思い込んだら吉日生活

がんばろう日本ささえよう東北

ちまたにはオイシックスなる美味しいものの詰まった宅配があるが

ハセガワ家にもあります。

その名もユミックス。

ユミックスは不定期のお届けであり

生産者であるオサム農園の出来具合やら

唐津の海の状況やらで変わり

ユミックスからの「送ります」という家族のLINEへの呼びかけに対し挙手制であります。


今回は筍だった。

お届け日と時間を希望し、ついでに海苔もお願いする。

これ、ユミックスのオプションナンバーワン。

ハハユミコ、生活クラブでは海苔を大量に買う人として有名であります。


出荷連絡と共にヤマト運輸の送り状の写メ。

今やヤマト運輸からはLINEでお知らせしてくれるから大丈夫なんだけどね。

ヤマト運輸と法人契約した方がいいんじゃないか


届く間にハハユミコから指令のLINE

アサリのボンゴレは一番に食べて欲しい。

インド土産のお菓子は3種類あって包み紙が違うけど感想を聞かせてね。

絹さやはオリーブオイルで炒めて食べるのが我が家の定番です。

そうなのだ。

筍送ると言いながら筍は一つのアイテムに過ぎない


筍とアサリとインド土産と絹さや。

どうやらこれは入ってるらしいよね。


そうして届きまして開きます。

ここから謎解きだ。

基本的に説明書の無いユミックスの箱です。

ぎっちり詰め込まれた色んな包みから

中身を確認し

食べる順番を考えていく。

FullSizeRender


間に包まれているチチオサムの野菜たち。

これも悪くなる順番考えてね。

下茹でするのかどうなのかとか。


と。茅乃舎のだし!(30袋いり)

オプションで頼んだつもりはない。

が、ハハユミコ

出汁は出し惜しみしてはならぬ

揺るぎない信念をお持ちである。

おそらく

宿題しろとは言わないが寝る前の歯磨きは絶対

これに匹敵するハセガワ家の方針である。


前に

「茅乃舎はあるから要らないからね」と言ったのに

結局同封されていた茅乃舎のだし。

ハハユミコにしてみれば「遠慮して出し惜しみしている!」ということらしい。

違うんだ、私は一人なんだ。

そういう訳で茅乃舎のだしはユミックスの基本アイテム。

わんこそばくらい蓋をしようとしても入ってる、

それが茅乃舎のだし。


今回は煮魚(麻)と唯一のメモ付き。

どうやら誰に送るものか目印付けたらしい。

煮魚送る際に必ず別添されるのは煮汁。

これが各種空き容器に入ってる。

お弁当の醤油差しみたいなものだと可愛いが

いつぞやは液体薬の容器でたまげた。

とにかくユミックスの基本姿勢は

地球に優しく!である。

ジップロックだって再利用の事もある。


こうして届いたものを整理し

まずはボンゴレをね!

あれ?殻付きのあさりとむき身のあさり二つあります。

どうやら「むき身にしてたくさん食べられるように、でも雰囲気出すのに殻付きも多少は混ぜる」

そういう事らしいです。

顧客たちはこぞって届いたよと、ハハユミコのお勧め通りボンゴレ一番に食べましたよと報告する。


今日もユミックス、大漁旗です。

ごちそうさま!


本日松葉杖をお返ししましたが

今年の春お返ししたのは松葉杖だけじゃない。


花粉症(私の場合は花粉症のようなもの)


お返ししました!


花粉症花盛りの昨今、もう言ってもいいだろうと思う。

昨年目が腫れて花粉症を宣言したあの日から

遅ればせの民間療法を試しだした。

まずはアレルケア

カルピスが出している乳酸菌のサプリメント。

腸内環境を整えるのが良いとか。

これは定期コースに入ってラムネみたいな2粒を毎朝カリカリ食べる。


それからハハユミコに勧められた



ネバネバのムチンがすごいんだとか。

ネバネバムチンは熱に弱いと書いてあったので

それまで毎日食べていたプレーンヨーグルトに刻んだプルーン混ぜたものに

ついでに蓮根パウダー混ぜることにした。

蓮根の粉故にヨーグルトの色が茶色がかり

粉っぽさは否めないものになるんだけど

蓮根パウダーの良さを最大限に摂取するためだ。


これをしつこく毎日毎日摂取してきた。


そしてこの花粉真っ盛りの今日この頃。

やや鼻をすするようなやや目がかゆいような

そんな気配はあるが


認めざるを得ない


そんな事態にはなってません。


但し。

アレルケアと蓮根パウダーのどちらが効いたか?

