2018年07月

結局、これが正体か、と。
情けなくなりました。

そうです。
僕のコラム読者の皆さんはもうお分かりの通りですが、単なる「反アベ運動」だったんです。

ずっと違和感があったんです。

杉田水脈??

誰も知らない議員です。完全無名。
それなのにメチャメチャ大ごとのように騒ぐ。
ウヨクゴリゴリ思想の一人の議員が持論を語っただけでしょ?

ほっときゃいいんじゃん?

そんな風に思ってたんですが、この現場写真を見て、全部の謎が解けました。
172942BB-43D1-476F-B44B-4075176BE9B1
41E428D7-49D9-42A7-AF4C-171E8CA5D071
F3658006-52B0-4211-AA70-6E6F0C531550
BA3765EE-BEBF-4A1D-ABA9-AB7C639D7A72


要は「反アベ運動」の一環。
そのネタが出てきたので、反アベ運動のいつもの面々がLGBTのみんなをけしかけて大騒ぎしているだけ。
相変わらずの下品な面々です。利用されているLGBTのみんなが不憫でなりません。

見てください。
こんなこんな下品なプラカードを持って叫び声です。
まぁいつもの面々です。
Twitterやネットでは

「LGBT反対のデモがこんな感じでした」

というトーンで拡散されていきます。
普通の方はもうドン引きです。うわーLGBTこえーわー。絶対そうなちゃいます。この写真見たら。



要は、安倍さんや自民の足を引っ張りたいだけの人間ってのが一定数います。
共産や立憲民主の応援団です。
彼らは安倍が悪い安倍が悪いと叫ぶことがアイデンティティです。

なので、ネタを探し続けています。
他の文章もいくらでもあるのに、切り取りして、レッテル貼りをして、そして結果、反自民に繋げます。いや、繋げようとします。

で、めちゃ茶気持ち悪い連中なので、結果、自民党と安倍政権の安定絵的な支持率に貢献し続けています。



僕、このデモでプラカード持って叫んでた連中、本当にLGBTのみんなをバカにしていると思います。
LGBTの支援は政党とか関係なくするべきこと。
杉田議員じゃないけれど、これだけは言いたい。

このプラカード持ってる連中…




生産性、全くない!!

かわいそうにLGBTのみんながどんどん政治利用されてます。自民党前には

いつものプラカードを持った
いつもの叫び声上がるの好きな人たちが
いつも通りに集まって
いつも通りのテレビクルーが撮影してます。

あーーーーーーー
やっちゃったなーーーーーー

中には、初めて参加したLGBTの人もいたとのこと。
ダメだってーーーー
そっち行っちゃダメだってばーーーーーー
なんで分からないかなぁ…。

杉田水脈って議員が変なこと言ったんでしょ?
じゃあ、逆に今は冷静になったほうがいいでしょ。
どうしてそれが分からないのでしょう…。

ずっとLGBTを応援してきて
「ニューヨークでも、あのイギリスロンドンでも同性婚がオッケーなのに、日本は古すぎる!」
って言い続けてきた僕としては残念でなりません。こういうことやっちゃうと気持ち悪くなっちゃうんだってば。冷静に今の騒動、お友達に聞いてみなよって言いたい。

なんで「反アベ集団」に政治利用されているのが分からないかなー。共産党や反対大好き集団が政治利用しまくって大はしゃぎしてるでしょ?

あのプラカード、いつも通りのやつじゃん。
あの署名の集め方、いつも通りのやつじゃん。

LGBTの差別とか偏見をなくすのって、政党とか関係なく、みんなですることなんだってばよ。
反アベと関係ないでしょ。
みんなで直していければって雰囲気の中、こういうヒステリックな動きをしたら逆効果なんだってば…。なんで叫ぶんだよう…。




もし、今。僕がLGBTだったら、絶対に逆の行動します。
僕、もし当事者だったら、絶対にネタにします。
で、思いっきり人とメディア集めて、

「生産性のない我々レズ・ゲイ・バイ・トラの超生産性祭り」

とか企画して、めっちゃ近所の人に喜んでもらって笑い飛ばします。
綿あめとか焼きそばとか、徹底的にみんなにふるまいまくって生産性アピールしまくります。

今だったら被災地まで行って、今もなお避難を余儀なくされている人たちを慰問して「LGBTのお笑い生産委員会」ってやって、徹底的に笑い飛ばします。そして、それをメディアに取材させます。

楽しそうじゃん。その方が。

逆効果なんだってば。
叫び声とか、プラカードとか。

笑おうぜ。
レズの人も、ゲイの人も。
バイもトランスジェンダーも。
苦しかったろ?
悲しい思い一杯したろ?
イヤなこと一杯言われてきたんだろ?

じゃあその分、全部笑い飛ばそうぜ。

さんざんネタにしてやったらいいさ。

安心しなよ。

たかだかレズだろ?ゲイだろ?



殺害予告きまくってテレビ番組全部降ろされたりしてないんだろ?



僕よりましだってばよ。
僕、子供3人いるんだぜ?
LGBTのみんな、まだ仕事あんだろ(涙)?


あんまり共産連中に乗っかるなってば。
あっち方向だって思われたら損だよ。

政党とか関係なく、みんなで理解深めりゃあいいんだよ。
何だったら企画するぞ?
「LGBTの大生産祭り」
スペシャルゲストはもちろん、杉田水脈だ。それでいいじゃん。あんな程度の文章ごときにいちいち本気で怒んなって。

宇多田ヒカルさんで話題になったストローマン論法。
藁人形論法とも言いますけれど、ディベートの訓練などを全くしていない日本人のとっても恥ずかしい論法。ネットでさんざん横行してるやつです。

【例文】
A氏 「私は子どもが道路で遊ぶのは危険だと思う。」

B氏 「そうは思わない、子どもが外で遊ぶのは良いことだ。A氏は子どもを一日中家に閉じ込めておけというが、果たしてそれは正しい子育てなのだろうか。」

※A氏は子供を家に閉じ込めておけとは言っていません。B氏は架空の主張に対して反論しています。



皆さんもネットとかでよく見るでしょ?
少なくとも僕のコラムの読者の皆様くらいはこういう恥ずかしいのはやめてくださいね。
ちなみに、ディベートの世界では一番恥ずかしい論法と呼ばれています。なぜなら
『私は正常な読解力がありませんよ』
と宣言しているに等しいからです。

