FACTORY900 TOKYO BASE 店長DIARY

2015年2月14日に渋谷区神宮前にOpenしたFACTORY900の直営店 店長の目線でFACTORY900を通しながらメガネについて語ります。

2016年01月

おはようございます、店長です。

昨日の都内は激寒でした(泣)
こんな寒い日のお昼は暖かいものが食べたいな・・・
TOKYO BASEにはベロオッティカ古田さんより頂いた、電子レンジという革命的な電化製品のお陰で、ご飯のバリエーションが広がりました(笑)暖かいって幸せ・・・
古田さん、ありがとうございます!


さて、現在工場では2015年秋の新作の量産品を急ピッチで進めています。
恐らく次回は「FA-087」 
ワタクシの勝手な予想では2月の2週目あたりかなと思ってます。
個人的にはには待ちに待ったという気持ちの反面、アレをしっかり撮れるのか?という不安・・・
「FA-087」写真の難易度が高過ぎですwww
正直、Photoshopで写り込みを消さないととんでもないことになりそうです・・・

しかーーし、TOKYO BASEにそんなモノありません←そんなモノって言っちゃったw
また社長にお願いしてみよかな・・・

そんな今日はFA-080シリーズから通称「ステンドグラス」をご覧頂きたいと思います。
DSC_2428
これもまた撮るの大変なんです(汗)

今日はカラーバリエーションも合わせてご覧下さい。
「FA-085」 ¥64,800(税込) 2011年発表
 
DSC_2412
カラーバリエーションは全5色
DSC_2417
「col.001A/カラーレンズ」
DSC_2416
「col.001B/ミラーレンズ」 
 

「col.850/カラーレンズ」
 

「col.853A/カラーレンズ」 
 

「col.853B/ミラーレンズ」

過去のブログでご紹介した「磨きの大変なランキング」で1位に輝いた「FA-085」
マスクシリーズのなかでもアートを感じるこちらのモデルもFACTORY900としてド真剣に作っています。
1枚1枚のレンズも手作業で組み付け、非常に手間の掛かるモデルです。
その手間を惜しまず、どんなモノでも真剣に向き合う姿勢こそが青山眼鏡の強みではないでしょうか。
DSC_2413 

メガネとして1番大切な"見る"という機能さえも頭から切り離し「THE FUTURES EYEWEAR」というコンセプトのもと作り出した青山がもっとも大切にしている「FA-080番台」マスクシリーズ。 
その新作「FA-087」の入荷まで今しばらくお待ち下さいませ!



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

おはようございます、店長です。
先日ダイエット宣言をし、先ずは食生活の改善から着手している今日この頃。
この店長ブログのように毎日コツコツ続けることで何かイイことあるはず。
きっと今年の夏は身軽な体になっている・・・予定です。

さて、以前からこのブログで書こうと思っていながらまだ書いていないことの1つ。

いまやFACTORY900は数多くのモデルが存在します。
その中で最も軽いモデルはどれだろう・・・

測ってみました!

FACTORY900(大文字シリーズ)の中で軽いモデルというと、皆さんどのモデルが頭に浮かぶでしょか?

最近でいえば2015年新作の「FA-222」人気モデル「FA-201」

確かにこの2つのモデルは他のモデルに比べ軽量です。
しかし、実際の重さを測ってみるともっと軽いモデルが存在するのです。
その重さは26g(col.001 デモレンズ込みの重さです)
ファクトリー900と言えば、「ゴツイ、太い、重い」そんなイメージを抱いていませんか。
いや、そのイメージは間違いではありません(笑)

ではその中で最軽量のモデルとは??
DSC_2364
「FA-280」です。→ここテストに出ます(笑)

