FACTORY900 TOKYO BASE 店長DIARY

2015年2月14日に渋谷区神宮前にOpenしたFACTORY900の直営店 店長の目線でFACTORY900を通しながらメガネについて語ります。

2016年09月

おはようございます、店長です。

昨日はオープン前にちょっとした事件が・・・・
いつものようにオープン準備の為にドアを開けると・・・ん?
2016-09-29-11-25-41
・・・トカゲ?

マジか!

カメラを向けるとトカゲ氏はさぁーーーと店内へw

・・・ようこそTOKYO BASEへw

松本はお休みのため、1人で盛り上がり、記念撮影。

ニヤニヤしながら田村に写真を送ると・・・
image
昨夜の写真が送られてきましたwww

ちょっとデカいしw

オープン前からバタバタのそんな木曜日。
お陰様で閉店時間までドタバタ(笑)
もしかしたら、あのトカゲ氏は幸運を運んで来てくれたのかもしれません。

※その後、トカゲ氏には無事退店して頂きましたのでご安心下さい。



さて、今日は最初にお伝えしておきます。
本日の店長ブログは、写真多めの文字少なめですw

と、いうのもこちら
「FA-201」のカラーバリエーション。
イメージ 350
昨年新色が追加され、メガネを選ぶ幅がよりいっそう広がりました。
おそらく2016年TOKYO BASE人気ランキングでも上位に食い込んでくると思われます。
イメージ 358
以前から全てのカラーを一挙をご紹介しようと思いながら、そのカラーの多さに目を背けていたのはナイショですw
カラーバリエーションはなんと13色
さずがに写真を撮るのにくじけそうになりますw

では早速ご覧下さい!
DSC_1977
「col.001」
イメージ 360
「col.054」
DSC_1986
「col.065」
DSC_2032
「col.173」
DSC_1991
「col.185」
DSC_1993
「col.201」
イメージ 356
「col.260」
DSC_2024
「col.325」
DSC_1997
「col.333」
DSC_2000
「col.425」
イメージ 353
「col.443」
イメージ 354
「col.535」
イメージ 355
「col.840」

男性だけでなく、女性の皆さんからも人気の「FA-201」
そう考えるとこれだけ豊富なカラーバリエーションもうなずけます。
また、プライベートでは「FA-240」をご使用頂いている皆さんが、お仕事の際はこの「FA-201」をご活用頂いているという声も多々お聞きします。
数あるカラーバリエーションの中から用途に合わせ、お気に入りのカラーをお選び下さい。
尚、「col.054」「col.065」は既に廃色が決定しています。
詳しくはこちらからどうぞ。
ちなみに「FA-240」も先日新色が追加されました。
これにより、レギュラーカラーは11色・・・
いつの日か全てのカラーを撮り直したいと思いますw



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 

おはようございます、店長です。

9月末ですが、なんだか蒸し暑い日が続きますね(汗)
台風18号の行方も気になりますが、来週はお天気が回復しますように・・・・
と、いうのも来週はついに秋の展示会が行われます。
各社、各ブランドがこのタイミングで一斉に新作を発表。そう、メガネ業界の大イベントです。
この業界向け展示会開催につき、10月4日(火)から10月6日(木)まで、直営店TOKYO BASEは臨時休業となります。
ご迷惑お掛けしますがどうぞ宜しくお願い致します。



そして今日は大事なお知らせが。


10月7日(金)19時半よりエンドユーザーさま向け、「新作発表会」をTOKYO BASEにて開催します。
昨年同様、2016年秋の新作をデザイナーから紹介、そしてお試し頂けます。

アイテムはこちら
FACTORY900 新作6型
RETRO FUTURE BY900 新作2型
2016秋展示会用

待ちに待った2016年新作のお披露目。
ワタクシにとっては2度目の秋、楽しみです!

