2018年06月10日

eriさん、産休に入ります

当院も有能なブロガーが育ちつつ有り、しばらく出番がなかったのですが、
今回は私 ( 院長:長谷川) が書かせて頂きます。

いつも明るく、患者さんにもスタッフにも、そして私にも優しい
人気者のeriさん、

当院でお勤め頂き4年目になりますが、
6月初旬より、ご出産のためしばらくお休み(産休)となります。

takenaka02


ほぼ同期入社のmomokaさんと


見ての通り、出産ギリギリまでお手伝い頂きました。
5月の引っ越しの時も、おなかが大きいことを忘れてしまうほど目一杯頑張っていただき、
見ていてハラハラしていました(どうもありがとう)。


去年の8月、ご結婚されたのはご報告させて頂いたとおりですが(ブログ参照 2017年8月1日)
さすが、仕事の出来るeriさん、人生設計も着実に結果を出し続けているようです。

遠くは yuko さんから始まり
haruna さん
chizuko さん
risa さん
tsubsa さん と 

今ご勤務頂いているスタッフの中でも、たくさんの方が当院勤務中にご出産され
現在子育てとお仕事を立派に両立されています。
尊敬の念を禁じ得ません。


言葉で言えば簡単ですが、お一人お一人が、きっと大変な思いをしながらも
クリニックのため、ひいては患者さんのためにご努力して頂いていと思います。
尊敬の念を禁じ得ません。

eriさんも、まずは無事赤ちゃんをご出産されるよう、スタッフ一同ご祈念申し上げます。

そして、少し余裕ができましたら、是非とも(無理のない範囲で)ご復帰頂けるのを
お待ちしています。


出産は大変ですが、それを超えた、大きな喜びがありますよ。
吉報 お待ちしています。

takenaka01



  
Posted by hasegawadental at 22:08Comments(0)

2018年05月16日

院長お誕生日会&お食事会

みなさんこんにちは!

歯科衛生士のkieです♪



ゴールデンウィークはいかが過ごされましたか?

長谷川亨歯科はみんなで力を合わせ仮診療所への

お引越しをしていました!!

そして院長がお引越し作業期間2日連続で

お食事会を開いてくださりました♪



1日目は馬喰という馬肉専門のお店でした♪

EC36DCD8-8D1B-43A8-A752-B1B0A5313397



馬刺しから始まり、サーロインステーキ、すき焼きのお肉、

唐揚げまでぜーんぶ馬のお肉でした♪

どれも柔らかくて馬肉にはまりました!!


1433C0B0-3655-4641-A888-13A548D08B73


まるで女子会♪♪

とっても大盛り上がりでした(^^)


そしてそして!

院長のお誕生日前日ということで

誕生日のお祝いをしました!!

いつもスタッフの誕生日会を開いてくださるので

今回はスタッフみんなからサプライズです♪

当院にアルバイトできてくれているMaoちゃんが協力

してくれたおかげで大成功(*゚▽゚*)

AC31D801-D156-4547-B958-169981E1EF0C


0F824AB5-26D8-4A14-AF00-E5AAD8C0ED9F


院長とっても嬉しそうです♪



なんと…!

今回のお食事会に参加できなかったyukariさんが院長へのプレゼント

としてワインをお店に届けていてくれていたのです!!!



C063A130-935A-4195-A1D5-0869F4CD72CC


くーーー!男前すぎてスタッフ一同感動でした♪

さすがyukariさんです♪



2日目はもんじゃ焼き、鉄板焼きの木村屋さんへ♪


9A2AD765-ABA9-4E67-B5CE-24FCF8CD7D5C


この日はお誕生日当日だったので

院長お誕生日おめでとうございま〜す!

と乾杯しました♪


11B28964-47C5-4C3F-ADE9-1C1F4D7A3BAA


明太もんじゃ最高でした♪♪

FD5DEE40-C377-4616-9D82-687E3275BD00


2日連続笑いの絶えないお食事会でした(^^)





  
Posted by hasegawadental at 20:21Comments(0)

2018年04月30日

ビル改築のため、診療所一時移転

築45年の長谷川ビルが老朽化し、改築する事になりました。
それに伴い、現診療所を近所に引っ越す必要に迫られ、
今その準備をしています。

20180430−1


↑ 歯科医院の引っ越しは大変です


引っ越し先は、当院から西(松坂屋)方面に約75メートルの
メーゾンオザワビル(おしゃれで立派なビルです)の6階です。

今までが狭かったため、借り診療所とはいえ、余裕のある設計となっています。
(といっても1年も使わないのですが・・・)

20180430−02


↑ 受付も余裕があります。(幅3メートル、3人の患者様 同時に対応できます)


それにしても約30年間お世話になった今の診療所が無くなるのはとてもつらいです。
4月29日の最終日に、写真を撮り、今の診療所に感謝しつつ別れを惜しみました。

20180430−3



借り診療所を経て、約一年後には新しい診療所に移ります。

患者様にはご迷惑をおかけしますが、
よりよい診療サービスを提供できるよう努めてまいりますので
引き続きご理解とご協力の程お願い申し上げます。
  
Posted by hasegawadental at 01:20Comments(0)

2018年04月18日

新しいスタート

こんにちは。

お久しぶりに登場のmomokaです。

最近は天才ブロガーのyukariさまにブログを任せっきりでしたので、たまには…

他の人も書かせていただきます。(yukariさまには足元にも及びませんが…)


さて、桜も散り、ほんの少しずつ暖かくなってしました今日この頃、

皆さまはどうお過ごしでしょうか?(私はマラソンに目覚めました。)

新しい一年がスタートする4月ですね!

