大阪で報道キャスターの仕事をしていると、頭の痛くなるような、クレームに悩まされたりすることがあります。

最近、最も情けなくアホらしくなるのが大阪自民の支援者…を自称しているだけのバカな連中の誹謗と中傷の数々です。いい加減にしてほしいのですが、
「長谷川は橋下信者だぁぁ」
「長谷川は維新よりの偏向報道をしているぞぉぉ」
というバカ書き込みをツイッターなどで懸命に拡散している連中がいます。

このバカ連中の論拠となっているのが
「先週の長谷川の番組に橋下徹を出演させた!偏っている。BPOものだ!」
というものなのですが、おいおいおい、です。頭が痛くなります。
私の番組では、11月22日に向けて、出来るだけみなさんの正確な判断のきっかけになれば…という思いからW選挙の関係者には
「みんなに出てもらって」
います。
ホント、バカ達って面倒くさい。最初に中川暢三さん。鈴木キャスター自らインタビューさせてもらいました。そして、松井さんに柳本さん。そして栗原さんと続いて、先週出演していただいたのが橋下徹さんです。
来週には吉村洋文さんと大阪自民のトップである中山泰秀さんに出演していただきます。

皆さんの出演時間も、17分から19分。VTRの時間も計算して、可能な限り平等になるように計算し、質問もキツイ質問と優しい質問、バランスを考えた上で配置しています。
事前に打ち合わせをするのも毎回同じ。その時に私がきく
「最も訴えたいことなどがあれば教えて下さい」
というご質問もみなさんにしていることです。

そこまで懸命にバランスをとって、

誰が偏向報道だ!?誰が!!

言っとくが、私は14年間、キー局の朝の情報番組で政治報道に関わってきました。生放送で、時として暴走する司会者を含めてバランスをとる役割を担ってきたのが間違いなく私でした。

ネット上で悪口書くしか才能のないバカどもに言いたい。

バランスを欠いており、偏向だと主張したいのであれば、それはお前たちの頭の中のバランスが悪いだけだ。私の放送のどの部分がバランスを欠いているのか、VTRを添付して主張してみろ!!懸命にバランスをとり、面倒でも少しでも11月22日を前に正確な報道をしようと毎日寝ずに頑張っているテレビ大阪の報道局スタッフに対する侮辱行為を、私は許さない!

自民は柳本さん、栗原さん。
維新は松井さんに吉村さん。

それぞれ、いい候補だと思います。戦えるところまで戦ってほしいと思っています。私たちはそれをただ正確に報道するだけです。

維新の悪口「だけ」を言い続けたり、裏でフリップを書き直させたりしている他局の偏向番組と、私の番組は違う。何か文句があるのなら、ぜひ言って来てほしい。そしてなんだったら番組に出演させてやるから出て来い。そこで視聴者に判断してもらおうじゃないか。ネットでバカな噂を拡散している連中、お前らのやっていることは完全な犯罪行為なのでこれ以上くだらないことをやるなら被害届を出す。言いたいことがあるなら警察に聞いてもらえ。受け入れてもらえることを祈るよ。

私は吉村さんには会っていませんが、松井さんも橋下さんも、柳本さんも栗原さんも好きです。大阪のことを好きなことが伝わってくるからです。方法も性格も違いますが、それは人間なのだから当たり前。だから、私のテレビに出てもらう時には、それぞれが一番いいおしゃべりが出来るように気を付けています。それはこれからも変わりません

候補者たちは懸命に闘っています。
候補者が必死な中、外野がくだらないことをしたら、彼らの足を引っ張るだけだということをもっと知るべきです。

大阪自民の応援者たち(をあくまで名乗ってる人々)に言いたいのだけれど、あなた方、安保の時、どんな嫌な思いをした?バカサヨクから「普通のこと」を言ってるだけで勝手に「ウヨク」呼ばわりされたり「戦争をしたいだけだ!」などとくだらないレッテル張りをされて嫌な思いをしてこなかったか?
レッテル張りして誹謗中傷するだけのサヨク達と、同じことをしてどうするんです?

もし、私の番組で偏向部分があるなら、同録を送ってきてほしい。ちゃんと訂正しましょう。誠実に対応しましょう。そんな部分がもしあるのであれば、ですが。
選挙の度に起きる誹謗中傷合戦は世界共通のものです。ただ、あまりにレベルが低く、悲しくなるのもこれまた世界共通。悩ましいところです。