次回の東京での弊所セミナーのトピックおよび日程が決定致しましたのでご案内申し上げます。

● トピック: 「90分で学ぶ欧州向けクレームドラフト術」
 欧州特許庁におけるクレームの記載要件が日本や米国のそれとは異なることはなんとなく分かっているが、実際にはどのようにクレームをドラフトしたらよいのか分からず、米国用クレームをそのまま欧州にも流用しているという方は多いのではないでしょうか?
 本セミナーでは欧州特許庁における条文、審査基準および判例を参照しながら欧州ではどのようにクレームをドラフトすれば出願を効率よく権利化へと導くことができるかについて説明します。また欧州におけるクレームの記載要件不備を原因とするOAを防ぐために、明細書にどのような事項を盛り込むべきかについても併せて説明したいと思います。

● 日程: 2017年1月13日(金曜日)

● 時間: 18:30~20:00

● 会場: TKP東京駅丸の内会議室 カンファレンスルーム4
       〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビルB1
       http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/kg-tokyo-marunouchi/access/

● 会費: 無料

● 講師: Winter Brandl特許法律事務所 長谷川寛

● 定員: セミナー:先着35名

● 参加方法: 本セミナーへの参加をご希望される方は、KHasegawa@wbetal.deまで、以下の項目をご明記の上ご連絡下さい。  

    【ご氏名:        】
    【メールアドレス:      】
    【ご所属先:       】

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


Facebookページに「いいね!」を押して下さった方には、弊所主催のセミナーを優先的にご案内しています。