我ら長谷川亨歯科は、3人の新入社員と新しい先生を4人迎えました。


今回、歯科衛生士のmomokaさん(私と名前かぶり)、歯科助手のyumikoさん、manamiさんと

ドクターの馬場先生、加藤先生、合計5名の歓迎会が開催されました。

14人という団体で丸の内にある、リマージュさんにお邪魔しました。


IMG_4427

  お口取り、ウェイターさんから詳しい食材の説明がありましたが忘れました


新入社員の3人はとてもフレッシュで可愛らしいです。

これからの活躍に期待しております。馬場先生は、北海道出身でとても愉快な先生です。

加藤先生は、美人三姉妹の次女で、とても美人です!!!


14人でとても楽しい時間を過ごしました。


本日も、院長先生は、ワインが進みます。

診療中は、キリッとしていて、真剣な表情がとてもカッコいい院長先生ですが、

お酒を飲むと、笑顔がとても愛くるしくて可愛いです。(ギャップ萌え)

IMG_4426

 診療のストレスのためか飲みまくる院長 と メインディッシュのお肉


人数が増えて、また、一段と賑やかになりましたが、

仕事のレベルは更に上げて行きたいと思っております。


新入社員のmanamiさんは、忙しい日の帰りに、

「今日、仕事楽しかったです!」と元気よく言っていました。

素晴らしいです。元気を貰いました。


みんなとてもいいこで、可愛くて仕方がないです。


そして、すへてをまとめる我がチーフ、saoriさん!

saoriさんは、仕事に対する姿勢が素晴らしくて、

一生懸命で、永遠の憧れです。


さて、食事の最後は全員で長谷川亨歯科の頭文字、

「ハ」のポーズでパシャり。(はじめてやりました)

6CC01327-6A88-4B3B-B332-8B2B51409754



いつも院長先生のおかげ様で、楽しい時間を提供してくださり、

仕事の向上心へとつながっております。


先輩としては、より患者様の満足していただける医院になるよう、

指導の方、頑張ります。


患者様、全員が笑顔でお帰りいただく。

そんな歯医者を目指しております。


では、長くなりましたが、これで失礼致します。


今回歓迎会がひらかれたお店は「リマージュ」です。


とても素敵でお料理も美味しくて雰囲気もお洒落でしたので、

是非足を運んでみてください。

(050-5869-4412)
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目22番24号 名古屋桜通ビル 1F


  
Posted by hasegawadental at 18:18Comments(0)

2018年03月22日

岡部先生 送別会

春の訪れとともに花粉も勢いを増しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年も鼻腔が大洪水の歯科衛生士横井です。

3月は出会いと別れの季節、
今日ほど女性スタッフの胸中に別れの切なさを刻ませたドクターはいないのではないでしょうか。

本日は当院の光源氏、岡部先生が京都のご実家の歯科医院に帰郷されることとなり、
送別会を執り行う運びとなりました。

1521645836513



岡部先生は聡明でありながら眉目秀麗、優しい京都の言葉がさながら
現代版光源氏といった感じです。

治療では、患者さんに痛みや不快感を与えないよう細心の注意をはらい慎重に
麻酔を打っていらっしゃる姿が印象的でした。

仕事も出来、さらに礼儀正しく常識的で、いわゆる女性目線から見る
「イケメンの条件」にすべて当てはまる貴重な方だと思います。(現在彼女募集中)

ご本人に好みの女性のタイプを伺いましたら、

其の一)化粧はナチュラル(カラコンなど以ての外)

其の二)年は若く清純な大和撫子タイプ

当院で言うと、ささやき衛生士の和気さんのような女性でしょうか。
しかし残念ながら彼女は生物では猫にしか興味がありません。

1521981287490_1


其の三)自分の言うことには何でも「はい」と返事をし、3歩下がってついてきてくれる女性

いないことはないかもしれませんが、少なくとも当院の女性スタッフたちは、3歩先に行って
更に見失ってしまうような人ばかりです。

きっとどこかに岡部先生の未来のパートナーはいるはずですが、その姿は未だ霧の中です。

1521643429459
大人気です。


1521645611469
モテモテです。


岡部先生がいらっしゃらない診療室はすっかり寂しくなってしまいましたが、
京都のご実家での益々のご活躍をお祈りいたしております。
1521643505908




----本日のお店----
ソウル屋 東新町店
名古屋市中区栄5丁目5−5
052-263-1414
  
Posted by hasegawadental at 00:50Comments(0)

