テロ等準備法について。というか「改正組織犯罪処罰法」について。

必死になって「共謀罪」「共謀罪」と訴え、唾を飛ばしながら反対を唱える方々がいるが、そのロジックがこちら。

「捜査機関が解釈で法に触れると判断すれば、一般市民だって捜査の対象とされて、
盗聴や監視や密告などの手段を通じ、話し会いや計画の段階から情報の収集が行われて、
処罰の対象となる危険性が生まれた。
これは言論・思想の自由が脅かされることに他ならない!」

おいおいおいおい。
話のすり替えも甚だしい。
勘弁してくれ。

私のコラム読者ならもう解説もいらないだろうが、あまりにふざけているのでコメントさせてほしい。

「一般市民が捜査機関の解釈で法に触れると判断」され、その結果【捜査の対象】になることが重要なんじゃないか。それを今まではな~~~~んにもしてこなかったから、危険だって話だろ?

話のすり替えはその後だ。

「処罰の対象となる危険性が生まれた!」

おい、いい加減にしろ。
捜査の対象」となることと「処罰の対象になる」は全くリンクしていない話だ。
いい加減な論説を広めるんじゃあない。

「捜査するぞ!」
「テロ行為を準備しようとするなら、それだけでも捜査してやるぞ!」

ここが大事なんじゃないか。
その捜査の結果、一般市民は何にも悪いことなどしていないし、テロの準備など全くしていない訳だ。その段階で
「捜査のご協力、ありがとう」
でおしまいだ。
なんでこれに「一般市民」が巻き込まれるんだ?どういうロジックなんだ。それ?

どうも、こういうことを必死に叫んでいる人々というのは、年末に飲酒運転の検閲を行っているあの交通安全課の取り締まりを許すことが出来ない人らしい。

「何の罪もない一般人」」

「死ぬほど捜査対象になって」
るが、あの息をスーハーする奴が何があっても許せないらしい。
きっと空港のサーモ検査とか、腹が立ってしょうがないのだろう。何の罪もない乗客をエックス線検査するのだから。体のラインまで分かっちゃうんだから。

「容疑者」と「犯罪者」は違う。
「捜査」と「処罰の対象になる」は全然違う。

その程度の日本語が分かっていないらしい。
「警戒」は当然必要なことだ。
どの世論調査を見ても賛成多数の「テロ等準備罪」を盛り込んだ「改正組織犯罪処罰法」。
安保法案の時と全く同じことを繰り返したい。

こんなもん、普通だ。
騒ぐだけ勉強不足がバレるだけであることを自覚した方がいい。