過去のブログで夏場におススメのモデルとして1度ご紹介させて頂きました。
そう夏場におススメというのも「FA-280」が他のモデルに比べると圧倒的に軽いということです。
非常にシンプルに作り上げられた「FA-280」改めてその造形をご覧下さい。
「FA-280」 ¥33,480(税込) 2008年発表
DSC_2361
サイズ52mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ
DSC_2360
シンプルと言ってもFACTOR900の造形はしっかりと表現されています。
ブリッジも極端にせり出ておらず、ビジネスシーンでも非常に上品な印象を与えます。
DSC_2362
DSC_2363
DSC_2367
カラーバリエーションは全5色
DSC_2336
「col.001」
DSC_2341
「col.070」
DSC_2345
「col.169」
DSC_2354
「col.192」
DSC_2359
「col.436」
DSC_2368
細身の立体感をコンセプトに掲げる「FA-290番台」
(FA-291 FA-295 FA-298)
その細身なモデルより圧倒的に軽い「FA-280」
従来のファクトリー900のイメージとは違うかもしれません。
しかしファクトリー900は仕事の時に使えない・・・そんなお客様がいるのも事実。 そんな皆さん「FA-280」意外と便利なモデルですよ!
さて、皆さん
仕事の時とプライベート、同じお洋服を着ていますか?
今はメガネも着替える時代。
たまには身軽なメガネに着替えてみませんか?



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

おはようございます、店長です。

業界に入って20年。
きっとワタクシと同じ年代の皆さんは「一度は自分で店を持ちたい」
そんな夢を思い描くのではないでしょうか。

しかし、誰しもがその夢を叶えられるほど甘くはありません。

日産のCMで矢沢永吉さんが口にする
「夢を語る人、たくさん会ってきた。でもね、ホントに何かを変える人は口より先に動いている」

そう、今まさに夢の第一歩を歩み出した人がいます。

1月27日、東京都中野区のブロードウェイ4階に眼鏡店をオープンさせた中林さんです。

歳は私よりも若いですが、メガネに対するアツさは青山も認めています。
いや、メガネが好きという人は数多くいます。
しかし将来を常に意識したその行動力こそが中林さんの凄さかもしれません。

その中林さんがオーナーを務める眼鏡店。
「GILBERT EYEWEAR」(ギルバートアイウェア)
そしてこの「GILBERT EYEWEAR」(ギルバートアイウェア)オープニング記念モデルとして
取扱いブランドであるFACTORY900から限定カラーを作って頂きました。

各取扱い店さまがイベント等で作る限定カラー。
今まで皆さんがチョイスされてきた限定モデルを店長ブログでご紹介してきましたが、それぞれお店の特徴がこの限定カラーに反映されます。
人気モデル、新作モデル、そして各お店さまが考えるコンセプトによってカラーの選択も大きく変わります。

そしてオーナーの中林さんがチョイスしたモデルは・・・
「FA-060」
DSC_2384
そうきたか!
中林さんらしいチョイスだと思います(笑)
「FA-060」についてはこちらからどうぞ。

では、GILAERT EYEWEAR 限定カラーFA-060じっくりご覧下さい。
「FA-060 col.175」 GILAERT EYEWEAR 別注色 ¥30,240(税込)
DSC_2374n

DSC_2376
サイズ48mm 鼻幅21mm 
DSC_2377
DSC_2380
中林さんがチョイスしたオリジナルカラー「col.175」
自らが福井本社まで足を運び、厳選された生地からこのオリジナルカラーが生まれました。
FA-320でも使用しているcol.701の色違い、その生地に2015年新作のFA-248 col.208の背面で使用している生地を合わせてあります。
この配色を見ると「col.440」通称 茶ブルーかと思われるとかもしれませんが完全なオリジナルカラーです。
個人的にはこれをマット加工したら面白いかもと思ったりもします。
DSC_2378

DSC_2381
DSC_2382
DSC_2386
DSC_2388
DSC_2391


FACTORY900が本当の意味で第一歩を踏み出した「FA-060」
中林さんが「GILBERT EYEWEAR」(ギルバート アイウェア)として新たな一歩を踏み出すのにはピッタリなモデルかもしれません。

今後、中野周辺にお立ち寄りの際は是非、中野ブロードウェイ4階の「GILBERT EYEWEAR」(ギルバート アイウェア)にも足をお運び下さい!

