FACTORY900 TOKYO BASE 店長DIARY

2015年2月14日に渋谷区神宮前にOpenしたFACTORY900の直営店 店長の目線でFACTORY900を通しながらメガネについて語ります。

2017年08月

おはようございます、店長です。

8月も最終日、すでに夏休みも終わり、早くも学校が始まっている地域もあるようですね~。
TOKYO BASEの夏休みも近づいてきましたが、今週も皆さんのご来店お待ちしております!

さて、今日の店長ブログは、9月のイベント告知です!
「VOGUE FASHION`S NIGHT OUT 2017 TOKYO」
main_2017_fno_tokyo_4c_white+
今年もこの季節がやってきました!

9月9日(土)
雑誌VOGUE主催、国内最大級のファッションのお祭りが今年も開催です!
16時から表参道ヒルズにてオープニングセレモニー、17時からイベントスタートとなります。
イベントの詳細はこちらからどうぞ。
このイベントに伴い、TOKYO BASEは12時から通常営業、17時~22時までをイベント開催時間とさせて頂きます。

原宿、表参道、青山エリアで行われるFNO(ファッションナイトアウト)は、MYKITAさんやLUNETTES du JURA表参道店さんも参加されています。
image
webサイトからは、こんな感じで店舗検索が出来ますので、是非チェックしてみて下さい。
エリアマップはこちらからどうぞ。

昨年のFNOでは、このイベントに合わせてマッシュルームメガネを数量限定で発売しました。
お陰様で、22時まで多くの皆さんにご来店頂き、大盛況となりました!
結果、その日の深夜にぎっくり腰?になるという惨事にwww
では、皆さんが気になる今年の目玉は??

いや、今年は例年以上に悩みました。
マッシュルームメガネ第二弾・・・いや、去年と同じことをしてもつまらない。
去年、一昨年のように飲食を振る舞うこともNG
そもそもこのイベントはファッションのお祭り・・・・

よし・・・久しぶりにやっちゃうか!

「FACTORY900 RETRO」より、2017年秋の新作FNO仕様にて数量限定発売しますっ!

では、早速ご覧下さい!

と、いいたいところですが、まだモノが完成していませんwww
おそらく当日に届くと思います(汗)
いつも以上にギリギリwww

是非、当日TOKYO BASEに足をお運び頂き、実物をその目でご覧頂けたらと思います。

そしてFNO仕様の限定発売だけではありません(ニヤリ)
詳細はまた後日です!



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
夏季休業9月4日(月)~9月6日(水)           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ               

おはようございます、店長です。

あっという間に8月も終わりを告げようとしていますが、相変わらず気温は上がったり、下がったり・・・・ホントに毎日何を着ていこうか頭を悩ませます(汗)
振り返ると不安定な天候が多かった今年の夏。来月はイベントが続きますが、台風にぶち当たらないかを祈るばかりです。

さて、この店長ブログでは、既存のモデルのご紹介に加え、生産終了モデルについても定期的にご紹介させて頂いております。
この7月、8月にも「FA-070番台」の生産終了モデルに関してご紹介をしてきましたが、その都度お問い合わせを頂き、皆さんが常にブログをチェックして頂いていることを実感します(泣)
ちなみに「FA-070番台」といえば、どのモデルも特有の"クセ"を持ち、FACTORY900のなかでも独自のスタイルを貫いています。
今日はその「FA-070番台」から、こちらのモデルをご紹介します!

「FA-072」
DSC_0857
強烈といっていいほどの個性を放つ「FA-072」
この店長ブログでは約1年振りの登場となります。
では、その詳細も含め、じっくりご覧下さい。

