2017年09月

ポイントはまさにここだ。

<維新・松井代表>「労組系選別を」希望の党との連携で(毎日新聞)

【記事より】
日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は28日、希望の党との連携について「民進党が『丸ごと合流』しては(連携)できない。労組、特に自治労の関係者などは無理。しがらみのある人たちを引き入れたことになる」と述べ、民進からの合流組を小池氏がどう選別するかが連携に影響するとの見方を示した。
(抜粋終わり)



小池新党の真剣度合いはまさにここで決まる。
労組連合の支援を受けている連中は選挙に強い。金もジャブジャブ持ってる。
が、どうせ当選できるので、努力しない。
日本の為に働くんじゃあない。
労組の為に働く。
だって、厳しい選挙戦を必死になって協力してくれるのだから。金もくれるのだから。

が、これからの日本に必要なのは「嫌われてでも改革できる政治家」だと私は思う。
厳しいことを言っても変えるべきを変えなければ、日本はよくなっていかない。

労組連合の支援を受けている人間が、改革が出来るのか?出来るわけないだろ。癒着でズブズブなのだから。



小池さん、本当にここが勝負だ。
こういった連中は確かに金は持ってる。
組織は持ってる。

が、こんなズブズブ議員とつるんだら、その段階で改革なんて絶対に出来ない。失望の党・絶望の党にしかならない。

維新はこういった金と癒着の人間たちは徹底的に排除した。
なので選挙は弱い。こないだの堺市長選も負けた。あれだけ税金をばらまかれたら勝てるわけない。が、それでも歯を食いしばっているのが維新。

小池さんたちが維新の政策をしっかりと勉強して秋波を送ってくださっている事には心から感謝する。
が、心を鬼にして、癒着政治家を一掃できるかが勝負。
逆に「選挙に強いから」という理由で公認してしまうのであれば、その程度の政党だったということだ。要は看板をかけ買えただけの第2民進党だ。どうせ改革なんて出来やしない。

さて、どうなるのか。


カオス=混沌。

正に今回の選挙は小池劇場。
少なくともここまでは完全に小池さんのペース。

さて、こういう時は冷静になるのが一番。
冷静になれば「原点」が見える。

我々日本維新の会の「原点」は「大阪都構想」。
既得権益を打破すべく、東京一極集中を是正。

ここは小池百合子氏が「大阪都構想に対して賛成なのか?協力する姿勢があるのかどうか?」が一番気になるところではないか。

ハッキリ言って、堺市長選で反維新の在阪メディアは大喜び。善戦したとはいえ負けは負けなので大喜びなのでこれから維新叩きを散々してくるだろう。

が、大阪都構想は絶対に落としてはいけない。

日本全体のためにも大阪都構想は大事だ。
「政治の在り方=統治機構」を住民がひっくり返した…となればその動きは日本全体に広がる。
政治家の利権を日本人が…住民が覆せる事を知ることは日本人にとって大きい。

将来の日本の在り方を変えられるかどうかの瀬戸際。大阪都構想は本当に大事。

私個人の見方を述べると、小池百合子氏が大阪都構想に賛成してくれるのであれば、維新と希望は協力すべきではないかとみる。
小池百合子氏を好きな方も嫌いな方も、恐らくこれは統一だろうが…

彼女のメディアコントロールは天才的。

彼女を味方につけられれば、大阪都構想の時に一番手強い相手になるであろう「メディア」。そのメディアをコントロールできる可能性が高まる。そうなれば都構想には有利に運ぶ可能性が高いのではないか。

こういう混乱の時には原点に立ち返るのが一番。
大阪都構想に小池百合子氏が賛成なのかどうなのか?
協力してくれるのかどうなのか?

