こんな記事が出ていたので取りあえず…。一応、著作権の資格を持っている人間として、解説だけしときます。参考までに。

ホリエモンがハイエナアフィリエイターに憤怒。「俺のスピーチを勝手に書き起して儲けるな」

堀江貴文さんが近畿大学でスピーチを行ったんですよね。わずか16分のスピーチで、文句なしに素晴らしい内容なんですけれど、その…「全文を書き起して」記事にしているサイトが目立つ、と。
ここでポイントは堀江さん自身がツイッターにも明かしているんですが…

・そもそも近畿大学にユーチューブで流すと、事前に聞いていなかったこと
・書き起しの掲載に際して一切の許諾申請がないこと

を挙げられています。これに対して記事中では

「ホリエモンこと堀江貴文氏がこれまでグレーゾーンだったアフィリエイト目的の動画書き起こしに苦言を呈した」
「ビジネス界の大物が「今後は警告に留めず、厳しくやる」と明言したことで今後は動画書き起こしのルールが変わりそうだ。どうしても紹介したい場合は引用の範囲を超えないように気をつけるべきだ。」

と記しているんですが…いやいやいやいや(苦笑)。これはちょっと認識が全然間違っていましてですね…

今回のケースは単に完全にアウトです

まず、皆さんもちょっと意外な感じがするかもしれないんですが、著作権法の2条の18項ってのがありまして、そこに明記されてるんですけれど、

「講演会とかで話した内容=著作物」

なんです、変ですよね?でもそう決まってるんです。本とか、ネットの記事とかだけじゃないんです。講演会などで話した内容は、その場で報酬を得た上で発している言葉なんです。モノなのか?という疑問は置いといて、講演会での話した内容や動画、すべては知的財産である「著作物」として定義づけられています。

なので、今回のケースに関して言えば、最初の段階でお断りを堀江さんに入れていない段階で、ユーチューブをアップした近畿大学も、そのコメントを拾って全文掲載したサイトも…

完全にアウトです。記事にあるように「もともとグレーゾーン」とかではありません。完全まっ黒です(笑)。まぁ堀江さんなら怒らないだろうってだけの話です。

じゃあどうやって紹介すればいいのか?

では、本当に感動した場合、どうやって紹介すればいいのか?なんですけれど、まずは
「本人の許諾」
を取ることが条件になります。著作物にはいろいろな権利があって、今回で言うと、堀江さんが著作権者に該当しますので、堀江さんに「公表権(=18条)」や「公衆送信権(=23条)」っていう権利があるんですね。堀江さんが許可すれば、インターネットを使っての送信=公衆送信も認められます。逆に許可もなくネット上に上げると完全に違反になりますので気を付けてください。

でも、どう頑張っても許諾なんて取れないこともありますよね?相手が海外にいたりとか。
そんな時はまず…
・個人的に使う=これはですね、全く問題ないです。個人的であればね。著作権法30条に書いてあるんですけれど、何の利益目的でも何でもない場合は、許可はとらなくても問題ないと思っておいてください。
・ネット上に記事として公開する=この場合は32条に記載されている「引用」っていう条項が該当するんです。報道や批評のために、あくまで「参考」として活用する場合は認められます。これらの場合に関しては
「記事全文の中の3分の1以内に収めましょう」
ここだけ抑えておけば、一応は大丈夫、というのが通説となっています。

要は、ものすごーく感動しましたよ、と。
で、その「参考」として、堀江さんの「この文章」と「あの文章」がよかったんだけれど、それに対して自分はこう思ったんですよ、と。
全文の中で、引用した堀江さんの文章が「3分の1」以内であれば、その著作物は、堀江さんの文言のコピペなのではなく、「あくまで自分の意見を発信した著者の著作物であり、その著者の意見を構築するための参考意見」として認められるんです。

意図が捻じ曲げられたら?

もう一点だけ。
堀江さんのツイッターの中にもありましたけれど、僕とか堀江さんがよくやられるのがこれです。勝手に「長谷川は~言ってるんだけれど…」とか言いながら、勝手に一文だけを抜き出して、全然違う意味として書き出した挙句「だから長谷川はバカだ」とか言ってる頭スッカラカンの人も少なくないんですけれど、こういうのはですね…
「著作人格権の侵害」
っていう行為に該当するんです。また、勝手に内容を改ざんしたり、切るべきところで切らずに書き起したりしてる行為は「同一性保持権」や「翻案権」という、ちょっと難しい言い方をするんですけれど、とにかく著作権違反の行為となります。こうなると「引用」は適応されません。単に、著作者の人権侵害になるので、引用をする場合はその内容をしっかりと吟味して、内容をちゃんと捉えた上で自身の意見を述べるのがいいと思います。

まぁ、ブロゴス上ではこの「著作人格権の侵害行為」は乱発されているんだけれど、僕などはほったらかしにしていますが、一応は、訴えられたら完全に負けるレベルのものって結構あったりします(笑)。皆さんもブログなどを書く場合は気を付けましょうね。