2018年03月21日

JAO(日本オッセオインテグレーションアカデミー)3月例会

3月17日(土)JAO(日本オッセオインテグレーションアカデミー)
3月例会がソフィアインプラントセンターで開催されました。

講師は堀尾 浩彦 氏 (ORION Creative Dental Laboratory 代表)
演題は審美と咬合に配慮したインプラント技工  ー 近年の動向と傾向をふまえて ー
でした。

001


堀尾先生は、日本、オーストラリア両国の技工士免許を取得し、
オーストラリアで開業(APEX Porcelain Dental Studio)後、
帰国し名古屋で開業された経歴を持つ、実力派技工士で、
当診療所でも、セラミック技工等自費の技工でお力を発揮して頂いております。

※ 堀内先生に作って頂いた当院の一例です。
本物の歯(向かって右側)と全く区別がつきません。
(クリックすると拡大写真を見られます)

003


さて、講演は、まず咬合、形態、色調、審美それぞれについて、
歯科技工士としての取り組みとこだわりについてお話し頂きました。

次に、急送に進むデジタル化(CAD/CAM、3Dプリンター、CTによるトップダウントリートメント、
口腔内印象法など)についてお話し頂く一方、人間が本来持っている
「感性と創造、創意工夫」といった従来のアナログ感覚が技術の向上に
つながるのではないかという、示唆に富んだ内容でした。

講演後は、いつも通り近在の広島焼きのお店「がんす」で懇親会を行いました。
堀尾先生の高い技術とお人柄に触れることのできた意義深い例会でした。

002

  
Posted by hasegawadental at 10:38Comments(0)

2018年03月18日

東京医科歯科大学 講演会

診療所の移転で忙しい中でしたが、東京のセミナーに参加してきました。
西東京市開業の押見一先生の講演会です。
押見先生は、私の最も尊敬する臨床医のひとりです。
今日の講演は、最新の医療技術や診療機器についてでは無く、患者さんにとって、最も有益な結果を導くための考え方についてでした。
診療実例を通して丁寧な講義でした。
「専門家(スペシャリスト)はもう十分にいる。我々が本当に必要としているのは様々な分野の研究を統合するスーパージェネラリストだ。」
とか、
「書かれた医学は過去の医学であり、目前の患者の中に明日の医学の教科書の中身がある。」
など示唆に富んだ教えが満載でした。
また、患者さんの免疫力やパーソナリティが、長期的な治療結果に大きく関連する、等の、
長年にわたって歯科臨床のトップランナーである、押見先生ならではのアドバイスの数々もあり、
とても有意義なセミナーでした。
※講演は、写真、録音NGでしたので、医科歯科大学の外観を貼り付けておきます
FullSizeRender
  
Posted by hasegawadental at 14:41Comments(0)院長から

2018年02月07日

和気さん 誕生日会

2018年1月31日は、日本では36年振りの「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」という
珍しい皆既月食でしたが、皆さんご覧になりましたか?

寒い夜に月を見上げていたせいか、なんだか腰が痛い
歯科衛生士の横井です。

今月は、ささやき歯科衛生士、和気(ワケ)さんの24歳の誕生日会です。
今日は、水曜日の診療をご担当いただいております宮島先生も参加してくださいました。
P_20180117_191510

1517533214978



和気さんは、ささやくように語りかけるので、その声は診療室ではバキュームやタービンの音に
かき消されてしまいがちです。
その上、彼女は会話の最後まで話しきらずに消えていくこともあり、謎に包まれることもしばしば。
以前も診療室で、和気さんが私に何かをささやきました。

「ョコィさン、...緑..の.......」

そう言って彼女が消えていった後も彼女が言わんとしていたことは何だったのか気になり、
真意を探るべく断片的に得られた情報だけを頼りに分析しました。
思い浮かぶことは、診療時間中でしたので、
「緑のアロマプライマー」
「緑のコンタクトゲージ」
「緑のエッチング」
という歯科関連のものでしたが、真実は和気さんしか知りません。
そう、真実は自ら探し求めないと手に入らないのです。
「求めよ。さらば与えられん。
尋ねよ。さらば見出さん。
門を叩け。さらば開かれん。」
聖書の言葉が私の脳裏に浮かびました。(無宗教ですけど)
答えを知りたいと思った私は彼女に「緑の何?」と聞きに(わざわざ)行きました。

そして、ささやきの神が答えをまたささやきました。

「ヨコイさん、私の緑のボールペンを知りませんか?」

答えがショボすぎて、聞くんじゃなかったと思いました。



さて、お店は、寒い冬になると食べたくなる中毒鍋の「楽」です。
P_20180117_214002_1
黒電話が今も使われています。

名古屋コーチンと甘めの八丁味噌スープで中毒者を輩出する老舗です。
(某スタッフは毎年ここの鍋写真を携帯待ち受け画面にして余韻を楽しんでいます。重症です。)

鍋スープのあまりの美味しさに毎年飲みすぎて、女将に「もうこれ以上飲まないで下さい!」と
厳しく躾られてきました。
今年は飲みたい気持ちを押し殺し、堪え忍んだ甲斐あって
空になったとんすい小鉢を見た女将から「スープを入れましょうか?」という
まさかの優しいお言葉が!
1517505417406

