◇初回放送日=2004年9月13日 視聴率=13.4%

◇出演者
橋爪功、伊武雅刀、段田安則、金子賢、立川三貴、田中哲司、伊藤洋三郎、山下真広、前川麻子、宮本大誠、平山さとみ、山中聡、笠原紳司、村松利史、谷口賢志、齊藤あきら、信太昌之、吉田慎之介、由地慶伍、外波山文明、佐野和敏、大原真理子、藤田清二、松原末成、辻本晃良、芹口康孝、和田有由、内田量子、細田健公、市村直樹、稲次将人、上田耕一、寺田農、石橋凌

◇キャスト
スナップショット - 11
田畑昭信/橋爪功
捜査第一課課長
スナップショット - 56
村瀬透/伊武雅刀
(捜査一課三班班長)
スナップショット - 69
楠見正俊/段田安則
(捜査一課班長)
スナップショット - 35
矢代勲/金子賢
(捜査一課刑事)
スナップショット - 68
尾関泰嗣/寺田農
(刑事部長)
スナップショット - 49
東出裕文/石橋凌
(捜査一課三班警部補)
スナップショット - 5
真木智広/立川三貴
(山梨新聞記者)
スナップショット - 16
松田秀行/田中哲司
(捜査一課三班巡査部長)
スナップショット - 46
掛川守/伊藤洋三郎
(証券マン)
スナップショット - 75
家田和夫/山下真広
(農協職員)
スナップショット - 25
永井貴代美/前川麻子
克也の妻、1億円の生命保険
スナップショット - 31
小山内/宮本大誠
(刑事)
スナップショット - 27
坂田留美/平山さとみ
嶺峰寺霊園絞殺死体
(主婦絞殺事件の被害者)
スナップショット - 64
小宮/山中聡
(甲信日報)
スナップショット - 51
目黒/笠原紳司
(県民タイムズ)部下
スナップショット - 71
前島/村松利史
(砂川署生活安全課)
スナップショット - 34
鵜崎徹/吉田慎之介
(ラーメン店「菜心」主人)
171
熊野悟/齊藤あきら
(証券マン)自室で焼死体
(証券マン焼殺事件の被害者)
スナップショット - 58
佐藤仁/信太昌之
(捜査一課三班刑事)
スナップショット - 8
阿久津/由地慶伍
(刑事)
スナップショット - 53
伴内孝/上田耕一
刑事
スナップショット - 65
外波山文明
(県民タイムズ)上司
826
田畑晴子/大原真理子
(田畑一課課長の妻・故人)
スナップショット - 7
佐野和敏
記者会見広報部職員
スナップショット - 10
永井克也/藤田清二
45 居酒屋「安寿」調理師、高見川で水死体
(調理師溺死事件の被害者)
スナップショット - 38
松原末成
芹口康孝
(鵜崎を確保に来た刑事)
スナップショット - 13
辻本晃良
ガソリンスタンド
906
和田有由
婦警
スナップショット - 4
内田量子
新聞記者
スナップショット - 55
細田健公
パチンコ店員?
スナップショット - 3
福知山/稲次将人
(毎朝新聞記者)

古賀プロ
放映プロジェクト

現代制作舎
スターダス・21

◇あらすじ
山梨県警捜査一課強行犯係には3つの班があり、その全てがここ5年間の検挙率はほぼ百パーセントで「最強軍団」と呼ばれていた。3つの班にはそれぞれ特徴のある班長がいる。一班班長の朽木、二班班長の楠見(段田安則)、そして三班班長の村瀬(伊武雅刀)。それぞれがお互いに強烈なライバル意識をもち、鎬を削っていた。そんな捜査一課強行犯係の3つの班をまとめるのが捜査一課課長の田畑(橋爪功)だ。
立て続けに3件の殺人事件が起こり、捜査一課の全ての刑事が捜査に駆り出される。最初に起こった主婦絞殺事件には一班、次いで起こった証券マン焼殺事件は三班が担当。しかし一班班長の朽木は現在強盗殺人犯を追ってアメリカへ飛んでいるため、以前に三班班長代理として事件を解決した東出(石橋凌)が異例の一班班長代理に就いていた。一班が担当する主婦絞殺事件と三班の証券マン焼殺事件とも容疑者は絞れているが、決め手となる証拠がなく捜査は難航していた。そこに、さらに調理師殺人事件が起こってしまう。楠見から調理師殺人事件の容疑者として被害者の妻を取り調べるとの報告が上がってくる。確たる物証もないまま妻を引っ張るという楠見に田畑は止めるよう命じるが、楠見はそれを無視して独自路線をとる。進まない捜査と上司からのプレッシャー、部下たちの独善的な行動、記者との情報戦、先輩刑事の境遇…。様々な要因から田畑は次第にジレンマに陥っていく…。