日本ではネットでピーピー言ってる人の大半はこれです。世界的には超恥ずかしいおバカ論法です。

そして、メディア界隈では、自称リベラル=(ほんとはリベラルでも何でもない)ドサヨク集団の朝日・毎日たちがいつもやってるやつですね。



一言で言うと、相手が言ってないことを勝手に作り上げて、その勝手に作り上げた文面に大声で反論するやつね。ディベートの大会では0点になるやつです。

一番ひどかったのが昔、橋下徹さんがやられたやつ。



え?世界中の軍隊で慰安婦っていたじゃん?
まぁ戦地に赴く兵士たちにとって慰めになってる部分はあったのかも知れないけれど…
世界中の軍隊にあったのに、日本だけ徹底的に攻められて非難されてるのっておかしくない?


たったこれだけです。
こんな「普通」のことを言っただけ。
すると、超ストローマンの権化=朝日系列が叩きのめした。


橋下徹がぁぁぁぁぁぁぁ
慰安婦を容認するような発言をぉぉぉぉぉぉぉ!!!



病気だよね。
勉強しなよとしかコメントできなかったです。

言ってないじゃん。そんなこと。
あれは橋下徹氏の『大誤報をやられた』という言葉が完全に正解。
歴史が証明します。
あれ、橋下さん、1ミリも変なこと言ってないから。
藁人形しかピーピー言ってません。
あの時橋下さんを非難してた人、全員バカです。知能ゼロです。

いまだに維新の支持者の中でもバカ丸出しの人は「あの時の橋下氏の発言で流れが変わっちまってぇ」とか言ってる変な人がいらっしゃいます。
僕が国語、教えるって。
お金はとるけど。
連絡してきなよ。色々教えるから。

藁人形論法・ストローマン論法。
色々と言われるけれど、正常な知識人にとって、ものすごく恥ずかしい議論の進め方です。

今、杉田水脈議員が叩かれまくってます。
僕のコラム読者は乗らないでくださいね。バカにしか見えないから。

杉田議員はけっこう角度入ってますけれど、
「へーそんな価値観あるのね」
程度の意見しか書いてません。
まぁ、LGBTを受け入れられないんでしょ?それは価値観としては別にいいんじゃないですか。
あっそう、という感じ。角度入ってる人なんだから、そうですか、でいい話です。

彼女の文章の趣旨は「行き過ぎた保護政策は違うのではないの?」というもの。僕の意見は違うけれど、あってもいい主張だと思います。




ネットはストローマンばかりだから、見ていて本当に恥ずかしいものが多いです。
皆さんもちょっと注意してみてみてください。
維新を除く野党軍団、めっちゃ多いですよ。藁人形だらけ。

日本人、スピーチングやディベーティングの練習、全然しないからなー。
どっかで誰かがちゃんと教えればいいのに。

先日のコラムに対して、実際のLGBTの方からメッセージが来ました。
とっても勉強になりましたし、僕の先日のコラムはちょっと思慮不足だったと思ったので彼らのコメントを読者の皆様と共有したいなと。

ハンドルネーム「ひま21」さん、「レモングラス」さん、コメントありがとうございました!
もともと僕はMXテレビでも一緒にしていたし、皆さんのことを気にもならないし、むしろ好きなのだけれど、そんな僕も全然理解できていないんだなーと。そして、もっと住みやすい日本にしなきゃいけない思いました!

【ヒマ21】さんからのコメント

「いつも楽しく拝見させもらってます。

自分はGですが
LGBとTを分けて考えた方がいいと思っているので
水田議員のことがすこし理解できるっていう長谷川さんの気持ちはなんとなくわかります。

ただ今回のブログは、
結構、気分が悪くなりました。ちょっとずれたコメントになると思います。

違うブログ記事で
長谷川さんは マツコさんとかと接してきたので、そういう人たちは
全然平気ですって書いてましたが

自称同性愛に理解がある長谷川さんでも(文章を面白くするためかもしれないですが)
やっぱり ゲイとかレズっていうと
セックスの趣味(スカトロとか赤ちゃんプレーとか)って
話につながりやすいんだということにショックを受けました。

自分はゲイであることを 親にも仕事の人にも学生時代の友達にもカミングアウトしていません。

特に会社の人にはできないと思っています。
男性が多い職場なのですが、もしカミングアウトすると長谷川さんの書いたブログのようなセックスの趣味みたいな話になるんだろうなーって容易に理解できるからです。じゃあ カミングアウトしなけりゃいいじゃんって話になります。だからしてないんですが、じゃあ問題なしってわけにもいかないかなー

自分としては、好きになって一緒に社会生活を営んでいきたいと思える人と出会ったら(ノンケの世界では結婚がありますが)、自分の家族や友人、職場の人間に紹介したいし、紹介することで、新たな社会ができて、より豊かな生活が送れるんだろうなと思います。自分はできてないんですけどね

なんでもカミングアウトするのが正しいとは思ってはいませんが
今回の記事を読んで
まだまだゲイってことは隠してた方が生きやすいんだなって思いましたw」


【レモングラスさん】からのコメント

「長谷川さん、いつも拝見しております。

長谷川さんの視点には膝を打つことが多いのですが、今回どうしても引っ掛かるところがありコメントさせていただきます。

「レズビアンもゲイも、言うまでもなく個人的な性的嗜好」と書いておられますが、それは間違っています。多くの同性愛者にとって同性を愛することは「嗜好(このみ)」ではありません。

国籍や親を選べないのと同じくらい、自分ではどうすることもできません。ぼくたちは同性を好きになりたいわけではありません。どうかこのことをわかってください。

よく言われることですが、同性愛は「嗜好」ではなく「志向」と表現します。」


長谷川よりの返信

お二人とも、コメントありがとうございました。
ひま21さん、そうですね~日本って、まだまだ理解が進んでいないですしね。アメリカに住んでた僕でもこんな感じなんですもんね~。
レモングラスさんもコメントありがとうございました。
国籍や親は選べないですもんね。
皆さんにとって、性的な嗜好はあるでしょうが、それ以上に「生活」なわけで。僕はそこをもっと受け止めてあげなきゃな、と思いました。

