2016年04月

先ほどから友人たちより
「未成年者略取はいかんよww」
という連絡がひっきりなしに来て仕事にならないんですけど。

逮捕されてませんのでご安心を。
今晩はいつも通り21時~MXにて「バラいろダンディ」を終えた後
23時~は公式チャンネルです。そうそう!
海外から見ることができるようになりました!
海外在住の方、失礼いたしました!お楽しみに。
jp_videonews_fnn

jp_videonews_fnn

この度の一連の地震報道を受けて、多くの方々から
「現場にはNHKだけが入ればよい!こんなにたくさんのメディアが入る必要はないはず!」
「長谷川さんは今回のメディアの報道をどう考えてらっしゃるのか?」
というご指摘を多数頂戴しました。明確にお答えしたいと思います。

まず、多数のメディアが入ったことは確かです。そして、その多数過ぎるメディアによって、被災地に少なくない混乱が生じ、現場の方々にとって、時と場合によっては迷惑に感じられた方々もいらっしゃることでしょう。
これらを非難されることは当然であり、現場のマスメディアは細心の注意をもって取材しなければいけないのですが、興奮状態にある若手の記者やアナウンサーなどはきっといくつもの失態を重ねていることでしょう。私も経験のある話です。
と、同時に、では「メディアの規制をすればいいのか?」という話にまでなってくると、それはあまりに極論であり、そんな法整備を進めれば、時の政権に悪用されることは目に見えています。
なので、メディアの自重を促すしかないのですが、これはなかなか難しい。と、言うのも私がかねてから訴え続けていることが根本にあるのですが…

逆に聞きたい。皆さんはメディアを何だと考えてらっしゃるのか?

聖人君子しかいない、公平・中立な報道をし続け、国民の皆様方のためにのみの放送をし続け、被災地にために飯も食べずに寝もせずに働き続けるイケメン集団とでも考えてらっしゃるのか?

メディアに対して批判的なコメントが散見されるのですが「勘違いも甚だしい」というのが大変申し訳ないのですが私の意見です。

メディアです。金儲けしてるのです。いったいメディア「ごとき」に何を期待されているのか?

大したことなくても騒ぐに決まってるでしょうが。その方が視聴率が上がるのだから。
大したことなくてもひどい部分だけを切り取って映像にし続けるに決まってるでしょうが。その方が同情が集まるのだから。

メディアを何だと勘違いされているのか分かりませんが「民放テレビ局」とは「情報」という商品を売って金儲けしている集団です。新聞も同じです。みんなが大騒ぎするネタであれば売れるんです。なので売ってるんです。

朝日新聞は慰安婦の「強制連行」なんて物的証拠はないことはとっくにつかんでました。でも訂正なんてしなくていいんです。だって、その方が売れるんだから。「日本軍がひどかったんですぅぅぅぅぅ」って話の方が悲劇でしょ?売れるんです。悲劇の方が。

東日本大震災の時も同じ現象が起きました。
私は当時NYにいましたが、いてもたってもいられずに、日本に戻り東北に向かいました。当時はテレビもまだ震災一色。至る所に悲劇があふれ、
「東北は泣いているのですぅぅぅ!」
「今だに復興は全く進んでおらずぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」
という報道一色だったので、仙台に大慌てで降り立ったのです。

何のことはない。

ほとんど、仙台市内は復旧が進み、とっくの昔に通常通りの生活が戻っていました。もちろん、仙石線を乗り継ぎ、石巻まで進むと、そこには報道されている通りの状況が広がっていましたが、それでも現場の方々は口を揃えて言っていました。
「メディアの人たち、ありがたいんだけれど騒ぎすぎだよね」
と。現場の方々も義援金が集まるので、派手に報道していることを分かった上でそこに乗っかっていたのでした。

今回の熊本の地震も同じです。

地震って視聴率、取れるんですよね。なので、大騒ぎしていますが、今回の地震から5日後だったかな?
「熊本県内のコンビニ、97%が通常通り復興」
っていうニュース、流れてたの、見ました?97%って、要はほぼ復旧ってことですからね?弁当がどうのとか騒いでた人たちいましたけれど、熊本って行ったことあります?私は10回くらいしか行ったことないですが、基本的に2時間も走らせれば、ほとんどのコンビニはいつも通りだったはずですよ?3・4日すれば。

いいですか?

メディアはそもそも「金儲け」してるんです。儲かってるの知ってるでしょ?私も入社10年くらいした段階で年収1500万あったんだから。騒げば騒ぐだけ、数字が取れるんです。騒ぐか、ゲスな不倫を扱ってりゃ見てくれるんですから。数字が上がらないと、スポンサー様から怒られるので。

「今回のメディア報道」についてどう思うか?

いえいえ。もう何十回も言ったことをもう一度同じこと言いますが、「メディアは通常運航だったと思う」以外の答えはありません。逆に私に質問してきたすべての人に聞きたい。

あなた方、メディアにどんな期待をしてらっしゃるのか?
エライふりをしているメディア様を一体何だと思ってらっしゃるのか?

ひどいことを言ってるんじゃありません。「株式会社」ってそういう存在なんです。テレビも新聞も株式会社でしょ?どうか、ネットで変に騒いでいる人たちはそろそろ理解してください。
「メディアは金もうけをする機関です」
これを理解することこそ、メディアリテラシーの第一歩です。

世界の中で、ダントツ、最低レベルのメディアリテラシーしかない日本人たち。私はその日本人全体に、最低でも世界平均レベルの「メディアリテラシー」の力を身に着けてほしいと切に願っている人間です。

今回はあえてとてもきつい書き方をさせていただきました。
気分を害された方も多くいらっしゃると思います。しかし、それでも私はこの意識は本当に訴えていきたいと願っているんです。なので、どうかご理解してほしい。

メディアは今回は…いつも通り「お金儲けしていた」と思っています。これがご質問に対する本音の回答です。

色々な側面で注目を集めていた京都と北海道の補選が終わった。まずは当選した側も落選した側も、関係者の頑張りと訴えに全面的に敬意を表したい。何度も書いてきていることだが「選挙に出て訴える」ということは本当に簡単に出来ることじゃあない。落選した人を蔑んではいけない。世間の皆さんが思っているよりも選挙を戦うことは本当に大変な作業だ。まずは日本のために…と出馬した全ての皆さんにお疲れさまでした、と伝えたい。

さて、改めてコメントしたいのだが、京都3区に関しては…まぁ…そうですよね…という感じなので、皆さんも想像通りの結果だったろうし、これと言ってコメントすることもない気がするが…まぁ泉健太さんだし…。もともと強い上に、自民党があの男を候補に立てた地域。
「自民党のお蔭で京都3区の有権者が傷つけられた!」
と訴えてらっしゃったが、まさにその通り。ハッキリ言って、伏見や長岡京の有権者の皆さんがバカにされまくった以上、自民党や自民に近いと考えられるおおさか維新などが戦えるわけもなし。当然の結果。
しかも、おおさか維新が立てた候補は落下傘で京都と何の関係もない候補。私自身、中学時代や大学(立命館)を京都で過ごしているのでよく分かるのだが、京都の人間は、そもそも、日本の中心は本気で京都と思っている。と、言うかなんで天皇陛下はいまだに帰ってこないんだ?と真剣に考えている。
だって「遷都」してないじゃん。
と、いうのがその根拠。しかも、それはそれで正しかったりする。
そう。天皇陛下は京都に住んでいないが、未だに日本の中心は京都という説には一定の説得力があったりする。京都の文化は特殊だ。つい先日も祇園に取材に行ったばかりだが、そこでも
「神戸はね、3日住めば打ち解けられますねん。でも京都は違う。京都は3世代住んで、やっと認められる場所ですわ」
とおっしゃる。しかも、けっこうそれが当たってる地域(苦笑)。ま、こんなこと言いながら、私もそんな京都大好きなのだが…そんな場所で「おおさか」維新の「落下傘候補」が来ても相手にされないのは当然。むしろ、よく頑張りました。2万票取ったんだから大健闘。個人的にはもっと負けると思っていた。

さて、そしてトピックと言えば、実は北海道5区。
勝ったのが自民・公明推薦の和田氏。
あの町村さんの義理の息子さん。町村さんがああなったので行われた補欠選挙である以上、普通に考えれば楽勝だったはず。しかし結果は接戦までもつれ込んだ。と、言うのも…あの池田真紀さんという対抗馬、なかなかの候補者だった。

選挙が終わったので正直に言うが、私は和田氏が負けると思っていた。ハッキリ言って悪いが、正直に言うとそう予想していた。和田氏が悪いんじゃない。対抗馬であったこの池田さんというシングルマザー、かなりのタマなのだ。皆さんはユーチューブなどに流れている彼女の演説を見ただろうか?

