そう言った方が「引き」があることくらいは理解するが、何度も何度も「保護者会」と言わないでほしい。全国の誠実に働いている「保護者会」のメンバーがあまりに可哀想だ。

「怒り、不安のぶつけどころがない」会長逮捕で保護者会(朝日新聞デジタル)

記事中でも少し誤解があるのだが、少なくないニュースで「PTA」とごっちゃにしてるニュースも目立つ。「PTA=保護者と教職員の会」と「保護者会」はそもそも別組織。PTA連絡協議会にも入っていない
上記ニュースでも「保護者会」と記してあるが、それも違う。今回開かれたのは「教育委員会による保護者相手の『説明会』」でしかない。保護者会の定例会でも臨時総会でもない。細かい事実誤認が目立ちすぎ。

何より、今回の話はまだ「容疑段階」。決めつけはやめてほしい。

そして、本当にこの容疑者の犯行だったとしても、そもそも「保護者会」はほとんど関係していない。
その方が引きがあって面白いのは分からなくもないが、こんなにも連呼されると日本全国の「保護者会」で真剣に活動し頑張っている親御さんが可哀想。保護者会だから起きた犯行ではない。

自分自身が「保護者会の会長」をしているせいか、少々不快な思いのする報道が目立つ。