「FA-072」¥35,000(税別) 2011年発表
DSC_0843
サイズ49mm 鼻幅20mm レンズカーブ4カーブ テンプル長135mm
DSC_0841
ボリューミーで特徴的な造形をもつ「FA-072」
丸みを帯びたトップリムが「FA-072」のインパクトをさらに際立てます。
思わず指でなぞりたくなるほど滑らかな面造形。
レトロシリーズからFACTORY900の存在を知ったという皆さんは、この面造形からおそらく「RF-013」を思い浮かべるのではないでしょうか。
DSC_0856
タイヤのようなチューブ状のフロントからテンプルまで丸い面で繋いだ「RF-013」
この2つのモデルを比較したいところですが、これがまた全くのベツモノです。
FA-0721
この様に2つのモデルを比べてみると、「FA-071」はフロントの上下で厚みに極端な強弱があることが分ります。
これにより、「FA-070番台」特有の無骨なスタイルを作り出している訳です。
今日は「col.840」クリアグレーで詳細をご紹介していますが、そのフォルムがより映える黒バックで撮影してみました。
DSC_0849
DSC_0853
正直、そのクセの強さから決して万人受けしない「FA-072」ですが、写真に収める度に異彩を放つこのメガネから美しさを感じてしまいます。←もはや病気でしょうかw
店頭でお試しの際は、お顔に合わせる前に、先ずその造形を色々な角度からご覧頂き、そのフォルムをお楽しみ下さい。
DSC_0855
カラーバリエーションは全5色
DSC_0833
「col.001」black (黒)    
DSC_0836
「col.265」clear pink(クリア ピンク)
DSC_0837
「col.543」light green(ライトグリーン)    
DSC_0839
「col.840」clear gray (クリアグレー)
DSC_0830
「col.001M」black matte (黒マット)

このブログのために、FACTORY900の写真ばかりを撮影していますが、こう毎日900と向き合っていると、今まで身落としていたこと、そして新たな気づきがあるものです。
もちろん、メガネは視力矯正用具であることが大前提ではありますが、FACTORY900には、それ以外のなにかを感じ、期待してしまいます。

そして季節は秋へ。

今年の秋もご期待下さい!



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp   
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
夏季休業9月4日(月)~9月6日(水)           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ   

おはようございます、店長です。

昨日も両デザイナーと思わぬ長電話をしてしまいました(汗)
ちょっと聞きたいことがあって電話すると、話しているうちに次から次へと新たな話題に・・・
そしてさらなる仕事がアイディアがw
これ、チーム900あるあるですwww

さて、今日の店長ブログでは、小文字シリーズより「fa-1091」廃色カラーのお知らせです。
DSC_0823
「fa-1091」といえば、「fa-1090」、そして「fa-1120番台」と同じく小文字シリーズを語る上では外すことの出来ない、ある意味factory900を象徴するモデルの1つです。
そんな「fa-1091」、実のところブログに登場するのはホントに久しぶり。
その詳細も含め、どうぞご覧下さい!

「fa-1091」¥33,000(税別) 2012年発表
DSC_0781
サイズ40mm 鼻幅24mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm
DSC_0798
DSC_0802
クラシックフレームといえば、皆さんが先ず頭に思う浮かべるであろうラウンド型。
そのラウンド型を今から5年前、まだレトロシリーズが誕生する以前に、すでにfactory900(小文字シリーズ)として着手していました。
しかしfactory900が表現するラウンド型は、当時異質なモノとして皆さんの目には映ったかもしれません。
しかしTOKYO BASEがオープンして2年半、クリエイター、デザイナー関連の皆さんをはじめ、ファッションに携わる皆さんからは特に評価が高く、「fa-1091」のポテンシャルの高さが垣間見れます。
DSC_0804
「fa-1091」をカタチづくるその造形は、2016年に発表された「fa-1090番台」の新作「fa-1092」「fa-1094」へ、しっかりと受け継がれています。
また、この「fa-1091」の誕生がなければ「FA-087」The Six Eyesも、今とは違うモノになっていたかもしれませんね。
DSC_0803
DSC_0821
そして今日の本題ですが、今回廃色になるのは以下の3色になります。
「col.055」milky gray (ミルキーグレー)
DSC_0786
DSC_0805
「col.153」light havana (ライトハバナ)
DSC_0792
DSC_0811
「col.206」barafu (バラフ)
DSC_0797
DSC_0820
そう、「fa-1091」のカラーバリエーションは全4色・・・そのうちの3色が廃色となります。
正直、これには個人的にもビックリ・・・
しかし、皆さんご安心下さい。
あくまで生産終了ではなく、廃色です。
つまり廃色にともない、すでに追加カラーの予定がございます。
発表はもう少し先になりそうですが、どこかのタイミングでご紹介しようと考えています。
ちなみに今までのカラーとは全く違います(笑)
是非お楽しみに!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
夏季休業9月4日(月)~9月6日(水)           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ     