私はそこが一番気になるところだ。

Japan In-depth 編集長にしてジャーナリストの安倍宏行氏の考察記事。
メディアの中枢で滝川クリステルとともに夜のニュースキャスターを務めていただけあって冷静。私も同感だ。

「希望の党」を甘く見るな

さらにネット上で私が注目したのはこちらだ。



ご覧いただきたいのはこの動画の完成度だ。
1分20秒。CMとして完成している。

よく考えてほしい。

会見をしたのは昨日だ。
そしてこの動画が流れ始めたのは今日になってからだ。
だが、元プロとして断言するが、この動画…1か月近くかかるはずだ。最速でも2週間以上は絶対にかかる。

若狭氏が「何も聞いていなかった」って?

すべて小池百合子氏の計算の中だったってわけだ。
もともと、細野さん若狭さんでは相手にならないことを知った上で、色々と動かしてた訳だ。

これは…博報堂さんか?
このレベルは素人が作れない。
木下ふみこさんが都議にいたはずだが、彼女は博報堂さんだったはず。その関係か?
誰だ?相当なレベルの人間がいる。相当に切れる人間が小池さんの裏にいる。

発射のタイミングは安倍さんの解散宣言。ニュースを完全にジャックできる。全部計算の上ってことか。

「ただ耐えるか?みんなで変えるか?」

恐ろしく刺さるキャッチフレーズだ。今のままでは自民党も相当な攻撃を受ける。安倍さんは過半数いかなければ辞任すると言った。小池さん、安倍さんのクビを取りに来たってことか。ずっと狙ってたと考えていい。

今までの段階で小池新党に加わるのどうのと言ってた方々はしょせん前哨戦だったってわけだ。これからが本番、と。そう言いたいのだろう。

参ったな…。
まぁ自分で出来ることをやるしかないが。
この動画はちょっと衝撃だった。





ここまでくると節操がなさ過ぎてちょっと…という気分なのだが、皆さん、本当にちゃんとニュースを分析して分かってらっしゃるのだろうか…?

「小池人気」期待の合流…「駆け込み寺」批判も(読売新聞)

都議選で圧勝したからまたこうなると踏んでいると…。
なるほどなるほど…。

ええと…もう少しニュースをちゃんと読み解いてほしいのだが、少なくとも


都議選と一緒


には絶対にならない。
解説したい。

まず、都議選は事実上の「中選挙区的選挙」だ。例えば東京都大田区で言えば9人が当選。7位でも8位でも当選だ。
そんな中、小池さんが引き入れたのが創価学会だ。

皆さんあまり知らないだろうが、創価学会の婦人部の選挙運動の見事さと言ったらない。彼女たちの選挙の実力はホンモノ。ポスター張りの速度も応援も運動量も恐ろしいレベル。

結局、自民党がいつも強いのも創価学会の皆さんが協力しているからにすぎない。
なので都議選では、学会票がなかった自民党は23議席という惨敗だったわけだ。

そして、小池百合子氏が次に引き入れたのが連合
これもニュースになっていた通り。
彼らも選挙協力のプロ中のプロ。
1000枚や2000枚程度のポスターであれば2・3日で貼ってみせる。すごい能力。

都議選はこの【選挙のプロ】2大団体の後押しを得たので小池さんたちがああなっただけ。

今回の衆院選では創価学会の方々は自民の応援に回ることがもう決まってる。
そして連合は民進だ。

その上、今回の選挙の顔は若狭さんと細野さん。


繰り返すが、都議選とおんなじというわけには絶対に行かない。
せいぜい風がビュービューと吹いて30~50の間くらいではないだろうか。
さすがにここまでマスコミが煽ればそれくらいは行くだろう。

苦しいのはわれら維新。
支持層が全部かぶってしまっている。
なのでなかなか厳しい戦いになるだろうが、それでもどこまでやれるのか、一つ楽しんでみたい。

今はそんな心境の中、とにかく次々と届く恐ろしい数の調査票などの記入に追われている。
頑張らないといけない。

大阪の堺市長選挙。
信じられないほどすごい選挙だった。

大型選挙となった堺市長選挙はたった2か月の準備期間で維新の新人候補が8年間務めた現職になんとたった2万3千票差。前回の堺市長選挙は橋下徹氏がいて6万票差。

堺市長選に伴い行われた府議選は私も応援に入った中川あきひと候補が圧勝。西区の市議選でも維新の新人が圧勝。

これで証明されたのは大阪での圧倒的な維新の強さ。
大阪で維新を相手にしたければ、
自民+民進+共産+社民+こころ
で全力タッグを組み、暴力事件を起こしながらデマをまき散らさなければ勝てないということが証明された。