では皆さまのご来店、心よりお待ち致しております。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 


おはようございます。
TOKYO BASEの腹筋が出来ない方・スタッフ松本です。

腕立てと背筋はなんとか出来ますが、腹筋がとてつもなく苦手です(ΦωΦ)
腹筋だけでなく全体的に筋肉がないので、すぐ末端から冷えていきます。
これからの季節に向けて、わたしも筋トレしようかしら!
↑多分やらない気がしますw



本日、TOKYO BASEは定休日となります。
「定休日」「担当は松本」というキーワードが揃ったということは・・・・・・
本日も松本の日記的なゆるめのブログをお送りいたします♪( ´θ`)ノ



先週お休みを頂いた時に、大学の同期と一緒に新潟へ行ってきましたー!
しかし2日間とも雨。
とても残念でしたが、思い返せば新潟ではいつもの光景だったような気がします(笑)

美味しいものたくさん食べてきました( ^ω^ )
ファイル_003 のコピー
住んでる時はあんまり意識してませんでしたが、改めてお米が美味しいなと感じました。
ファイル_002 のコピー
そしていつものごとく、あんまり写真を撮っていないという。
毎回反省しますが、忘れて食べ始めちゃうんですよね。。。ϵ( 'Θ' )϶
次こそは!


泊まったのは岩室温泉^^
ファイル_004
中に広いお庭がありました。
お金持ちだったらこういう庭のある家に住みたいです(=゚ω゚)ノ
ファイル_001 のコピー
余談ですが、旅行に行く時はいつも、どのメガネを持っていくかで迷います^^;
普段は「これ着るから今日はこのメガネ」と選べますが、旅行先では難しいですよね。
自他共に認める荷物減らせない人間なので、複数のメガネを持っていく余裕がないのです(´Д` )

こういう時、どんな洋服でもシーンでも対応出来るメガネがあると非常に助かるなと、個人的には思います。
だからといって、「ザ・無難」というわけではなくて、メガネとしての印象はきちんと残しつつ、その人のコーディネートや雰囲気に「とけこむ」メガネなのかなと(^_^)


それってイコール「がんばらないメガネ」ってこと?
ということで、TOKYO HOLIDAYS(トーキョーホリデイズ)からチョイスしてみましたー!


「TH-009 col.470」
me のコピー
個人的にはちょっとボーイッシュな格好が好みなので、ユニセックスなウェリントンの「TH-009」を選んでみました。
定番カラーといえばブラックですが、ネイビー×クリアの組み合わせはフレームの印象が強くなり過ぎず、ちょうどよく馴染んでくれると思います(=゚ω゚)ノ
b1 のコピー
がんばらなくても「とけこむ」メガネ。
皆さんもTOKYO HOLIDAYSで探してみませんか?


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 

おはようござます、店長です。

最近パソコンの前に向かう機会が増えています。
ブログはもちろん、店舗データの管理まで・・・長時間椅子に座っているとお尻がイタタ(泣)
椅子の高さが合っていないせいか腰と背中がグチャグチャですw

椅子が変われば仕事もはかどるハズ (多分)
社長、椅子買っていいですか??

ということで近日中にフワフワの椅子を探しに行ってきます!


さて、昨日に引き続きFACTORY900の共通カラー「col.147」茶ササをご紹介します!
昨日は4つのモデルをご紹介しましたが、これ以外にも茶ササが使用されているモデルが存在します。

では早速どうぞ!

