ブログ放置して夏が終わりました。。




今年の夏は、フミ氏、TJA_11氏にくっついて、
ちょいちょいアジング行ってましたね。
横浜方面です。

京葉のアジは今年はダメっぽいので調査にすら行ってませんw


お盆にはショアタチに初チャレして、まぐれで2ゲットン。




その後何度か行くも一向に釣れずですが、、



で、今度はアオリの新子が出始めたようで。
フミ氏にくっついて、そのうち行ってみます。
バシコーのヒイカもそろそろ気になるしね。
ハゼ釣りは今年もやらないかなぁ。
あ、浦安でサヨリもポツポツ釣れてるようですが。
もう何ヶ月、浦安で釣りしてないだろ…
メバル?シーバス?
ブログの紹介コメント変えなきゃですなww




さてさて、

夏と言えば、毎年あの男が浮かれだす。
「シイラ!シイラ! シイラ楽しいよシイラ!」

毎年耳を塞いで、あわわわわー てスルーしてたんですが。。


シイラに関しては過去にやり残した感が強くて、
去年の今頃、「来年はシイラいこうかな・・・」なんて。

毎年そう思ってやらず終いでいたわけですが。

今年は、気持ちの堰が切れてしまったというか・・
「焼け木杭に火がついた」てヤツでしょうか。

実に16年ぶりにオフショアに復帰する事と相成りました!!




最後にシイラやったのは98ステラが出る前だから1997年とか…
20年前か???w

今回の参戦にあたり、道具は全て過去のもの。
タックル・ルアーはもちろん、ラインもシイラ用にって以前に購入済みのPEを巻きます。
その頃はまだ、ナイロンライン主流からPEに移行する時期で、
船の上でナイロンのビミニツイスト組んでやってたりしてましたw



今回唯一、購入したのがグローブと靴

靴は○○靴流通センターとかで店頭ワゴンにのってる、
961円のデッキシューズ。

2017-09-01-18-37-08


































船の濡れたFRPではこれが一番グリップいいし安上がりと
過去に確認済みですので買いました。
本当は裏が生ゴムがベストなんですけどね。
クロックスタイプもちゃんとグリップするやつなら良いのでしょうが、
個人的に素肌が見えているのが怖いんでこれで。

次にグローブ。
シイラはランディングすると船上でとにかく暴れます

暴れまくります。

ルアーが口に着いた魚が血しぶきをほとばしらせながら永遠と暴れます

ルアーはバーブレス必須なので、ランディングで外れる事も多いですが、
そうであっても、そういう魚を押さえにいかなければならず、
5本指のフルグローブは必須です。
いくらバーブレスでも、暴れるフックの先がちょっと触れただけで
ザックリ逝きます。


自分のため、船のため、他のお客さんのため、怪我をする事は許されません。
同じ理由で、足元も出来るだけ素肌を出したくないのです。



で、グローブですが。
これは拘りがあります。
イヤ、ありました。

一日中キャストして、ルアー交換も出来て、揺れる船上で体を支えて、、

怪我防止の観点から、ある程度の厚み・タフさ、
それでいて、自分はルアーをループノットで結んでいるので、
ラインを結べるフィット感がほしいんです。


で、その昔、オフショアどっぷりだった頃に使用していたのは
「フィッシャーマン」のグローブ。
数社試して行き着いた結果でした。

今回それを探して、都内数店舗廻りましたが、
関東での取り扱いは、サンスイと他1店しかなく。。
サンスイには欲しいタイプが各店とも在庫なし。


さて、困った。

他メーカーの物を店頭ではめてみましたが、
いまいちしっくりこなかったり、、
今年は妥協して、一回限りの使用にするにはコスパが。。。


いろいろ悩んだ末
でこ氏の提案もあり、ガテン系のワークグローブはどうよ?と。
葛西のドンキホーテの隣にある、ドンキのガテンショップで物色。

2017-08-25-14-58-56



















ワークグローブもピンキリまでありますが、
やはり釣りに特化している物ではないので、帯に短し襷に長し。。
かゆい所がかゆい。

釣具屋とガテンを数往復して、、
やっと決めました。

image




















ガテンで1,300円くらいだったと思います。






皮の厚み、表面ラバー蒸着、手首ホールド感。まぁヨシ。

指先までラバーが乗っている&2重ではない、
手首のホールドも幅が広い等、ちょっと不満はありますが、そこそこイケルでしょう。
20年前は低価格でこういう良いものも無かったですしね。


早速、タックル用意して旧江戸へ。


うんうん♪
いい感じですw

ルアー交換も出来るし、FGも組める。
グリップ感もいいぞ!
何と言っても、コスパ最強かよっ!!!
オフショア用グローブ、シッカリしたのは5、6千円するからね。

釣り用グローブに固執していたのが、ちょっと残念。


ただ、、
カッコはよろしくないw
釣りのメーカーとかじゃ無いから船上でアレどこのや?て感じでちょい恥ずかしいですなw
ドキュンなおっちゃんはメーカーブランドにまみれたい!!
だがかなわず。。諸事情にて、それは致し方ない。



そんな感じで、

準備万端!さぁこいやっ!!

