冨岡会計だより

税金にまつわるさまざまな事柄、手続きなどを紹介していきます。内容についてさらに詳しい説明や相談をご希望の方、ぜひ当事務所へお電話下さい!

1月の税務

国税
 
 給与所得者の扶養控除等申告書の提出
  ・・・本年最初の給与支払い日の前日

 報酬、料金、地代、家賃等の支払調書の提出
  ・・・1月31日

 源泉徴収票の交付、提出
  ・・・1月31日

 12月分源泉所得税の納付
  ・・・1月10日
   (納期の特例の適用を受けている事業所の7~12月分は1月22日)

 11月決算法人の確定申告(法人税・消費税)
  ・・・1月31日

 5月決算法人の中間申告
  ・・・1月31日

 2月、5月、8月決算法人の消費税等の中間申告(年3回の場合)
  ・・・1月31日


地方税

 固定資産税の償却資産に関する申告
  ・・・1月31日

 給与支払報告書の提出 
  ・・・1月31日





相模原市の税理士事務所、冨岡弘文税理士事務所

12月の税務

国税
 
 11月分源泉所得税の納付
  ・・・12月11日

 10月決算法人の確定申告(法人税・消費税)
  ・・・1月4日

 4月決算法人の中間申告
  ・・・1月4日

 1月、4月、7月決算法人の消費税等の中間申告(年3回の場合)
  ・・・1月4日

 給与所得の年末調整
  ・・・今年最後の給与を支払う時

 給与所得者の保険料控除申告書・住宅取得控除申告書の提出
  ・・・今年最後の給与を支払う前日


地方税

 固定資産税・都市計画税(第3期分)の納付
  ・・・市町村の条例で定める日




相模原市の税理士事務所、冨岡弘文税理士事務所

11月の税務

国税
 
 10月分源泉所得税の納付
  ・・・11月10日

 所得税予定納税額の減額承認申請
  ・・・11月15日

 所得税予定納税額第2期分の納付
  ・・・11月30日

 9月決算法人の確定申告(法人税・消費税)
  ・・・11月30日

 3月決算法人の中間申告
  ・・・11月30日

 12月、3月、6月決算法人の消費税等の中間申告(年3回の場合)
  ・・・11月30日

 個人事業者の消費税等の中間申告(年3回の場合)
  ・・・11月30日

地方税

 個人事業税第2期分の納付
  ・・・都道府県の条例で定める日




相模原市の税理士事務所、冨岡弘文税理士事務所

10月の税務

国税
 
 9月分源泉所得税の納付
  ・・・10月10日
 特別農業所得者への予定納税基準額等の通知
  ・・・10月16日

 8月決算法人の確定申告(法人税・消費税等)
  ・・・10月31日

 2月決算法人の中間申告
  ・・・10月31日

 11月、2月、5月決算法人の消費税等の中間申告(年3回の場合)
  ・・・10月31日

地方税

 個人の道府県民税及び市町村民税の第3期分の納付
  ・・・市町村の条例で定める日






相模原市の税理士事務所、冨岡弘文税理士事務所

振り込め詐欺と所得控除

 昭和と平成、庶民を狙った犯罪の手法も変わりました。
私が子供のころは、ドロボー、空き巣が増えて嫌な世の中になったと言ったものです。
最近は、振り込め詐欺が、犯罪の中心。
手口も、あれやこれやと巧妙化しているようです。

 ところで、所得税では、自分や家族の持っている資産について災害、盗難、横領で被害を受けたときに、その損失部分を所得税から控除できる雑損控除の規定があります。

 平成の犯罪、振り込め詐欺の被害者である納税者が、損失部分について雑損控除の対象になるとして不服審判所で主張したケースがあります。
 審判所は、納税者は詐欺の犯人が指定した口座に自らの意志で振り込みをしていていることから、雑損控除の対象になる「災害」や「盗難」に該当しないと判断。また、振り込んだ金銭に対する所有権は、振り込み時点で詐欺の犯人側に移転したと認められるため、「横領」にも該当しないと判断しました。
 このように、振り込め詐欺による被害は災害、盗難、横領のいずれにも該当しないため、雑損控除の適用は受けられないというのが国税当局の見解となっています。
 今後、時代の変化に即した改正が必要なのかもしれませんね。

 冨岡


相模原市の税理士事務所、冨岡弘文税理士事務所
このブログ:
トップへ戻る
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【事務所HP】
HP

【所長ブログ】
走る税理士

【スタッフブログ】
トップへ戻る
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