「FA-295」¥37,800(税込) 2013年発表
DSC_1927
サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ4カーブ
DSC_1928
細身でありながら立体感のある、アグレッシブなアンダーリム「FA-295」
同じアンダーリムの「FA-095」よりも、いい意味で"クセ"があり、FACTORY900らしい造形美が見所です。
「FA-295」のカラーバリエーションは全6色ですが、TOKYO BASEでは1番人気のカラーがこちらの「col.147」
地味過ぎず、ハデ過ぎず、そしてアグレッシブな造形を適度に抑えてくれる程よい色味が人気のヒミツかもしれません。
DSC_1926
DSC_1959
フロントリムはほぼ黒のように見えますが、細身のテンプルに映し出された茶ササが鮮やかに色味を放ちます。
過去のスタイルサンプルはこちらからどうぞ。
「FA-295」についてはこちらからどうぞ。

「FA-075」¥37,800(税込) 2014年発表

DSC_1934
サイズ57mm 鼻幅17mm レンズカーブ4カーブ
DSC_1897
先にお知らせしたように「FA-070番台」はほぼ生産終了となりますが、今後も継続モデルとなる「FA-075」はTOKYO BASEでは隠れた人気モデルの1つとなっています。
ゴツゴツとしたフロントラインからテンプルまで、茶ササの柄が映えますね!
DSC_1935
DSC_1970
男らしい無骨な造形が「FA-075」の1つの見せ場ではありますが、どこか優し気な表情に感じるのは、フレームカラーの効果であることはいうまでもありません。
「FA-075」についてはこちらからどうぞ。

「RF-008」¥37,800(税込) 2015年発表

DSC_1918
サイズ54mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ  
DSC_1920
過去にも数回に渡ってご紹介してきた「RF-008」
肉厚のあるその造形は、茶ササ柄を他のモデル以上に楽しんで頂ける贅沢な一品です。
新作発表時にはワタクシも一目惚れ、サングラスとして使用頻度大のお気に入りです。

DSC_1919
店長使用モデル及び、スタイルサンプルはこちらからどうぞ。
「RF-008」についてはこちらからどうぞ。
  
昨日、今日と2日間に渡ってご紹介しました共通カラー「col.147」茶ササ。
FACTORY900といえば、鮮やかなカラーにどうしても目を奪われがちですが、ワタクシ的にはこの「col.147」は隠れた名作ならぬ隠れた名カラーではないかと思っています。
飛び抜けたハデさはありませんが、合わせやすさ、そしてお客様のさりげないこだわりを演出してくれるカラーとしておススメです!
これからの季節、是非注目してみて下さい。



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
                        

おはようございます、店長です。

久しぶりに青空の広がった日曜日、待ってましたとばかりにサングラスを掛けて出勤。
この店長ブログをご覧の皆さんはご存知のように、今年は夏に向けて「RF-013」のサングラスを作ったものの、レンズカラーの選択にしくじり、その仕上がりに満足がいかず、気づけば使用頻度は激減・・・
このままではマズイ!ということで昨日は意を決して掛けてみた訳です。
あれ?

あれれ?

これはアリかも!

洋服も秋の装いに変わり、夏前にバッサリ切った髪も伸びはじめ、以前よりは掛けこなせるようになってきた気がします(汗)

やはり、お洋服や髪型、女性の皆さんはメイクなど、その時々によって似合うメガネは変わりますね。

季節は確実に秋から冬へ、皆さんはメガネを着替えてますか?



さて、今日の店長ブログではFACTORY900のフレームカラーについてです。

以前からお伝えしているようにFACTORY900にはモデルによって共通のカラーが存在します。
今日ご紹介するカラーは「col.147」茶ササ

このカラーの呼び方は茶ササの他に、赤ササという呼び名もありますが、デザイナーはじめ、工場のなかでは茶ササと呼ばれています。

決してハデなカラーではありませんが、光に透かすと非常にキレイな色合いを放ち、なおかつ幅馴染みも良く、スタイリングもしやすい便利なカラーです。

ではモデルごとにどの様にイメージが変わるのか?スタイルサンプルも交えご覧下さい!

