ドイツ連邦特許裁判所(Bundespatentgericht)がシオノギ製薬の抗HIV薬の特許についての強制実施権付与手続きにおいて8月31日に仮処分により実施を許可しました。ライセンシーはメルクです。

ドイツで強制実施権が認められるのは極めて異例です。

<参考サイト>
http://www.lto.de/recht/hintergruende/h/bpatg-3liq116-zwangslizenz-patent-medikament-aids-hiv-medizin-pharma/
https://www.bundespatentgericht.de/cms/index.php?option=com_content&view=article&id=139:2016-09-01-13-36-42&catid=9:pressemitteilungen&Itemid=79&lang=en