衆議院が解散されました。
あの万歳三唱の寒々しいこと。
本当に小泉進次郎議員のような議員が増えなければ、ますます日本人の政治離れが進むんだろうなぁ…と思いつつ…。

さて、アベノミクスに関する話は前回書きました。

でも、多くの場所で
「日本の景気は回復していないじゃないか!」
「多くの日本人に景気回復の実感がわいてないぞ!」
「アベノミクスは失敗だ!」
という声が方々であがってるんですが…

本当にね、頼むから、勉強してから声を挙げろよってね。せめて最低限でいいからさ、って思うのです。いいでしょうか?日本の景気なんてものは…

回復はしません(断言)。

少なくとも、あと20年ほどは絶対に無理なんです。そんなもん、普通に生きてる日本国民の方が良く分かってるはず。なのに、永田町の声ばっかデカいアホな人たちやスッカラカンマスコミのキャスターは平然と言い放っているんですが…

「経済」の問題を「経済的視点」から語ってどうするよ?まんまじゃん。答えなんて出て来る訳ないじゃん。ええとですね、日本の経済状況ってのはですね、経済的な話をし始めると訳わかんなくなるんです。

簡単です。経済の話ってのは、すでに出てる数字上から計算していくもんだからです。なのでどうしても参考になる数値が後追いになっちゃうんです。
日本の場合、今後を見据えるためには「人口統計学」の方が大事なんです。

難しいですね?簡単に言うと、ジジーとババーが多くなって子供がいないでしょって話から紐解けばいいってことです。

「人口ボーナス」と「人口オーナス」

この言葉、皆さん、知ってますか?そこそこ本とかを読んでる人なら知ってる言葉なんですけど、この視点で見ないと、日本の未来って全然見えなくなるんです。
「人口ボーナス」ってのは、詳しく知りたい人はご自分で調べてもらうとして、要は、戦争とかで負けたりするとするでしょ?国はシッチャカメッチャカでしょ?そんな状態から頑張って回復するために、その国ってどうします?負けて、ボロボロでしょ?もしくは発展途上国の場合って、別に娯楽とかないでしょ?

子供、産みまくるんです。他にすることないし。

で、人口がどんどん増えるでしょ?そうなるとですね、労働人口っていって、若者の数が、子供やお年寄りよりもずっと多くなる時期が来るんです。これを「人口ボーナス」状態って言って、人口学的には世界中のどの国にも、一度はちゃんと来るものって言われています(逆に一回しか来ないとも言われてるけど)。こういう状態になるとですね…もはやパチンコの確変に突入してる状態と変わらなくなるので

何をやっても、どんな政治でもアホみたいに景気が上向きます。

当たり前でしょ?だって、社会的にかかるお金が少ないのに、ガンガンみんな働くんだから。日本の「高度経済成長時代」ってこの状態でした。バブルの時代に、そこにあるはずのないお金にみんなが浮かれポンチになって、ウヒャウヒャ言ってたあの時期ですね。あの時期が日本の「人口ボーナス」時期です。(ちなみに、10年ほど前の中国、こないだまでのインドがこの状態に当たります。今はね、マレーシア辺りが人口ボーナス時期に入ってるかな)

あの高度経済成長時代ってね、政治なんて…

マジでなーんにもしてないと思っておいてください。何にもしなくてもいいんです。ほっといても、口を開いてよだれ垂らしながらでも経済、成長するんだから。その状態を日本は経験してるんですよね。自民党のよぼよぼのジーさんたち、偉そうな顔してますけど、あの連中、何もやってないですから。やんなくても景気は上向き続けるので。

で、人口統計学も何にも勉強してない、頭スッカラカンキャスターたちや政治家たちは、その時代をもって「景気が良かった」って言ってるんですけど、それ、「景気がいい」って言いませんから。人口ボーナス状態なだけで、別に、子供増えてんだから、経済が上向いてるだけです。ここを分かってないアホが多すぎるんですよね。あのバブルの時代を好景気とは言いません。あれば、「アホが浮かれてただけ」です。

で、日本では、1990年代半ばごろから、世界的に見れば、分かりやすすぎる「オーナス」時期に入ってるんです。「人口オーナス」。ボーナスの反対の意味だと思って下さい。
働き手よりも、働かないのに金だけかかる連中が多くなってくる時期です。こうなると、何をやっても、どう頑張っても経済状況は悪くなるんです。当たり前でしょ?だって金ばっかかかるんだから。

世界的にはんなもん、誰でもわかってて、で、1990年代前半ごろに、一気に外国資本が日本の株式市場から引き揚げていくんですね?これを日本では
「バブル崩壊」
って言ってるんですけど、この先、株価が上がるわけないし、安定的に儲からなくなった投資家たちが大量のお金を引き上げただけの状態でした。んなもん、世界からみりゃ誰でもわかってる話です。言うまでもないでしょ?もう一度言いますが、働き手よりも金ばっかかかる連中が増えるんだから。経済が上向くはずないでしょうが。





え?それだけ?経済ってそんな簡単なの?