P_20180117_195845
昭和6年から使われ続けている87歳の鉄鍋
太平洋戦争の名古屋大空襲では名古屋城でさえも焼失したのに、この鍋は健在です。


食事会の終わりには、院長から誕生日ケーキが贈られました。
1517505269787
和気さんが家に帰ってからケーキの写真を送ってくれました。
帰りの自転車でだいぶ揺さぶられた感がでています。


1516229012182

和気さん、お誕生日おめでとうございます。


ーーー本日のお店ーーー

住所
愛知県名古屋市中区錦三丁目9-29
TEL
052-951-1125
完全予約制
  
Posted by hasegawadental at 22:03Comments(0)

2017年12月29日

年末年始の休診と応急診療のお知らせ


2017年はどうもありがとうございました。


年末年始の休診のお知らせです。


12月29日(金)より1月4日(木)までお休みとさせていただきます。


連休中、お困りの方は、以下の予定で応急処置を行います。


12月30日(土) 10:00から12:00

1月2日(火) 13:00から15:00



お電話は不通となっております。直接診療所へお越し下さい。


2018年もよろしくお願い申し上げます。

  
Posted by hasegawadental at 09:44Comments(0)

2017年11月29日

JAO(日本オッセオインテグレーションアカデミー)11月例会

JAO11月例会は、

深山 浩 氏 (科研製薬株式会社 名古屋支店 学術部長)
を講師にお迎えし開催されました。

テーマは
「世界初の歯周組織再生剤 リグロスR歯科用液キットの
作用機序と使用上の注点について 」
でした。

リグロスR とは、

「歯槽骨欠損部へ塗布することで、
歯槽骨、セメント質及び歯根膜の再生を促進し、
その結果、新生歯槽骨の増加など歯周組織を
再生させるという画期的なもの。」

です。


わかりにくいので、簡単に言い代えれば、

「歯周病によって壊された組織が、
新しい薬を塗ることによって、一部復元されるようになった。」


です。

IMG_3457


歯周病治療では、

「歯周病で、歯の周りの骨が一旦溶かされると、もう元に戻りません。
ですから、頑張って、早めに治療したり、予防することが大切です。」


とお話ししていたのですが、

この薬(リグロスR)により,一部再生されるようになったのです。



さらに重要なことは、

リグロスRは健康保険適用 であることです。



以前にも、同様な効果が期待される薬剤はあったのですが

( エムドゲインR とか・・・ )

保険適用外のため高額な費用がかかり、やや使用しにくい状況でした。


それが、改善されるのは

歯科医院にとっても 患者さんにとっても、とてもありがたいことです。


当院でも、リグロスR の効果が期待される症例は、
積極的に応用していきたいと考えています。

ご質問やご希望がございましたら、診療所スタッフにお申し付け下さい。

  
Posted by hasegawadental at 18:13Comments(0)

2017年11月14日

セルフケア処方のセミナーに参加しました。

みなさんこんにちは。歯科衛生士のkieです!

10月12日(木)、大阪にて行われました

「患者さんの口腔内が変わる!個別対応のセルフケア処方

即実践セミナー」に参加してきました。

IMG_1256


ブログでも院長先生が報告していましたが、先輩衛生士のaikoさんも

8月に参加していたセミナーです!


皆それぞれお口の中のトラブルはちがいます。

みなさん一人一人に合ったセルフケア方法、ケアグッズを

どのように提案していけばいかという内容のセミナーでした!


みんなでディスカッションや情報交換する時間があり、

普段なかなか他の歯科医院に勤めている歯科衛生士の方と

交流する機会がなかったのでとても貴重な時間となりました!

歯科医院に来てクリーニングをうけて頂いても、毎日の家庭でのセルフケアが

できていないと大切な歯を守ることはできません。

このセミナーをきっかけに当院で扱っているセルフケアグッズの

まとめをみんなで話し合いながらしているところです!


みなさんの健康維持のお役に立てれば幸いです!

  
Posted by hasegawadental at 15:13Comments(0)

2017年11月06日

日本睡眠歯科学会に参加しました

11月3日(金)文化の日に日本睡眠歯科学会に参加して参りました。

会場は山口県岩国市(於:岩国国際観光ホテル)とチョット遠いのですが、

新幹線で約3時間と、思ったよりアクセスはよかったです。


今回は睡眠歯科医学基礎講座(研究編)に参加しました。

歯科と睡眠と何か関連あるの?と疑問にお感じの方もおいでかと思いますが、

歯科では主に、OSAS(閉塞性睡眠無呼吸症候群)のための

口腔内装置(Oral Appliance;OA)を扱っています。

睡眠学会2


OSAS(閉塞性睡眠無呼吸症候群)は 睡眠障害の一つで、

睡眠障害は交通事故や転倒事故などの間接的な原因となるばかりでなく

不登校や出社困難、うつ病などの神経症、身体疾患 ( 糖尿病、高血圧etc )