これが、本当に素晴らしい。もうね、驚くレベル。

選挙に出る「新人候補者」として、必要な要素はほとんどすべて持っていると言っていい。私も山ほど選挙演説を取材して生きているが、声・間合い・内容など、彼女の演説は理想的な要素を詰め込んだ形と言える。これから選挙に出たい、と思ってる人、一度見てみてほしい。私が何を言ってるかよく分かるから。

逆にそれで負けるんだから、民進党はかなり反省した方がいいと思う。

細かく分析すると、産経新聞に出ていた調査から世論の流れが分かるだろう。こちらだ。
内閣支持率49・4%↑ 民進党支持率は急落7・3%↓ 「現行憲法で平和と安全守れない」52・1%
こちらを見ると非常に特徴的なことが分かるのだが、民進党の支持率がこの短い期間に急落していることが分かるだろう。以下、記事の引用。

「民進党の支持率は、結党直前の前回調査(3月19、20両日実施)を5・5ポイント下回る7・3%となり、「ご祝儀相場」すらない窮状を印象づけた。
民進党の母体となった民主党、維新の党について個別に聞いた前々回調査(2月20、21両日実施)では民主党が9・7%、維新の党は1・4%となっており、合流によって党勢が拡大するどころか、かえって支持離れを招いている傾向が浮き彫りとなった。
夏の参院選の比例代表で投票する政党でも、民進党は14・1%(前回21・1%)に落ち込んだ。』
【引用終わり】

簡単だ。シンプルな話だ。この中間に何があった?この短い期間に、ここまでの変化って普通はしない。何があった?要は…

山尾志桜里氏で下げたのだ。簡単な話だ。

ハッキリ言おう。山尾志桜里氏の問題があったとき、即時、政調会長から降ろしていれば、池田真紀氏は勝っていた可能性も十分にあるのではないか。
和田氏は135,842票(52.38%)。
池田氏は123,517票(47.62%)。
その差はわずか4.76%だった。
しかし、次から次へと浮かび上がるだらしない醜聞。選挙の直前に発売となった21日号にもこのような記事が出ている。

山尾志桜里代議士 噂の秘書の錬金術 一枚2万のプリカを1万5千円で売っていた?!(週刊新潮)

「しっかり調べてきた」
と言って、どう見ても新潮さんの後追い記事を待ったと思われる2週間近くたってから行った会見では、
「当時の秘書が全部悪いことをやりました」
「でも、その秘書とは連絡が取れていません」
「ちなみに証拠はありません」
という、元検察官という肩書が壮大なボケにしか思えない会見を強行し、大ヒンシュクを買った。で、ガソリンスタンドでレシートを盗んでいたんだろう(証拠なし)という話を新潮さんの記者が現場で取材。以下、記事引用。

「“現場”となったスタンドの関係者によると
『捨てられた領収書を持ち帰る人が多いので、ちょくちょく回収しています。1枚2万円のレシートが溜まったままということがあるか? いや、ないですよ』
当時を知る事務所関係者が後を受けて、
『私の知り合いはその男性秘書から、1枚2万円を1万5000円に割引いたプリカを購入していました。“これ、重宝するんだよね”とも話していたんで、何度も手に入れていた様子。あるとき私自身が山尾との面談を希望したら、秘書が“パー券をぜひ”って言うんで買うと、そのカネを懐に入れていました。会場に入る前、彼に電話して出迎えてもらえば誰何(すいか)されずに入場できるんです』
と、秘書の“錬金術”を披露する」
【引用終わり】

そもそも、収支報告書の現物を見れば一目瞭然。ちょっとだけお見せするが
Ce35zfuUIAEj-Vw[1]

Ce351ykVIAAtsSz[1]

こんな収支報告書、本人が気づいてないわけないだろ。気づいてなければ逆に恐ろしいわ。どれだけ「ガソリン」に使ってんだって話。

結局、こんな報道がされて、毅然とした態度が取れない「野党第1党」など、必要ないのだ。野党第1党とは、ある意味、政権政党よりも厳しい規範が求められるのは当然のこと。昔の民主党は、その気概もあったし緊張感も張り詰めるようにあった。
え?そんなことで辞めちゃうの?
という理由で、前原さんや小沢さんは「政権交代のために」という大目標のために、自らを律し続けた。あの頃の緊張感など、今は皆無に等しい。

今回の補選の結果は、実はとても分かりやすく分析できる。
そう。京都は泉健太さんが勝っただけ。彼はもともと相当に強いので政党は関係なしに勝った。
しかし「新人対新人」で戦った北海道5区で民進党が負けた。名前を変えただけの政党に国民が期待していない証拠が示されたのだろう。

産経の調査では、自民党の支持率がまたかなり上がったらしい。当然か。夏の参院選まであと3か月ほどだろう。果たしてどうなるか。

「ノイジーマイノリティ(声が大きいだけの少数派)」について、よく分かってらっしゃらない方が多いようです。
なので、先日の公式チャンネルでも少しお話ししましたが「ノイジーマイノリティ」ってなんだ?というお話をします。

まず、百聞は一見に如かずと言いますから、私は前々回のコラムで、あえて下記のように記し、私のコラムのコメント欄にも、いわゆる「ノイジーマイノリティ」が来るように刺激させていただきました。



「本州の遠くから、テレビを見ながらマスコミ批判をしていれば満足する下品なノイジーマイノリティに言いたい」(「本気論・本音論」~MBS山中アナはそこまで非難されるほどなのだろうかより~)



彼ら(ノイジーマイノリティ)はバカにされることがとても嫌いです。なのであえて「下品な」という言葉を付け加えて挑発しておきました。

普段は、私のコラムを読みに来る方々はすでに「かなりのリテラシー」を持ってくる方がほとんどになっています。好意的な意見もありますが、少なくとも批判であっても私のコラム読者は『論理的に』反論・批判される方が大半です。
しかし、そのままだと実際に見ていただけないので少し挑発したわけですね。結果はご覧いただければわかる通りで…
jp_hasegawa_y
jp_hasegawa_y
jp_hasegawa_y

jp_hasegawa_y

あっという間に、こんな程度の低いコメント欄に早変わりです。これらの声の多数は「単に騒げればいいだけ」の連中です。なので前回のコラムで記した通りで私はこのバカたちを「キライ」です。

さて、では「ノイジーマイノリティ」ってなんだって話を書きますね。

■■■■■■■■■

矢口さんを起用したCMで私は下記コラムを書きました。

日清はノイジーマイノリティの声を真に受けるバカ会社だということが証明された件

このコラムに対して
「長谷川は、「マイノリティ(少数派)」と言うが、オマエは何の調査を行ったんだ?何をもって「少数派」と決めつけるのだ?矢口に対してはみんな怒ってるんだ!」
というコメントを頂戴したのです。

おおぉ・・これはなかなか…と、結構勉強になりました。なるほど、そんな意見もあるのかって。何にも知らないと、こういう発想になるんだな~って。

解説します。

「ノイジーマイノリティ」って言葉は、そもそもアメリカで生まれました。
日本人には理解できないかも知れないけれど、アメリカや世界中では、ほんの100年前まで、本当に「白人は誰よりも美しく、優秀で、白人以外は人間じゃあない、ただのサルと奴隷だ」という価値観が『普通』でした。
いや、現代の日本人が知らないのは分かります。全くふざけた価値観ですよね。でも、本当にそうだったんです。アメリカの農場では、アフリカから引きずってこられた黒人の奴隷たちが懸命に働かされて、アジアのイエローモンキーなんて、電車でも同じ車両になんて乗ることは許されなかった。

本当にそうだったんです。

現地民だったインディアンを駆逐した白人たちは、世界中でイエローモンキーやブラックたちを奴隷にして、女はレイプして性のはけ口にし、男は首と足に重りをつけ、本国に「輸送」して奴隷として「売って」いました。それがこの世界の、本当にあった「歪んだ歴史」なのです。

結果…アメリカでは「白人社会」が形成されていました。
白人以外の…ブラックやイエローモンキーなどは「少数派=マイノリティ」でした。

しかし、かの有名なキング牧師をはじめとした「差別をなくそう!」という運動が起き始めました。どれだけ迫害されても、どれだけの人間が殺されても、負けずに「マイノリティ(少数民族)」は戦いました。

しかし、多くの人々の理解を得始め、差別はやはりよくないのではないか?という意見がアメリカ国内に認められ始めると、今度は…その
「正論=差別をなくそう」
を「利用する輩(やから)」が生まれ始めたのです。

キング牧師をはじめとした「差別をなくそう」という運動の基盤は「ちゃんと正しいことを言おう」「くじけずに差別的な表現をなくすように提言していこう」というものだったのですが(こういう運動と動きを「ポリティカルコレクトネス」と言います)、それらの運動を「利用」して、自分たちの思い通りにならないことを「口うるさく」批判する人間たちが出始めたのです。