って感じで当日を迎えます。







9月4日 月曜日

前回8月に出撃して、ゲキ渋日だったTJA_11氏とでこ氏
2人の再戦に、MASA氏も加わり4名での参戦です。

船宿は千葉富浦の共栄丸さん。
今回のオフショア復帰に一番の後押しとなったのは、
2人が口を揃えて言う「いい船長」。
今の自分にとっては1回の出撃料は結構な負担。
そんな1日を楽しく過ごせるかどうかは、
魚が釣れる釣れない以上に船長の仕事っぷりに掛かってる。
ヤル気のない船長・船宿だとゲンナリしちゃうからね。。


さて、上がるテンションを押さえつつTJA_11氏のドライブで出発。

が、、同時刻出発のMASAさんから習志野土砂降りとライン。。。
え。浦安降ってないんですが。。
この人、何をいってるのかな? な感じで湾岸市川から入り、
暫く行くと、、



ざぁぁあああああああ。


・・・




うむ。暗雲。

き、きっとココだけだから(震




一路、館山道を南下します。



昨夜はあんま寝付けず、ぼぉっとした頭で後部座席に沈んで1時間ちょい。
あっちゅーまに終点富浦。

ハエー!高速超ハエー!!


降りた所のコンビニに立寄り、ちょい早の4時前に港へ着。

が、なんかぽつぽつ降ってる。
前日の予報確認で朝は雨!とでこ氏。
助言でカッパ持ってきてよかった。

道具用意してるとぽつぽつが、ボツボツになり、、

ざぁああああああああああ
タックル外に出したまま車中へ退避。

「雨雲がぁ、緑の雨雲がぁぁ」


レーダーを見る各自。




雨は一向にやむ気配をみせず。
集合時間の5時
船長がきて「ちょっと雨の具合みましょう」と・・・
暫く車で待機。


6時過ぎ?
少し雨脚が弱まったところで船に火が入る。

そわそわとお客さんが車から出だし、
我々も乗船準備。

さぁ、満を持しての出船!!


スタートポジションは予約順で、我々はミヨシ下の右舷。
共栄丸さんは船上を反時計回りにポジションをローテしてくれるらしい。
ミヨシ有利なキャスティングゲームには、これは嬉しい配慮。

雨も大分弱まった海を走りだします。


が、弱いといっても雨風波辛く。。
やばいやばいと早々にキャビンに避難w
ミヨシチームはふらつきシイラを探す大役があるので、頑張ってます!

暫く走りますが、一向に船が止まる気配がなく
潮目、漂流物、魚を探すのに苦労してる模様。

この風波じゃね…

小一時間走ったでしょうか、船がスローダウン。
船長が降りてきて、

「今日はちょっと無理だね、戻ります、ゴメン;;」と。

うむ。致し方ない。
この天候でゴリ押しされてもね。
ミヨシ組もキャビンに退避してきて帰路へ。


が、こっから船長が粘るw

見える景色は港とは違う方向へ走ってる??
後の話では、前日の海の状況から、潮色の違う場所まで見に行ったと。

そうこうまた、3、40分走って。
船長から改めてギブ宣言w
いいよw いいよw
船長、ムリムリw

結構燃料使ったろうに。。申し訳ない。




結局、ワンキャストもせず撤退となりました。
港は全然穏やかなのにねぇ…

そんなんで、TJA_11、でこ両名のリベンジはならず。
MASA氏と自分は戦わずして敗れる。
残念な一日で終了となりました。




ただそんな中でも、今回の収穫は
結構な荒れ海で船酔い回避できた事。
前夜寝る前に酔い止め飲んだのが効いたのか?
次回に自信となりますね。


まぁそんなこんなのシイラ釣行でした。
同行の皆さん、お疲れ様でした!!







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜








ブスブスブス・・・

一度ついた火がまた燻って。


このままでは終われない。




天気予報を睨み。
でもな、、秋の1週間予報なんてあてにならんし。。

共栄丸さんの今年のシイラは9月10日まで。

なんとか、、なんとかならんのか!!



