家に掛かる相続税というと「路線価」という専門用語が頭に浮かぶかもしれません。
 家が建っている土地の評価は、多くの場合が路線価を使って計算します。
だけど、田舎の土地などでは、路線価ではなく固定資産税評価額に倍率を適用する地域もあります。
(更には、特別な事情で鑑定評価などの方が合理的であるケースもあります)

 一方、建物の評価は、都会も田舎も固定資産税評価額に1.0倍して評価するのが原則です。
つまり、固定資産税評価額と同じという事です。

 ところで、建築途中の家屋の場合には、固定資産税の評価額が付けられていません。
どうなるのかというと、建築途中の家屋の価額は、その家屋の費用原価の70%に相当する金額により評価することとされています。

 「費用原価の額」とは、相続があった場合は被相続人の死亡の日、贈与があった場合は贈与により財産を取得した日(課税時期)までに、建物建築に掛けられた建築費用の額を課税時期の価額に引き直した額の合計額を言います。






 起業・会社設立、相続対策、税務対策のご相談をお待ちしています。
相模原市、町田市、大和市、厚木市、座間市で、相続セミナー、税務相談会実績200回超!
相模原市の税理士冨岡弘文税理士事務所