と、言うか、これだけやっても知名度の高い候補者が一人出たらもう維新が勝つのだろう。
大阪での強さは確かなもの。

維新大嫌いな朝日やMBSは大喜びだろうが、この結果に一番戦々恐々としているは間違いなく大阪の他の政党じゃないのか?どれだけ汚いことしてきたか、全部わかってるんだろ?

あれだけやってたった2万3千票差だぞ?
正常に考えて維新の強さが際立った結果と分析するのが普通。

MBSさんは堺の府議選と西区の市議選の結果もよく見ておいたほうがいい。
でないと何も考えてないことがバレるぞ?

別にこのタイミングで自民党をかばう義理など何もないのだが、左派の言いがかりとイチャモンは目に余る。

麻生太郎氏の「武装難民来たら射殺するのか」発言に左派団体や識者ら猛反発(産経新聞)

麻生氏が23日に宇都宮市の講演で、北朝鮮有事に関して
『武装難民かもしれない。警察で対応するか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない』
と発言したことに対して机の前でカタカタとパソコンをたたいていれば金の稼げる無責任「自称:識者」が文句を言っているという話。

言葉狩りの典型。あまりに文脈を無視した情けない無理筋なイチャモン。
正常な人間が読んで、この麻生氏の言葉を何か問題があると感じる人が一人でもいるだろうか?
こんなことをやり始めたら何も発言できなくなっていく。

「自称:識者」は「知識を持っている人」との解釈なのだろうが、知識はあっても考える能力が足りないらしい。

政治家が「最悪の場合を仮定して考え・動く」のは当たり前のことだ。
「自称:頭のいい無責任の口だけクン」は好きに言ってればいいが「死んでしまった人の命」は戻らない。どうやら「自称:頭のいい人」はそれを考える力もないらしい。

将来・未来にはいろんな可能性がある。
政治には「最悪」を想定して動く責任がある。命を守るためだ。

記事では

「麻生氏の狂い様、常軌を逸する。世界のどこに難民を射殺する国があるか。『麻生氏は23日講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れ〈武装難民かもしれない。警察で対応するか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない〉』朝日。本当にナチ崇拝者だ」
「これまでの何度かの失言とはレベルが違う。軽率さだとか、サービス過剰の結果だとか、考えの浅さだとか、見通しの甘さだとか、反省の軽さだとか、そういう問題ではない。根本的にあり得ない。全方向的にまったく弁護の余地がない。まるで救いがない」

などのツイートが紹介されているが、何らかの対応すらせずに本当に日本人が死んだ場合、彼らは責任をとれるんだろうな?

麻生氏の発言は「仮定の話」をしているにすぎない。
本当にナチの崇拝者だと思ってるなら、いい病院を紹介するので早めに行ったほうがいい。
麻生氏が何度もそんなわけはないことを説明している。
どうやら幻覚が見えているのだろう。
必要なことは上から目線のツイートをしている暇があったら病院にかかることだ。



別に麻生さんの事は好きだが、自民党の業界とのズブズブの癒着政治は認めない。
我々日本維新の会は今回の解散の大義の一つである消費税の増税も認めない。まずは政治家自身が身を切れ!定数も削減して給料も減らすべきだ。
私は何度落選しても日本は救うし、自民党の癒着ズブズブ政治は叩きのめしてやるが、こういう左派の「仮定の話」もできないような言葉狩りには辟易だ。