翌、火曜日
気象庁の週間予報が土日は晴れで予想信頼度はA!
そして日曜日は風も収まる予報。

ここしかない!!
日曜日、シイラ最終日の一点突破にかけるしかっ!!
早速、電話で予約!

待ってろシイラ!!






9月9日 土曜日
何時もの4時起床。
軽くウオーキングして、荷造り開始。

今回は単独行の前日入り車中泊。
もちろん下道3時間コース。

出発時刻に悩む。
夕方出たいが、渋滞がなぁ。。

かといって21時には寝たいので、
渋滞を加味すると17時発?
用意終わって、ジリジリ待つのもいやなんで、
16:30



二俣、船橋、幕張、とちょっと混んでる程度でわりとスムーズに通過し、
木更津で給油したのみのワンストップで富浦のコンビニ着。

19:30


久しぶりのロングドライブで腰がヤバくw
早々にメシと酔い止め飲んで20時過ぎにはオヤスミ〜。



・・・



9月10日 日曜日

朝までバク睡とはいかなかったが、
まぁまぁガッツリ寝て、03:30のアラームで起床。
コンビニで朝のダッフンと朝飯・コーヒー買って車で目覚まし。
ここでTJA_11氏より事前情報の入っていた、アツシ46さん御一行と遭遇w
共栄丸に同船する旨をご挨拶。
ヨロシクお願いしますっ!!



体調ベスト!
やはり、快眠快便は船酔いを打破するには必須ですなw
着替え、コンタクトを入れて港へ!

が、ここでまさかの…
不穏。


港着でタックル準備

今日は満員の14名乗船とのこと。
ミヨシ4人の左右5人5人。
フルで14人なら嬉しい余裕感♪


2017-09-10-05-31-10

































アツシさんはミヨシスタート!期待感胸アツ!!



自分は右舷大ドモから!

実は大ドモ、排気ガス吸うから苦手・・・
なんだけど、走り出して判った
共栄丸さんの船は排ガスあんまり気にならない。
そして、朝一の大ドモはやりやすくミヨシと共にチャンスあり!

今回持ち込んだのは4タックルw
前回のレギュラー、ハード、ガチの3タックルに加えて、
ライトタックルも。
前日の釣果がペンペン多数だったので、遊べるかな?と。
ガチのマグロタックル(PE4号200+150m繋ぎ)は最後まで持ち込むか悩んだが、、、
まぁお守りみたいなもんで持ってくことにw
しかし、今回出番があったにも関わらず投入するタイミングを逃す。
やはり16年のブランクはワンチャンの見極めができなかった・・


朝日が昇るころ出船。

image




















2017-09-10-05-31-23




















2017-09-10-05-45-38



















海はべた凪ではないですが、ざわざわ程度でいい感じ♪



潮目、浮遊物を探して走ります。




なかなか良いものが見つからないのか、ちょい走って最初のポイントは潮目。
細かい藻だとかゴミはぽつぽつ浮いてますがどうですかね…


朝イチはやっぱりトップでしょ!!
で、スタートはポッパー。

キャストの感覚ならしながら撃って行く。

前日乗った方の話では「沖はペンペンだらけ」なんて素晴らしいお言葉w
楽勝感満載だったのですが・・・
魚が出てこない。


むむ。


魚いないー、移動します。




ちょい走ってまた潮目。
今度はどうだ!

魚見えないね、移動〜

むむむ。





3度目のポイントかな。
やっとルアーに着いてくる魚を黙視。
いるいる♪

が、なかなかチェイスしない。
一瞬みるけど、アタックまでしてこない。

なんだこれは・・し、シブイのか?


2つ隣のベテランぽいオニーサンが、
追ってきて船縁をうろうろしてる魚の目の前にルアーを叩き付ける。
水面をばちゃばちゃ叩いて活性を上げる作戦。

そして、ヒットに持ち込む!!
お見事!w

そうそう、そういうのあったな〜
だんだん昔を思い出す。

自分も足元で8の字やったりするけど、今ひとつ反応しない。

船中はここで何本か出た模様。




しばしやって魚散ったので、移動

むむむむ。。



(これって、事前情報とちがうぞ?
 魚の活性、ガッツリ落ちてるのか?
 とりあえず1匹取るのが先決かっ!?)


移動間に早々にジャークベイトにチェンジ。



次は、ちょっと小さめの木の根っこ。

皆で投げるが魚着いてない。




移動、移動、






散発的に飛んでる鳥の周囲に魚の跳ねを発見。
どうやらカツオらしい。

シイラルアーを投げるが、全く反応せず。。
しびれを切らして、ちっさいジグにチェンジするもタイミング逃す。

船中は何本か取ったか?




