あまりにひどい。
これは狂ってる。

希望の党の代表選。
大串博志衆院議員が安全保障法制を「容認しない」と明言している。

選挙を何だと思ってるんだ?

玉木氏の主張の方がどう見ても普通。
大串氏は小池旋風が吹いているときは小池人気にすがろうとしたはずだ。
あの時は全会一致だった。

あれからまだ1か月だ。
有権者をバカにしているのか?

希望の党。

分裂させればいいじゃないか。
小池人気にすがろうとした連中は今は立憲民主の人気にすがりたいんだろ?
行けばいいと思う。
菅政権の…あの史上最悪の政権の中枢メンバーしかいない政党に行けばいい。

希望の党の中でも、しっかりと自分たちの身を切り、改革保守としてやっていきたい人たちがいるはずだ。

維新に、維新の旗の下で集うチャンスだ。
安定感はあるが、どうしてもしがらみが多過ぎて、改革の出来ない保守政党=自民党。
しがらみなく改革を大胆に行う保守改革政党=維新。

この2大政党システムが成り立っている大阪ではダイナミックな改革がどんどん進んでいる。
日本の国政もそうあるべきだ。

自民・公明。
立憲民主・共産。
そして、維新・希望。

松井一郎代表のもと、第3極はみんなで集まるべきだ。
今回の選挙では、自・公に完敗だったが、本当にしっかりとこれからの時代に改革を訴えていけるのは第3極だ。

我々は希望の党の有権者への裏切りをしっかりと目に焼き付けていく必要がある。
その姿こそ、政治家ではなく「プロ選挙屋」の正体である。