「働きマンマン」さんからのご質問

「初めてコメントさせていただきます。
長谷川さんの意見にいつも色々な感情を揺さぶられ良くも悪くもいろんなことを考えさせられる当ブログを楽しく拝見しております。
今回の投稿について質問がございます。
そもそも公共放送の場合は生の死体を撮影して放送することは禁止されていないのでしょうか?放送業界てはルールとして定めはないのですか??」


【回答】
ご質問ありがとうございます。
ルールですか?あ、ありますよ。もちろん。
僕のいた会社では死体などを「そのまま」放送することはもちろん『社内規定』で禁止されていました。なので「ぼかし」といって映像処理を入れてました。
国が禁止することは「表現の自由」に抵触するので出来ないので、メディア各社が自分たちの判断のもとで自主規制をかけている感じですね。ちなみにこの『自主規制』が、最近は行き過ぎている、というのが僕の感想です。

ちなみに、問題となったYouTuberについてですが、
「他の映像を見るとこいつはヒドイ!」
というご意見が多かったのですが…









見なきゃいいじゃん




としか思わないです。

「公共の電波」な訳じゃあるまいし、アマチュアの映像芸人みたいなもんなんでしょ?
嫌なら見なければいいだけかと。
なんでわざわざ見てPV数を上げた上で「叩きのめす」かなぁ…。
それって「叩きたいだけ」なんじゃないの?というのが個人的な率直な感想です。