なかなかムズイのぉ。。




そんなカツオの跳ねを追っかけて、
数回移動中、先のオニーサンが叫ぶ!!

「トリヤマ!!トリヤマ!!!
    ヒロっ!!トリヤマ!!!」



操舵横の窓をバンバンして船長に知らせる!!

船長も気付き、舵をとって

フルスロットルでぶっ飛ばす!!!







ひゃっはーーーーー!!!

コレコレ!!この感じ!!!!

オフショアの煮えたぎる血が蘇るwww



自分の視力ではなかなか気づけない距離。
昔からナブラ・鳥山を探すのは苦手だった。
以前友人にどうやって探すの?って教わったのは
「水平線が、なんかモヤモヤしてるとか、ガサガサしてるとかそういうヤツ」だと。
そんなん俺ムリだわ〜w て。
いつも海にでてるとだんだんその違和感が判るようになるらしい。

オフショアの釣りは船長に頼る所が大きいけど、
船長の死角、ミヨシに立って足元の魚探したり、サイドから後方のナブラ鳥山に目を凝らしたり、
アングラー側も魚探しに積極的に参加して、その日の乗船者のチームワークでより楽しい一日になるのは間違いない。





視界にせまる宴の飛沫!!


沸き立つ高揚感で鳥山に突進する!!

こういうチャンスはむやみに投げず、ワンチャンスを確実に狙わないと・・・
気持ちは冷静を保とうとするけど、行動がついていかない。

マグロ!マグロ!!

船長が叫ぶ!


射程圏内に入る。
鳥が邪魔だが、撃つしかないっ


キャスト!!

ヒット!!鳥っヒット!!!!

くっそ!!!!



即回収! 
回収中に鳥はずれる

次のキャスト



反応無い
ルアーがでかい。。
わかってる。
昔さんざん苦労した。
イワシに着いてるヤツはルアーサイズにすごくシビア。

だが、ルアーチェンジしてる隙はない。
魚が沈みかけ鳥が薄くなる。
キャストする。

「ヒット!!!喰った!!!」

隣のアングラーが叫ぶ!

一気にラインが持っていかれる。



「喰った!!マグロ喰った!!! 皆ルアー上げてっ!! 魚追うぞ!」

船長の指示で全員即回収

大ドモで喰わせたアングラーはミヨシに廻る。
全員が見守る中、ファイト開始!




魚は真下に突っ込む。
ラインを巻き取るよりも、出される量が上回る。。



5分・・・

10分・・・・



ファーストランは凌いだが、その後こう着状態。
「あぁ…ラインがぁ、ラインがぁ、、」
じりじりとラインを出されていく。。


近くで見ていないが、ラインストックがやば気。


1mでも間を詰めたいのだが、、いかんともしがたい様。






祈る気持ちで見守る中




「ああっ!!!」

全員の叫びと共に、曲がり続けていたロッドが生命感を失う。






ああぁぁ・・・・・・

ラインブレイク
メインラインを出し切られ、バッキングに入ったところでライン強度が足りず切れた。


無念。

悔しそうな船長。。



しばし、脱力








・・・・・・・・・・







「じゃぁ、シイラ探しにいきましょう!」


切り替えて移動開始。







2017-09-10-06-49-40

































西の空に虹がかかる。
神奈川方面は雨かな。
(虹みえないねw)


なかなか良い潮目が見つからないなか、

海がちょっと荒れてる場所の潮目。




ここで自分、やっと本日発のヒット!

余裕ぶっこいてたら、2発目のジャンプでフックオフw
堅いロッドでやってたのがダメだった。



レギュラーロッドに持ち替え、ジャークベイトを投入。

トォン、トォン、トォン とトゥイッチを入れてくると

ごっ!! と引ったくるヒット!



今度はバラさないように丁寧にやって、タモ入れしてもらう。

やっと1本だぁー

サイズは70あるなしだろうか?
船長に写真撮ってもらってリリース。
よかったよかったw
ホゲ回避だw



波が悪いので場所移動。



その後もカツオのナブラ撃ったり、
潮目探したり、、






ここでミヨシの順番が廻ってきた。
船先に目を凝らして走るが、
なかなか魚に出会えない。

マグロ船団に入ってみても、コマセ着きの鳥は多いがナブラは立たず。







Uターンして、戻る方向へ。

反対舷の人がふらつきを見つけて投げるが魚の反応はなし。







暫く走って、再び鳥山に遭遇!!!

このチャンス!!今度こそ!!