※尚、TOKYO BASEでもサンプルをご用意しておりますのでご来店の際にはお気軽にお声を掛けて下さいませ。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

おはようございます、店長です。
昨日はお休み頂きありがとうございました。
お陰様で体の不調もたいしたことはなく、1日の休養で復活しました。
インフルエンザの予防接種も行い、通勤の電車のなかではマスクを装備。
このあとTOKYO BASE1周年を控えている今、倒れる訳にはいきませぬ。
そうなんです、オープンからもうすぐ1年・・・早いもんです。

そして今日は久しぶりにこちらをご紹介します。

昨年のオープニングイベントの1つ
「カスタムオーダー受注会」

そのイベントでK様よりオーダー頂きましたモデルがようやく完成致しました。
そうなんです、当初完成は半年~1年とお伝えしていましたが、K様のモデルは1周年にギリギリですが間に合いました(汗)
K様はじめ、長らくお待ち頂いた皆さま、申し訳ありませんでした。

では早速K様がお選び頂いたモデルをご覧頂きましょう!
DSC_2270
K様がチョイスされたモデルは「FA-073」
FACTORY900の中でもいい意味でクセのある「FA-070番台」
なかでも「FA-073」はそのインパクトからファンの皆さんを魅了し続けています。
「FA-073」の特徴の1つでもあるテレビジョンカット。
ブラウン管テレビのようにカットされたフロント面はFUTUREを感じながらもどことなく優しさというか、懐かしさを感じます。
「FA-073」についてはこちらからどうぞ。
K様がチョイスされた生地にも注目しながらご覧下さい。
DSC_2272
「FA-073 K様別注モデル」
DSC_2262
DSC_2267
DSC_2263
DSC_2264
トップの生地は黒に見えますが、実は深みのあるネイビーに年輪のような模様が浮き出ている柄生地になります。そして背面には黄色。
この一見ミスマッチと思える色の組み合わせが「FA-073」によりその造形にアクセントを生み出しました。
むしろこの背面の黄色がレフ版効果のように顔色を明るくします。
本来はかなりのインパクトがある「FA-073」ですが、この背面の黄色が大きなポイントになっているのではないでしょうか?
DSC_2266
DSC_2268
どの角度から見ても全くスキのない「FA-073」
そして世界にたった1つだけのファクトリー900
K様、是非大切に使って下さいませ!



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

おはようございます、店長です。
実は昨晩から体調がイマイチ・・・まさかこれが風邪とゆうやつか・・・
そんな訳でホントは山に行く予定でしたが今日はちょっと休みます。
ってか今日が水曜日で助かりました(汗)
しっかり休んで明日からの営業に備えます。

本日TOKYO BASEは定休日となりますが昨日のブログの続きです。

レンズカーブのお話し。
昨日の写真だけだと分りにくいと思うので側面からもう一度ご覧下さい。
通常の4カーブ
DSC_2300 
こちらが6カーブのレンズが組み込まれた状態です。
DSC_2302 
このちょっとしたレンズカーブの違いで特にサングラスは全体のフォルムが変わります。
「FA-248」のお顔を包み込むような流線形のフォルムにレンズとの一体感が生まれ、よりサングラスらしさを感じることが出来ます。
今日はこんなサンプルもご覧頂きます。
DSC_2307 
「col.701」レンズは無色のシルバーミラーレンズの度付サンプルです。
レンズカーブは5カーブ。
(度数S-1.00C-0.50AX90)
写真だとなかなか上手く伝えきれませんがこれ、かなりカッコいいです(笑)

フォルムも崩れず、フレームとレンズの噛み合わせもバッチリです。 DSC_2331


さて、次にこちらの写真です。

いまいち上手く写真が撮れませんが・・・この位置からご覧頂くと「FA-248」の4カーブのレンズが入った時の本来のフォルムがお分かり頂けると思います。
DSC_2317 
では「FA-248」に一般的な非球面レンズを入れるとどうなるか??
向かって左のレンズが非球面レンズ右が通常の4カーブのデモレンズ。
DSC_2327
この違いがお分かりになりますか?