さらには寿命にも影響を及ぼすとのこと。

そして睡眠障害による社会的損失は3兆5000億円に及ぶとの試算もあるとのことです


この病気への対応はCPAP(シーパップ Continuous Positive Airway Pressure

 ;睡眠中、鼻から圧力空気を送り込む装置)の装着が最も効果的ですが、

装置が大きいため使用しにくい方のための選択肢に口腔装置(OA)があります。


200万人いるOSAS患者さんの中で、CPAP(シーパップ)を使用しているのは

40万人程度( 装置の供給数 )という事ですので、

150万人以上の患者さんに何らかのOSASに対する治療が必要といわれています。

口腔内装置(OA)は高い治療効果が現れる場合もありますがCPAPほど確実でありません。

しかし、取り扱いがCPAPに比べ簡易なので、その普及が期待されるところです。

睡眠時無呼吸症候群のセミナーの報告ブログもご覧下さい
2016年1月4日
http://blog.livedoor.jp/hasegawadental/archives/2016-01.html

睡眠学会1


とんぼ返りなので、観光もナシでしたが、偶然、会場ホテル前が、錦帯橋という観光名所でしたので、写真だけ撮って来ました。

  
Posted by hasegawadental at 17:21Comments(0)

2017年11月03日

JAO9月例会

去る9月30日、

JAO(日本オッセオインテグレーションアカデミー=インプラントの勉強会)

9月定例研修会が講師に、社会医療法人明陽会 成田記念病院 歯科口腔外科 部長の

水谷英樹先生(藤田保健衛生大学医学部口腔外科 前教授)をお招きして

開催されましたでした。


テーマは 「インプラント治療と顎関節」でした。

一般歯科医師が顎関節症にどう関わっていくか、その診断基準から最新の治療法まで、

長年顎関節治療の第一人者として、顎関節治療に携わってきた水谷先生ならではの知見を交え

熱心にご講演いただきました。


jao201709


インプラント(人工歯根)は普通の歯と違い、歯根膜(歯と骨と間に介在する繊維の膜)が無いため

慎重な噛み合わせの調整と長期管理が必要です。

噛み合わせの不調により顎関節症が引き起こされることもあるのですが

インプラントと顎関節症との関連についてのお話はなかなか聞く機会がないため

とても為になる講演でした。

(院長)
  
Posted by hasegawadental at 08:37Comments(0)

2017年10月16日

LODIシステム ハンズオンセミナー

10/15(日) (株)白鵬主催のLODIシステム ハンズオンセミナー に参加しました。

LODIとはLocator OverDenture  Implant system のことです。


通常インプラントは、骨に埋め込まれた後、人工歯と固定し、

普通の歯のように使用されるのですが、

このシステムでは、インプラントを取り外しできる義歯の固定用に使用します。


実は、Locatorを使用したインプラントを使用した義歯の固定は、すでに何例か行っていますが、

このたび新しいシステムが開発されたので、今回のセミナーを受講しました。



iod03


写真は下顎の入れ歯です。透明の模型についているゴールドの装置がLocator(ロケーター)で、

入れ歯にはめ込まれている青い装置によりカチッと固定されます。


iod04


模型に取り付けられた入れ歯です。




このシステムにより、義歯の外れやすさや不安定さを一気に解決できます。

講師は東京都開業の新名主 耕平先生でした。

ハンズオンセミナーとは、実習付きのセミナーのことで、

模型を使って、インプランの手術から

装置の設置まで丁寧にお教えいただきました。

iod02


インプラントは通常使用するインプラントも使用できますが、

LODI専用のインプラントにより、手術も、そのあとの管理も

より簡単かつ安全に行えます。



iod01



セミナーは1日行われ、終了後に修了証をいただきました。

  
Posted by hasegawadental at 00:25Comments(0)

2017年10月08日

内田さん、磯部さん、立松さんの誕生日会

朝夕めっきり涼しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

食欲の秋に負けっぱなしの歯科衛生士の横井です。

9月は、チーフ内田さん、サブチーフ磯部さん、歯科衛生士立松さんと

当院で最も誕生日を迎えるスタッフが多い月です.。

image



内田さんは、歯科衛生士の他に夏はサーファー、冬はスノーボーダーと

年中通して板が好きな方です。

磯部さんは、仕事帰りにジムに行き汗を流すのが好きというエネルギッシュな方で、

また今年も彼女は名古屋ウィメンズマラソン(42.195km)にエントリーされたそうです。

しかも、日頃の磯部パワーに触発されてか、もう一人のスタッフもエントリーしたという

事実を知り、大変驚きました。(磯部パワー拡大しています)

さらにそこで内田さんからまさかの「皆で出る?」と耳を疑うお誘いがありましたが、

私はすぐに目をそらしました。

どうやら当院は、仕事で疲れた体にムチを打って、更なる達成感を求めたくなる

という何かが蔓延しているようです。

立松さんは、入職当初から真面目で素直なとても可愛い後輩です。

表現力が大変豊かで、若さ溢れるオリジナリ造語を次々と発明し、

周りのスタッフとの年齢差を見せつけます。(もう私は完全についていけないです)