おはようございます、店長です。

昨日、一昨日と表参道では毎年恒例のよさこい祭りが行われました。
その影響もあり、表通りはいつも以上に賑わっていましたね~。
まぁ、裏通りのTOKYO BASEにはあまり影響はないんですけどねw
ちなみに今週末は穏田神社のお祭りです。

さて、昨日、一昨日とご紹介してきました「TOKYO HOLIDAYS」(トーキョーホリデイズ)
いつも店長ブログをご覧頂いているお客様から、早速ご指名を頂いたりと、FACTORY900ユーザーの皆さんにも徐々に興味を持って頂けるようになりました。
そんな今日の店長ブログでは、引き続き2017年春の新作「TH-014」をご紹介します。
DSC_0662
では、早速こちらからご覧下さい!

「TH-014」¥26,000(税別) 2017年発表
DSC_0799
サイズ49mm 鼻幅18mmレンズカーブ3カーブ テンプル長135mm

2017年新作のなかで、ある意味1番クセを残した「TH-014」
FACTORY900ユーザーの皆さんであれば、お気づきの方も多いハズ、そう「FA-096」や「FA-206」を彷彿とさせるような、智元がアンダー気味に位置するフロントシェイプです。
DSC_0667
下から突き上げるようなつり目気味の玉型は、キツク見えそうというイメージから敬遠される皆さんもいらっしゃるかと・・・
ところが「fa-1094」のようなフォックス型ほどのクセは少なく、むしろフェイスラインをスッキリと見せる、いわゆる"リフトアップ効果"が期待できます。
また、レンズの天地幅もゆったりしており、目元のくすみが気になる個所もしっかりとカバーしてくれるのもポイントの1つです。
DSC_0825
DSC_0669
では、今日も松本のスタイルサンプルをご覧下さい。
DSC_0721-001
ウエリントン型でもボストン型でもない「TH-014」
肩の力を抜いてゆったりと過ごす休日をイメージさせる、そんな穏やかな印象を感じさせてくれます。
あくまで勝負メガネではなく、"がんばらないメガネ"です(笑)
DSC_0726
DSC_0824
カラーバリエーションは全6色
001
「col.001」
107
「col.107」
367
「col.367」
462
「col.462」
531
「col.531」
865
「col.865」
DSC_0707
連日に渡ってご紹介してきました「TOKYO HOLIDAYS」2017年春の新作4thコレクション。
現時点では、ブランドとしてまだまだ知名度も低く、その存在をご存じない方も多いかと思いますが、今後、イメージ冊子、webサイトなどにも着手できればと考えています。
青山眼鏡プロデュースの"がんばらないメガネ"「TOKYO HOLIDAYS」先ずは店頭でお試し下さい!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
夏季休業9月4日(月)~9月6日(水)           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ   

おはようございます、店長です。

8月最後の日曜日を迎えましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
今月はコラボモデルの発表やお盆期間ということもあり、なにかとバタバタとしましたが、そろそろちょっと遅れた夏休みを頂こうかと・・・
と、いうことで直営店TOKYO BASEは、9月4日(月)~9月6日(水)まで夏季休業を頂きます。
ご迷惑をお掛けいたしますがどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今日の店長ブログは昨日に引き続き、"がんばらないメガネ"「TOKYO HOLIDAYS」の新作をご紹介します!
4thモデルとなる春の新作は全3型。
今では全14アイテム73バリエーションと、豊富なデザイン、色使いからお選び頂けます。
その中から今日ご紹介するのはこちら
「TH-013」
DSC_0661
では、早速こちらからご覧下さい。

「TH-013」¥26,000(税別) 2017年発表
DSC_0655
サイズ49mm鼻幅17mm レンズカーブ3カーブ テンプル長135mm

オーバル型と呼ばれるスタンダードなレンズシェイプは、ホリデイズのなかでもよりクセのないプレーンなモデルといえます。
今から約20年ほど前からのメガネユーザーの皆さんからすれば、どこか懐かしい、言い換えると今、このスタイルのメガネは多くを見ることは出来ません。
では、こういったカタチのメガネが似合う人はいなくなってしまったのか?決してそんなことはありませんよね。
時代は変わっても決して無くなることのない不動のデザイン、これが「TH-013」です。
DSC_0666

