次回の東京での弊所セミナーのトピックおよび日程が決定致しましたのでご案内申し上げます。

● トピック: 「90分で学ぶ欧州におけるProduct By Processクレームの運用」

 日本では平成27年の最高裁の判決以降、Product By Processクレームは避けるべき記載方式として認識されています。しかしパラメータ等の記載要件が厳しい欧州特許庁では、むしろProduct By Processクレームを積極的に活用すべき場面が多々あります。またクレームの明確性が無効理由とならないドイツではProduct By Processクレームは競合他社に対して非常に有効な武器にもなります。
 本セミナーでは欧州特許庁でProduct By Processクレームがどのように運用されているか、そしてどのような場面でProduct By Processクレームを積極的に活用すべきかを説明します。さらにドイツの最高裁によるProduct By Processクレームの解釈を基に、Product By Processクレームがなぜ競合他社に対して有効な武器となり得るかをお伝えしたいと思います。

● 日程: 2017年7月28日(金曜日) 

● 時間: 18:00~19:30 セミナー
      19:45~ 懇親会

● セミナー会場: TKP東京駅丸の内会議室 カンファレンスルーム4
      〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビルB1
      http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/kg-tokyo-marunouchi/access/

● 懇親会会場: 有楽町 個室 番屋有楽町帝劇店
   〒100-0004 東京都千代田区 丸の内3丁目1−1 帝劇ビルB2
   https://r.gnavi.co.jp/plan/g036905/plan-reserve/plan/plan_list/?sc_cid=google_kg_reserve

● セミナー会費: 無料

● 懇親会費: 5000円/1人

● 講師: Winter Brandl特許法律事務所 長谷川寛

● 定員: セミナー:先着35名 
      懇親会 :先着20名 

● 参加方法: 本セミナーへの参加をご希望される方は、KHasegawa@wbetal.deまで以下の項目をご明記の上ご連絡下さい。

 【7/28 セミナー参加希望】
 【ご氏名:         】
 【ご連絡先:       】
 【ご所属先:       】
 【懇親会:  参加/不参加】

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。