麻生さんに一度会ってみたらいい。
魅力的な人物であることは間違いない。
数少ないちゃんと勉強している政治家でもある。

ひるまず、恐れず。
しっかりと戦いたい。

昨晩は実家に戻り両親と今後の打ち合わせを。
有難いことに手伝いにもわざわざ来てくれるとの事。

選挙はとにかく人手が必要。
本当に必要なのか疑問に感じるレベルの作業も山のようにこなさなければならず、ボランティアの方々のご協力は避けて通れない。

例えば街中にあるポスター。

私のポスターは千葉市に440枚。
これを安倍さんが
「解散です!」
と言った途端、なるはやで二連ポスターというポスターに張り替えなければならない。

が、わずか数日後に選挙が公示される訳だが、その日より、今度は選挙管理委員会(通常「選管」)からもらったシールを貼ったポスターへと張り替えていく。

組織や団体があれば楽に出来る。
郵送すれば勝手にやってくれる。

これが団体との癒着の限りを尽くしている自民や、労組とズブズブの民進が選挙に強い理由。
本人達は安心して選挙活動に励めるので当然無駄がなくなる。その分は有利になる。

そして、議員バッジだけ着けたら、後は組織や団体に「忖度(そんたく」)し続けて改革も何も出来ない、国会に座ってるだけの地蔵の様な議員バッジ愛好家に変身。

これが日本の政治の実情。

それを変えようと歯をくいしばるのが維新。
なので泣き言言っててもしょうがない。

全部、自分と金で繋がってないボランティアの皆さんでやり遂げてみせる。
今日は自分の選挙同様に大切な堺市長選挙のお手伝い2日目。学べる事多数。

前進あるのみ!

「解散の大義を急ごしらえしている!」と、カケ学園などの「問題でも何でもない問題」をねつ造しまくってきた朝日新聞が主張というカオスな展開。

安倍首相、解散の大義急造「消費増税で教育・社会保障」(朝日新聞)

解散って、我々選挙に出る予定の人間にはけっこうシビアな問題だが、一般の皆さんにとっては歓迎すべきことじゃないか。民意を示せる。ふざけた政治家を駆逐できるチャンスだ。

結局、アベキライ病という病に侵された重症患者たちは文句を言えればいいだけ。
文句を言うことだけが唯一の処方箋なので、何をやってもひたすら文句。

でも、対案はなし。
そこまで何も考えてないので。
とにかく愚痴だけ。文句だけ。

解散の大義など、今までもなかったしこれからもない。文句があるなら自分が選挙に出て変えればいいだけだ。それをしないで外野席からピーピーうるさい連中だらけだ。

消費税の増税を教育費に回すらしい。

望むところだ。

自民も民進も増税
大阪では維新が増税などせずについに4歳まで教育費を無償化した。無駄を徹底的に排除したからだ。徹底的に「政治家のために政治」にメスを入れたからだ。

国民の税金はどんどん上げるが、国会では共産党も一緒になって国会議員のお給料だけは上げる口先だけの共産党の真骨頂だ。反対しているのは維新だけ。国民に説明付かないだろ!

維新の1丁目1番地で戦える!
望むところだ!

ものの1・2か月でよくもこんなに言うことをホイホイ変えられるもんだと思う。
恥ずかしくないのだろうか?

内閣不信任案を否決 衆院本会議 (時事通信/6月15日)

バカバカしいアピールだけなので当然あっという間に否決されるわけだが、必死になって解散を要求し続けていたのが民進・共産コンビ。

蓮舫氏「解散に追い込む」=社民幹事長も同調(時事通信/7月6日)

あれだけ解散だー解散しろーと言っておきながら、本当に解散になったら文句たらたら。やれ大義がないだの、おごりだのと文句しか言わない。

自民党サイドに言わせれば、言われたから解散しただけだ、となるに決まってる。

結局、一事が万事。
ずっとこんな感じなのだ。

民進・共産の日本大嫌いコンビ(=文句言ってれば満足するコンビ)は…要は「足を引っ張りたいだけ」なのだ。「邪魔をして文句を言うこと」を「野党だ」と主張しているのだ。こんな連中を野放しにしていられない。

