◇初回放送日=2015年11月21日 視聴率=12.1%

◇サブタイトル
土曜ワイド劇場「ショカツの女(11) 新宿西署刑事課強行犯係」 殺人犯は元少年A?24年間背負ってきた世間の目!防犯カメラが捕らえた容疑者は3人!!強盗犯と不倫するリケジョ、子供を溺愛する元社長…驚愕の真実とは?

◇出演者
片平なぎさ/佐藤仁美/山崎裕太/岡本信人/佐々木圭音/石丸謙二郎/冨士眞奈美/南原清隆/金子昇/東風万智子/松澤一之/黒坂真美/飯田基祐/小須田康人/雛形あきこ/梶原善/根岸季衣/ぶっちゃあ/森本のぶ/今立進/飛坂光輝/林和義/辻本晃良/城咲仁/鹿沼絵里/浅見小四郎/大野泰広/常世晶子/紺野ふくた/藤井桂/松島圭二郎/はなきゆり/大平健斗/大内彩加/鷲田詩音/土屋希乃/岡亮/平林智志

◇キャスト
mpg_002349457
水沢礼子/片平なぎさ
刑事課強行犯係班長
mpg_003187832
大神瑞希/佐藤仁美
刑事課強行犯係刑事
mpg_000947614
青野信吾/山崎裕太
刑事課強行犯係刑事
mpg_001140447
柳井一郎/岡本信人
刑事課強行犯係刑事
mpg_007397712
水沢比呂/佐々木圭音
mpg_001532458
畠山義信/石丸謙二郎
刑事課長
mpg_000178360
水沢公子/冨士眞奈美
礼子の義母
mpg_001354252
萩尾康弘/南原清隆
刑事課強行犯係副班長

◇ゲスト
mpg_001314118
藤島功/金子昇
(元少年A)
mpg_003399546
堂本真理/東風万智子
(功の同棲相手)
mpg_003857355
花宗助/松澤一之
(誠の父)
mpg_002348058
生田美登里/黒坂真美
東洋新聞 記者
mpg_001527808
管理官/飯田基祐
本庁管理官
mpg_001087046
飯塚源太郎/小須田康人
(秋穂の夫・生物学者)
mpg_000952359
飯塚秋穂/雛形あきこ
(理科総合研究所の研究員)
mpg_000709207
江端利男/梶原善
(元不動産会社社長) -
mpg_001772278
藤島量子/根岸季衣
(功の母)
◇その他
mpg_003628540
ぶっちゃあ
不動産業者
mpg_006014181
森本のぶ
新聞記者
mpg_002964523
今立進
連鎖倒産した会社
mpg_006031471
飛坂光輝
新聞記者
mpg_005004062
林和義
鑑識官
mpg_000850453
辻本晃良
バーテンダー
mpg_000817544
赤木崇典/城咲仁
(自称経営コンサルタント)
mpg_000552686
野沢明美/鹿沼絵里
野沢ビューティークリニック 社長 赤木の知人
mpg_003545267
浅見小四郎
清掃会社・社長
mpg_001510907
大野泰広
捜査本部・部下
mpg_005975761
常世晶子
リポーター
mpg_002434528
紺野ふくた
量子が働く会社の社員
mpg_001324222
藤井桂
清掃会社・社員
mpg_002436088
松島圭二郎
量子が働く会社の社員
mpg_001266086
はなきゆり
藤島功の隣人
mpg_003985854
大平健斗
警官
mpg_000651647
大内彩加
野沢ビューティークリニック・社員
mpg_000095354
藤島功/鷲田詩音
(少年期・殺人犯)
mpg_000705398
江端理沙/土屋希乃
利男の娘
mpg_002507230
立花誠/岡亮
(功の同級生・故人)
mpg_007308752
藤島功/平林智志
(幼少期)
麗タレントプロモーション

◇あらすじ
新宿西署管轄内のマンションで男性の刺殺体が発見される。被害者は自称経営コンサルタントの赤木崇典(城咲仁)。派手な暮らしぶりがうかがえる室内からは、時計、財布、パソコン、携帯電話といった赤木の所持品が一式持ち去られていた。テーブルにはウィスキーグラスが2つ。また、ズタズタに切り裂かれたソファからは、なぜか1万円札が発見された。
 その後、赤木の体内からは睡眠薬とアルコールを検出。また、赤木には暴行傷害の前科があり、1年前に出所したばかりであることも判明する。さまざまな情報が集まる中、水沢礼子(片平なぎさ)は早々と容疑者を3人に絞り込み他の捜査員を驚かせる。礼子はすでに、マンションの防犯カメラの映像から死亡推定時刻に被害者の部屋に出入りした人物、男女3名を確認していたのだ。さっそく人物の特定捜査を始めた礼子たちは、まず、一人目の男の身元割り出しに成功する。男の名前は江端利男(梶原善)。不動産会社を経営していたが、赤木にコンサルタントを頼み倒産させていた。安アパートに引っ越し幼い娘と暮らす江端は、赤木に賠償を求めてマンションを訪ねたことは認めたが、埒が明かなかったためわずか27分の滞在であきらめて帰ったという。
 次に身元が割れたのは3番目に映っていた女性の飯塚秋穂(雛形あきこ)。理科総合研究所勤務の研究員で、世界的に有名な生物学者の夫、飯塚源太郎(小須田康人)がいながら、赤木とは不倫関係にあったという。秋穂は、マンションを訪れたとき、すでに赤木は死んでいたと証言。二人の関係が表沙汰になるのを恐れ、通報もせず不倫の証拠品を持ち帰って鳴りをひそめていたという。
 そして、最後に身元が判明したのが2番目の男、藤島功(金子昇)。なんと藤島は、24年前に同級生を惨殺した元少年Aだった…!
 当時、中学生だった藤島は、同級生の立花誠(岡亮)を教室で刺殺。社会に衝撃を与えた事件として今も人々の脳裏に記憶されていた。捜査員たちはショッキングなこの情報が外に漏れないよう慎重に捜査を進める。そんな中、萩尾康弘(南原清隆)は「藤島は俺が引っ張る」と、藤島の身柄確保に異常なまでの執念を見せる。実は24年前、事件後に誠の母親が自殺しており、その捜査を巡査時代の萩尾が担当していたのだ。萩尾は、嗚咽する誠の父、宗助(松澤一之)の顔を今でも忘れることができずにいた。
 礼子は萩尾の心情に理解を示しつつも、藤島はあくまでも被疑者の一人にすぎないことを念頭に、冷静な判断を萩尾以下所轄メンバーに求める。しかし、現に藤島は事件以降姿をくらませており、感情を抑えきれない萩尾は単独行動に走る。残った大神瑞希(佐藤仁美)、青野信吾(山崎裕太)、柳井一郎(岡本信人)らは礼子の指示に従い、江端と秋穂をそれぞれマーク。また、地道な捜査を続け、赤木の部屋から新たな物的証拠として多額の現金と動物の歯らしきものを見つけ出す。
 一方、藤島を追う萩尾は、藤島の母・量子(根岸季衣)や同棲相手の堂本真理(東風万智子)から、藤島のみならず藤島と関わる彼女たちがいかに社会的制裁を受けながら生きてきたかという厳しい現実を知ることになる。そんな中、ついに藤島の名前がマスコミにリーク。世間は騒然となる…!