ほぼ同時期に始めて

どちらも一年間通してきたので

よくわからない。


なんとなくではあるけど、

アレルケアは腸内環境が改善されているのかな?という印象で

蓮根パウダーは粘膜に良い感じ、それから肌全体の調子が良くなった

これは言える。

必ず口の周りとかカサカサになっていたんだけど

今肌の調子が限りなく良い。

何より薬じゃなくて食べ物だから安心だしね。


という訳で


花粉症、お返ししましたよ

もう言ってもいいよね!



ギプスから解放された。

そもそも一週間経ってからのギプスだったからなのか

今回は足の裏ではないからか

解放早々に普通に歩けるよ


実は足より懸念事項だった人差し指は

レントゲンの結果、折れておらず。

これは当たり棒の運が味方したと思いたい。


とりあえず松葉杖ついてるけど

松葉杖への頼り度が減るとこんなにも世界は変わるのか

今やストックと同じ用法で使えているよ。


リハビリと称して山崎川まで桜見に出掛けたり。

あぁ歩けるって素晴らしい。


こんな久方ぶりの自由を満喫して帰宅したら

マンションのエレベーター前にて

大家さんにばったり。


うちの大家さんは同じマンションの最上階にお住まいだ。


大家さんと僕
矢部 太郎


と違ってご夫婦なのだけど

同じなのはその上品さであります。

以前松葉杖だった際には電話下さり

買い物に連れて行こうかと言って下さいました。

本気で心配してくださる優しさに見合わない理由で怪我する私。


その大家さん、一言

また!?

こういうのを絶句というのですね。


大家さんを絶句させないよう早く治したい


車は左足使わないから良いんじゃないかな

そう思って社有車に乗ろうとしていたら

敢え無く見つかり御用。

運転手付きで部品倉庫に行きます。


何しろ松葉杖、雨に弱い


ここに来て雨降りばかりの毎日が容赦ない。

撥水と信じてるコートのフードを被って出勤するけど

風がー風がーフードを後ろへ吹き飛ばすよー。


今週は祝日があってほっとする。

雨降りにも強い栄へお出かけするんだ!

栄は地下街歩けば雨に当たらない。

そんな無敵の気分だったのが災いしたのか

階段上ってたら最後の一段を松葉杖つき間違える。

本当は今いる段でついて身体を持ち上げて上るのに

なんか松葉杖が上の段をついてしまい

当然松葉杖に重心乗り切らずに転ぶ

しかも松葉杖で左手を強打

周囲の人が助けてくれたりしたので慌てて起き上がったけども。

なんか人差し指がすごく痛いぞ。

これで松葉杖つけなくなったら死活問題です。


帰り道に氷を買いましてアイシングアイシング。

そうして松葉杖を妨げない程度の固定をしておこうと思う。

なんかいい感じの固定具は


ありました!

ペン立てに刺さってたガリガリ君の当たり棒!

まさにこのピンチを救うのに相応しい縁起の良さを感じます。

これにニューハレのテーピングを巻けば

ほらね!

IMG_1856


きっと大丈夫です


既視感。どうも前にどこかで見た光景 


松葉杖的生活を始めると

困難が立ちふさがってくる。

洗濯物どうやって運ぶ?

あ!こんな時は!

シュリンゲたすき掛けにしてカラビナ付けておけば

ほらね?おおよそ運べるよ

そういえば前もこんなことにぶち当たって

この解決策を見出したような?


会社はキャスター付きの椅子が移動手段。

コーナリングも上手になってくると

「あれ?どこかで見た光景?」

そうでした。前回もこれやったんだった。


デジャブは何も自分の中だけに留まらず。


松葉杖つきつき歩く私。

「あれ?どこかで見た光景?」

みんな同じこと言ってくる。

そりゃそうですよね。

大人になると二年なんてあっという間。

つまり私の松葉杖姿、

あれ?これってこの間どこかで見たような

そんな心持ちにだってなるというものです。


そうして今朝の通勤路にて

前方に停車する車。

と!あの時の!

そうです、同じ敷地内の見知らぬジェントルマン再び。

お久しぶりですね。

ジェントルマン氏をしても

どこかで見た光景!

そう思ったようです。

お久しぶりのご挨拶もそこそこに再び乗せていただきます。


デジャブ

それは世の中への感謝を思い出すことかもしれません




遡ること二週間前くらいのことだろうか。

会社の後輩すーさんが松葉杖で現れた。

これは。先輩としてあの事だけはお伝えしておかねばならぬ。


画期的なつき方だと思った松葉杖の使用法の誤りにより

左手が痺れてしまって二ヶ月掛かったあの二次災害の事であります。


すぐにお伝えしてみましたところ

え?りーちゃんに既に聞いた?