クイズ

以下の本日の高級フレンチのソースの色と泡立ち加減を見て

立松さんは何と表現したでしょうか。

image



答え:納豆



本日の誕生日会のお店はスペシャルです。

La Grande Table de KITAMURA


image


ご存知の方も多いと思いますが、古き良き日本の風景を残す名古屋の白壁で、

一流のフランス料理を堪能できるここラ・グランターブル ドゥ キタムラの

オーナーは、20世紀における最高のフランス料理人の一人

「世紀のシェフ」と称されるフレディ・ジラルデ氏に認められ、

スイスの「ジラルデ」にて副総料理長を任された方なのです。

お店もお料理も接客も全てが一流です。

image



かつて北村氏が、つたないフランス語で何通も何通も手紙を送り、

何とかシャルル・バリエ氏の元で

修行させてもらえることになり、やっと繋がった一本の線。

その線は、ジャマン タイユヴァン ジラルデと繋がっていきました。

最初は細く頼りない線であっても、途切れさせることなく、

太く強靱なものにしてきそたのは、間違いなく北村氏の熱意と努力、

そして感謝を忘れない心だったのでしょう。

image


image


image




北村氏がスイスのジラルデに修行で訪れた初日、敷地内に落ちていた

一枚の葉を拾いました。

北村氏はどのような想いでジラルデの入口に立ったのでしょうか。

その一葉はラ・グランターブル ドゥ キタムラで食事をする人は

実は誰でも目にしています。

メニュー表を広げると、左のページにその一葉はあります。

image



北村氏が30歳で世界最高峰のジラルデの敷地に足を踏み入れた時の想いが、

一枚の葉となって私たちを迎えています。


北村氏の最初の師シャルル・バリエ氏は、お客さんにパンを

プレゼントしたそうですが、北村氏も同じように自ら玄関に立ち、

私たち一人一人にパンをプレゼントしてくださりました。

image


内田さん、磯部さん、立松さんの決して満足せず、常に上を目指す高い志と、

北村氏の料理に対する想いとがシンクロし、今日は楽しいだけではなく、

心の琴線に触れる食事会でした。

image



お誕生日おめでとうございます。


グランターブルキタムラ

〒461-0018 名古屋市東区主税町4-84

TEL 052-933-3900


営業時間 11:30-14:30 / 17:30-21:30

定休日 不定休

桜通線 高岳駅 2番出口より徒歩12分
  
Posted by hasegawadental at 21:50Comments(0)

2017年09月06日

JAO(日本オッセオインテグレーション アカデミー) 特別例会


7月30日(日)に本年度のJAO(日本オッセオインテグレーション アカデミー)特別例会が、

当会会員でもある堀内克啓先生(奈良県五條市 開業)を講師にお招きし、

シロナデンタルシステムズ名古屋支店 会議室にてに開催されました。


インプラントの名医は,自称他称含め多数いるようですが、堀内先生は、

深い知識と多くの経験を持つ日本でも有数のインプラントの臨床医です。


奈良県立医大の口腔外科准教授を歴任した口腔外科の指導医ということもあり、

外科手術の基礎的な手技から、骨造成の際に必要な減張切開の手法など、

普段なかなか聞くことのできないポイントをわかりやすくご講演いただきました。



またインプラントにまつわる商業ベースで普及しつつある治療法の評価についても、

ほぼプライベートな講習会であることもあり、

その安全性や長期的な予後など、かなり突っ込んだお話をしていただけました。



真夏日の開催でしたが、会場は会員とオブザーバーにより埋め尽くされ、

熱気あふれる有意義な例会でした。


jaoIMG_271400

JAO理事と 向かって左から3番目が堀内講師
  
Posted by hasegawadental at 12:36Comments(0)

2017年09月01日

歯科衛生士 : セルフケアー処方 の勉強会

当院の歯科衛生士 aikoさんが

患者さんの口腔内が変わる!

個別対応のセルフケア処方 即実践セミナー



の研修に参加しました。

毎週金曜日の歯科衛生士のミーティング(衛生士さんが自主的に行っている勉強会 )で

その報告を行うとのことで、今回は わたくし( 院長:長谷川 )も参加して聞いてみました。


dhmeeting279400


歯や口のお掃除をすることを口腔清掃と言います。


口腔清掃には、歯ブラシ、歯磨き剤や洗口剤などを使用します。


口腔清掃のための器具や製剤は、数えきれないほどたくさんの商品が

世に出まわっていますが、その選択基準はかなり曖昧です




テレビCMで見たり、知り合いに教えてもらったり、ドラッグストアーで手に取ってみたり・・・

何となく気に入ったものを使用しているのではないでしょうか。



内科医が患者さんの症状だけで無く、個々の体質や体調を考慮して、適切なお薬を処方するように、

歯科衛生士が、その星の数ほどある清掃器具や製剤(歯磨き粉なども含む)を、

それぞれの特性を理解し、患者さんに効果的に提供する技術がセルフケアー処方です。



セルフケアー処方が難しいのは、薬を飲むだけの処方と違って、

類似した症例に同じ処方をしても、同等の成果が得られるとは限らない点です。



つまり、同じ程度の虫歯になっている二人の患者さんでも、

それぞれの歯磨きの器用さや、実際のお手入れ状態、歯の質や食生活によって、

処方する歯ブラシ、歯磨き粉の種類は当然異なってきます。



また、現在治療中の患者さん用のケアグッズと、

メインテナンス(診療後の術後管理)中の患者さん用

では、やはり薦めるグッズは違ってきます。




ワンパターンが通用しないのがセルフケアーの難しいところです。



歯磨き剤や洗口剤では製剤の成分や、使用するケアーグッズの

それぞれの特性を理解した上で5つのターゲット(脱灰、歯質、歯石ステイン、細菌、炎症)

