があれば、駅頭に立てばいい。

大体、民進も共産も「早く解散しろ」と言い続けてきたくせに、いざ解散となると文句。結局、文句しか言ってないことがよく分かる。

自虐的なこと言うが、民進よりも共産よりも、はるかに関東の維新のほうが苦しいわ!
でもせっかくだから、少しでも日本の未来がよくなるように、この機会に叫ぶだけだ。

文句ばっかり言ってる暇があれば、日本の未来のために議論すべき。
それもしないなら、国会議員なんてやめればいい。