自分が黒人だ、でも、単純に「能力が低いから」会社の面接に落ちちゃった。

この黒人が「黒人の差別反対主義者」たちとつるんで、会社に押し寄せたのです。
「差別だ!」
「差別に決まってる!!」
現在、アメリカ社会では、こうした行き過ぎた「平等主義」のために、会社では「黒人枠」「アジア人枠」「ゲイ枠」などをはじめとした
「マイノリティ枠」
という「枠」が存在し、アメリカ映画でも白人ばかりが出てたりすると、散々な文句を言われたりするので、かなりバランスを取ったキャスティングをしなければいけなくなってきていたりします。

こうした連中のことを「ノイジーマイノリティ(ただうるさいだけの少数派)」と言います。

キング牧師をはじめとした差別反対主義者たちは、心から差別をなくしたかっただけでした。しかし、「正論」を唱える人間には「それにまとわりついて、正論を利用するだけのバカ」が必ず湧き出てくるのです。

彼らは暴れたいだけだし、自分のイライラをぶつけたいだけだったりします。その根拠として「全く自分は被害者じゃない」点などが挙げられますが「イライラをぶつけたいだけ」なので「とにかく強引で言葉が乱暴」「全く論理的ではない」ことが特徴です。

私が取り上げたMBSテレビの山中アナなどは、ツイートが適切であったかどうかで言えば、まぁ…あのツイート自体は全然必要なかったりします。なので、冷静に
「この写真は被災者の方が残念な思いをされるかもしれないですね。こっそり削除しておかれたらいかがでしょう?老婆心ながらご進言です」
など「あくまで冷静に」コメントするなら全く問題ないわけです。しかし、彼に対してネット上で沸き上がったコメントって、こんな感じな訳です。
jp_odai_2146096991490992701

すごいでしょ?
「死ね」
「アホ」
「クズ!」
彼らは非常に声が大きい。だって、自分のイライラをぶつけているだけなので、声のデカさだけはヤクザ並みです。しかし、もはや『論理』が破たんしているわけです。だって、もともと高尚な理念などない人間たちなので。

『論理の破たん』の観点から言うと、多く寄せられたコメントの中でも
「マスメディアが多すぎなんだよ!」
「災害の時くらい、報道規制して迷惑にならないようにNHKだけにしろよ!」
という、読んでいるだけで頭の痛くなるバカコメントも多数ありますよね。これも同じです。結局、批判を言いたいから「被災地は困ってるんだぁぁぁぁ!」という「弱者の味方的立ち位置」を「利用」して
程度の低い「文句」を言っているにすぎません。

こんなコメントも「じゃあどうするの?」という当たり前のことを少し考えれば無理やりなことくらい、分かるものです。
憲法21条、どうすんのって。
「報道の自由」はどうするのって。
もし、「災害の時は『報道を規制できる』っていう法律が通ったことを考えてください。批判するのであれば、その批判対象が「本当に通った時」のことをちゃんと考るべきなのです。

そんな規制は「法規制」をしなければ無理な訳ですけれど「災害時、非常時に報道を自由に規制できるように」なったら、時の政権に思い切り利用されまくって終わりです。そんな法律、通るわけないでしょうが。論じるにも値しません。

■■■■■■■■■

「ノイジーマイノリティ」かどうかを正確に見極めるコツがあります。簡単です。次の2点だけを抑えればいいんです。

・「怒り」をもって発言するのは、正常な人間性を持つ場合…よほどの「被害当事者」のみです。
・そうでない人は「冷静に指摘」すれば済む話です。

なんで、関係ないくせにガーガー言ってんだって話。要は…「当事者でもないのにやたら強い口調でガーガー言ってる人たち」はみんな「ノイジーマイノリティ」だと判断してください。ネット上には多いの、なんのって。

話を最初の質問に戻しますが、
「長谷川はどんなエビデンスを取ったんだ?」とか
「どんなデータをもとに言ってんだ!」
とか言ってる人たち、「ノイジーマイノリティ」ってのは、かいつまんで言うと『クレーマー』のことを言うんです。「論理的じゃないですよ」って言ってるだけです。

ちょっときついことを言わせていただきますが、どう見ても冷静じゃない、必死に苦情を入れまくってる人たちって…「そもそも正常じゃない」んです。
そんな人たち、面と向かって相対したら、皆さんは相手にしますか?しないでしょ?
ネットで顔が見えないからって、そんな人たちを「正常な人間」だと判断する必要はないんです。相手にしなきゃいいだけ。

ネットがずいぶん普及しています。私は今こそ、日本人はこれらをちゃんと理解しておくべきだと思っています。



昨日の「バラいろダンディ」でも取り上げたのですが…熊本の地震を「利用」して、憂さ晴らししているバカが大量増殖し始めています。これは雰囲気を悪くするだけではなく、被災されている方々にも多くの傷を与える結果となります。個人的には、もはや何らかの罰を与えるべきところまで来ている気さえするのです。

【熊本地震】紗栄子「500万円寄付」に批判の声…歪んだ不謹慎狩り(東スポWEB)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000001-tospoweb-ent

もう無茶苦茶です。以下、記事より。



熊本の自宅が全壊する被害に遭った井上晴美は地震直後から現場リポートを続けてきたが、心ないネット民から「愚痴りたいのはお前だけではない」と中傷され、意気消沈。「これで発信やめます これ以上の辛さは今はごめんなさい 必死です」と更新をストップした。(東スポWEBより)



自宅が全壊した井上晴美さんが、どれだけ苦しんでいるのか分からないのでしょうか。誹謗中傷が相次ぎ、かなり心を痛められたそうです。井上さんに、多くの励ましが届くことを祈らざるを得ません。さらに…

藤原紀香さん⇒応援のコメントを書き込んだところ「自分に酔ってる」「地震は天罰と言いたいのか」と反発を招き、問題箇所を削除

長澤まさみさん⇒笑顔の写真をインスタグラムにアップしただけで「不謹慎だ」の大合唱

矢口真里さん⇒募金活動についてつづっただけで「出しゃばるな」

西内まりやさん⇒軽いノリのツイートが炎上。「不快な気持ちにさせてしまっている方々ごめんなさい」と謝罪

そして、今回の記事になっているタレントの紗栄子さん
今回の地震の被災者のために500万円を寄付。その報告をしたところ「いちいち見せなくていい」「好感度を上げるために利用している」と異論が噴出。なかには「(前夫の)ダルビッシュ有からむしり取った月500万の養育費の一部だろ」との罵詈雑言が浴びせられているそうです。

もう、無茶苦茶です。
記事ではITジャーナリストの井上トシユキさんが下記コメントをされていました。

「“不謹慎狩り”ですね。東日本大震災の時にもありましたが、有名人の不謹慎発言を狙って攻撃する人がいるんです。だから反応が早い。書き込んでいる人は意外と普通で、出勤途中や休憩中にネットをチェックしては『いい格好しやがって!』と、ウサ晴らしに書き込んでいることが多いんです」

「不謹慎狩りはヘイトスピーチと同じで、放置すればつけ上がる。ひどい書き込みには運営側に情報開示請求を行い、書き込んだ人物を特定し、法的措置を講じるなど何らかのアクションを起こすことが有効かもしれません」



『不謹慎狩り』。
まさに、私の今晩の公式チャンネルで話をするために準備を進めていた「ノイジーマイノリティ」にも通じる話です。もうね、本当に逮捕してやりたいレベル。
井上さんのおっしゃる通りで、要はただの「憂さ晴らし」なのです。昔は汚い公衆便所にしか落書きできないレベルの、普段は誰からも相手にされていなかっただけの連中が、ネットを使って、まるで「正常な人間の意見」かのように装うので質が悪い。

この連中は自分たちを懸命に多く見せようとするので、ますます面倒くさいのです。例えばの話ですが、47都道府県に、10人ずつしかいなかったとしても、500人くらいの規模になっちゃいます。
日本人全体からするとあまりにも少数な人間なのですが、リアルの世界ではだれからも相手にされていないくせに、ネット上でアピールしまくるので、雰囲気が悪くなるんですよね。

こういう連中って、普段はまだ我慢できるんですが、こういう非常時と言うか、震災が起きて、みんなで協力して声援を送ろうって時くらい、全員のIPアドレス晒して、叩きのめしてやった方がいいんじゃなかろうか。

「あれは不謹慎だ」
「あいつは不謹慎だろう」
「こんなこと言うなんて不謹慎だ!」
「だって地震で熊本の人たちは苦しんでいるのにぃぃぃぃぃぃぃ」

こんな連中の、いったい誰が紗栄子さんと同じ額の寄付を行えるのか?
現在、被災地を救うのは大量に届けられた物資ではなく、キレイごとではなく「お金」であることは常識中の常識。叩く暇があったら10円でいいから寄付しろと言いたい。

井上さんの言葉を借りれば、東日本大震災でも湧いて出てきたようですね。このバカたちは。
私、こういう連中、キライです。

さて、今晩はいつも通り、木曜日なので23時~は公式チャンネル「本気論・本音論TV」です。お時間のある方はぜひ!