ぼく、マツコさんやカルーセルさんと一緒にやってたせいか、気にしてなさすぎなんだろうなー。皆さん、表面に出さないだけで、ずっといろんなものを乗り越えてんだろうな。
ナジャやダイアナもそうだけれど…あの人たち、明るすぎるんだよなーーーー(笑泣)。むしろ得してる勢いだし。

ありがとうございました。いつかお二人、飲みましょうね。

杉田水脈議員。

全文読みましたけれど、まぁLGBTがキライなんだろうなぁという感想。それはそれでいいとして。文中の後半には結構考えさせられることが書いていました。

彼女の文章って、部分きり取りをして四の五のと怒ってる人もいるのですけれど、要は「税金や保険料の使い方」についての提言が趣旨です。この中で

「個人的な趣味・嗜好に税金や保険料を投入すると際限がなくなるでしょ」

ってのが彼女の主張。

うーーーーーーーーーーーむ。

これは悩みました。
けっこう面白い視点。
はい。僕のコラムの読者さんからもコメントがあった通りですが、確かにちょっと悩む視点です。

彼女の文章の中で評価できるのは
「LGBT,LGBTって言うけれど、そもそもLGB(レズとゲイ・バイセクシャル)は個人的趣向でしょ?T(トランスジェンダー)とは違います。だって性同一性障害っていう障害なんだから」
という点。
つまり、そもそも「LGBT」とか言うけれど、「LGB」と「T」は全然違うでしょって論を展開しているところです。

これは間違ってません。

レズビアンもゲイも、言うまでもなく個人的な性的嗜好です。これは確かです。パタリロに出てきたバンコランは確実に個人的な嗜好で男と抱き合っています。
ただ「性同一性障害」は、医学的に認められた「障害」です。なのでみんな苦しんでます。

杉田議員の主張は
「個人的性的嗜好は実費でやってくれ。障害にはちゃんと税金を使って保護しよう」
というもの。

その下りでアーダコーダ生産性ガーとか言うので、ギャースカ言われているのですが、そういう「叩きたいだけの人」は置いといて、僕のコラム読者の皆さんは一緒にちょいと考えましょうね。

これ、けっこうドキッとするけれど、あながち間違いきってないかも知れないですよね。

コメント欄でも指摘されている通りで、スカトロも立派な個人的な性的嗜好ですよね。
うんこ食べてオシッコ飲んで、そうしなければ興奮しない人たちもいるわけじゃないですか。
一ミリも理解できないけれど、これって、性的嗜好ですよね。

昔、新宿で悲惨な火災が起きたんです。
で、運び出されてきた犠牲者の中に、裸におむつをして、哺乳瓶を握りしめているオジサンがいたわけ。聞くと、誰でも知ってる会社のモノスッゴイ上の人だったわけです。

彼、赤ちゃんプレイしてたのよね。
で、その最中に火災に巻き込まれちゃって…。

でも、それも個人的な性的嗜好ですよね。

なるほど、杉田議員のコメントを借りれば「際限がなくなります」とのことですが、トランスジェンダーの方は「障害」な訳だから、彼らが結婚したり社会生活をすることを税金で守ってあげるのって、僕は当然だと思うんですよね。

でも、スカトロ趣味の人がウンチを食べやすくするために公衆トイレを税金で改造したり、赤ちゃんプレイをするために、オッサンが哺乳瓶を買うのを税金で補助したりし始めると、確かにそれはなんだか違和感。

性的マイノリティーを守ろう~~~って言ってる人って、おっさんの哺乳瓶に補助金出してあげるつもりなのかな?だって性的少数者は守るべきなんだろ?という話になっちゃう。

要は言葉が足りてなかったり変なこと言ってるので叩かれてますけれど、杉田議員って言いたいのは

「税金をバシャバシャ湯水のようにばら撒いていないで、ルールを決めよう」

ってことなのでは?で、その彼女なりのルールが
「障害者は全員助けよう」「性的な個人的な嗜好は自分の金でやってくれ」
ってことなのでしょう。

難しいのはトランスジェンダーなので同性愛になる人もいるので、それは助けてあげなきゃですよね。同性愛を受け入れられない杉田議員にとっては、レズやゲイの人を税金で助けるってのは、スカトロ趣味の人の食べるウンチに補助金出してあげてるのと同じ感覚な訳でしょ?

まぁそう考えると、ちょっと理解できなくもないですわね。



まぁなんだかんだ言ってますけど…
杉田水脈議員って…




子供一人じゃん(ごーん)。
生産性って貴女もあんましないじゃん。
どうなの?それ。

IPアドレス49.253.10.253氏より素敵なラブレターが届きました。

楽しい人だなー。
一度でいいから飲みに行きたいなーAFB20B48-F85F-4EBD-8C8A-5A394F5838A3


声に出して読んでみると、意外と楽しいです。
ストレス発散にどうぞ。

自民党の杉田議員がずいぶんと叩かれています。

読んでいない人はこちらから全文読めます。

正直な感想を言うと、僕は全然へーとしか思わなかったです。
僕は杉田議員と価値観や考え方は違いますが、まぁそんな考えの人って結構いるよねーという感想。

と、言うのも、僕は2年半ほどアメリカで生活してきましたが、取材で訪れたテキサスとかオクラホマの人たち、けっこう多くの割合が杉田議員と全くおんなじ価値観です。いわゆる「保守的」ってやつですね。

僕はMXテレビでマツコさんにゃカルーセルさん、ナジャさんやミッツさんにダイアナたちと一緒にやってきたので、全然平気です。
気にもならないですし、むしろ大好きです。古くはとくダネ!でおすぎさんとピーコさんと一緒にやってたし。おすぎさんのディープキス、すごかったなー。舌、めっちゃ入れてきたなー(涙)。

でも、同性愛を受け入れられない人って、多分いるし、杉田議員みたいな価値観の人もいてもいいんじゃないですかねぇ。僕みたいに受け入れられる人もいていいし、拒絶する人もいるんでしょ?それぞれでいいんじゃないです?