「FA-291」¥35,640(税込)  2011年発表    
DSC_1931
サイズ54mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ    
DSC_1903
細身の立体がテーマの「FA-290番台」
そのなかではエース的存在の「FA-291」
せり出たブリッチからフロントサイドまでの奥行きがより立体感を感じます。
DSC_1929
丸みを帯びたレンズシェイプと温かみのある茶ササの相性は間違いありません。 
また、所々に見えるブラウンのササ柄がこれからの季節により一層マッチします。
DSC_1938
「FA-291」についてはこちらからどうぞ。

「FA-208」¥37,800(税込) 2011年発表
DSC_1932
サイズ54mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ
DSC_1899
皆さんご存知、ブローフレームの大人気モデル「FA-208」
もしかするとワタクシ個人的にはFACTORY900の中で1番好きなモデルはこの「FA-208」かもしれません。
ブローラインのカット面、細部のディテール、デザインはもちろん、掛け心地もバツグンと、全体的に非常にバランスのとれたモデルだと思います。
DSC_1933
実際に掛けてみると肌の色も交じり、茶ササの柄はほとんど分りません。
しかし「col.001」blackに比べ、眉のラインも強調されず、適度にお顔の表情を引き締める効果もあり、使い勝手のよいカラーになるのではないでしょうか。 

「FA-208」についてはこちらからどうぞ。

ビジネス、そして女性の皆さんにもおススメしたいFACTORY900のスタンダードモデル「FA-281」「FA-282」
オーバル、スクエアの玉型違いです。

「FA-281」¥33,480(税込) 2012年発表
DSC_1922
サイズ53mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ
DSC_1909
DSC_1923
「FA-282」¥33,480(税込) 2012年発表
DSC_1921
サイズ53mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ
DSC_1914
DSC_1924
DSC_1914
細身でシンプルなフォルムに茶ササを使用することで高級感を演出します。

柔らかいオーバル型とスッキリとしたスクエア型、スタイルサンプルを続けてどうぞ。
「FA-281」
DSC_1961
「FA-282」
DSC_1960
遠目から見ると黒のようにもみえますが、実際に黒と掛け比べてみると、いかにこの茶ササが優しく見えるかがお分かり頂けます。
また、一見同じような2つのモデルですが、やはり掛け比べるとその印象は間違いなく変わります。
個人的には目尻の下がっているワタクシには「FA-281」の方がシックリくるような気がしますが皆さんどう思われますか?
「FA-281」についてはこちらからどうぞ。
「FA-282」についてはこちらからどうぞ。

今日は4つのモデルをご紹介しましたが、この「col.147」(茶ササ)を使用しているモデルはこの他にも存在します。
この他にどのモデルで「col.147」が使用されているか皆さんご存知ですか?

この続きはまた明日です。



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
     

おはようございます、店長です。

都内は昨日も雨の1日・・・
ホントに太陽どこ行ったぁー!って感じです(泣)
しかし、今日からようやく天気も回復しそうな気配、気温もグッと上がりそうです。
寒かったり暑かったり・・・
皆さんも体調管理には十分お気をつけ下さい!

さて、ここ最近の店長ブログは生産終了のお知らせばかりだよね?
あるお客様からそんなお声を頂きました。

まぁ、確かにほとんどのモデルをご紹介しちゃいましたからねw

しかし、今回の生産終了、そして価格改定はブロンドとして非常に大きな出来事の1つです。
直営店として、ご紹介せずにはいられません(汗)
今日ご紹介するこちらのモデルは、今後も継続品番となりますが、10月7日(金)から値上がりの対象となります。

では、振り返ってみるとご紹介するのは意外と久しぶり、「FA-230」です。
DSC_1890
過去のブログでは「とんがっているモデル ベスト3」で登場した「FA-230」
カラーバリエーションも全て撮り直しましたので、その造形と合わせご覧下さい。