同業者だからかばっているんだろう、と責められてしまいそうですが、それでも言いたいと思います。
関西のテレビ局が行った被災地での取材における二つのニュース。

カンテレ謝罪、地震取材車ガソリンスタンド割り込み(日刊スポーツ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000015-nksports-ent

MBS山中アナ、取材用弁当写真をツイッターに上げ批判続出 「配慮欠けた」と謝罪(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000545-san-soci

カンテレの列の割り込みは確かに褒められたことではありませんし、謝罪を行っていることから事実であったと想定されます。考えられるのは後ろが並んでいることが分からなかったのか、もしくはあまりにも急いでテンションが上がってしまっていたことから勢い余って割り込んでしまったのかも知れません。ひょっとしたら中継時間が迫ってしまっていたのかも知れませんね。これは確かに良くないと思います。

しかし、MBSの山中アナの件に関しては、ニュースを読んだ限りでは…ちょっと可哀想な気がします。私はこの男性アナとは面識はありませんが、現場取材をとても頑張っていたのだと思います。丸1日頑張って、夜中になってやっとお弁当にありつけた。そんな過酷な取材現場の状況を伝えようとしたのでしょう。

そんな山中アナのツイッターがなぜ批判の的になるのかがちょっと…分からないというか、どうかこの程度は責めないで上げてほしいと思うのです。
写真を見る限り、豪勢なお弁当を食べているわけではありませんし、取材陣の一員として、熊本の悲惨な状況を必死になって伝えていたのでしょう。事実、こうやって取材をする人間がいなければ、遠い、熊本や大分の悲劇を分からない人たちも少なくありません。最低限の、1日で1食目の質素なお弁当を食べたい、と。それをツイッターで上げて、なぜそんなに非難されなければいけないのかが分かりません。

ツイッター上には
〈食料飲料が最低限なのに〉
〈あなた以上に現地の方は食料を求めているでしょうに〉
〈食糧持参しろよ〉
などと、多くの非難が相次ぎ、当該ツイートを削除して山中アナは謝罪をしたそうですが、いくらなんでも暴論が過ぎます。食料は持参していっています。それでも2日3日たてば、どう頑張っても食料はなくなります。現地で最低限の補給をしなければいけないことは当然のことです。現地の方々が苦しみ、食料を求めていることは当然のことです。現場で目で見ている山中アナはネットで口汚い罵詈雑言を書き込んでいるだけの人間たちよりもよっぽど苦しんでいる方々をそばで見ていることでしょう。

でも、人間が生物である以上、最低限の食事は必要です。なので、夜になって初めての食事をすることになった、と。

それのどこが非難の対象になるのでしょう。
ツイッターに口汚く非難の言葉を書き込んでいった方々、もう一度よく自身のツイートを見直してみてください。
我々取材陣も、一人の人間です。もちろん、極限状態の中で、私も2日・3日、ご飯を食べられなかったことくらいは経験しています。現場はとても壮絶なものです。でも、伝えなければいけない。取材陣もとても頑張っています。

本州の遠くから、テレビを見ながらマスコミ批判をしていれば満足する下品なノイジーマイノリティに言いたい。

山中アナだけではなく、多くの取材陣が今まさに悲惨な状況を伝えんと頑張っています。もちろん、下品な視聴率稼ぎのテレビは非難されることでしょうが、1日1食の質素な弁当くらいはどうか認めてあげてほしい。揚げ足取りのような文句ばかり言ってても変な空気になるだけです。誠実に頑張っている人間は、どうか認めて応援してあげてほしいと思います。




堀江貴文氏や本田圭佑氏が「過剰な自主規制」に対して苦言を呈していました。

堀江氏の件に関していえば、堀江氏が出演予定だった「ネットTV」のマージャン番組が取りやめになってしまったそうです。
これはさすがに堀江氏の意見が正しく、地上波テレビでもなんでもない「ネットテレビ局」が、今回の地震発生に際して放送をやめることはさすがに適切とは言いにくい部分があります。堀江氏のようにスケジュールを押さえられていた人間もいたでしょうし、その当人が苦言を呈したくなるのは当然のことだと思います。

逆に、地上波のテレビ局はその多大な影響力を行使できる観点からいくつもの制約があり、それらは「放送法」にまとめられています。
「放送を公共の福祉に適合するように規律すること」
「放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること」
などはその「放送法」の大前提の部分に記されていて…難しく書いてありますが、要は「日本の、国民のために役立ちなさい」ってことだと思っておいてください。当たり前ですね。

なので、地上波放送が今回のような大災害が発生したときに、かなりの放送時間を割いて災害報道一色になることは当然の責務です。「九州の話ばっかりやってないで、他の放送もしてくれよ~」って意見もとてもよく分かりますが、そこは一応、地上波放送の役目だったりするんです。
さて、では問題となっているのが「過剰な自主規制」に対して、です。

私は、これは2種類に分かれると思います。

一点目に「適切な自主規制」。
もう一点は「ノイジーマイノリティがうるさそうだし面倒だから、いったん全部辞めちゃえ」的自主規制。

堀江氏や本田氏が指摘しているのは後者の方ですね。実を言うと、今現在行われているほとんどのCMや番組の自主規制は後者となります。なので、批判されることは当然な気もします。

「適切な自主規制」に関していうと、東日本大震災が起きた直後に、あるテレビ局が大きな津波が襲い掛かってくるシーンが含まれるアメリカ映画を流す予定となっていたのですが、これを取りやめたことがありました。

東日本大震災では、多くの方々が被災し、また津波によって多数の尊い命が失われました。ご遺族の心情、察するに余りあります。その傷も全く癒えていないタイミングで、ふとした瞬間にテレビをつけて、津波が襲い掛かってくるシーンが流れたら、ご遺族はどんな気持ちになるでしょうか?

今回の地震では、まだ余震が続いています。この状況の中で、一番守られるべきなのは被災者の方々であり、失われた命の周囲にいたご遺族の方々のお気持ちです。彼らを傷つけるような放送…または傷つけてしまう可能性のわずかでもある放送は、私は地上波では取りやめて、いったん先に送るべきだろうと考えます。テレビ局はあまりに強い力と影響力がありますから、出来る限り「優しく」「思いやりを持って」放送にあたるべきでしょう。
なので、単にゲラゲラ笑いながら、人を馬鹿にして笑いものにしたり、おフザケをするだけの放送も果たして…どうなのかなぁ…と考えてしまいます。
しかし、同時にテレビには、二つの大きな力があることを忘れてはいけません。

一つは「情報を多くの方々に届ける力」。
もう一つは「バラエティー番組などで多くの方々を笑顔にする力」。

ニュース番組や情報番組の多くのスタッフは、現在現地に飛んで必死に情報収集に当たっていることでしょう。どうか、日本全国に多くの情報が届けられるように、今まで通り頑張ってほしいと思います。

と、同時に、バラエティー番組やドラマなど、「娯楽的要素」の強いテレビ番組も、今こそ必要とされるべき時です。

今は多くの方々が癒しや笑顔を求めています。24時間、報道番組に付き合う必要もありません。人間である以上、気分転換はとても必要な行為です。

私のレギュラー出演している上沼恵美子さんと高田純次さんが司会を務める「クギズケ!」という番組も、今日のお昼に「通常放送」をいたしました。
司会の上沼恵美子さんが、
「とっても本当はやりにくいんですよ?でも、笑顔も必要でしょうから、私たちはいつも通りにやろうと思っています」
と番組冒頭で宣言。私たち、専門家チームも遠慮せずに、いつも通りの放送を心掛けました。
毎週、13%~16%という大変な視聴率を誇る同番組ですが、今週も多くの笑いと笑顔を届けることができたことでしょう。私もその一員に加わっていられることに誇りを感じます。もちろん、同放送に対して何らかのクレームが来た、苦情が来た、などという情報は今のところ、全くありません。これからも来ないでしょう。

地震報道が一段落したら「ノイジーマイノリティ」について、当コラムでも少し記そうと考えていますが「苦情」や「クレーム」は時としてとても役に立ち、自分を裸の王様にせずにすむ素晴らしい助言者となりえます。
しかし「ノイジーマイノリティ」の声は「ただのイチャモン」であるために「無視しなければ逆にダメージとなってしまう」可能性が生じます。

え?あんな連中の言ってること、真に受けるくらいバカなんだ?