手に持っていたのはシイラロッド。
ルアーはジャークベイト。
しかしこれで喰われても、成す術がないのは目に見えてる。

が、揺れる船上でほいほいとロッド交換に行けないのがミヨシの辛い所。
一か八かで構える。




目の前でボイル!!

投げる!!

鳥、絡むなよ?絡むなよ? 絶対絡むなよ?



ヒット!!!
鳥っ! しかもダブル!!

ラインの途中と、ルアーと。。。。

堪忍してクレメンス。。




ごりごり巻くと、リールのストッパーが逝かれたのか逆回転。
もぅ・・・

鳥抜き上げで一羽ははずれ、もう一羽は隣の人が掴んでくれてフック外してリリース。
ご迷惑おかけしました。。





ロッドをガチに持ち替え、もうワンチャンスを願う。。

が、そのまま宴収束。。。






がっくし

ダメや。。スキルなさ過ぎや。。



※後で聞いた話では、朝イチでマグロヒットした場所と同場所との事。
 やはり同じ場所でウロウロしてて一日に何回か水面に出るらしい。






討ちひしがれ、戻りながらシイラ探し。

最後に入ったポイントはわかりやすい場所。


それ故に、魚は居るが叩かれまくっているのかスレてる感。







もう、今日はこれと心中するぞのジャークベイト。

追ってきたやつになんとか喰わせ、ペンペンヒット!

タモどうしようかな?と迷っていたが、
船長は後ろでタモ入れしてるし、魚小さいので抜き上げ。
船に入れたらフック外れたので魚とっ捕まえてリリース。

よしよし、ここでラストスパートかけるで!!






再投でゴッと即ヒット!が即バレ!

なかなか手前までは追ってくれず、遠目で見切られる。






ポイント外れて船を入れ直し。

その隙にライトロッドへ変更、ルアーはそのままジャークベイト

軽いw 楽だわ〜


ルアーのアクションもこのロッドの方が合ってるっぽい。

魚の反応が良い方へ変わる。



が、最後の詰めが遠く、カンッってアタックが2度程フッキングせず。

くっそ!あと少しっ!!もう少しっ!!


ってところで残念ながらタイムアップ

しゅぅうう〜りょぉおおお〜



あぁ〜悔しー
あと少しだったのになぁ

後ろ髪引かれる思いで帰港です。







* * * * * * * * * * * * *






まぁ2匹だけど満足!
下船して港では冷たいお茶、缶コーヒーなぞいただき、
皆さんと今日の感想会。
前日の釣果がアレだっただけに、
なかなかシブイ一日でしたねぇ・・・

そんな中でも、ビッグチャンスが2回も自分には有った。
そこをキチっと決められなかったのが悔やまれてなりません。
ゴール前フリーを2発とも枠外にすっ飛ばす感じですかね。。。
情けないの一言に尽きます。

まぁ、、ほぼ初心者ですから、、許してつかぁさい。







とにもかくにも、楽しい1日となりました^^

船長に「また来年、TJA_11さん達と来ます!」と挨拶して帰路に。
下道をえっちら帰ります。

20分くらい走った「道の駅きょなん」で着替えトイレ、顔洗ってスッキリ♪
混む前の内房を北上。
とはいっても、程なくいつものメバルポイントを過ぎれば
そう遠い感じはしないので楽勝ですw
海辺のドライブは楽しい♪



途中魔界巡りして、

2017-09-10-15-48-15





































予想通り千葉市内で渋滞にはまるが、
それでも全く流れ無い訳ではないので、
さほど苦労せず浦安帰着。

今回やらかしたのは、日焼け止めを車に忘れ塗れなかったこと。
見事に首上〜サングラス下、サイド&耳が焼けヒリヒリ・・・
バスプロの様な日焼けになりました。



無事帰宅し荷物を降ろしてから、
浦安でらーめん脳を落ち着かせに…

image






















一息ついて帰宅直後はまだ鼻息荒く、来年の算段を考えていましたが、
ちょっと落ち着いて賢者タイム。

1シーズン5回乗るとしたら、
船 代 1回10,000円×5=50,000円
交通費 1回2,000円×5=10,000円

最低6万円。
それに、タックル補填等1〜2万円。

4回に減らしても、トータル6万円くらいかなぁ。
年間予算を組むか悩みどころですね。
年に1度のお楽しみで我慢するか…



シイラ、とりあえずは型が見れたので一息。
マグロは今年の様な当たり年はそうそう無いでしょうから、
来年にリベンジとはならないかな。

そんな感じで、ひと夏の熱病は峠を越えました。
来年は来年でまた考えましょう。
楽しい釣行でした。



長文、読んでいただいた方、ありがとうございました。
お疲れ様でした。


2017-09-05-18-23-00