「FA-230」¥35,640(税込) 2009年発表
DSC_1885
DSC_1882
サイズ53mm 鼻幅19mm レンズカーブ5カーブ
DSC_1879
DSC_1880
「FA-230」の大きな特徴であるせり出たブリッジ。
そして「FA-230」の立体感をさらに強調させるレンズとフロントラインが分離したオリジナル構造。
DSC_1884
DSC_1881
本来はどのモデルでも1番の"見せ場"というものが存在します。
どの角度からの見え方が1番映えるのか?写真を撮るときにも気をつかいます。
しかし「FA-230」に関していうと、その" その"見せ場"が多数存在します。
どの角度から見てもスキのないそのフォルムは、まさに"造形美"という言葉がピッタリのモデルではないでしょうか。
DSC_1886
カラーバリエーションは全6色
DSC_1850
「col.001」black (黒)
DSC_1857
「col.140」brown sasa (茶ササ)
DSC_1863
「col..250」red sasa (赤ササ)
DSC_1868
「col.425」gray (グレー)
DSC_1871
「col.529」green sasa (グリーンササ)
イメージ 349
「col.840」clear gray (クリアグレー)

「FA-230」のみならず、FACTORY900全般にいえることですが、その製造工程には多くの時間と手間を要します。しかし、そこから生み出される造形は、もはやメガネという括りを超えて、1つのプロダクトとして美しく感じてしまいます。さらに手に取った瞬間に、それは満足感に変化します。
決して最新のモデルではありませんが、この機会に過去のモデルも振り返って頂けたらと思います。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
   

おはようございます、店長です。

昨日は久しぶりに業界のお友達がTOKYO BASEに来てくれたり、オープン前から電話での打ち合わせがあったりと、なんだか業界内のことから将来の話まで、盛りだくさんの1日となりました。
これから先10年後、自分はどうなっているのか?いや、どうなっていたいのか?
青山眼鏡に入社してもうすぐ3年目。
今まで以上に色んなことを考える日々です。


さて、昨日の店長ブログでは12年前に発表した「FA-063」をご紹介しましたが、今日は同じ2004年に発表したこちらのモデルをご紹介したいと思います。

「FA-110」
DSC_1848
すでに生産終了となっているモデルですが、直営店としてFACTORY900の歴史を振り返る意味も含め、ご紹介したいと思います。

「FA-110」col.102  2004年発表

DSC_1844
DSC_1816
サイズ48mm 鼻幅16mm
「FA-110」 col.434
DSC_1840
DSC_1819
DSC_1820
現在のFACTOY900には見られない非常にシンプルでスッキリとした細身のライン。
しかし、この細身のフロント上部には大きな秘密が隠されています。
a
DSC_1839

55df5b1ffc1081ed2c518424ef9c3ea7
*上の写真は当時撮影された貴重な1枚です。
ご覧の通り、この細身のアセテートの中にメタルパーツを埋め込むという、信じがたい構造こそ「FA-110」の最大の特徴となります。
そのメタルパーツはフロント上部からパット部の芯まで繋がり、これによりプラスチックフレーム最大の弱点である、パット部の調整も可能に。
当時としては革新的な構造であったことは言うまでもありません。
DSC_1823
DSC_1838
しかし、その製造工程は困難を極め、翌2005年には生産終了という経緯になります。
それから4年後の2009年、この「FA-110」の流れをくみ、あの伝説のモデル「FH-001」、ハイブリッドモデルの発表となります。
「FH-001」についてはこちらからどうぞ。

DSC_1849
昨日から2004年に発表されたモデルを過去のアーカイブとして振り返ってみましたが、改めてブランドにとって、大きな第一歩を踏み出さした年といえると思います。

2004年、ワタクシもこの年は人生の大きな岐路となった年です。
皆さんは12年前に何をしていましたか?
過去があるから今があり、そして今が未来に繋がります。

常に新しさを追求して16年、FACTORY900が新たに生み出したコレクション。
ご期待下さい!