に対する基本方針を確認し、それぞれのターゲットに有効な成分や清掃法を選択して行く必要があり、

それは容易なことではありません。



数多くの製剤やケア-グッズの組み合わせの中から、症例経験を重ねていくことにより、

当院のオリジナルの処方パターンを作り上げ、効果的に患者さんに提供していきたいものです。



また、治療中における、歯面ケア、歯周ケア、そして治療ステージの

それぞれの処方ポイントをシステム化していければ、

効率的で効果的な口腔清掃を行えることと思います。


aikoさん、セミナーと報告お疲れ様でした。

とても有意義なセミナーであったと思います。
  
Posted by hasegawadental at 15:49Comments(0)

2017年08月27日

momokaさんのお誕生日会と宮島先生歓迎会

こんにちは


歯科助手のEriです


厳しい夏もそろそろ終盤となり、

夜は涼しい日も続いてますが皆様いかがお過ごしでししょうか


私事ですが先日sumieさん担当のブログにて

結婚の報告をさせて頂きました。


とても素敵に書いてくださり

恐縮するばかりでございます((( °ω° ;)))


ありがとうございました。



結婚式も終わり、一段落したのでこの夏はバーベキューに4回も行ってしまい、

案の定真っ黒くろすけに仕上がりました…(´・×・`)


早く肌が元に戻ることを願ってやまないわたくしが

今回ブログを担当させていただきます!




本日は


当院のムードメーカー

momokaさんのお誕生日会


4月よりご勤務頂いている

宮島ドクターの歓迎会が行われました



お店は


イタリアン&フレンチ料理で人気の


【ジャングルジャップ】にて




隠れ家的なバーで


店内は

アンティーク調の家具がたくさん置いてある中、

壁に日本語で文字が並べられていたりと和のテイストもあり、独特でお洒落な雰囲気でした!



御手洗では落語が流れておりました⋆* ⁑⋆*



さて今回の主役、


宮島ドクターは見た目からもお分かりいただけるとおもいますが、


とっても優しい先生で

患者様にももちろんスタッフからも人気のある先生です


そんな宮島ドクターは一児の父


お休みの日は勤務の日よりも早くから公園でお子様と遊ぶというイクメンパパな一面を知ることが出来ました


momokaさんは

とても明るく表現豊かな女性で

いつも医院を大変盛り上げてくれるハセシカにはかかせない存在です


彼女は本当にいい子で素直で

表現力豊かで一緒にいてとても楽しませてくれます



そんなお2人を囲み、

乾杯!

IMG_2745



そして

次々と素敵なお料理が運ばれてきました


IMG_2752



IMG_2755




どれも美味しくワインがとっても進みました



そしてバーということもあり、

ドリンクメニューがとっても豊富


店員さんが奥からヨイショと

持ってきて頂いた黒板にズラリとメニューが書かれており、

これにはスタッフ大盛り上がり&大興奮


IMG_1299




フルールを贅沢に使ったカクテルをいただきました



IMG_1314

(ここにも和のテイストが…しかもこの傘開いたり閉じたりできるんです)




IMG_2754





そして店内には

ピアニストさんによる生演奏&生歌が…


素敵な演出にお話にも花が咲きます



そして盛り上がる中

なんと院長から素敵なサプライズが…



IMG_1320


momokaさんのもとにプレートとかわいいキャンドルが、、、


このキャンドル、

とっても驚きな仕掛けがされており

スタッフ一同驚きの叫び声が店内に響き渡りました(興奮してすみません)



これを見てお店に行かれる方のネタバレになるといけないので詳細は伏せておきますね


(ぜひお店にてお試しあれ✩)

IMG_1324



そしてお店の方からもう一つサプライズが、


お店でつけた自家製の梅酒

IMG_1332



なんと今から半年後にちょうど美味しくなるそうで今から出来上がりが楽しみですね


(momokaさんいいなぁ…笑)


momokaさんのご自宅のベットの下で今頃肥やしてるころでしょう




そして最後には記念撮影



なんとピアニストの方と…!