DSC_0678
レンズカーブカーブも3カーブと一見平面的に見えるそのフォルムですが、せり出したブリッジにより、さりげなく立体感を表現し、メリハリを生み出します。
こういった細部に関しても、もっと簡易的に作ることも可能ですが、それをしないのが青山眼鏡のこだわりの1つです。
DSC_0677
では、いつものようにスタイルサンプルです。
DSC_0689
小顔の松本にとってはジャストサイズ、サイズ感でいうと同じクリングスパット仕様の2ndモデルよりも若干大きい感覚です。
気取らず、素のままの自分でいられるようなナチュラルなスタイリング、これこそホリデイズの目指す"がんばらないメガネ"なのです。
DSC_0701
DSC_0680
カラーバリエーションは全6色
001
「col.001」
107
「col.107」
185
「col.185」
250
「col.250」
284
「col.284」
880
「col.880」

昨日ご紹介した「TH-012」と同じく、定番カラーに加え、FACTORY900でもお馴染みのカラーを加えた全6色。
今までメガネを使用したことが全くないという皆さんにも、手に取って頂きやすいカラーバリエーションとなっています。
休日を彩る優しい色使いと柔らかい掛け心地、TOKYO HOLIDAYSの魅力を是非店頭でご体感下さい!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
夏季休業9月4日(月)~9月6日(水)           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ 

おはようございます、店長です。

夜になっても蒸し暑さが引かず、寝苦しい夜が続きますね。
そのせいなのか、不思議な夢ばかり見る今日この頃・・・
ちなみに、昨日は某デザイナーとケンカになる夢を見ましたw

さて、8月も残りわずとなりましたが、ここでようやくこちらの新作が入荷しました!

「TOKYO HOLIDAYS」(トーキョー ホリデイズ)
"がんばらないメガネ"をコンセプトに掲げ、2014年秋にスタートし、今回が4thモデルとなるホリデイズ。 
まだまだ知名度は高くありませんが、女性の皆さんを中心に徐々に広がりをみせています。
TOKYO HOLIDAYSの公式Instagramはこちらからどうぞ。

では、早速ですがこちらの新作からご覧頂きます!
DSC_0658
「TH-012」¥26,000(税別) 2017年発表
DSC_0648
サイズ51mm 鼻幅16mm レンズカーブ3カーブ テンプル長135mm

多くに皆さんが気兼ねなくご活用頂けるであろう、ホリデイズならではのシンプルなデザイン。
ごくオーソドックスなスクエア型は、しいていうならば「TH-009」が最も近しいかと。
ただし、「TH-009」のような直線的なフォルムは、メンズライクともいうべきデザインであり、「TH-012」の線の細さ、そして柔らかいラインは、女性の皆さんも違和感なく、掛けこなして頂けるハズです。
DSC_0664
DSC_0675
今回の新作には2ndモデルでご好評だったクリングスパットを採用。
ホリデイズの繊細な掛け心地に安定感をプラスしました。
また、作り込まれた細部のディティールからは、FACTORY900のニオイを感じさせます。
DSC_0672
DSC_0673
では、今日もスタイルサンプルをご用意しましたのでご覧下さい。
DSC_7288
トレンドど真ん中とはいえないごくオーソドックスなスクエアですが、気負うことなくサクッと掛けれるこの手軽さこそがホリデイズの真骨頂です。
DSC_7385
Model thanks Nagisa



DSC_0676
カラーバリエーションは全6色
001
「col.001」
107
「col.107」
185
「col.185」
366
「col.366」
865
「col.865」
880
「col.880」
定番のカラーはもちろん、今回から採用された新色と、カラーバリエーションも3rdモデルよりもより楽しめる色使いとなっています。 
のんびりとした休日のお供に是非!
では、ステキな週末を過ごし下さい。


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ 

おはようございます、店長です。

毎年のことながら、この時期工場はバタバタ、そしてピリピリしております(汗)
まずはフランスで行われるシルモ展、そして国内の展示会と続きます。
特に今年は日程の関係で過密スケジュールに・・・
その打合せも含め、来月は福井に行ってまいります。