文章をちゃんと読めば「生産性」って言葉狩りにあってるみたいですけれど、要は「子供産まない」って言いたいんでしょ?、まぁそれはそうじゃないんですかね。養子縁組で全然いいとは思うけれど、同性婚のカップルから子供が生まれないのはホントだしね。




僕ねー

多分ですけどねー



杉田議員と、
杉田議員をたたきまくってる人って、


めっちゃ似てるように感じるんです。皆さん、どう思います?

要は自分の価値観に合わない人たち、全員間違ってて自分だけが正しいって信じ切ってる人たちでしょ?

いや、いろんな人いるじゃん。
いいじゃん、それで。
別にそれぞれの価値観なんだしって。
なんでそれでおしまいにならないかなー。

脊髄反射してあそこまでピーピー怒ることですかね?
めっちゃ全否定してる人たちいるけど、普通に怖いんですけど。
杉田議員もいくつかの興味深い提案もしてるし、なにより、共産党の人たちだってあれよ?真剣に天皇制反対とか言ってるんですよ?いいじゃんん、いろんな価値観の人がいても。

いろんな人たちがいて収拾がつかないから多数決の民主主義国家があるわけでしょ?




文章、全文読みましたけれど、怒ってる人たちに言いたい。
頼むからもっと肩の力抜けよ、という感じ。
必死こいて反論してる人たち、もうちょっと冷静になったほうがいい。

いろんな人いるって。

言いにくいことですけど、これはちょっと真剣に考えたほうがいいと思います。

東京五輪。

世界中から人が集まります。
政府は2020年には4000万人の観光客を見込んでいるそうです(←閣議決定済み)。

いや…
本当に…

どうするの?これ。
この季節ですよ?東京五輪って。
2年後の今、五輪とか言ってんですよ?

無茶でしょ。
これ、死人出るでしょ。
アスリートはいいですよ。アスリートは。
応援してる人、どうするのって話です。
特にヤバいのがマラソン。

今よりも圧倒的に涼しければいいと思いますよ?それはね。
でも…ょっとして、今年よりも暑い可能性だってあるわけでしょ?
え?
死人出ますよ?
しかも相当数。

<熱中症>搬送者2万2647人…16~22日 消防庁(毎日新聞)

この一週間で2万2600人ですよ?病院も悲惨なことになってるわけですよね?
これ、気を付けてこれな訳ですよね?慣れてる日本人でこれなんですよね?
マラソンの応援って、沿道で何時間?

死にますよ?
本当に。

忘れないでほしいのは、日本の暑さはほかの国とちょっと違うって点。
この湿気が体力を奪うのです。
ロスも暑いです。
テキサスも暑いです。
そんなロスでもテキサスでもゴルフしたことありますけれど、日本の夏ゴルフほど厳しいものないです。

湿気なんですよね。
気温はロスとかの方が熱いです。
違うんですよ。重みが。暑さの重みって言えばいいのかな…。奪うんです。体力を。



そして真剣に考えなければいけないのがパラリンピックです。
みんな、五輪ばっか考えているけれど、パラリンピックってとっても大切な大会があるわけです。

やらすの?
身体に障害を持っている皆さんに?
この暑さの中で??

いやいやいや。
あり得ないでしょ。

季節を10月に代えさせてもらうとか、
北海道で行うスポーツを半分くらいにするとか、
最低限、体育館の中で行われるものに関しては、超絶強力な冷房を完備するとか。

徹底した対策を行わないと、世界中から観光客が来て、世界の人が熱中症で死んでみ?
観光立国どころじゃあない大問題になってめちゃめちゃ叩かれます。
エラいことになる可能性があります。

自民がどうとか共産さんがどうとかどうでもいいので、頼むから全党一致で死ぬ気で対策してほしい。
見たくない。
日本を魅力的に思って、日本に来てくれた人が、日本の信じられない暑さで熱中症で倒れる姿。

繰り返しますが、気温じゃあないんだって。
湿度。
この湿度はまずい。
死人が出る前に、ちょっと真剣に対策した方がいいです。本気で。

昨日は京都でのシンポジウムに参加しました。
道州制についてのシンポジウムです。

きっかけは広島や岡山の豪雨。
何人かの友人に聞いても、かなりガバナンスが行き届いていない状況。

実際に広島で土砂崩れが発生している場所は現地報道によれば実に5000件。
でも、応援物資が届く場所や義援金が届く場所はテレビで取り上げられた数カ所のみ。あとはひどい場所によっては放置という状況。

自民党は赤坂の料亭でどうの、では立憲民主派というと立憲民主も四の五の…と。

今回は結局、想定が全然できないレベルの豪雨だったわけで、そういう時に今の日本の指揮系統がどうなっているのかというと、岡山で発生した土砂災害に対してお隣の広島や島根、鳥取の警察や消防がすぐに駆けつけられるんですか?というと、これは事実上、すぐには行けない訳です。見殺しにするしかない。

なぜか?

簡単です。それぞれの直轄があるからです。
広島は広島県警。岡山は岡山県警。
目と鼻の先で最悪規模の土砂災害が起きたとしても、自分の直轄の上司に許可取りをして、印鑑を頂戴し、相手の管轄に踏み込んでいいのかを許可申請し、その相手からの印鑑を頂戴しなければ動けないのが現実なわけです。だって、それぞれのシマなんだから。どっちが予算を出すのですか?ってところで後々もめてしまうからだそうです。

バカじゃないの?と。

日本って、もう飛脚が走っている時代じゃあないんです。
明治4年に制定された廃藩置県の制度を、なんで平成ももうすぐ終わりますよって時代に使ってるんですかって話。

聞くと、道州制の議論はすでに90年前から始まっているそうです。
戦前にはもう今も続く県と市のシステムは「時代遅れのシステム」と言われていたそうで。
それをいま議論しているんです。日本って平和な国ですよね。本気で。

成熟国家に近づいている日本は、国が担わなければいけないシステムなんてかなり少なくなってきているんです。
昨日の議論では
・国は総予算の15%ほどで十分。国会議員は衆・参合わせて500人もいれば十分だ、と。
・広域行政=地域主権型の道州制の議会に35%の予算を。
・目の前で子供たちや地域に密着する地域行政に50%の予算を降ろすことで、圧倒的に地域の力がよみがえる
という意見が出ましたが賛成です。もう厚生労働省なんて省庁はいらない。文部科学省もいらない。各自治体で勝手にいろいろと決めて、その分競争すればいいだけ。

