大阪が揺れに揺れています。

堺市政を私物化し、なんと2億3千万円以上を不記載していた竹山修身というありえないレベルの人間が、ついに辞任の意向を示したとの速報が入ってきました。

ちょびっとだけ早いわ。

基本的に、市長は辞任から50日以内の選挙が必要になるはずです。
参院選とかぶせれば、貴重な税金がかなり節約できるのに。
さすが市政を私物化していたモンスター。
最後くらいは税金を節約できるように日程の調整をし、参院選と同時の堺市長選にすべきだったと思いますがどうなんでしょう。

さぁ。

維新の本当の戦いです。
思えば、橋下人気にすり寄ってきた竹山修身が手のひらを返し、堺を我が物にしたあの時。2013年から、堺の時計は止まったままです。再び時計の針を動かすことが出来るのかどうか。

維新の真価が問われる戦いです。
堺の皆さん。
堺にご友人のいる皆さん。
この戦いだけは何があっても負けられません!
総力戦です!!
頑張りましょう!!!