と受け止められてしまうんですね。昔、ウーマンリブ活動が盛んだったときに「過剰な男女平等」が謳われ、海外のある国では「女性用の立ちション便器」が登場して世界の失笑を買ったことがあったそうですが、聞くべき苦情と「ただのイチャモン」は別です。
今回のように大災害が起きたときも同じように、冷静に「正確な判断」が求められます。

本当に災害現場を慮って、入れてきているクレームなのか?
それとも「災害現場を心配している自分が大好きで酔っているだけのノイジーマイノリティ」なのか?

CMの自主規制も同じです。
私は、現在行われている過剰なCMの自主規制の大半がカッコ悪くてしょうがないと感じています。その大半は「別にそのCMによって被災者の方々が傷つくとは思えないCM」のはずだからです。そうやって「考えなしに」自主規制しているポーズだけを取っていると、

あぁ、あの企業ってこういう時にカッコだけつけて「乗っかる」バカな企業なんだな~

とバレてしまいます。「同情をしているフリ」をしているだけってのがネット社会ではバレてしまうんですね。
もともと、自社の製品が多くの方々のために役に立ち、多くの方々を幸せにしているんだ、と自信を持っていれば、現在の状況でCMの自主規制が行われることは「不自然」な状況でしかありません。企業の皆さんも、あまり表面上だけの「ポーズ」は控えられた方がいいような気がします。

現在の状況では、多く言われている通りで、素人が勝手に物資を届けても、ボランティアと称して押し寄せても邪魔なだけでしょう。私はふるさと納税を含む3か所ほどの機関に心ばかりの寄付をさせていただきました。結局、お金が一番、汎用性が効くだろうと判断したためです。

心配し、何かできることを考えることは大切ですが、出来ないことを見極めることも大切です。
被災された多くの方に、一刻も早い安心が戻ることを願います。


余りにも全面同意過ぎる。
今やるべきことは「祈ること」でも「鶴を送り付けること」でもなく、「ふるさと納税だ」と主張する永江一石氏。さすがの一言。

一言の付け加えも必要ないので、そのままシェア。どうかみんなで絶対読んでほしい。

年収500万円で妻と子供2人の場合で40000円!! そうだ。熊本の自治体にふるさと納税しよう

寄付と違って、どの道、徴収される税金。
東京にお住いの方々、全力でツイッター・Facebookでシェアしましょう。
知事のファーストクラスとスイートルームに使われるなど、愚の骨頂もいいところ。

応援する気があるなら、鶴を祈ったり不必要な物資を送るんじゃなくて、どうせ徴収される税金を九州に届けましょう。この行動は正しい上に無理がない。私も微力ですが、南阿蘇村に寄付をさせていただきました。

私のブログ読者の皆さん、永江氏のブログの拡散に協力を。
特に東京都民!そろそろ目ぇ覚ませ!

小泉進次郎氏。
多くの方々が、日本史上最年少総理に!と考えていることだろう。私も同じ思いだ。
当選前後から彼を取材してきた人間として、進次郎氏の政治家としての資質は本当に「とんでもないもの」があると断言できる。

その進次郎氏がついに、政治家としては誰も言わなかった【正論】をぶち上げ、ニュースになっている。

小泉進次郎氏、既存の社会モデル「ぶっ壊す」 (読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00050041-yom-pol

自民党若手中心で集まったメンバー(「2020年以降の経済財政構想小委員会」)による中間報告だ。簡単に言うと、今ある社会保障制度を一度ぶち壊そう!と言うものだ。

そう。これは正しい。偶然にも本日の夜に生放送する AbemaTVfresh!内の私の公式チャンネルでもまさに触れる話なのだが、私は政治家でもなんでもないので『正しい』『事実』だけをはっきりと言っておきたい。
私は現在40歳。昭和50年の生まれだ。同世代のみんなはもう分かってる通りだ。
私たちは「年金」などと言うものはもらえない。
仮にもらってもいいが、子供たち世代に無茶な負担を押し付けるだけだ。バブルの時代の思い出話しかできない、我らの上のバカ老害世代と同じことしてもしょうがない。これはもうあきらめなけれないけない話なのだ。

メディアのせい?
政治のせい?

色々言ってりゃいいが、結論から言うと、そのバカ政治家を選び、テレビを見てそのまま信じてた「日本人全体の責任」だ。

今の社会保障費を見てみよう。
09_03d

よく見てほしい。これが現実だ。こんなアホみたいな勢いで増え続けているのが「日本の社会保障費」だ。

2000年には78兆円だった「社会保障費」が、直近の2015年には117兆円に増加している。わずか15年で39兆円の増加だ。言うまでもなく、これはこのまま増え続ける。2025年には150兆円を超える試算が出ている。計算するまでもない。間違いなく超える。わずか10年でそこまでいく。これは100%来る現実の未来の話だ。

もうもたない。まずは日本人全員で、これをちゃんと受け入れるべきだ。日本は「政治を間違えた」のだ。そこを受け入れてからでなければ前に進めない、と言うのが私の持論だ。

特別会計と言って政府にはブラックボックスのような…利権の塊のような予算がある。それらも全部含めたところで、日本って国はおよそ200兆円ほどの収入しかない国だ。

そのうちの150兆円が社会保障費?

そんな国、もつわけないだろ。

今現在、年金の積立金は135兆円ある(2015年段階)。だが、GPIFといって、この年金積立金をバカみたいに株式投資の金にじゃぶじゃぶ投入している。そこに来てこの世界の原油価格の下落と中国経済の失速ときたもんだ。

選挙対策でなんと年金の運用額の損失は「7月の末」に発表されることになった。要は
「アホみたいに損失しているから選挙前には発表しないようにしました」
ってことだと想定した方がいい。この年金の積み立ても5~6兆円の切り崩しが続いている。あと20年、もつかどうか…いや、そんなに持たないかも知れない。

小泉進次郎氏の提言は確実に「正しい」。
が、
それを実現していけるかどうかはかなり不透明と言わざるを得ない。

特にこの1年、大阪でニュースキャスターとして取材をしてきた私にとっては『今あるシステムを壊す』ことが、日本においてどれだけの抵抗があるかを肌で感じているからだ。進次郎氏も父親の政治を見てきたはずだ。郵政を民営化するだけでどれだけのカロリーが使われるか分かっているはずだ。

日本の社会保障システムは…絶対に根っこから作り変えざるを得ない。
将来的には年金は全部、民間に任せるしかないはずだ。20年以内にそうなるはずだ。少なくとも私はそう見ている。
医療システムも恐ろしいほどの変革が必要だろう。今晩、まさにその話を公式チャンネルでするが、果たして医師会や薬剤関係の会社からあれほどの献金と支援を受け続けてきた自民党にそれが可能かどうか…。

が、時間もそれほどない。
医療費などは毎年、1年で1兆円ずつ増加していっている。はたして間に合うかどうか。

告知となります。

私の「公式チャンネル」が出来ました!
AbemaTVfresh!内での毎週木曜日23時~の1時間の生放送となります!
番組では皆さんからのコメントも流れてきて、リアルタイムでコメントともにお楽しみいただけます!

私の一人喋りの1時間から多彩なゲストをお招きしての回もあります。
お時間のある方は是非、ご覧ください!

長谷川豊 公式チャンネル「本気論・本音論TV」

前回の私のコラムがやはりかなり多く読まれていまして、
「長谷川さん、けっこう怒ってますね!」
という突っ込みが寄せられました。

そうですね。私…「こういうの」嫌いです。

芸人さんや社会学者さんたちが色んなコメントをしていて…どれも全部が的外れとは言わないんですが…
「不寛容な社会になって…」
「日本の許容度が下がっております」
「もう、日本って『一発レッドカード社会』だよね」
とか言われてたりするんですけれど…さすが芸人さんや学者さん…。なかなか難しいことを言ってるんですが、やはり社会人勤めの経験がないと、ちょっと違うというか…今回の「根っこの部分の」メカニズムを理解されていないようです。

むしろ、今回の日清のケースで言えば、多くの私のコラム読者さんのように「普通の会社務め」の人の方が本質を理解されているようです。そうですね。これ…日本の現在の会社が多く抱える…通称ニッシン君』の弊害の話なんです。




…ハセガワ…お前、何の話してるんだ?って(涙)?