要は国の形を根本的に作り変えるということ。
今の時代に合った形に変えるということ。

今の日本は厳しいしこれからはますます苦しいですが…
逆で、これだけ無駄の多いシステムを取っている以上は本当にその改革が出来れば何とかなる可能性もあるということです。



ですが、これを提案できるのは議員のみ。
議員の数を減らし、議員が不要だという議案を提出できるのは議員のみ。
つまり、
自分は役立たずで、
自分は必要のない人間だから切って捨てましょう、
と自分に対して言えるのが議員のみ。

90年間変わるわけないよね。
誰でも分かっている当たり前のシステムにたどり着けない日本。
簡単じゃあない…。

Twitterで共産党のことをボロカスに書いていたら、共産党支持者さんから、この写真が送られてきました。
FireShot Capture 618

ふむ。

これはこれでちゃんと紹介しなければフェアではありません。

共産党の末端の組織は褒められた人間たちではありません。
妨害行為。
誹謗中傷。
僕も去年の選挙の時、どれだけ嫌な思いをさせられたか。

要は反対運動集団のようになっていて、国会でも地方選挙でも同じなんですけれど、
「はんたーーーい」
って声を上げればそれでいいと思ってる連中ってのが僕の共産党の総評です。そう言ってる自分が気持ちいいんでしょ?ってね。

ですが、彼らは支持率3%あって、少なくとも維新の1%とは雲泥の差。こういう所なんだよなぁ…という思いも確かにあります。

共産主義や社会主義は人間に合わないです。
ご存知のように、世界中で共産主義や社会主義を掲げた国はその全てが失敗に終わっています。
当然です。
中野信子先生の脳科学の本などをちゃんと読んでいれば分かるんですが、人間の脳って、そもそもそんな風には出来ていなくて、怠けられるチャンスがあれば怠けるようにプログラミングされているし、働いても働かなくても給料が同じなのであれば、それは当然働かないように設定されています。

みんなで働かなくなるんです。
そら、国としては失敗するに決まってるでしょうが、という話。

口先で理想的なことを言うのは気持ちいいでしょうけれど、人間はそんなではありません。
なので、共産主義とか社会主義って言ってる人って、

あーそう叫んでるのが気持ちいいんだろうなー

としか見えません。僕はね。

ただ、上記新聞記事の結果を見てもそうなんですが、これ、東日本大震災の時の寄付金の数字らしいんですけれど、これはすごいよ。確かにこれは立派。共産さんも公明さんも。

重大な被災地には物資とか送ってもほとんどが廃棄処分になります。物資送ってオシマイって人が多過ぎるんです。ボランティアも同じ。うまく行けば上手に機能するんですけれど、行けば分かりますが、かなりの混乱状態です。そんなところにボランティアが押し寄せるんです。

さばけないです。
はっきり言って迷惑になるボランティアを山ほど見てきました。

金なんです。
被災地には金が要るんです、現金が一番助かる。これは間違いない事実です。

しかも、寄付が一番いいんです。啓蒙になるから。遠く離れた場所でも、同じ日本人が苦しんでるじゃんって。子供でも100円で助かるものがあるんだよって。そうやって啓蒙するのってとても素晴らしいことなんです。

公明さんとか共産さんって、そういう汗をちゃんとかくんですよね。
共産軍団って確かに国会では反対ばっかです。
確かにデマばっかです。
人の誹謗中傷ばかりです。
ネットにもクソみたいな共産支持者が山ほど湧いてます。

でも、こうやってやることちゃんとやってるから、こんな反対だけの集団にも支持者は集まるし、支持率は3%もあるのだろうと思います。

共産党にもいい部分も悪い部分もある。
政党としての運営など、本当に共産党はすごいって唸る部分が沢山あります。
見習わないとね。
認める部分は認めなきゃいけない。
少なくとも維新の3倍は支持率あるんだから。

僕のことを「取材先で取材費を懐に入れた」などと、事実と異なるTweetをしていた「ブルドッグ」なる人物。
「正面から受けて立ちます」
など、随分威勢がいいなぁ、これは裁判が楽しみだ、と知り合いの弁護士に連絡し、書面の準備に入ったところ…「ブルドッグ」なる人物から連絡が来ました。記されていた住所は…

フィリピン在住。フィリピンのセブ。

いい所です。羨ましい…むかし僕も旅行で…ではなく、ご存知の通りで、当該不法行為が日本国外であった場合、日本の裁判所は基本的には動けません。双方が契約書などを交わせば話は別ですが、事実上、裁判は難しいと言わざるを得ません。

ただ、何度かダイレクトメッセージをやり取りさせていただいたのですが、少し印象が変わりました。

率直に言うと、僕の中で彼に対する悪い印象は全くと言っていいくらい無くなりました。

まず、確かに裁判は出来ないものの「正面から受ける」という言葉の通り、彼は住所も送ってきましたし、返信もそこまで時間をかけずに何度も送ってきてくれました。

内容も「どの取材先なのか?」「取材費の支払いなどあったのか?」「それを懐に入れたのか?」という質問には答えてはいませんでしたが、常識的な人物の文面だと感じました。記されている仕事内容もしっかりとしたものでした。

読むと、ネットなどで僕を貶めたいだけの連中が悪ふざけで拡散している2012年6月の当時の内容をそのまま信じてしまっている様子でした。

僕はその内容が事実に反し、その記事を書かせたフジ社内の人間を突き止めることが出来たために、2013年、その一方的な記事に反論するためにフジを辞めたわけです。

他にも、彼は「透析患者を苦しめた」というデマネタをそのまま信じている様子でした。
このコラム読者はすでにご存知の通りで、僕はそもそも「透析患者」になどコラムを書いたことはありません。1型と2型の違いは世界的には極めて大きなものです。僕はあくまで2型の糖尿病腎症についてのコラムを書き、その断りも何度も書いている通りです。
また、注目を集めるために炎上目的で強い言葉を使ってタイトルをつけましたが、そんな意図は全然ないことも文中に書いています。