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
        

おはようございます。店長です。

昨日は祝日ということもあり、この表参道、原宿エリアも賑わうかと思いきや、この天候の影響でしょうか・・・いつもより人通りが少ない!(汗)
ということでTOKYO BASEのある裏通りは・・・ちーーーん。
しかーーーし!ワタクシには大量にやり残した仕事が待っています。
ガンバレ店長。




さて、この店長ブログも気づけばもうすぐ1年半になろうとしています。
今まで、生産終了モデルから最新モデル、また限定モデルまで幅広くご紹介をしてきました。
写真のクオリティーは別として、これで全てのモデルをご紹介出来たと思います。

そんな中、ストック商品の整理をしていたら、みつけてしまいました・・・

実はまだこの店長ブログでご紹介していないモデルを・・・

「FA-063」
DSC_1811
2002年にスタートした「FA-060番台」のゴーグルシリーズ
そして「FA-063」はフードとフレームをそれぞれ別パーツで組み合わせるという、当時では他に類をみないデザインとしてメガネ業界の皆さんさえも驚かせたモデルでもあります。

FACTORY900を語る上では決してハズすことの出来ない「FA-060番台」ゴーグルシリーズ。
別パーツを組み合わせることで完成するそのフォルムをご覧下さい。

「FA-063」 ¥30,240(税込) 2004年発表
DSC_1801
DSC_1803
サイズ53mm 鼻幅19mm 
DSC_1804
DSC_1805
2004年といえば名作「FA-091」「FA-092」、そしてサングラスコレクションとして 「FA-130」「FA-131」が発表された年でもあります。
青山の言葉を借りれば、ある意味ここからが900としての第一歩、つまりFACTORY900として、青山眼鏡として1つの岐路と呼べる年といっても過言ではありません。

顔を覆うようなフード。
まさに"FUTURE"を感じさせる「FA-063」
今から12年前、このようなデザインが他にあったでしょうか?
DSC_1810
DSC_1808
DSC_1809
いや、ゴーグルというカテゴリーそのものが、他にはなかったように記憶しています。
DSC_1802
本来のカラーバリエーションは5色展開となっていましたが、残念ながら「col.001」のみとなっています。
large-c9c4efef362de489ecdd2b9c82bd1d7d


TOKYO BASEにはこの様に、すでに生産終了となった一部のモデルを過去のアーカイブとしてご覧頂けます。
ブランドがスタートして16年、FACTORY900の軌跡を是非手にとってご覧下さい。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
            

おはようございます、店長です。

台風は過ぎ去ったと同時に急に気温も下がり、秋の足音が聞こえてきます。
洋服のチョイスが難しい今日この頃・・・展示会前に風邪を引かないように気を付けねば・・・
では、今日からまた1週間ばむばります。

さて、先週末に発表した「FA-095」新色。
皆さんもう店頭でご覧頂けましたか?
FA-095
IMG_4007 - コピー


取扱い店さまをはじめ、ファクトリー900ユーザーの皆さんからも多くのお問い合わせを頂いております。

そしてそれと同時に「既存のカラーバリエーションを見てみたい」とのお声をちらほら頂きました(汗)

えっと・・・・過去のブログで1度ご紹介してるんですけど・・・

「でも昔のブログ、写真見にくいよね」

「見にくいよね」・・・

「見にくいよね」・・・

「見にくいよね」・・・

「見にくいよね」・・・

「見にくいよね」・・・


撮りなおします!!

DSC_1789

と、いう訳で、「FA-095」の造形とカラーバリエーションをご覧下さい。

「FA-095」 ¥30,240(税込) 2007年発表
DSC_1797

DSC_1799
サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ4.5カーブ
DSC_1798

「FA-095」のスタイルサンプルはこちらからどうぞ。

カラーバリエーションは全6色、プラス新色の3色が追加されました。
DSC_1759
「col.001」black (黒)
DSC_1764
「col.179」brown sasa (茶ササ)
DSC_1767
「col.425」gray (グレー)
DSC_1773
「col.441」tricolor(トリコロール)
DSC_1778
「col.529」green sasa (緑ササ)
イメージ 347
「col.853」white(白)