説明します。これは順を追って説明しないと、分からない人は全然わからないので。

まず、今回のCMの話は矢口さんばかりがクローズアップされていますが、会社の内情などを知っているサラリーマンたちが一番注目すべき点って言うのは…

「たけしさんを使ってる」

ってところです。
はい。そうです。あの日本の3人の生ける伝説。タモリ・さんま・たけし。その一人であるビートたけしさんを使ったCMである以上、もうね、

とんでもないギャランティーが発生している

と理解してください。どれだけ低く見積もっても億は下っていません。
何故、彼らが「ビッグ3」と言われるのか?それはもちろん才能も実績もあるでしょう。でも、それ以上のものがあります。ギャランティーが「めちゃ高い」ことです。
小林さんや新垣さん、矢口さんがそんなに高いギャラを取ってると思います?とんでもない。この3人はそこまでのギャラはもらってません。

では、そのギャランティーをそのまま日清の広報の一部署の一社員が使えますか?って話。使えるわけない訳ですね。そうです。芸人さんたちは分かっていないようですが、これは社内の「稟議」を通す必要が出てきます。「ひんぎ」もしくは「りんぎ」と読みます。

会社で多額の予算を使う場合は各部署の各担当者の承認を得なければいけないのが1部上場企業の当然のルールです。日清さんももちろん、そうなっています。
しかも、たけしさんを起用しての新CMです。常識的な金額ではありません。多数の部署の多数の担当者の目を通すことになります。多くの会社の場合、それぞれの担当者が目を通し、オッケーを出す場合ハンコを押していきます。この作業を「稟議を通す」といいます。

これらは「会社の決定事項」であり、一部上場企業である以上、株主に対する説明責任も出てきます。これを「Accountability(アカウンタビリティ)」といいます。これも当然ですね。一部上場企業は株主様を無視してお金を自由好き放題に使えないからです。

前回のコラムで記した通り、日清さんは矢口さんから「私でいいのでしょうか?」と繰り返し確認を取られています。もちろん、担当した広告代理店にも「炎上はします」と何度も説明があったことでしょう。

それらを稟議を通す段階で繰り返し説明されていることは確かなのです。お分かりでしょうか?

そこまでやって
そこまでの確認作業をして

たった1週間で「批判が来てビビっちゃいました~」といってCMを引っ込めたのです。あれだけペイントしたたけしさんにコマネチまでさせて恥をかかせたのです。

これ、完全アウトだろ。フォロー出来ませんってば。



では、かつて1部上場企業に14年間いた人間として、舞台裏を推察しましょう。

CMは基本的にワンクールと言って3カ月契約で流すことが多いのですが、時としては1か月ごとに新作を放出することもあります。でも、とにかく最低でも1カ月は流さないと世間の認知も行き届きません。今回のCMを1か月の放送だったと仮定しましょう。

それらには「契約書」が存在し、各芸能事務所との契約書にサインしてタレントさんたちはこのCMに出演しました。それらを、わずか1週間でぶった切ったのです。私は今回のこの判断を…

日清の「取締役以上の相当な上層部」の判断で行われたもの

と推察します。もっと言うと、1人か2人の…声ばかりがでかい社内影響力のある人物の決定と推察します。なんと言っても「そもそも稟議書が通っている」わけですから。社内でも、このCMは最低レベルの覚悟と理解が行き届いていたはずなのです。それをひっくり返すのです。その人物は相当な「やっかいな人物」と想定できます。

私はその人物を『ニッシン君』と…そう仮に命名します。

いつか詳しく書こうと思っていたのですが、私はこの『ニッシン君』が日本の歴史ある企業の大問題でガン細胞だと考えている人間で…と言うのも…何もこれは今回の日清だけの問題ではなかったりするのです。

そうです。
Panasonicも
フジテレビも
ソニーも
シャープも
東芝も…

かつては好調だった企業がどんどん勢いがなくなり、どんどん経営が苦しくなったりしていますよね?Panasonicは幸い、最近好調に転じましたが、その過程でどれだけ非常なリストラを敢行したか。「我が社の社員はみな家族です!」と言い切った松下幸之助氏が見たら嘆き悲しむような経営がなされています。

あれだけの企業がなぜこういう病魔に侵されたか?それらの企業には、上層部に必ずこの…『ニッシン君』が便秘のウンコのようにへばりついているのです。



『ニッシン君』の特徴を上げておきましょう。
・年齢は60前後です。50代~65までと思っておいてください。
・とにかく、仕事の能力が全くありません。正確に言うと『バブルの時代』が楽しすぎて、今の時代に全く適応できていないのです。
・なのに、上司にだけは懸命に取り入ってきました。上司が言うなら赤信号のことを「青だ」と言い続けた犬同然の連中です。
・部下の手柄は全部自分の手柄として報告してきました。
・自分のミスは全部部下のミスだと報告してきました。
・上司の「顔色だけをうかがって」きたのでとにかく「人の顔色ばかりうかがって」います。
・「顔色ばかり」うかがってきたので「批判」や「非難」されるのが大の苦手です。
・要は自分が能力がないことを薄々分かっているので「自信がない」のです。
・今の時代に追いついていないので、ネットに詳しくありません。
・なので2チャンネルレベルの、ネットネイティブの人間が誰も相手にしていないようなコメント欄とかを無駄にチェックしてしまいます。
・自分に自信がないので、上にはヘコヘコしますが…
・自分に自信がないのを認めたくないので下には無駄に高圧的です。

いるでしょ(断言)?

1部上場企業には腐るほどいるでしょ?驚くほどに当てはまる、ゴミ同然のおっさんどもが。

こういうガン細胞どもが闊歩(かっぽ)しだすと、企業ってダメになるんです。日清の騒動って、一部上場企業に勤めてた人間から見ると、とても内情が分かりやすい騒動だったりするのです。
そして、この騒動って、日本をダメにしている分かりやすい一例だったりするんです。そうです。皆さんの周りに、もし「駄目な組織」があったとしたら、それはこの『ニッシン君』が闊歩している組織だと、そう理解してほとんどあってるはずです。

政党でも
会社でも
組織でも
テレビ局でも
雑誌社でも

人が集まる集団は、時間がたつと、どれだけカリスマ的な人間がいたとしても、その人間にコバンザメのようにへばりついてくる『ニッシン君』が必ず生まれてきます。彼らにはそれ以外に生きる道がないからです。でも、そのバカ達が声を上げ始めると、どんどんその組織は蝕(むしば)まれていくのです。だってそもそも低能だし。



今回の騒動、日清のCMに矢口さんを起用したのが問題ではありません。
もちろん、かつて不倫をした矢口さんに非難の声を浴びせる人間が悪いのでもありません。

それらは自由なのです。

問題とは、
今回の大問題とは

一度通った稟議を、社内の若手が「挑戦しようとしている行動」をネットの声を真に受けて潰すバカ老人が問題なのです!



なので、私は非難します。日本に巣食う病魔だから。
私の「よく知ってる会社」も、便秘のウンコどもが早く流れちまえば、視聴率も上がるのにね…。やれやれ。


矢口真里さんのCMが放映中止になりました。

私も大多数の皆さんと同じ感想です。
気分が悪い。
その一言。現在、日清には逆に猛然と「何で今さら中止にしたんだ!」「いいCMだったのに!」と多くの抗議が寄せられているということですが…ネット上でも多くの非難が識者などから上がっています。

日清さん、完全に大失敗です。

私は日清の社員ではないので遠慮せずに記しますが、どの役職のどの阿呆が下した決断かは分かりませんが、企業のリスク管理の面から明確に指摘します。

最悪の対応です。他社さんはせっかくの機会なのでしっかりと学ぶことが大事でしょう。



まず、世の中は何をやっても何を言っても一定数の非難者は存在します。当たり前です。1億2千万人も人間がいるのですから多種多様な意見があることは当然のことなのです。
理解しておかなければいけないことは「全員に支持される」なんてことは絶対にありえないことだ、という点です。

日清さんがたけしさんを学長とした大学、という新しい設定のCMを発表したときに、やはり話題になりました。
矢口真里をCMに起用!
ここで、賛否両論があったことでしょう。

「なんで不倫タレントを出すんだ!」
「不倫を擁護するのか!」

当然です。不倫に対し嫌悪感を持っている人はもちろんいます。そもそも民法上の不貞行為と考えられている以上、非難することも間違ってはいません。

と、同時に、日本には「情」という文化が存在します。昭和の時代には色濃く残っていたこの文化は「情け(なさけ)」と読みます。簡単に言うと「赦し(ゆるし)」の文化といえます。

人間、ミスくらいするじゃないか。
その時はしっかりと怒られてしっかりと罰を受けりゃあいいんだよ。
でも、しっかりと怒られて反省したんであれば、温かく受け入れ直してやりゃあいいじゃねぇか。

これは日本古来から伝わる伝統的な文化です。江戸の町の「粋(いき)」という文化にもつながる思いです。人間として堂々としていなければ粋ではありません。堂々としている人間は他者を赦(ゆる)せるものです。逆に自分に自信がなく、セコセコしている人間は他者が反省していることにまでネチネチと嫌味を言い続けます。これはとても「無粋(ぶすい)」な行為として非難されます。

日清の新CMはまさにその「昭和=粋(いき)」な部分をつついたCMでした。

もう1年5カ月もテレビから遠ざかったんだろ?と。
反省して、やり直したいって笑顔で頑張ってんだろう?と。
じゃあ、一つ、笑ってギャグにして許してやろうじゃあねぇか。