ただ、このブルドッグ氏はそれらの僕を貶めたいだけのネット上の記事を真に受けている様子でした。
それ自体は残念ですが、少なくとも僕をバカにしたいだけの連中などではなく、また、実情を記した僕の著書も購入してくれたそうです。僕の家族になにが起きたかも読んでくれるかもしれません。もし面と向かって会うことがあった場合、Twitterの文言から見える印象とは全然違う人物なのかも知れません。

コメントには「ウソをついている可能性もある」「逃げられている」というご指摘はありましたが、僕は彼のコメントやメッセージにはウソはないと思いました。送られてきた文章も理性的なものだと感じました。少なくとも彼はごまかしたり逃げたりをしませんでした。物的な証拠とかは確かにありませんが、彼のメッセージを信じたいと思います。

なのでお騒がせしましたが、ここまでにします。
読者の皆様にはこれからも変わらぬ応援・ご指導をよろしくお願い申し上げます。


僕のことを「取材現場において取材費を懐に入れた」などと、完全に事実と異なるTweetを拡散し、8000人以上にリツイートさせたブルドッグなる人物がこのようなツイートをしていました。
FireShot Capture 614 -noh8


正面から受けて立ってくださるとのことで、ホッとしました。面倒な手間が省けそうです。
みんながやって入るようにTwitter社に通報し、警察経由でアドレス特定をし、本人をに対して訴訟を…となると1か月強の時間がかかることを知っていましたので、面倒だなぁ…と考えていましたが、上記の通り、正面から受けて立ってくださるそうです。

良かったです。
早速このようにダイレクトメッセージを送らせていただきました。(下記本文ママ)


Twitterアカウント「ブルドッグ」(Akira Kanda)御中

暑気厳しき折柄、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

既に告知いたしましたように 2018年7月11日16:34に貴殿が世界中に対して公衆送信したTweet文章は事実とは全く異なり、対象者(長谷川豊本人)の名誉を著しく棄損するものと言わざるを得ません。
また、警告に対して貴殿は2018年7月14日0:44 に再び「ゆるいお知らせ」「真正面から受けて立ちます」との意思を示されたことを大変残念に思います。

貴殿Tweetの文章にある「懐に入れる」とは『自分のものにする』(広辞苑)という意味の日本語であり、長谷川当人を犯罪者と断定した内容と言わざるを得ず、ネットのデマをそのまま未確認のままに世界に発信した許しがたい行為です。

「正面から」受けて立たれるとのことですので、ぜひ「どの取材現場なのか」「そもそも取材費をフジテレビが長谷川当人に支払った事実はあるのか?」「その取材費なるお金を長谷川が自分のものにした」という証明を裁判所にて行っていただければと思います。こちら側も全力で事実と違う旨、裁判の場で証明してみせます。

繰り返しになりますが、当該者の名誉を棄損する内容を未確認のままTwitterなどのSNSなどを通じて世界に発信したりリツイートして拡散する行為は過去何度も裁判で判決が出ている事例であり、重々考慮されることを望みます。

「正面から受けて立たれる」とのこと。
手間が省け大変ありがたく存じます。
このダイレクトメッセージでけっこうですので、どうぞご連絡先を頂戴できればと思います。
連休明けには当方代理人より、通知書を送付させていただきますので、そちらも代理人等をたてるなど、適切な対処をされることをお勧めします。

まだ猛暑が続きます。
お体などご自愛くださいますよう、お祈り申し上げております。

長谷川豊



皆さんご存知の通りで、証明責任は権利を保有する側が持ちます。難しいので簡単に言えば、「悪魔の証明」は出来ませんので、今回は「犯罪行為をしていた」と彼=ブルドッグ氏が主張している以上は、裁判において「僕が」

・どこかの「取材現場」にいて
・フジテレビより「取材費」なるお金ををもらっていて
・それを「私物にした」

という証明をしてくださるそうです。楽しみです。どんな証明をしてくださるのでしょうね。

その証明が出来ない限り、彼のTweetは僕のことを犯罪者呼ばわりしている以外なにものでもなく、断じて許せる内容ではないため、許せる内容ではありません。
もう一度見てください。
FireShot Capture 613

間違いなく彼はそう公衆送信しています。

まさかここまで啖呵を切ってシッポをまくことはないことを期待します。

悪ふざけで、人の名誉を傷つけ、対象者を匿名で貶める行為があまりに蔓延しています。
毅然とした対応をさせて頂こうと思います。
正面から受けて立ってくださるそうなので。

言うまでもないことですが、僕はフジテレビの下した処分に対して全く納得しておらず、名誉を守るためにフジをやめて世間に事実を公表させていただきました。納得できない旨を上層部に伝えたら「辞めろ」と言われたためです。

すぐに退社し、あった事実を全て世間に対して公表。受けた取材は数十本に及び、どのネットを叩いても、僕の主張は読むことが可能です。今は当時のフジの言い分をそのまま記事にしたようなサイトなほぼ削除してくださっており、のちにテレビ局のメインMCやニュースキャスターに就任する際にも、悪質な点などは皆無である旨、全て証明させていただき、局の顔としてのニュース番組等を任されるに至っています。

また、日本維新の会の支部長に就任するにあたっても、松井代表も記者団の質問に対して全く問題ないことを明言していただいていることは既報の通りです。

このような人をバカにすることを目的とした人物を許すことは出来ません。

多くの応援のコメント、本当にありがとうございます。
戦います!