左の非球面レンズは2.5カーブ、レンズの溝ヤゲンもあえて調整せずに2.5カーブの溝が掘ってあります。
これにより、フレームとレンズの噛み合わせもズレが生じます。
専門的な表現になりますが、レンズの収まりが悪くなります。
また、見た目もどことなく、のっぺりとしたフォルムに見えませんか?

つまり全体的なフォルムも崩れるという訳です。


側面からの見え方もご覧下さい。
DSC_2310 
側面から見ると分りにくいですがお度数によってはさらにレンズがフラットになる可能性があります。

もちろん非球面レンズが全くダメという訳ではありません。
レンズの溝ヤゲンの掘り方によってフレームとレンズの噛み合わせもしっかり合わせることも出来ます。
しかし、皆さんが店頭でフレームを選ぶ際に見たFACTORY900のフォルムとイメージが変わってしまう恐れがあるということです。

メガネを選んだ時はカッコ良かったのに出来上がったメガネを見てアレ?
何か違和感が・・・そんな経験ありませんか??

今日ご紹介したのはあくまで一例に過ぎません。
お客様のお選び頂いたモデル、お度数、様々な条件により最適な状態でお仕上げ出来ればと思います。

今日のブログはかなりマニアックな内容だと思います。
ご来店の際はもう少し分り易くご説明いたしますのでお気軽にご質問下さい!

最後にこんなモノも作ってみました。
DSC_2303 
この続きは店頭で(笑)
 


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

おはようございます、店長です。
西日本は大寒波の影響で大変な事になってますね(汗)

福井も例外ではなく、えらい事になってるようです。昨年は全く雪が降らなかったのにやっぱりガツンときましたね(汗)昨日は水道管が破裂したとか・・・ワタクシが福井で研修中の時よりスゴイんだろうな〜。福井の皆さんお気をつけて!

   
さて、昨日のブログでご紹介させて頂いた「FA-248」
ブローラインの新作です。

昨日のブログの一文にあった「FA-248」の大きな可能性。
今日はこちらに触れてみたいと思います。

昨年、福井で「FA-248」のサンプルを見た瞬間に頭に思い浮かべたこと。
こちらです。
DSC_2274
そうサングラスです。
DSC_2276
もちろん基本はメガネ、アグレッシブなブローラインとしてご活用頂きたいのですがサングラスにしたらさらにカッコよくなるのではないか?
そんな欲求を抑えられずサンプルを作ってしまいました。
口で言ってもイメージが沸きませんもんね(汗)
ズバリこんな感じになります。
DSC_2295
「col.208」 
非常に立体的なブローラインが妙にマッチすると思いませんか?
ボリュームのあるブローラインをレンズカラーが中和し更なる一体感を演出します。
DSC_2281
通常の「FA-248」と比較してご覧下さい。
DSC_2289
今回のカラーバリエーションでワタクシが1番気になるカラー「col.553」でサングラスカラーを入れてみました。
DSC_2284
DSC_2293
これはアリではないでしょうか!


そしてここでポイントがあります。
サングラスバージョンとメガネバージョン2枚の写真の違いに気づきましたか?
いや、むしろ気付いた皆さんはスゴイです。

実はサングラスバージョンと通常のメガネバージョンではレンズカーブが違います。
DSC_2294
通常モデルのデモレンズは「4カーブ」カラーレンズは「6カーブのデモレンズを組み込んでみました。
尚、「6カーブ」のサングラスレンズには溝ヤゲンを「5カーブ」に設定しています。
このちょっとした違いで出来上がりの雰囲気は変わります。 

言い換えるとこの「FA-248」に一般的な非球面レンズを入れるとどうなるか?
この続きはまた明日です!




FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

おはようございます、店長です。

さて、2015年秋の新作がTOKYO BASEにも入荷しましたっ!
FACTORY900(ファクトリー900)のなかでも人気カテゴリーのブローライン。
その新作「FA-248」です。
すでにお取扱店さまのブログやFacebook等でご紹介頂いておりますが、この店長ブログでも詳しくご紹介したいと思います。
Designer`s Bliogも合わせてご覧下さい。

「FA-248」¥41,040(税込) 2015年発表
DSC_2238
DSC_1972
サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ DSC_1971
DSC_2251
フロント(前枠)からテンプルまで流れるような繋がりを見せる「FA-248」
「FA-240番台」の特徴である三角の形状に作り込まれたテンプル。
車のボディのような滑らかなラインはブリッジの細部までしっかり繋がっています。
これにより全体的にお顔を包み込むようなフォルムが生まれます。
DSC_2258
レンズシェイプは比較的大きめ。
しかし躍動感のあるブローラインがこのレンズシェイプによりさらに引き立ちます。
つまりこのレンズシェイプがあってこそ「FA-248」のアグレッシブなブローラインが完成するといっても過言ではありません。
しかし、あくまでブローライン。
攻撃的に見えてもお顔馴染みも良く、合わせやすさも兼ね備えています。


DSC_2260
DSC_2250
DSC_2247
そして「FA-248」のもう1つの特徴であるカラー。
新色も加わり「FA-248」の可能性は大きく広がります。
レンズカラーとの組み合わせによってはサングラスという選択肢もアリではないでしょうか?
そのカラーバリエーションは全8色
DSC_1937
「col.001」
DSC_1944
「col.159」
DSC_1948
「col.203」
DSC_1951
「col.208」
DSC_1955
「col.209」
DSC_1959
「col.254」
DSC_1966
「col.553」
DSC_1969
「col.701」

ファクトリー900には「FA-208」「FA-298」 「FA-098」品番の末尾が8になっているブローラインモデルが存在します。
ビジネス向けな「FA-298」「FA-098」
非常にバランスの取れた人気モデル「FA-208」
そこに今回の新作「FA-248」が加わります。
同じブローラインでもそのイメージは全くの別物。
どのスチュエーションで掛けるか?
周りの皆さんにどんなイメージを与えたいか?
カッコいいイメージ?優しいイメージ?
使う用途やどんな風に見られるかを考えるとワクワクしますね!
この続きはまた明日です。



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

おはようございます、店長です。

寒い、寒すぎます。
少し前まで暖冬で冬らしくないなんて言っておきながら、いざ寒くなると寒いを連呼してしまいます。
こんな寒い日は暖かいものが食べたい・・・
そんなワタクシに先日GIFU BASEから届いたモノ。
そうなんです!今ワタクシが欲しくてたまらないモノが届きました。
電子レンジです。
なんとBellO-Ottica(ベロオッティカ)の古田さんから頂きました!
やった!これで暖かいものが食べ放題。
古田さんありがとうございます!

ってか古田さんもブログ見てくれてるんですね(汗)