さて、来月といえば10日(日)、FACTORY900 GUNMA BASEこと、Hamayaさんを会場として行われる「Eye`s carnival 2017」
イベントが近づくにつれ、きっと剣持さんも胃を痛めていることでしょう・・・
イベントを仕切る者にしか分らないこの感覚・・・
当日はデザイナー青山も駆けつけますが、東京からもイベントの成功をお祈りしています。

さて、そんな今日はせっかくなので、過去にHamayaさんで製作された限定色をご紹介します。
DSC_0625
「FA-312」 col.H07

2015年のエースモデルをいち早く別注色というカタチで発表されたHamayaオリジナルの「FA-312」
コアユーザーの皆さんはすでにお持ちかと思いますが、この機会に今一度ご紹介をさせて頂きます!

「FA-312」 GUNMA BASE限定カラー col.H07 ¥38,000(税別)
DSC_0605
DSC_0616
サングラスとしてご活用の皆さんも多い「FA-312」
と、いうことでカラーレンズを組み合わせたサングラス仕様もご用意しました。
「FA-312」のサングラス仕様例はこちらからどうぞ。
DSC_0610
DSC_0612
DSC_0617
サイズ54mm 鼻幅15mm レンズカーブ4カーブ テンプル長130mm
DSC_0619
DSC_0621
立体的なV字型のテンプルが特徴の「FA-310番台」
この「FA-312」に至っては、テンプルからフロントへの繋がりも含め、流線形の美しさが最大限に発揮されているモデルといっても過言ではありません。
この造形は、そうは書けないとデザイナー青山自らが語る「FA-312」は、今後のFACTORY900の歴史に名を連ねるモデルになるのではないでしょうか。
DSC_0623
その美しい流線形のフォルムをトレースするかのように走るグリーンのライン。
未来感溢れる蛍光色は、「FA-312」の造形美をそっと際立てる、そんな優艶な美しさを演出した、特別なカラーです。
DSC_0622
では、せっかくなので今回もスタイルサンプルをご用意しました。
DSC_0641
うつむき加減になってその姿があらわになるグリーン。
言い換えると、正面、サイドからの見え方は、いたってシンプルに。
普段使いにもギリギリいける絶妙なバランスです。
DSC_0638
続いてサングラス仕様もご覧下さい。
DSC_0645
以前、グリーンミラーを組み合わせたサングラスとしてご紹介したことがありますが、今回はあえて一般的なグリーンのカラーレンズをチョイスしました(可視光線透過率は16%)
どこかスポーティーな印象を受けるのは、「FA-312」のフォルムならでは。
ある意味FACTORY900らしいサングラスと呼べると思います。
DSC_0630

数量限定で発表された「FA-312」col.H07
Hamayaさん及び、TOKYO BASEも残すところ、あと僅かとなっております。
来月10日(日)は、そんな特別なモデルを掛けて「Eye`s carnival 2017」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ 

おはようございます、店長です。

甲子園も昨日の決勝を終え、熱戦に幕を下ろしました。
そして高校野球が終わると、夏の終わりを感じます。
8月も残り1週間・・・今週もよろしくお願いします!

さて、今日の店長ブログは、先日あるお客様にお選び頂いたこちらのモデル
「fa-1130」をご紹介します。
DSC_0536
実は、過去にご主人さま、初めてのメガネとして「fa-1090」をお選び頂いた経緯もあり、今回は奥さまをご紹介頂きました。
ここ最近は「fa-1133」「fa-1094」の影に隠れてしまった感もあり、店長ブログでも久しぶりの登場となりますが、「fa-1130」は小文字シリーズのなかでは定番モデル、今日は「fa-1130」の気になる点も含めご紹介します。