相手にするのも面倒な思いですが、家族や子供たちの為にも戦う必要があると判断しました。

こちらのTweet行為を行った「ブルドッグ」なる人物。
Twitter社に通報するとともに、名誉棄損にて法的措置を取ることにしました。週明けにでも担当弁護士に相談し、警察に被害届を提出することにします。
FireShot Capture 613

言うまでもないことですが「取材費を懐に入れる」などという行為は明確な犯罪行為であり、私を「犯罪者だ」と世界に発信した行為となります。何を根拠にこのようなツイートをしたのか知りませんが、私はそのような行為は絶対にしていません。
にもかかわらず、当該Tweetは8000人以上の方々が「いいね」ボタンを押し、リツイートを行うなど、その波及効果は計り知れません。許すことの出来る範囲を明確に逸脱していると言わざるを得ません。

私は、6年前にこのようないわれのない名誉を侵害する放言をインターネット各所で書き散らかされ、事実と違うために説明したい、と当時勤めていた会社に訴えたところ「辞めてから言えよ」とからかわれ、14年勤めた会社を退職した経緯があります。

また、その経緯に関しては自身のブログ上で丁寧に説明するだけではなく、小学館さんより本を出版していただき、当時担当者と交わしたメールの全文を含む、明確な証拠を提示しながら、身の潔白を何十回も説明しているところです。

またその経緯を多くの方々にご理解いただき、退社後も私は上場企業の番組や司会を数多く務めさせていただきました。

未だにこのように、人を犯罪者呼ばわりする輩がいることはネットの特性かもしれませんが、明らかな名誉棄損です。昨日、当該人物には警告の文章をお送りしたにもかかわらず、何の対処も謝罪も行われていない状況を鑑み、法的な措置を取らざるを得ないと判断いたしました。

未だに大雨の被害が尾を引き、大変の猛暑列島の中、こんなくだらない人間を相手にしなければいけないことに悲しさを覚えますが、家族や僕を応援してくださる皆様の為にも毅然と、粛々と対処したいと思います。

神奈川の串田議員が素晴らしいTweet。
FireShot Capture 612

僕たち千葉の面々も頑張ったかいがあったというもの。
南関東ブロックでひょっとしたら1枠取れるかもしれない!という話をあるメディアの方に聞いたのが選挙終了の4日前。

言わずと知れた日本維新の会の支持率は1%。
これは全国的な数字。
つまり、大阪を含めた数字。

関東の…しかも神奈川はまだマシなものの、千葉の日本維新の会の支持率は1%にも遠く及ばない状態。そんな中でも必死に戦えたのは、串田候補者が国会に行けるかもしれない可能性がわずかながらにでもあったからでした。

彼が立候補したのが公明党さんの地盤。
関東で10%取れるとしたら、もうここしかないという場所。
串田さんは必死の訴えで見事10%を超えていきました。
千葉の4人も懸命に声を上げ続け、南関東ブロックの総得票数でなんと1枠を獲得!

そういう意味では串田さんは僕らの同志というだけではなく、僕らの思いと魂を背負って永田町に行ってくれている素晴らしい仲間です。

僕、今は経営コンサルタントとして沢山の会社様の顧問を務めさせて頂いていますが、ビジネスの視点から見ても、串田さんのこの投げかけは「マーケット分析」というとても大切な行為だと思います。後はこうして吸い上げた声はTwitterだけではいくらなんでも偏りが過ぎるので、幅広い場所で同じ質問を投げかけていくことが必要になっていくことでしょう。



さて、多くの維新の応援者の方々が串田議員のTweetにメッセージを書き込んで指摘されていますが、確かに今の日本維新の会はビジネスの視点から見ても、なかなか広がらない状況はシステム的にやむを得ない部分はありそうです。ちょっと今日は経営コンサルの立場からの指摘です。

政党の立ち上げは法人(会社)の立ち上げに似ています。理念を決めて役員を決めて…。会社の定款(ていかん)を決めるのと同じですよね。

さぁ勢力を広げよう!となった段階で、少しづつ新しい拠点を作り始めます。恐らく維新は、ここがまだ弱いのかな…と分析しています。

これはビジネス的な観点から言えば「フランチャイズ展開」に似た状態となります。
全国のどこのローソンに行っても同じ看板。同じ商品ラインナップ。なので、全国のローソンファンはみんな安心して全国のローソンに行けます。店員もみんな同じ制服で統一感を出しています。これは韓国のローソンでも同じです。

このフランチャイズ展開にはいくつもの実証されている理論があって、例えば有名な一つが僕も所属しているビジネスチームの展開の原点にもなっている「STC理論」です。世界的にも有名な理論でフランチャイズ論としてはアメリカの某有名経済紙でも世界トップ10に入る理論と評価されていましたが、このSTC理論については以前書いたこともあるんですが、もう一度解説です。

S=ストラクチャー 体系をまずはきっちり決める。骨組みのようなもの。全国のどこに行っても同じスタイルをちゃんと統一感を持って維持できるかどうか。政党の党規約だけではいけません。店長が違ってもいいけれど、見るからにバラバラでは有権者が混乱してしまいます。

T=トレーニング 体系をきっちり決めたら、今度は最低でも3カ月に1かい。出来れば月に1回以上はトレーニングをしていかなければいけません。トレーニングしなきゃあせっかく決まっている体系(ストラクチャー)を維持することは難しいです。スタートアップの時は特に集中してトレーニングを行う必要があります。

C=コミットメント 大体のトレーニングを終えれば、いよいよ新しい拠点作りです。この時に本部はしっかりと歩きだせるところまでコミットメントしなければいけません。店の作り方は?客の迎え方は?政党で言うなら、組織の作り方は?組織の広げ方は?ポスターの貼り方・挨拶の仕方は?研修室では絶対に教われない部分をしっかりとレクチャーします。そして、現場は現場で毎月の売り上げを丁寧に情報として本部に上げていき、本部からも現場からも良質なコミットメントが生まれるように作り込みます。



ここまで来たら、最初に戻ります。
もう一度現場の声を吸い上げ、しっかりと体系作りをやり直しです。次に新しい体系の為のトレーニングです。そして、それをコミットメントして…準繰りで回していきます。

ちゃんと出来ているフランチャイズ展開している企業のほとんどはこの「STC理論」を丁寧に、丁寧に積み上げています。

日本の政党でこれが抜群に出来上っているのが公明党さんです。これはものすごく上手にできています。ちなみに、すでに全国の創価学会の婦人部の皆さんは、来年の統一地方選の更に先にある、1年後の参院選の為に動き始めました。まだ1年以上あるのに、です。すでに僕のもとには情報が寄せられています。さすがの一言ですよね。公明党さんは本当にすごい。と言うか、正確に言えば婦人部の皆さんね。彼女たちが大迫勇也選手以上にハンパない。