今の日本は戦後最大の緊張状態。
邪魔しかしない連中は、いったん休憩しておいてもらわなければ物事が前に進まない。

日本には自民党に対峙できる「本物の野党」が必要。
対話し、討論し、日本を前に進めるための野党が必要だ。

日本維新の会しかない。
一人でも多くの方々に、そのことを訴えていきたいと思う。



この時期の解散について。

大義はないだのなんだのと言われているが、そもそもじゃあ、解散の時にそんな大それた大義のあった解散なんて…最近で言えば郵政以外であったのか疑問。
文句を言っている方は教えてほしい。
解散なんてものは、そもそも政権与党が有利な時にやるもの。
文句があれば、選挙で有権者が落とせばいいだけ。

モリ・カケ隠しだ、と言ってる方々もいるが、原点を忘れてないか?

そもそも隠すために選挙になだれ込めるような隙を自民党に作ったのは山尾志桜里だ。
文句ならあの週4回も子供をほったらかして男に会いに行ってるアニーに言えばいい。

アニーがいなければこんなタイミングで解散になんてなってない。

衆議院選挙は与党の都合のいいタイミングでやるもの。
いまさら泣き言言うなという感じ。
我々維新にとっては、まさに最悪のタイミング。

堺市長選の最中だし、
都民ファーストのボロがまだ出てきていないから比例票を全部持ってかれるし

それでも戦うのが衆院選。
文句言ってる暇があれば、駅頭に立てばいい。

大体、民進も共産も「早く解散しろ」と言い続けてきたくせに、いざ解散となると文句。結局、文句しか言ってないことがよく分かる。

自虐的なこと言うが、民進よりも共産よりも、はるかに関東の維新のほうが苦しいわ!
でもせっかくだから、少しでも日本の未来がよくなるように、この機会に叫ぶだけだ。

文句ばっかり言ってる暇があれば、日本の未来のために議論すべき。
それもしないなら、国会議員なんてやめればいい。

先ほど開票速報の結果が。

大阪で行われていた両市議選。
摂津市5人中4人当選!
阪南市2人中2人当選!

結果、嵐の中の選挙でしたが大阪維新のメンバーは7人中6人が当選!

丸山穂高議員、奥下剛光支部長をはじめ、皆さん、お疲れさまでした!お見事でした!

面白い。
かなり面白い。

変な話だが、自分をそのまま見ているようだ。

宮根氏のインタビューも上手い。
何より、力のあるディレクター陣の取材力に感服。
これを企画出来るのは見事の一言。
拍手を送りたい素晴らしいスクープ。

色々な意味で勉強になる。
IMG_2911

ハンドルネーム「名もなき名無し」さんからの質問

Q、> 自民党と対峙できる野党は維新だけ!

自民党との対峙は分かったのですが、長谷川さんというか維新としては公明党との関係はどういうことになるんでしょう?
自民党、民進党、都民ファーストの会、共産党...これらの党との位置関係はなんとなく理解できましたが、公明党との関係がよくわかりませんね。
自民党と同じで、対峙する相手なのでしょうか?
興味があります。



はい、名無しさん、こんにちは。
私は何度も同じことを言っているのですが、公明党さんは創価学会とつながりが深くて誤解をされることが多いんですけれど、維新と並ぶ「まともな政党」だと捉えています。

特に、去年の軽減税率の導入は本当にいい提案でした。
何にも知らない連中が四の五のとくだらない批判をしてきましたが、アメリカに住んで生活してきた私にとっては「やっと日本でも軽減税率の導入を提言してくれる人が現れたか…」と感銘を受けました。

もし名無しさんが創価学会員でいらっしゃるなら分かるかと思いますが、私は去年の創価学会員の皆さんのチラシやパンフレット・配られたDVDにも出演していますので、良かったら見てみてください。

テレビ大阪からは怒られましたけどね。
「特定の政党の応援をするな」と。
勘違いも甚だしい、と反論して言うこと聞きませんでしたけれど、軽減税率は当然のことだから私は「公明党の言うことは当然だ」と言ったまでです。それはキャスターとして当然の発言でした。