りーちゃんもこの頃の私を見ていたので

これだけは!と思ったらしい。

だよね、他人事でもかなりやばかったよね。


気を取り直しまして

階段の上り下りを教え、昼休みには練習会やるよ!

こんな先輩風吹かせておりまして。


台湾出張から帰って来ても相変わらずの足の引きずりようで

足の腫れもなかなかひかない。

ここは整形外科に行って湿布を貰うかなぁ。

土曜日の朝に整形外科に向かう。


仲良くしていただいた整形外科の皆さまに

久しぶりのご挨拶が足引きずってるっていうね。

湿布を貰うにもまずは先生の診察。

レントゲンも撮りますわね。


先生「ここに薄く線が入ってて

?(´_`)それってどういうことなのかな?

「骨折してるね!」

えぇーーーー!?

「ギプスするよ、もう一週間経ってくっつきかけてるから後二週間」

えぇーーーー!?


処置してもらうところへ移動するとリハビリの先生たち。

はい、お久しぶりですね、

はい、トレラン中に転びましたね。


がっくり肩を落としなされるがまま

ギプスをして貰います

前回はシーネ固定っていうニセモノなギプスだったが

今回のはかっちかちのホンモノだ。

「これ、落書きしてもらえるやつですよ!」

リハビリの先生、励ましなのかなんなのかよくわかんない。

「あー湿布もらうだけだったんだけどなぁ」

「もらえませんね!」

「あーこの後冷蔵庫買いに行く予定だったんだけどなぁ」

「やめておいた方がいいかもしれません」


松葉杖先輩、松葉杖同級生に格下げ。



オリンピックが四年に一度の祭典なら

ハセマイの出張は三年に一度の祭典であります。


あいつも出張に行かせてやるか


そう思いつくのがそんな間隔らしいです。

前回は徳島に行きましたね。


今回は台湾だ。

降ってわいた話になんだか嫌な予感がしてパスポートを見てみましたら

三月中旬に期限切れを迎えます。

ものすごい慌ててパスポート更新。


それからね、知ってる。

広島研修をフイにした直前の松葉杖事件。


オリンピックが四年に一度の祭典なら

ハセマイの出張は三年に一度の祭典。

そしてそして

ハセマイの怪我も三年に一度の祭典


しっかり過ごさねば。

そんな心持ちを自他共に言い聞かせておりました出張前日。

毎週走ってる東海自然歩道、今日は自己ベストなんて目指さないよ

ゆっくり確実に歩を進めるんだ

そう思ってたはずなのに


グゲッ


転び


ブチッ


足首辺りに痛みがはしり


気づいたら尻もちついてます。

うっすら気づく気づく。


ほらね、言わんこっちゃない。


どうしてこんなタイミングなのかと問われれば

やはり

三年に一度の祭典だとしか言いようがありません。


恐る恐る足首を回して折れてない気がする

そして

恐る恐る立ち上がって

びっこひきながら歩ける

それを確認。


弥勒山山頂手前だったので

そこから下山、バスもあって帰れましたよ。


そこから半日、良い子にしてみましたが

そりゃね、治るわけないのです。


スーツケースと共に片足引きずりつついざ台湾。


前にも書いたけど新聞を買う日は

おまけがついてる第一日曜日の朝日新聞

そう決まっている。

おまけのGLOBEが面白いから。

前は月二回だったのに月一回に減ったのが残念でならない。

ネットで読めばいいという説には

あの紙がいいんだ!昭和をふりかざすよね。


そんな私なのですがイレギュラーに買う時もある。

世紀の出来事が起こった翌日。

ほぼ日手帳にコラージュ貼り付けたいんだもの。

やはり新聞の薄さっていうのでしょうか

コラージュにぴったりだよ。


ほぼ日の観たぞ!を見始めてから3回目のオリンピックだけど

時差が無い故なのか観戦率高い。

観戦逃したとしても観たぞを読むと

観た気にもなれる。

そんな訳で

世紀の出来事が起こった日が

立て続けにやって来ます

コラージュ有りきなので

朝の情報番組にて朝刊チェックのコーナーは

目を皿にしてよーく観察します。

私が貼りたい写真の新聞はどれか?

まぁ一面だけではないんですが。

切り抜きが終わりましたら、

どう並べるか?これが楽しい!

夢の共演ですよ!