「fa-1130」¥33,000(税別) 2014年発表
DSC_0530
サイズ49mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm
DSC_0534
「fa-1130番台」といえば、リムと呼ばれるフロントの側面に切削を施し、レイヤード構造を特徴とするシリーズです。
このカテゴリ―は2014年からスタートし、今では人気モデル「fa-1133」へと続きます。
その「fa-1130番台」のもう1つの魅力は、その薄いアセテートにさらに切削を施すことによる軽量化です。
結果、特に女性の皆さんが気になる、メガネの重さによるストレスを軽減し、見た目だけではなく、メガネとしての機能性も考慮されています。
DSC_0538
DSC_0532
しかし、小文字シリーズ全般にいえることですが、気になる点はその鼻幅とパット部の高さです。
海外も視野に入れた「fa-1130番台」は、パット部の大きさも決して高いとはいえません。
DSC_0535
ということで、パット部のカスタムを行うわけですが、「fa-1120番台」に比べリムの細い「fa-1130番台」は、通常の鼻盛り加工で使用するパーツでは大きさが合わない場合も・・・
DSC_0566
そこで登場するのがクリングスパットです。
大文字シリーズにクリングスパットを組み合わせることに、抵抗を感じる皆さんも多いかと思いますが、小文字シリーズに関してはアリではないでしょうか。
その仕上がりは以下の通りです。
DSC_0626
DSC_0627

カラーバリエーションは全5色
DSC_0506
「col.246」orange (オレンジ)
DSC_0512
「col.434」sky blue (スカイブルー)
DSC_0516
「col.457」blue (ブルー)
DSC_0521
「col.458」purple (パープル)
DSC_0528
「col.605」yellow/brown (イエロー/ブラウン)

この色使い、そして軽量な小文字シリーズは、まさにこの季節におススメしたくなるファクトリー900といえます。
パット部のカスタムも込みで是非ご検討下さい!

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ 

おはようございます、店長です。

ホントに1週間があっという間に過ぎていきます(汗)
コラボレーションモデルの発表を終え、次は9月のイベントへ。
また今年もあの季節がやってきました・・・
詳細はもう少々お待ち下さい!

さて、この半年、大文字シリーズと同じようにご指名を頂く機会が増えているレトロシリーズ。
今年の新作から「FACTORY900 RETRO」とブランド名も変更し、徐々にその認知度が上がってきていることを肌で感じます。
そんな今日の店長ブログでは、つい先日あるお客様にもお選び頂いた「RF-008」のメガネ仕様をご紹介します。
DSC_0564

「RF-008」といえば、先月「ゴツいサングラスをお探しの皆さんへ」と題して、カラーバリエーションも含めご紹介したばかりです。
しかし「RF-008」のウェリントン型は、メガネとしてご活用頂いているお客様も少なくはありません。
今日はスタイルサンプルも合わせて、その印象をご覧下さい。

「RF-008」¥35,000(税別) 2015年発表
DSC_0544
サイズ54mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ テンプル長150mm
DSC_0546
DSC_0559
レトロシリーズといえば、50~60年代を彷彿とさせるシンプルな造形と、それをカタチづくる肉厚なアセテートが大きな特徴といえますが、そのレトロシリーズ全モデルのなかでも、最大の肉厚を誇る「RF-008」は実は見所満載なモデルといえます。
同じ2ndモデルの「RF-005」と並べてみても、その違いは明らかに・・・
DSC_0565

今日はそのなかでもワタクシのお気に入り「col.147」茶ササ
贅沢に使用した肉厚の生地にササ柄が広がります。
サングラスにしてしまうと、レンズカラーによって生地の色味が打ち消されてしまいますが、クリアレンズのメガネ仕様では、茶ササ本来の美しさが浮かび上がります。
しかし、これはあくまでメガネ単体での見え方・・・実際掛けてみると、この色合いがどのように作用するのでしょうか。
DSC_0561
DSC_0560
では、恒例のスタイルサンプルです。
DSC_0569
決してハデなデザインではありませんが、このインパクト!
しかし、あくまで王道なウエリントン型ということもあり、スタイリングは比較的しやすいかと思います。
むしろ3rdモデルの「RF-014」の方が”クセ”がありますね(汗)
DSC_0574
DSC_0577
この日の天気はうす曇り、様々な角度から撮影してみましたが、実際掛けてしまうとご覧の通り。
一見、黒縁のメガネと見られても不思議ではありません。

では、「col.001」Blackではどんな印象になるでしょうか。
RF-008 メガネ
DSC_0580-001
改めて黒を掛けてみると、その強さを実感します(汗)
密度の高いアセテートの質感、これはやはりササ柄に感じるそれとは異なります。
そう考えると、黒縁に見えがちだった茶ササは、「RF-008」のインパクトを和らげる効果が期待出来ます。
DSC_0589
DSC_0591