それが日本人の、粋(いき)な、いいところじゃねぇか、と。

昭和の時代から日本人の文化を見つめ、日本人の心と共にあった日清のカップヌードルにふさわしいCMでした。
同時に今の日本人に対して、ちょっとせせこましくなってねぇかい?と。これだけ長い歴史があると、日清のカップヌードルも色々と言われ続けてきたでしょう。でも、自分をしっかりと持って、自分の芯を持ってやり続けてきてれば評価もされるんだ、と実証してきたのがカップヌードルでした。

タレントの矢口さんは、新しいCMに起用されるにあたって、3月31日にブログを更新し、下記のように心境を綴っていました。




日清食品さんのカップヌードルのCMに出演させていただくことになりました!!!!!
このお話をいただいた時は、嬉しすぎて一人で泣きました

私でいいのでしょうか?って何回も聞きました

日清食品さんからの優しくて熱いお手紙をいただきました
本当に本当にありがとうございます
家族も友達も、
もちろん私の周りのスタッフさん達も、
みんな喜んでくれました




そうです。矢口さんは上記ブログを読んでも分かるように、日清さんに何度も何度も「わたしでいいのだろうか?」という質問をしていたのです。その上でわずか1週間でCMを中止にしてしまったのです。

日清さん、この矢口さんのブログが多くの共感と感動を呼んだことを知らないんですかね?
いや、多くの日清さんの社員さんは分かってらっしゃるはずなんです。そうです。今回のCMの突然の中止を決めた、アホ上層部。恐らく、一部のバカ。ちゃんと、彼女のブログ、読んだのか?この矢口さんの思い、分かってたのか?

何件の応援メッセージがアメブロに届いていると思う?1400を超える「いいね!」ボタンが押され、120以上の応援メッセージが寄せられ、フェイスブックでもシェアされたこの矢口さんのブログを超える数の

無粋で
イライラしている
ネット上に悪口を書き込むしか何も出来ない「ノイジーマイノリティ」の声が届いたとでも?

今回の騒動で一つだけ分かったこと。それは…日清は社内ガバナンスが全く取れていないことです。要はダメ会社だってことです。

現在、言論サイトBLOGOSにも、圧倒的な閲覧数を誇るYAHOO個人にも、今回の日清の決断の稚拙さと間違いを非難する多くの意見が寄せられています。どうか、日清の一部のバカ上層部、これらのコラムを全文読むことをお勧めする。
どれだけ『日清』といいう企業のイメージを損なったか反省されたらいい。

ネット上には相手にする価値の全くないハエ同然のクズどもは確かに存在し、そんな連中は一般世間では全く相手にされていない連中です。一昔前だと、汚い公衆便所の壁に悪口を書くしか何も出来なかった、友達もろくにいない連中が、今は偉そうな顔をしてネットにセコセコと書き込みをしています。
これらを世界では「ノイジーマイノリティ(ただうるさいだけの少数な人間)」といいます。
そんな連中、相手にしてどうすんの?せっかくのいいCMが台無しです。カッコ悪い。

小林幸子さんも
新垣隆さんも
矢口真理ちゃんも

しっかりと反省したのであれば、あとは笑顔で頑張ればいいだけです。私は3人とも大好きです。私も3人の活躍に勇気づけられていたうちの一人ですから。

叩かれるだけ叩かれていきましょう。
笑われるだけ笑われていきましょう。

それでもまっすぐ前を向ける人間がいるってことを知らしめてやればいいだけです。きっと、大多数の人は分かってくれる。日本人なのだから。




多くの方から「100万ペソGET、おめでとうございます」という祝福のコメントを頂きました。
今後の展開って…まぁ…想像の通りです。山尾さんは甘利さんの時にこんなことも言ってたわけですから。
image
後は好きにしてくださいという感じ。

さて!
本日より、かねてから告知していた「長谷川豊の公式チャンネル」が無事レギュラー放送スタートです!

長谷川豊公式チャンネル 「激論!長谷川豊の本気論、本音論TV」
おヒマな方はご覧ください。
で、コメントなどもお寄せ下さい!

本日、4月7日は私一人でやります。来週、ゲストが来てくださるんですが、めちゃ面白い方ですよ。皆さん、驚かれるような内容の話になります。ま、誰もまだ知らない方々でしょうが。うへーって言ってもらえますからお楽しみに。

で、本日の内容ですが…

・民進党・山尾志桜里政調会長と政界の行方(現段階版)
・面倒くさいけれど、「保育園・待機児童」問題を完全に解決する方法を一応話しておく
・お問い合わせが多かった「基礎的信頼感」「愛着理論」についてある程度詳しく

の3本を中心にやります。『待機児童』問題の解決策はある程度面白いかと。政治の話と愛着理論の話はほえーって感じかな…。後は今週のニュース・週刊誌報道の読み解き。そして、皆さんのメッセージにお答えしていければ…と考えています。

私も遠慮せずにガンガン言いますので、皆さんも遠慮なさらずにコメント、お寄せ下さい!
今夜、23時です!

歌手の藤井フミヤさんの息子さんがフジテレビのアナウンサーとして入社したことを受け

「なぜ、フジテレビは縁故入社がここまで多いのか?」

というご質問を頂きました。ええと…これも順を追って回答しますね。フジテレビが特に多いというか…。

フジテレビは目立つ「コネ」が多い

まず、現在学生さん方に言いたい。「コネ」はあなた方の「特徴」です。それを使うことが悪いことでも何でもないし、もしみなさんに頼れるつてがあるならいくらでも捏ね繰り回してください。ちなみに自らの「人脈(コネクション)」を必死になって「捏ね繰り回す(こねくりまわす)」所から「コネ入社」という言葉が出来ています。豆知識でした。

「コネは特徴」ということについて一言言っておくと、皆さんの周りで美人はいますか?彼女たちは最優先で入社試験に合格していきます。これはね…驚くほどに露骨だと思ってください。
彼女たちは「生まれつき」美人だったってことです。そういう「特徴」なのです。
「生まれつき」大企業のご子息であろうが、
「生まれつき」有名俳優のご子息だろうが、
それはあなた方に罪のある話じゃありません。存分に使って入社試験に挑んでください。入社後は当然「何のアドバンテージもなかった一般入社組」からは妬み・嫉みの類はさんざん妬かれます。でもそれも理解してください。彼らは不利な条件を乗り越えて入社しているのだから。

「フジテレビはコネ入社が多いのではないか?」

というご質問に対する回答は「はい、多いですね、とても」が回答になります。でも、皆さんだって知ってらっしゃる通りで、はっきり言って電通さんの方がよほど多いです。キー局の他の所もなかなか多いですし、一流企業も多いです。学生の皆さんが思ってらっしゃるよりも、コネ入社って見えないところで沢山あるものだと思ってください。その中で、フジテレビは「目立つコネ」が多いのでしょう。なので報じられることが多いのでしょう。

真麻とか竜聖とかね。いいんです。ちゃんと頑張ってるんだから。

むしろ私に言わせれば、彼らが目立ってしまうのでコネの象徴みたいに言われちゃってますけれど、他にもコネだらけなのでなんだか真麻たちが可哀想な気がしています。皆さんの目につく…要はアナウンサー職にだってコネは山ほどいますが、みんなちゃんと頑張ってるんだから別にいいんです。

普通の「コネ入社」のほとんどは『通称:人質』

なんでフジテレビが目立つかって、有名タレントの子息が多いからなんですが、電通さんをはじめ、多くの企業さんに入る「普通のコネ」って…要は大企業さんのご子息や政治家のご子息がほとんどです。
彼らをなぜ多く採用しているのか?
理由は簡単で…「マスコミはスポンサーをたくさん扱う職種」だからです。
ええと…要はですね…テレビ局ってお米を栽培して売ってる企業とは違うんです。テレビ番組を作るんですけれど、毎回面白い番組って作れないですよね?

なので、大企業さんのご子息を引き入れとくんです。

例えば、トヨタ自動車の幹部候補のAさんの息子さんが入社するとしますよね?Aさんの息子さんには適当な仕事さえ与えておけば、後は…絶対にトヨタさんはスポンサーでいてくれる可能性が増えますよね?政治家の息子を入れておけば、それを上手く生かして利益につなげられる可能性が高まるでしょ?