FullSizeRender


観戦しながらフィギュアと藤井聡太新六段の新聞切り抜き

小平奈緒選手に感涙し

明日も新聞買わなきゃ!

決意するのです。


ピョンにちは

始まってますよ、平昌オリンピック

家にいる限り中継を観まくり

翌日更新される観たぞに激しく頷き

もちろんトレランの走りにも影響してきます。

雪のうっすら積もったベンチには

IMG_1702

ピョンにちは!

いちいち挨拶書いてみたりね。


スノーボードスロープスタイルの解説者中井さんに

「おしゃれですね!」

言ってもらえるような走りをね!


脳内ソングはGReeeeNのハローカゲロウです

さぁイッポ ニホ!!


こんな感じで平昌、訂正、東海自然歩道を進んでおりまして

道樹山からの下りでおじさんを追い抜いた後です。

軽やかに(本人の感想です)抜き去り直後の登り返しで気づいた。

・・・おじさん付いてきてる。

どうもスタートのピストル鳴らしちゃった予感。

そして登りが遅い私、射程圏内に捉えられています。

ロックオンされてる?


売られた試合は受けて立つ!

もとい、おじさんからすればおじさんが売られたのかもしれない。

(でも、そんなの卵が先か鶏が先かみたいな話だ)


私、大嫌いな登りを急ぎ目に登り

下りに入った途端にタタタタターー

道樹山から弥勒山までは春日井三山と呼ばれる

小刻みアップダウンのエリアです。

登りで差を縮められては下りで引き離す

そんな息の抜けない展開。


弥勒山、最後は嫌な木の階段。

これはがっつりあるよ。

がっつり目を登り始めて後ろの気配を感じる。

ぬぉお!おじさん、諦めてないどころか

虎視眈々と最後に追い付こうとしてるじゃないの!

ここで負けたらこの4年間何だったの?

(注:脳内はオリンピアンのままです)


もうなりふり構わず登るんだ!


三浦豪太さんも言ってるよ「良いですね!攻めてます!」

(注:モーグルの解説者に解説してもらってる)


なんとか追いつかれずに山頂到着。

ゼーゼーしまくりたいところだけど、

ここは

そんなに大したことないんだぜ

クールに決めたつもりです。

(注:ちっちゃなプライドをおしゃれと思ってる)


誰にも譲れない夢

そんで飛んでいく羽となれ




1230分に部品倉庫に一緒に行ってね

そんなお願いをされて部品倉庫にたどり着いた主役の二人とエスコート役のBくん

Bくん通用口の鍵が閉まってるからと

シャッターをノックします

これが合図。

シャッターを内からガラガラ開けます

IMG_1693

両端に並ぶ私たち

驚く二人を前に


チャペル・ド・ブヒンコへようこそ!

これより結婚式を始めます


そうしてAさんがRちゃんにベールを被せます。


驚いたままの二人を祭壇へと促します。

パレットと部品を入れておくプラ箱で作り上げた祭壇

その先には専属神父の姿が。

IMG_1694

私は神父のイッセイ・ノ・サカァイです。


誓いの言葉はYさんには通常の言葉通りですが

Rちゃんにはこう尋ねるのです


「健やかなるときも、インフルエンザのときも、

BIGBANGのライブのときも、この地ががなくなるときも、

給料日のときも、ライブ後の金欠の時も、

これを愛し、これを敬い、

これを慰め、これを助け、

その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」


Rちゃん、誓いましたよ。


次は指輪の交換です。

Uくん渾身の作を自ら届けます。

IMG_1695

すごい!すごい!と二人とも驚きっぱなしです。

晴れて二人は夫婦となりました。

そこで初めての二人の共同作業をしてもらいましょう。

台車に乗せて運ばれてきたのはウェディングケーキ。

IMG_1664

カメラをお持ちの方はどうぞ前へ!!


そしてお二人へプレゼントの贈呈。

ご祝儀はご祝儀袋を部品出荷仕様にパッキングし、

納品書と発送明細書付きです。

色紙はBIGBANGのキャラクターの熊が新郎新婦になって

周囲にハート型のメッセージが散りばめられています。


二人とも驚きすぎていたようですが

とってもとっても喜んでくれました


新郎新婦が思ったより早く到着し過ぎて

みんなスタンバイしてなかったり

時折とちったり、台本どおりにいかなかったり

プランナーハセマイ興奮しすぎて

新郎新婦の真横で見てたり

そんなグダグダな展開も随所にあったけど

そんなところも含めて

温かな雰囲気と嬉しい嬉しい気持ちで満ち溢れていました。


やってよかったなぁ。

このページのトップヘ