さて、昨日に引き続き「ピンクシリーズ」をご紹介します。
2013年春に発表した新色のコレクション。
既存のモデル7型にそれぞれ異なったピンクカラーが追加されました。
今日は残りのモデルをご紹介します。
「FA-240」 col.267 ¥37,800(税込)
DSC_2206
言わずと知れた人気モデル「FA-240」
「FA-240」についてはこちらからどうぞ。
TOKYO BASE人気ランキングでは圧倒的なパワーで第1位に輝きました。
現在カラーバリエーションも多い「FA-240」その中でもこのカラーはよりインパクトのあるカラーだと思います。
そしてこのカラーの魔力に引き込まれた皆さんも多いのではないでしょうか?(笑)
昨年さらに新色が加わりカラーバリエーション豊富なFA-240。
是非店頭で全カラーお試し下さい!
DSC_2225
DSC_2228
「FA-208」 col.029 ¥37,800(税込)
DSC_2210
昨年、秋に発表した「KAIROS 別注色」でも注目を集めた「FA-208」
「FA-208」についてはこちらからどうぞ。
正面からの見た目はほぼ黒。
背面から見える独特な柄のピンク。力強いブローラインにさりげない華やかさをプラスしたFACTORY900ならではのカラーと呼べるのではないでしょうか。
もともとスーツ等のお洋服にも相性バツグンの「FA-208」
ビジネスシーンで周りの皆さんより1つ差をつけてみませんか?
DSC_2230
DSC_2231
「FA-202」 col.340 ¥37,800(税込)
DSC_2212
つい先日のブログでご紹介した「FA-202」
「FA-202」についてはこちらからどうぞ。
現在モデルチェンジを経て「FA-202A」へ生まれ変わりました。
現在このピンクシリーズ「col.340」のみ在庫がございます。
もともと非常にスマートな「FA-202」
その細身でスッキリとしたフォルムに鮮やかな蛍光ピンクが映えます!
すでに廃番となった「FA-202」ただでさえ貴重なこのモデル、ご来店の際には是非お試し下さい。
DSC_2233
DSC_2234
「FA-204」 col.200 ¥35,640(税込)
DSC_2215
TOKYO BASE年間人気ランキングでも第4位にランクインしている「FA-204」
残念ながらこの「col.200」も現在廃色となりました。
写真のモデルはワタクシの私物にてご紹介させて頂きました。
トップは比較的合わせやすい「デミ」その背面には目も覚めるような鮮やかなピンク。
「FA-202 col.340」のピンクとはまた違った鮮やかさが魅力的です。
現在、この「col.200」をお持ちの皆さん、是非大事にして下さい!
「FA-204」についてはこちらからどうぞ。
DSC_2235
DSC_2236
さて、2日間に渡ってご紹介した「ピンクシリーズ」いかがでしたか?
2013年に発表している為、決して新しい情報ではありません。
しかし、この新色が追加された7モデル。つまりは人気のあるモデルということになります。
このピンクシリーズを通して過去のモデルも改めて振り返って頂ければ幸いです。
過去のモデルでもカッコいいモデルは何年経ってもカッコいいものです。


昨日から発売を開始した「FA-248」
もうすでに取扱店さまがご紹介して下さってます。
もちろん店長ブログでもしっかりご紹介しますのでお楽しみに!




FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

おはようございます、店長です。

昨日は業界のお友達と食事に行ってきました。
飲み会ではなく食事会です(笑)→アレ?前もこんなこと書いてましたね(汗)
お酒飲める人だったら「今日飲みに行こう」って誘うんでしょうけど、まさかコーラ飲みに行こうとは誘そわないですよね~。
はぁ~お酒飲める体が羨ましいです。

さて1月も後半、いよいよ寒さが厳しくなってきました。
まだ2月もあるのに春が待ち遠しい今日この頃・・・

今日はこちら2013年春に発表した新色をまとめてみました。
通称「ピンクシリーズ」

この年の展示会は初めてヒカリエで行われた合同展示会「COME」にFACTORY900は出展しました。
前職で店長をしていたワタクシはヒカリエにも足を運んでいました。
そしてこの時もアポなしで商品を見せてもらったことを覚えています。
↑いつもアポなし。

いゃ~懐かしい。

そんな「ピンクシリーズ」
既存のモデル7型に新色として追加された各モデルをご覧下さい。
「FA-096」 col.268 ¥30,240(税込)
DSC_2195
「FA-096」についてはこちらからどうぞ。
「FA-090番台」現行モデルのなかで唯一オールセルフレームの「FA-096」
もともとカラーバリエーションの多いこちらのモデルは独特なフォルムが実は女性の皆さんにも人気という事実。
このピンクシリーズに新色として新たに追加された理由もうなづけます。
改めて写真に収めてみるとこのフォルムの美しさに目を奪われます。決して新しいモデルではありませんが、今だ現役の「FA-090番台」もこの機会にお試し下さい。

DSC_2216
DSC_2218
「FA-095」 col.266 ¥30,240(税込)
DSC_2200
「FA-095」についてはこちらからどうぞ。
TOKYO BASE人気ランキングでも第5位にランクインした「FA-095」
すでにこのモデルだけで数本FACTORY900をお持ちの方もいらっしゃるほど完成度の高いアンダーリム。
その「FA-095」の新色ピンク、これ以上はないだろうと思わせる鮮やかなピンク。背面に見える白の柄もポイントですよね。
DSC_2219