与党であることにこだわっているのも分からなくはない論理です。
何より、結党当初より「弱者救済」をぶれずに貫いているのでそこは素晴らしいと感じています。
都議会でも高校の無償化を進めたのは公明党さんでしたよね。
大阪では私たち維新がやりましたが、方向性はそこまで違わないんですよね。

ま、9条は書き換えたほうがいいですけどね。
というか、憲法は全文書き換えるべき。私はその意見は譲りません。文章がグデグデすぎる。


山口さんはじめ、公明党さんにはかなり優秀な人物が多いです。ま、公明党さんは「おいおい、宗教政党だろ~」とレッテル貼りされているのでしょうが、宗教は共産党も同じですから気にしなくていいかと。共産党ってほぼ宗教政党ですからね。
日本は天皇制を廃止して自衛隊を廃止して共産主義国家にしたいって…完全に宗教でしょ。
角度入ってますよね~。

私は、今の日本はどこの政党がどうとか言ってる場合ではないと思っているので、どこの政党であろうが、いいことを言えば評価しますし協力します。共産党さんや民進党さんは嘘ついて、レッテル貼りをして日本を混乱させようとしているので嫌いです。

当選しようが落選しようが、公明党さんの事は嫌いじゃないです。
自民もね。しっかりとした議員は多いです。
ただ、ちょっと癒着が過ぎるので、そこは叩きのめします。
そんな感じです。

さぁ、解散だ。
ここまで来たら風はやまない。
しかも、今の日本にとって最も大切なテーマだ。

「安保法案の意義を問い直す」

安倍晋三首相、衆院解散を決断 10・29衆院選が有力 北朝鮮情勢の緊迫化で方針転換 「安保法制の意義問い直す」 創価学会も緊急幹部会(産経新聞)

私は2年前に叫び続けた。
左翼メディアと民進・共産は間違っていると。

今の日本は「現実的」に対応しなければいけない。
安保法案は「当たり前の法案だ」と。

「誰か反論のある人? ~安保法案なんて、早く通せ~」(本気論・本音論/2015年7月8日)

「『戦争反対!』とデモしてる人間の方が、よほど戦争するタイプの人間である」(本気論・本音論/2015年8月6日)


当時は炎上目的でずいぶん汚い言葉を使いながらPVを稼ぐことに必死になってはいたが、言っている内容は今も信念として全く変わっていない。
安保法案はあの時にしっかりと制定しなければいけなかった法案。
今の北朝鮮の事情を見れば一目瞭然のはずだ。

あの時にプラカードを掲げて
「戦争が始まるぞ!」
「徴兵制が始まります!」
と国会の妨害を続けていたのが民進と共産。

その言葉の…あの行動の責任を取らせるべきだ。少なくとも民進と共産は安保法案を通せば徴兵制が始まると主張していた。

神聖な国会の場で混乱を招くだけの妨害行為等その主張をしていたかどうかを国民の皆さんに問い直すべきだ。

国会議員には毎年一人一人に1億円の税金が投じられている。
嘘つき・妨害のプロ・工作員に国会にいてもらっては困る。

確かな野党は維新だけだ。
小池新党?
みんな民進だった連中じゃないか。
プラカード持ってた連中だ。

自民党と対峙できる野党は維新だけ!
さぁ、戦うぞ!!

前原氏のことも民進のことも1ミリも応援はしていない。
早く解党した方がいいと2年前から言ってきて、それは今でも変わっていない。



この連中はどうしても好きになれない。
なんだこれ。
議員バッジ同好会の面々。
見てるだけで腹が立つ。

前原さん、負けるな!
こんな連中に負けるな!

民進は最終的には我ら維新が叩きのめしてやるが、それまではこんな連中になんか負けるな!

笠、後藤氏が離党届=前原氏苦境に―民進(時事通信)

↑このページのトップヘ