はい。そうです。簡単です。経済って、細かい視点で見れば、色々ともっと詳しく見られるんですけど、国単位の経済を見たいのであれば、人口比率って言うんですけど、子供の数はどうで、大人の数はこうで、老人はこれくらいってことが分かれば、もう、ほとんど全部わかっちゃうんです。

そんなもんなんです。

なので、日本の経済って、もう無理なんです。明日から必死こいた政策をスタートさせたところで、子供が生まれるまでは最低で10カ月。その生まれた子が労働力となるまではざっと20年。ね?最初に言ったでしょ?結論、スパッといっちゃいますとね…

日本の経済なんて、誰が総理をやろうが、あと最低で20年以上は回復しません。上向きません。絶対です。これは。突然富士山から石油でも湧き出てこない限りは。

アベノミクスとか、関係ないんです。誰がやっても同じなんです。無理なんです。だって、世界中でそうなってるんだから。なので、世界の国々はとっくの昔にちゃんと勉強している政治家がそうならないように対処しているんです。

先進諸国で最も有効な例の一つがフランスです。フランスも、戦後、このままいくと、オーナス時期に入っていってしまうと考え、日本では考えられない規模の予算を投入し、時間をかけ、少子化対策をしたんです。なので、現在でも、合計特殊出生率って言うんですけど、要は女性が何人子供産むかって数字が「2.0」を超えてるはずです。超えてなかったっけ?でも、とにかくいい数字なんです。
アメリカも同じです。トライステートエリアっていう、要はマンハッタン周辺の大都市群があるんですがその超近代都市において、合計特殊出生率は「2.0」近くあるんです。

要は、少子化にならないようになってるんです。

経済の問題は経済的視点から見たら、何にも解決しないんです。そんなの、世界中で常識なんです。経済対策ってのは…

少子化対策のことを言うんです。世界では。

もちろん、財政出動も、ほんのちょびっとだけなら誤魔化せますよ?ほんのちょびっとだけならね。でも、そんなもん一時のものにしかならないし、何の解決にもならないのは世界はみんな知ってます。

国という単位において、「子供の数」はそれだけで「財産」なのです。子供ってのは「財産」であり、「労働力」であり、「笑顔」であり、「笑い声」であり、「希望」なのです。
逆に老人は「金の浪費」であり、「失われる活力」であり、彼らの行動次第によっては「老害」と言われる社会に対するあらゆる悪影響を及ぼし始めるものなのです。

なので、日本では昔から「老いては子に従え」という言葉があるのです。くだらない間違いだらけの「儒教」という大馬鹿宗教が日本にもはびこってしまい、素直な日本人たちはみんな洗脳されてしまって「年上だから言う事聞かないと~」と言いながら、体も心もすっかり老いてしまった老害じじいどもがアホみたいにデカい顔をしているのが現状なんです。

イギリス、ブレアさんが首相になったの、44歳よ?日本なんて、誰に気を使ってんのか知らないけど、棺桶に片足突っ込んでるじーさんしか、何にもやらせてもらえない状態ですもん。彼らは年が老いてるってのが問題じゃないんです。心が老いてるんですよね。そこが問題で。ま、日本の大企業はだいたいそうなんだけど。


話がずれました。
世界的にちゃんと見れば、日本はあまりにも「少子高齢化対策」…要は「人口オーナス化」に対する対策をしてきてなさすぎなんです。で、オーナス状態の国は何をやっても不景気からは脱却できません。これは絶対そうなってるんです。

なので、アベノミクスだろうが何だろうが、日本の経済状況は、今後、さらに悪くしかなりません。どう頑張っても、ここから20年くらいはさらに悪くなることは決定だと思っておいてください。そして、それを作り上げたのは、1990年代から2000年代の政治家たちであり、そこの責任を安倍さんに押し付けるのは間違っています。何よりも、単なる勉強不足です。
そもそも、国の「経済状況」なんてものは、与党も野党もなく、みんなで一丸となって取り組むべき問題です。そうやって取り組んできた国の代表がスウェーデンです。何やったかとか言いはじめると話長くなるので、細かく説明しないですけど、政治と経済対策って別なんです。そこすら日本のマスコミは分かっていないし、頓珍漢なツッコミしかしてないし、政治家も分かってないから、どの道、無理です。

さぁ。

衆議院解散です。野党の体たらくは目立ちますが、僕は安倍さんの政策はこのどうしようもない状況の中では、間違った方向には進んでいないので、支持します。と、言うか、他、どこの政党に入れるんだよ?むしろそっちの方が聞きたいくらい。本気で民主党になんぞ入れる気か?正気ですか?と問いたい。共産党の方が100倍くらいいいと思うけど。実際に国会で委員会とか見てみ?共産党の議員さん、イケてるよ?

それとは別に、選挙が終わったら、国会議員も専門家もみんなで、とにかくしっかりと少子化対策を取組んだ方がいいです。大急ぎで取り組んで、懸命に予算を組んで…。そうすりゃ、あと20年後くらいに、多少マシになるんじゃないですか?日本は。

20年以上はかかるけどね?