電通さんが業界で「コネ通」と呼ばれる所以(ゆえん)です。

マスコミ業界ではそうやって営業を有利に進めるために入社させるコネ入社の新入社員たちのことを「人質」と呼んでいます。はっきり言ってそこら辺の社員より圧倒的に会社に対する貢献度は高いです。広告収入で利益を上げているのがマスコミ業界だからです。

なのでフジテレビが多いんじゃなくて、基本的なことを言うと「マスコミ業界」がコネが多いと思っておいてください。

「コネ入社組」は実はとても優秀な人材が豊富

で、これも昔のコラムに一度書いたんですが、世間の皆さんはやっかみで色々というでしょうけれど、私の個人的な感想ですが…コネ入社組って…確立的には「優秀」な人材が多い気がしています。これは私の個人的な感想って書きましたけれど、多分合っています。
彼らは圧倒的に「金持ち」だからです。
金持ちの子供たちって「教育の機会」に恵まれてるんです。留学とかめちゃくちゃお金がかかるのに好き放題行ける子が多い訳です。なので「英語が得意ですぅ」とか言う子が多いです。これも能力ですよね。

あと、これも人にはよりますが「人がいい」連中が多いです。これも理由は同じで、絶対的に「金銭的・精神的に余裕を持って生きてきた」連中がほとんどなのでなんと言うかのんびり屋さんというか、性格的にはとても良い連中が多い気がします。そういう連中はギスギスしていないことが多いので、職場の雰囲気がよくなります。もちろん繰り返しますが人によります。

強いて欠点を上げるのであれば…「我慢が利かない」「打たれ弱い」点です。これはもう…とんでもなく打たれ弱い連中が多いです。仕方ないですね。大事にされてきた人間たちなので。
特徴的なのはフジテレビって、視聴率の悪くなった番組…バンバン切るでしょ?え?もう終わりってくらいに。あれ、多分編成の上の中にコネ入社の連中がいるんだと思います。彼らは批判に猛烈に弱いので、しかも信念を持って「こんな番組を死んでも作るのだぁ!」って感じの入社ではないので、数字が悪かったら批判されるのが嫌なので打ち切っちゃいます。これは彼らの欠点な気がします。

また批判が嫌いなので出来るだけ仲間内でつるもうとします。なので結果として空気が読めなくなります。え?その人、使っちゃうの??みたいな。これもフジテレビを見てれば分かりますよね(苦笑)。他局で実績をすでに作った人を集めたがるのも同じですね。自分本体に自信がないので、有名な人間が大好きです。有名な人間に群がろうとします。これもいい面と悪い面があります。手堅い、とも言えますし、どこかで見たものしか作れなくなります、一長一短ですね。

■■■■■■■■■


藤井フミヤさんの息子さんもきっと、フジに入ったのであれば、みんなと仲良く明るく働けることでしょう。私は心配していません。フジテレビのアナウンス室をはじめ社内の雰囲気は、多く言われている通りでとても風通しがよく明るく仲良しです。きっと楽しく働けると思います。
懐かしいな~。
この4月で退社してから丸3年たちました。なんだかまだ3年?って気がします。フジテレビも「あぁ、そう言えば…在籍してたっけ」的な心境です(笑)。それくらい猛烈な3年間だったので。
しかし、間違いなく人生で最高の3年でした。来年、人生最高の4年って言っておられるように頑張りますね♪



昨日のコラムにこんなご指摘が来ました。

菅官房長官のガソリン代200万円超えについても同じく追求されて下さい。 事務所での経費であって個人が一人で使うものではありません。 したり顔でアウトなんて、政治資金について無知過ぎです」(二児の母さん)

安倍総理のガソリン代 地球7周半だとの話も出ているが。 安倍総理は100%アウトと言い切ってみなよ。 それだけ度胸があったら山尾山尾志桜里99.999%アウトを評価する」(あわさん)

お二人…新潮さんと私のこと、なめてます?私たち、そんな適当なこと、言うと思ってました?やれやれ。
今回の件、ポイントを2点だけ抑えておきます。

1、問題となっているのが「平成24年」の収支報告
2、まだ説明をしていない

これでもう十分なんです。はい。

順を追って説明しますね。
山尾氏は前回お話しした通りで2009年の当選組です。なのに「当選2回」です。
はい。おかしいですよね?2009年に当選したなら、今は当選3回のはずですよね?でも彼女は2回しか当選してません。
そうです。
山尾さん、前回の選挙、比例復活も出来なくて、落選してるんです。問題となっている例のガソリン代は…

その「落選した年の経費」ってところです。

皆さん、落選中の議員さん、知り合いいます?取材したことあります?
私がいつも常々言っているのは「選挙に出ようっていうだけで、その方々には最低レベルのリスペクトを持つべきなんですよ」っていうのは、私が数十人に及ぶ「落選中」の議員さんたちを取材してきたから言ってることなんです。

誰が助けてくれますか。
誰が落選中のみじめな人なんて、ボランティアで助けますか。

印象に残っていて私の大好きな議員さんの一人に城内実(きうちみのる)さんっていう人がいます。静岡7区の人でね。誰も覚えてないでしょうけれど、色々あって大変だったんです。
で、落選中の彼を私は3回にわたって取材に行きました。
彼はいつも真っ黒になって走り回っていました。夏でもスーツのネクタイを締めて。スーツを着ているのに、足元だけはいつもボロボロのスニーカーで。

いつもたった一人で未来の当選のために声を上げ続けていました。

「菅さんがガソリン代200万?」
「安倍総理がガソリン代で地球7周?」

「総理」や「官房長官」と比べてどうすんの(涙)???

あのね、二児の母さん、有名なのが小沢一郎さんなんですけれど、彼は野党の幹事長時代、抱えていた秘書さんの数はね…20人です。その20人がそれぞれブレーン的なスタッフを抱えて、日本全国の勝敗の際どそうな選挙各地を回って候補者の応援や助言をしてたんです。

「野党の幹事長」だった小沢さんで、末端のボランティアまで全部入れれば全スタッフは50~70人ほどはいたんじゃないでしょうか?ヘタしたらもっといたかも。「野党の幹事長」でよ?
官房長官を支えるスタッフって…いったい何人いると思ってんですか?100人で収まるわけないでしょうが。ボランティアまで全部入れるんですよ?

さらにアホすぎるのがあわさん。安倍さんって「総理大臣」ですぜ?いったい何人のチームが支えていると思ってんですか?地元も東京も…ボランティアまで全部入れるんですよ?スタッフ総出で何百人に上ると思ってんの?

菅さんが200万?
安倍さんが地球7周?

あの二人がそんな程度で追及されるような適当なこと、やってるわけないでしょうが。
そもそも一国の総理や官房長官が「ガソリン代」とかちょろまかしたりしませんって。そんなくだらないことで足元救われるの、単にもったいないだけでしょ?最低限はちゃんとやってますよ。少なくとも刺されない程度に。

問題なのは「たかが当選一回だけの小沢ガールズ」の議員が「落選した年の経費」で、しかも選挙なんてあるとは誰も予想していなかった「平成24年度の計上」だけが…

「230万円」という「突然巨額の金額」になっているっていう点なんです。

おかしいに決まってんでしょうが。落選した後の一回生議員なんて、ボランティアもほとんどいない状態で働くんです。ほとんど一人で汗をかくんです。普通はそれまでの年よりはガソリンなんて使う量が減るはずなんです。

そして、もう一つ大事なのは山尾志桜里氏が、まだ説明を出来ていないってことです。

こんな追及を受けてしまったら、大事なことは「出来るだけ早く説明」をすることなんです。なのに彼女、未だに説明出来ていないでしょ?

これはおかしいんですって。

新潮さんが記事を書く以上、最低でも月曜日には「あてる」っていうんですけれど「こういう記事を書きますよ~」ってことは山尾氏のもとに伝わります。
水曜日の午前11時半ごろには「早刷り(はやずり)」っていうんですけれど記事全文を読むことができます。皆さんと同じように木曜日にコンビニに買いに行ってるわけじゃないんです。

なのに、まだ説明出来ていないわけでしょ?

やましくなかったら、もうとっくに説明してますって。4月24日に何があると思ってるんですか?超重要な補選が京都と北海道であるんですよ?めちゃ大事な時期です。一刻を争う時期です。そんな時期に素早い対応が出来ていないんです。

想像するに「秘書が勝手にやりました~」「その秘書はどっかに行って連絡が取れないんです~」って言ってごまかすに100万ペソを張りたいんですが、私は基本的には、山尾氏のこの件はあまりクリーンな状況ではないのではないか?との推察に至りました。そして、前述した補選が控え、とても大切なこの時期に、ダラダラと職にしがみつき続ければ、ダメージはどんどん大きくなります。普通に考えれば、早期に身を引いた方がまだダメージが小さいと考えるのが普通。ここでダラダラ甘い対応を取って、次にもう一撃食らったらマジで終わりですから。

以上が前回のコラムの説明です。

3000文字以内に収めるために、私のコラムは色々とすっ飛ばして書いてるんです。でも、書いてる以上はかなりの検討と根拠をまとめてから書いてます。

二児の母さん、あわさん、一点でも反論ある?あったらいつでもどうぞ?

↑このページのトップヘ