「col.032」についてはこちらからどうぞ。
「col.033」についてはこちらからどうぞ。
「col.034」についてはこちらからどうぞ。


せっかくなのでこちらも撮りなおしました!
「FA-095」 BAUM optics 限定カラー エメレションランチ05 ¥39,960(税込)    
DSC_1787
「BAUM optics」さんについてはこちらからどうぞ。



こう何度もFACTORY900を撮っていると、そのモデルごとの見せ場がなんとなく掴めてきますね(笑)
ちなみに2016年、秋の新作もすでに5型は撮影済み!どれも非常に撮り甲斐のあるモデルばかりになっています!お楽しみに!

そう、新作といえば、直営店TOKYO BASEは10月4日(火)~10月6日(木)まで展示会開催のため臨時休業となります。ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。
またその後の価格改定ですが、TOKYO BASEは10月3日(月)までは旧価格でのご対応となります。

今日ご紹介した「FA-095」もその価格改定の対象モデルとなります。
新色も含め、是非ご検討下さいませ!



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 

おはようございます。
TOKYO BASEの雨女疑惑のある方・スタッフ松本です。

昨日はいつもより早く閉店させて頂き、ご迷惑をお掛けいたしました。
夕方から雨が酷くなり、店長と2人窓の外を眺めながらワアワア騒いでおりました(@_@;)
基本的に雨はあまり好きではないですが、台風の日はちょっとワクワクします!

もうすぐ展示会が始まりますが、その時は天候に恵まれますように。。。

展示会といえば、青山さん・田村さんが来た時などにいつも行くお店が、この原宿エリアにあるのです(^^♪
先日店長と、イベント打ち上げ兼TOKYO BASE会議で行ってきたので、本日はそのお店のご紹介です(/・ω・)/
PIC_00711
お店の名前は、『表参道 穏田 一甫(イッポ)』
お魚や鶏肉とお酒の美味しいお店です(*^^*)
↑お酒の部分は伝聞ですw

一甫さんは今年で10周年を迎えたそうです^^
おめでとうございます!

キャプチャ1
TOKYO BASEからキャットストリートを抜けて、明治神宮前駅の方に向かう道沿いにあります。
PIC_0073
場所は地下一階。
隠れ家のような内装と雰囲気で、とても落ち着きます(*´з`)
PIC_00751
出てくるお通しも、その時々で変わります!
いつ食べても美味しい(*´Д`)
PIC_0074
このグラスに見覚えありますか?
このグラスでいつも乾杯していたんですね~('ω')ノ
ちなみに店長の『いつもの!』は、ジンジャエールの辛口でございます。

今回注文したのはこちらー!
PIC_0076
トマトとアボカドのサラダ!
PIC_0077
出し巻き卵と茄子のみそ田楽!
PIC_0078
来ると必ず頼むのはこちら!
チキン南蛮ー((((oノ´3`)ノ
PIC_0079
せっかくの打ち上げなので、ちょっと贅沢してステーキも!

こちらのお肉はどれも柔らかくて美味しいのです( *´艸`)
そして、魚料理を頼んでいないことに今さら気付きました。。。
TOKYO BASEは思っていたより肉食系です(笑)

一甫さん、いつもありがとうございます!
これからも末永くよろしくお願いいたします。


皆さまも、TOKYO BASEに来る前の腹ごしらえや帰り際のエネルギーチャージに足を運んでみてくださいね(^◇^)


↓一甫さんはの詳細はこちら↓

住所:
 〒150-0001
 東京都渋谷区神宮前6-8-7 B1       
アクセス:
 地下鉄 明治神宮前駅 7番出口 徒歩2分

 JR 原宿駅 表参道口 徒歩5分

 地下鉄 表参道駅 A1番出口 徒歩7分                         
HP(ぐるなび):

 http://r.gnavi.co.jp/gb3f700/


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
                    

↑このページのトップヘ