DSC_2221
「FA-201」 col.201 ¥35,640(税込)
DSC_2203
「FA-201」についてはこちらからどうぞ。
トップは合わせやすいブラウン、背面からチラッと見えるピンクが顔色を明るく引き立てます。
TOKYO BASE人気ランキングでは「FA-201」のSサイズが第5位にランクインしましたが「Sサイズ」でもこの「col.201」は安定の人気でした。
ちなみに「FA-201」はあの人気カラーが廃色になるとの噂。
正式なアナウンスはもう少々お待ち下さい。
DSC_2222
DSC_2224

一般的にはピンク=女性のイメージが強いかもしれません。
そして女性のなかにはカワイイイメージが苦手・・・つまりピンクはムリと思われている方もいらっしゃると思います。
しかし、
FACTORY900のピンクシリーズは皆さんが思い描くピンクとは全く違います。
従来のピンクのイメージを大きく変えた「ピンクシリーズ」
季節はまだ冬ですが春に向けて是非ご検討下さい。

そして明日は「ピンクシリーズ」その2に続きます。
いや、じらしている訳ではなく写真が間に合いませんwww



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

おはようございます、店長です。

東海地区の皆さん、もうGIFU BASEには足を運ばれましたか?
現在オープニングイベントの真っ最中です。 イベント期間中は特別なモデルをご覧頂けます! 

その特別なモデルって???
こちらからご覧頂けます。

さて、そのGIFU BASEにはTOKYO BASEと同じくガチャガチャも用意されています。
遊び心満載のオリジナルガチャガチャ。
その中身は??古田さんに伺ってみて下さいね!

そんな常に遊び心満載のファクトリー900ですが、オープン当初からこんなグッズを販売しています。
ループタイです。
DSC_2193

TOKYO BASEもオープンしてもう直ぐ1年。
ここでオリジナルループタイの新色が入荷しました!

もともとこのループタイを製作しているのはアセテート生地メーカー
「KISSO」(キッソウ)さんです。
本来プラスチックフレームの材料であるアセテートを供給しているKISSOさん。もちろんFACTORY900との関わりも深く、古くから青山眼鏡とのお付き合いもある老舗メーカーですね。
今はあの有名なDiroccaや、イタリアの素材を鯖江の眼鏡職人さんが眼鏡からカタチをかえて伝統と技術を合わせもったitarateまた、眼鏡の素材と工法を用いて作られた、CEMENT PRODUCE DESIGNとのコラボレーションブランド sabaeを世に送り出しています。
ちなみにワタクシもsabaeシリーズの耳かきもってるんですけどね(笑)

そんなKISSOさんとのコラボレーショングッズ
「FACTORY900 オリジナル ループタイ」
今日は先日入荷した新色をご覧頂きます。

そもそもオリジナルループタイはカタチが3パターン。
本来FACTORY900で使用しているモデルを平面化し、ループタイのデザインにしました。
生地の切削、最終磨きは青山眼鏡にて仕上げているループタイ。 
今日はカタログ風に写真を撮ってみました(笑)

「FA-081」
DSC_2178
DSC_2173
「FA-072」
DSC_2169
DSC_2164
「FA-160」
DSC_2184
DSC_2190

¥10,260(税込)
今日ご紹介したカラー以外にも色々なカラーバリエーションがございます。
しかし1つ1つがハンドメイド。メガネと同じように柄生地に関しては同じものは1つとしてありません。

ご自身で使って頂くのもよし、ギフトとしてご使用頂くのもアリですね。
プレゼントする相手の方がメガネ好きであればなおさら喜ばれます。
ここ最近、メガネをモチーフにした小物をよく見かけます。
人とカブらないギフトをお探しの皆さん、是非ご参考にしてみて下さい!




FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ

↑このページのトップヘ