近年、メタルパーツとのコンビネーションフレームをはじめ、線の細いメガネが大半をしめるなか、いつの時代にも決してなくなることのない不動ともいうべきデザイン。
「RF-008」はサングラスのみならず、メガネとしてもそうなりうるモデルではないでしょうか。
メガネとしてご検討中の皆さん、ご来店の際にはお気軽にご相談下さい!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ 

おはようございます、店長です。

昨日は、なんだか久しぶりに青空を見た気がします。
それにしてもこのジメジメと蒸し暑さ・・・なんと自宅の芝生にはキノコが生えてきましたwww
梅雨か!
今週はまた気温が上がりそうですが、皆さんも体調にはお気をつけ下さい。

さて、今日はレトロシリーズの新作を、サングラスとしてご紹介します!
実のところ、この記事は少し前にご紹介しようと思っていたのですが、この長雨でサングラスってどうなん?というところから、写真は撮っていたものの今日のご紹介となりました(汗)

過去にも色々なモデルをサングラスとしてご紹介してきましたが、今回ご紹介するモデルはこちら
「RF-050」です。
DSC_9422

レトロシリーズでは初めてとなるメタルパーツとのコンビネーションモデル。
その第1弾として先月発売を開始した今、お問い合わせ急増中のモデルです。
「RF-050」の詳細はこちらからどうぞ。
今日はその中から王道のカラー「col.001」Blackに淡いカラーレンズを組み合わせたモノをご用意しました。

では早速こちらからご覧下さい。
「RF-050」col.001 レンズ 可視光線透過率56%
DSC_9414
ここ最近、個人的にお気に入りの淡いブルーのレンズ。
2017年春の新作「RF-024」col.001に使用しているレンズカラーと同じモノになります。
サングラスといえば、色の濃いレンズを連想されるかと思いますが、ここ最近の天候にはすこぶる使い勝手が良く、またブルー特有のスッキリとした見え方が気に入っている理由の1つです。
DSC_9402
続いてこちら
「RF-050」col.001 レンズ 可視光線透過率50%
DSC_9419
ブラウンベースにイエローを混ぜたコントラスト系レンズを組み合わせてみました。
過去に「RF-031」のサングラス仕様をご紹介した際に使用したレンズもこちらと同じモノになります。
ブリッジに使用されているメタルパーツのゴールドとレンズカラーが程良くリンクします。
それでいて、ハッキリとしたレンズカラーにより、フレームに施された面造形がより際立ちます。

DSC_9407
では、今ご紹介した2つのモデルを実際に掛け比べてみたいと思います。
レンズカラーが変わるだけでこの印象の違い・・・
ブラウンカラーに関しては、松本にチャラいといわれましたwww
DSC_9502
DSC_9507
ここ最近、この原宿エリアを行きかう皆さんを観察していると、サングラスを掛けている皆さんが多いことはもちろんのこと、レンズカラーの変化に気づきます。
以前レンズメーカーさんから聞いておりましたが、ブルー、ピンク、パープルなど、やはり淡いレンズカラーが徐々に広がりを見せています。
来春には、今年以上にパステルカラーのサングラスが多くなるのでしょうか。
DSC_9523
DSC_9525


最後にオマケとしてこちらを
「RF-015」col.001 Black
DSC_9412
今やレトロシリーズの人気モデルとなった「RF-015」
細身といいながら、ブリッジなどの作り込みをご覧頂くと"らしさ"を十分を感じとって頂けます。
同じような"多角面"をもつ2つのモデル、「RF-015」にも淡いブルーのレンズを組み合わせてみました。
皆さんの好みはどちらでしょうか?
「RF-015」と「RF-050」の掛け比べはこちらからどうぞ。
RF-050SG
DSC_9512

尚、今日ご紹介した「RF-050」ですが、その人気から生産が追いつかず、現在一部のカラーが欠品しています(汗)次回の入荷まではもう少しお時間が掛かりそうです・・・
また、2017年春の新作「RF-051」「RF-052」の入荷も今しばらくお待ち下さい。



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ   

↑このページのトップヘ