なんと言うか…どうリアクションしていいか分からない記事があったので…一応、こういうのは反論とか説明とかしておいた方がいいのかなぁ…と思って…。

やまもといちろうさん。

有名なブロガーの方です。僕も大好きな方。そのやまもとさんのブログに僕の事が載っている!とメッセージを頂き、おぉ、これは光栄!と読みに行ったら…(「姉歯物件は大震災でビクともしていなかった」と長谷川豊が言ってんだけどさ

…あれ?

……おろ…?

なんと言うか、リアクションに困るというか、どう言ったもんだろうか、と言う記事が出ておりまして…

今までにも、僕に対するブログではアホ丸出しの批判記事や、もう、突っ込むのも疲れそうなダメ記事ってのはけっこうあったのですが…そういった類のものはあまりにもアレなのでほったらかしにしてたんですが…さすがにやまもとさんはけっこうなビッグネームだしなぁ…というのと、僕の著書の中身の話なので、ちゃんとご説明しとかないと出版社さんに悪いしなぁ…というので、ちょっとだけ反応しときますね。

まず、やまもとさんは何を取材したのか、それともただの印象論なのか(←たぶんこっち)、僕の事をずいぶんと見下されているようで、勝手になぜかバカにされてらっしゃるんですけど、一応、長谷川、13年間も生のニュース報道番組をやってきた手前、そこまでアホなテキトー記事、書きません。

一応、そこは最低レベルのプライドをもってやってます。

ただ、僕らの癖ではあるんですけど、色々と取材したって言っても「取材したんだぜー」「努力して大変だったんだぜー」ってのはただの自己満足で、読者の皆様には全然関係ない話だと思うので…

「取材した内容は頭に入れたうえで、ゼロに戻して、一人でも多くの人が読みやすい文章」

を綴ってるつもりです。

なので、「読みやすい」という印象を持ってくださる方もいれば、もっとしっかりとした文章を読みたい方には「テキトーっぽいな~」って文章を書いてます。それはそう意識して書いてる文章です。
なので、やまもとさんが悪いんじゃなくて、僕がそういう文章を書いてるのが原因って所もあるんですけど、さすがに…ていう部分がありまして…。

僕、3件ほど前のエントリーで昔の姉歯物件についての話を書きました。詳しくは読んでいただければいいんですけど…かいつまんで言うと、姉歯物件、当時はクソミソにたたかれて、「姉歯物件は殺人物件だ!」「震度5でパターンと倒れるんですよ!」と総バッシングを食らったり、「姉歯は愛人、囲ってるらしいぞ!」「お金をたんまり持ってるらしいぞ!」って言われていたので、

んなこと、ないですよ?

って書いたわけです。なのに、何のフォローもしなくて、マスコミってそういう面、あるよね~って書いたわけですね。
その実例として…やまもとさんがああ書いてらっしゃるので…しょうがないので執筆の裏側も全部書きますけど、
・一級建築士の方にインタビューをし
・実際に現在も別々の「姉歯物件」に住んでいる複数の人に話を聞き
・国土交通省に取材をかけ(←断られた)

そうして取材した内容を書きました。
やまもとさんは…想像すると、多分ネットとかで名前の出てる、要は当時のマスコミで実際に名前の挙がった姉歯物件を調べられたりして、

「もう、耐震補強工事をしてるはずだ」
「震災の時は耐震強度はもう満たしているはずでハセガワは取材せずに書いてるんじゃないのかー!」

って書いてらっしゃるんですけど…いやいやいや(笑)。

姉歯物件に関しては、ご存じの通り、風評被害などを勘案されて、実際に発表されていない物件をはじめ、耐震強度は不足しているものもやや不足しているものも、全然足りていないものも含めると、都内だけで数十棟ほどあります。これはやまもとさんもご存じの通りで。
で、その中でも大きく報道されたものや明らかに耐震強度が足りていなさすぎるものってのは、ご存じの通り、建て直しを迫られたり、やまもとさんのブログにあるように補強工事が行われているんですよね。

でも、中には…はっきり言って「微妙」って物件があった訳です。

完ぺきに耐震強度を満たしてはいない(数値上は6割か7割程度はある)…
でも、住民たち達も立ち退きたくはないし、そもそも補強工事も金がかかるし…

そういう物件の中に、現在も、「補強工事は行われていないものの震災時にビクともしなかった物件」があります。間違いなくあります。少なくとも僕が取材した2012年12月の段階では。やまもとさんならそれくらい、すぐ調べられると思うけどなぁ…。僕が書いたのはそうした物件について、です。実際に「耐震強度」は満たしてないし。当時は叩かれてた対象だったし。すでに補強工事がおこわれて終わった物件について言及してもしょうがないでしょ。そんなの当たり前なんだから。

そもそも、現在、都内にはマンションも一戸建ても含めて、「耐震強度を満たしていない物件」なんて山ほどありますよ?昔僕も何件も違うニュースの時に現場取材したんですけど、皆さんの周りにもあるでしょ?

「いや、この建物、耐震強度満たしてないよね?」

って物件。その建物、全部建て替えるようなお金、国にもオーナーにもある訳ないんです。なのでけっこう放置されてるんです。それが実情だったりします。

やまもとさんもテレビとか出てらっしゃるでしょうし、色々と突っ込みたい気持ちは分かるんですけど、一応、テレビマンや記者たちは、けっこうちゃんと取材してますし、調べてますし…そうですね、例えば2分とか3分の短いVTRとかあるでしょ?ああいったしょうもないVTRであったとしても、みんな、本当に苦労して裏では作ってたりするんです。もちろん、至らない点は多々あるかもしれないけれど。




やまもとさん、やまもとさんのブログ、時々、拝見してます。やまもとさんのブログは好きな人多いと思うんですよね?でも、このブログの冒頭にも書いてらっしゃるんですけど、
「長谷川豊は調べずに印象だけで書いてると思うんだよね」
って言葉は、このブログだけだと、やまもとさんに跳ね返っちゃうような気がするんです。僕の事、知らないでしょ?会ったこともないし、ネット叩いて表面上の印象だけで勝手に見下されると…ちょっと悲しいです…。

少なくとも、会ったこともない人間に対し、
「長谷川某が…」とか、
「まぁ長谷川豊じゃしょうがないんだろうけど」
なんて礼を失した書き方をしては、僕も含めたやまもとさんのファンの方がガッカリされちゃう気がします。
それこそ、「調べもせずに印象だけで人を馬鹿にする人なの?」ってことになっちゃう。


もちろん、やまもとさんの事は僕はブロガーとしての実績だけじゃなく、舌鋒鋭い論説も含めて尊敬しています。
もしお会いしてご説明できる機会があれば、いつでも僕の方からから伺わせていただきますから、あんまり悲しい文章は綴らないで下さいね。