僕も去年の選挙の直後に指摘させていただいたのですが、維新は骨組みと理念は橋下徹さんがちゃんと作ってるんです。なので、意外と精神的な部分は全国的に繋がっているんです。
ただ、トレーニングをとにかくやらない。絶望的にしない。みんな、マイクのもち方、話し方、ど素人のレベル。なのに、誰も僕に聞きに来ない。僕、仕事だからしょうがないけど、自民党さんや公明党さんのみんなが知ってる議員さんとかの喋り方レッスンとかやってあげたこともあるわけです(←めっちゃ上達させた)。

彼らは与党なのに、謙虚。成長しようとしているんです。また、それをちゃんと重鎮が叱ってくれるんですよね。しっかりと話せるようになれって。

僕、一応全国大会で優勝してる人間です。キー局含めてアナウンサー17年半やってきました。維新のみんなの為であれば、全然無償でも引き受けようと思ってた。でも、誰も来ない。本当に最後まで誰も来なかった(笑)。
で、片足に重心を置きながら、フラフラしながらマイク持ってうるさすぎる音でガナリ散らす候補者の多いこと、多いこと。マイクって志向性って言うんですけれど、マイクには性質があるんです。2タイプあるんだけれど、それ意識しないで喋ったら絶対にやかましいだけですよね。

演説もムダな言葉のオンパレード。アレじゃあ聞く気もなくなっちゃう。僕なら聞かない。ユーモアもはさんでこない。

じゃあ支部を立ち上げますよって言ったら、こっちも誰も来ない(苦笑)。立ち上げ方も分からない。マニュアルっていうA4の紙の束はもらえるんですけれど、それで支部が出来るんなら、子供でも選挙出られちゃいます。

例えばの話をすると、僕らの千葉1区って、公選法だと、ボランティアの方々にはご飯なんて絶対に出しちゃいけないし、お茶なんて配っちゃいけないんです。原理原則的にはね。
でも、そんなの現実的じゃあない訳ですよ。
ボランティアで来てくれて、お茶も出さないのって…そもそも人間としての問題。

で、昔、政党間を超えて、千葉1区のみんなで警察に相談に行ったっていう歴史があるんです。
で、千葉県警から「1500円くらいまでの高価ではないお弁当くらいなら…」っていう暗黙の了解を得てきたわけ。要は見逃してくれるよって話です。

ダメなんですよ?
本当はね。
超厳密に言えばダメなんだけれど、そんなルールなんて、地方地方によって全部違うわけ。

そんなの、マニュアルに書いてるわけないでしょ?
でも一番大事な部分って、そもそもそういう部分な訳です。こういうのを全く教われなかった。この土地に行けば、まずこいつに挨拶しとけ、みたいな人って絶対にいるわけです。そんなの、誰も教えてくれなかった。

支部を立ち上げるのであれば、最低でも半年は本部の慣れた人間がコンサルタントとしてベタ付きしなきゃいけません。選挙の時は怪しい人間も幾らでも寄りついて来るんだから、中核の部分を助ける人間は本部が派遣しなきゃ絶対に問題が起きます。これはフランチャイズ展開の基礎ですね。

維新はそういう基礎的なことが…かなり出来ていないと言わざるを得ませんでした。
逆にこれで勝てって言ったり支持を広げろって言う方が難しい訳で(笑)。
なので、僕は選挙戦は「長谷川豊」個人を出来るだけ前面に出して戦いました。それしかなかった。僕は維新が大好きなので、主張も大きく逸脱している訳ではなかったと思いますが、千葉でも最多となる15000票以上(得票率7.4%)をいただけたのは、そこまで振り切ったことが影響したのだろうと分析しています。



日本維新の会は、そう言ったSTCの理論的な部分があまりに弱いのですよね。
なので、一気に第1党まで取ることの出来た大阪を覗いては苦戦。そりゃあそうです。理論ってのは世界的に正しいことが証明されているから理論。その理論から見ても全然できていないんだから。

串田議員のTwitterに書かれている一部指摘のあるメディア対策もそうです。
僕はコンサルとして、すでに顧問企業を何度も誰もが目にしているニュースにする形で宣伝してきていますが、メディア戦略はメディアの中枢にいた人間にしか絶対に出来ません。だって素人さんでしょ?分かる訳ないじゃないですか。テレビや新聞の流れるまでの過程なんて知らないでしょ?知らないのになんで出来るのって話です。

政党の理念や行動は「知ってもらってナンボ」ですメディア戦略は恐らく「1番」大切なものです。商品の宣伝に近いです。それを今は維新の本部の人が懸命にやって入るんでしょうが、皆さん、素人さんでしょ?僕に言わせれば、逆にここまで出来ているだけでも大したものです。
知ってもらう、
報じてもらう、
色んなやり方があります。色んなコツがあります。それ以上に、メディア内部にちゃんと人脈があるかどうかです。

僕、思うのですが、日本維新の会って、逆にここまで何にもしていないのに、支持率1%ある訳でしょ?これってものすごいことだと思うんです。低くないと思いますよ?これで1%ってものすごいと思う。

僕のことをキライな人も好きな人もいるだろうけれど、キライな人もにこれは間違いないってことを言っておきますが…

維新、ちゃんとやったら1年で化けますよ。
しかも、わりとビビるくらい化けます。
褒めてないです。それくらい何もしてないってこと。

なので信じてついて来てください。間違ってないから。
僕のこと嫌いでもいいから維新は嫌わないでね(前田敦子風)。
日本を救える唯一の集団なので。

大阪の起業家・実業家の皆様へ

7月18日(水)に大阪で講演をさせていただくことになりました。
「世界で通用する企業を作る」事を目指して社長様や代表者様のみで行われる交流会です。
せっかくの機会を頂戴しましたので、絶対に他では聞くことに出来ないメディアや政治の裏側の話をたっぷり出来ればと考えています。

日本には消された歴史があります。
なぜ僕が政治家を目指しているのか?
テレビや報道は変更している?裏側ではいったいなにが起きているのか?

それらを全部お話しできると思います。

自己紹介の時間や交流会もありますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。お問い合わせ、参加申し込みはこちらまで。


皆様にお会いできることを楽しみにしています!

↑このページのトップヘ