最近、少しだけ空き時間があるときにはサンドさんと博多大吉華丸さんのユーチューブ動画を見て笑い転げています。

もともと、サンドの伊達さんは僕と一緒にとくダネのリポーターをしていた女の子と結婚しました。なので、忘年会などにも参加してくださったこともあるんです。あのころから「なんて天才なんだろう」って思ってましたが…

華大とサンドがさらに躍進 5つの共通点にみるTVに求めるもの

この記事、面白かったです。
この両者の共通点が「地元愛」や「コンビの仲の良さ」にある分析などは全くその通りだと思いました。
絶対に東京に出て行っても福岡のネタを使ってくる華大のお二人に、東北が大好きなサンドさん。

しかもコンビの仲が良いことは有名で、サンドのお二人は家族ぐるみで超仲がいい。ケンカを一度もしたことがないなど…「面白い」芸人さんはいくらでも溢れかえっている中で、実はこの両コンビに共通するのは「みんながこの4人のことを好き」である点に尽きるかと思います。

翻って、ちょっと国会や政治シーンについても考えてみました。

立憲民主党の支持率が下げ止まりません。
結党当初は多少の勢いがあったのですが、完全に「批判していればいいだけ勢力」であることがばれ始めました。
どのチャンネルでも、どのネット記事を見ても、自民の悪口しか言ってません。しかも、じゃあ何かの提案があるのかって言うと全くない。

なるほど、なるほど。

記事中にあるように、日本人、こういうの今は受けない傾向にあるんでしょうね。

そう言えば、橋下さんが新著を出して「橋下大嫌い新聞」である毎日新聞さんがさっそく悪意まみれの記事を拡散しました。
「橋下氏、維新は失敗だった」
よく読めば「自民党と対峙する勢力に成長したか、と言えば失敗だったと言わざるを得ない」と書かれてるだけ。見事な印象操作ですよね。でも、そのニュースをヤフートップが丸1日トップにしていた直後に行われたNHKの世論調査では、日本維新の会の支持率は過去最低の0.3%。



そう言えば、大塚家具の話も根っこは同じですね。
あれ、色々と言われていますが一番大きいのは「マイナスブランディング」ですよね。ケンカしてる親子から家具を買うかって話。

日本人って、ケンカしてる姿は嫌いなんでしょう。
裏で意見の戦いがあってもいいと思うんです。
多分、サンドさんも華大さんも、衝突くらいあると思うんです。

でも、それを表に出さない。
表に出しちゃうと、信頼して見に来てくれているファンたちが悲しんじゃう。
顧客がイヤな気持ちになっちゃう。




僕が2年前くらいまでネットでどんどん記事発信をしてた時、最初はもの珍しさでPVもたくさんあったんですが、当然そんなものはビギナーズラックであって、じわじわPV数が落ち始めたんですよね。で、ネット界の先輩に助言をもらってケンカして炎上させて…無理やりPV数を稼ぐ方向に走るんですけれど、実はよく分析すると、僕がブログを始めた当初に僕のことを応援してくださっていたファンの皆さんがやっぱり少しづつ離れていってたんですよね。

僕がフジを辞めた時って、あんまり悪口は書かなかったしポジティブなことばっかり書いてたから。PVはいかないけれど、好感度があったんでしょう。

ケンカしてるのって見世物パンダにはなるけれど、ケンカに飽きたらすぐに客は離れるんでしょうね。だって、別に「ケンカがもの珍しいから見てるだけ」だし。

サンドさんたちの躍進って、色々と見えるものがあります。
政治もマーケティング。
「今の大衆が望むもの」を見誤っちゃったらいけない。

そう考えると、日本維新の会って、この夏の大阪の地震や大雨の時、ちょっと失敗したかもしれないですね。地震も大変でした。台風もエラいことになっていました。
あの時、めちゃめちゃに汗かいて、動いて大阪のためにっていう姿勢を見せた国会議員、ちょっと少なかったかもしれません。地元の人は地元では動いてたけど。ちょっともったいなかったかもしれないですね。

あれ?
そうなると…

今後はまさかの玉木さん??

これからじわじわ玉木さんが支持率上げる感じですか?これは…(苦笑)。あの人、ポジティブだしなー。ああいう人、今の日本では受ける感じでしょうか…。

玉木さんなーーーーー
維新と一緒にやってくれればいいのに(涙)。
立憲とかとまた引っ付こうとしてるのは絶対にマイナスな気がするんだけれどなぁ…。