ピアノ経験者のmomokaさん、


2人でデュエット演奏*。oOo。.:*

これにはスタッフ一同驚きでした〜


素敵な1枚載せておきます


IMG_1334





みんなでも記念撮影


IMG_2751







とても楽しいひとときを過ごすことができました


momokaさんおめでとうございます



宮島先生 今後とも長谷川亨歯科クリニックをよろしくお願いします




お店の情報



JUNGLEJAP

住所 愛知県名古屋市東区泉2-23-8 タウンマンション泉1F

052-931-0777
  
Posted by hasegawadental at 16:14Comments(0)

2017年08月08日

日本臨床歯周病学会 第35回年次大会 その3



今年も連日暑い日々が続いておりますが、相変わらず日焼けし、

肌が日に日に黒く焼ける歯科衛生士内田です。



さて去る6月24日から25日、臨床歯周病学会in大阪へ行って参りました。


毎年院長とスタッフと朝待ち合わせをして行くのですが、今年は朝早くより

認定歯科衛生士セッションがあったので先に大阪へ向かいました。



臨床歯周病学会の認定歯科衛生士を取得し早くも5年が経過した.。


今では、たくさんの歯科衛生士の方と交流が増えとても有意義な学会参加になっています。

たくさんのご縁に感謝の毎日です。



今年のテーマは


Save Teeth! Save Imprants !〜歯周病患者におけるインプラント治療〜


ということでインプラント治療は歯科治療において近年とても身近な治療となった一方で

インプラント周囲炎、歯周炎も増加傾向にあるのが現状です。


今回の認定歯科衛生士セッションでは、X線(レントゲン)をどう読み取とり

歯周病基本治療にどう生かすか参加者でセッションしました。


X線は皆様ご存知のとおり、我々の体の状態を知るのに最も重要な診査法のひとつです。


歯周病治療に求めらる画像診査、診断はさまざまなポイントがあり、

歯科医師および歯科衛生士は治療する上で1つの判断材料として

日々の臨床に生かしているのですが、

同じX線をみて歯科医師は歯の治療を含め歯の健康管理のプロとして、

また歯科衛生士は歯の疾病予防のプロとして見解が異なることもあります。


歯周病治療を成功させるには歯科医師の見解と歯科衛生士の見解よりお

互いに情報共有し、同じ目線で歯周病治療に向き合っていく大切さを

改めて痛感したセッションでした。


さて、学会はセッションだけではなく、企業展示コーナーがあります。


image



各歯科メーカーが最新の歯科機器や予防に関する材料までさまさまな展示があります。


いつもスタッフと各歯科メーカーに行き、サンプル品を頂いてはスタッフと試しあったり

話し合いながら当院でも日々予防に関する材料を新たに導入して、

みなさんの予防歯科のお手伝いができるようにしています。



今度は9月に富山にて日本審美歯科学会に参加する予定です。


また参加した際はみなさまにご報告させて頂きたいと思います。



image
  
Posted by hasegawadental at 00:14Comments(0)歯科衛生士 A から

2017年08月03日

日本臨床歯周病学会第35回年次大会 その2

こんにちは。

今年も、学会の季節です。

6月24日、25日に大阪で開催された臨床歯周病学会に参加させていただきました。


image



現在、インプラント治療は多くの歯科医院で行われています。

当院でも、インプラント治療をされる患者さんが増えてきています。

インプラント治療は咀嚼機能、審美機能が回復できる治療であり、

患者さんの生活の質の向上に大きく貢献しています。

しかし、すべての患者さんにおいてインプラント治療が成功するわけではなく、

インプラント周囲疾患(インプラント周囲粘膜炎、インプラント周囲炎)の発症や、

補綴物の破損などの問題が生じる場合もあります。


インプラント治療のリスクは、プラークだけでなく、

咬合(過重負担)、喫煙、全身疾患(糖尿病など)、生活習慣、ストレス

などがあげられます。


治療後のインプラントの長期安定を図るために重要なのがメインテナンスです。


メインテナンスでは衛生士が主体となって関わっていきます。


インプラント治療も歯周治療と同様に最終的にはメインテナンスによるケアが

重要になっていきます。メインテナンスではインプラント周囲組織の変化に気付けるかが、

トラブルを未然に防ぐポイントになると考えられます。


問題を早期に発見できるかは大きな問題に発展させないために大切です。


また、インプラントの部分は炎症がすぐさま骨まで波及します。

進行が早いので、毎日のブラッシングの前に患者さんご自身でインプラントの周りを

チェックしていただき、何か違和感や問題があればお早めにお知らせください。



インプラントの健康の維持には患者さんによるセルフケアがきちんと行えている

ことも重要です!

患者さんひとりひとりにあった口腔清掃道具を選択し、

どこをどのように磨けば良いのかお話します。


歯科医師と歯科衛生士が連携をとって、メインテナンスを行っていきます。


今回の学会では、


インプラントの問題点、

インプラントメインテナンスの方法や

重要性


についての講演や症例を、たくさん聞くことができました。


天然の歯を含め、インプラントも守れるよう、これからに生かしていきたいです。


院長先生、このような機会をありがとうございました。



写真は、2日目のお昼ご飯です(^_^)



image


目の前で〜!

お肉が柔らかくておいしかったです!ごちそうさまでした!

午後の講演は眠気と戦いながら・・・


和気藍子
  
Posted by hasegawadental at 14:28Comments(0)歯科衛生士 A から