◇初回放送日=2010年4月22日 視聴率=12.8%

◇キャスト
鳥居勘三郎/渡瀬恒彦、七尾洋子/櫻井淳子、兵藤兵吾/不破万作、吉川新平/林泰文、茅野太一/小野寺丈、高岡俊介/一條俊、星野康夫/白井滋郎、花原照子、浜田学、伊庭剛、恒松勇輝、古村比呂、渡邉甚平、千田訓子、前川恵美子、笹木俊志、杉山陽子、山下美紀、三浦憲世、石井亜可理、高橋知代、緒方ちか、村井信治/片桐竜次、すず/鷲尾真知子
 
◇ゲスト
mpg_001922176
高山サキ/花原照子
(昭夫の母・特別養護老人ホームの入居者)
mpg_000450527
鷲津啓介/浜田学
(自称経営コンサルタント)
mpg_002699722
高山昭夫/伊庭剛
(造園業者)
mpg_002766786
佐川富士夫/恒松勇輝
脅迫犯 写真担当
mpg_001064737
高山かおる/古村比呂
(昭夫の妻)
mpg_001086010
高山健人/渡邉甚平
(昭夫とかおるの息子・小学生)
mpg_000997762
千田訓子
健人の小学校の担任
mpg_000405183
前川恵美子
町内会
mpg_001118626
笹木俊志
材木屋
mpg_000885986
杉山陽子
うどん屋店員
mpg_002636681
山下美紀
三浦憲世
(児童施設の職員)
mpg_002887281
石井亜可理
養護施設
mpg_000802493
高橋知代
高山造園の事務員
「緒方ちか」の画像検索結果
緒方ちか
鷲津啓介の被害者?

◇あらすじ
京都市内で、造園業者・高山昭夫(伊庭剛)宅の物置小屋が半焼する事件が起きた。 消防車が到着する前に、昭夫と妻のかおる(古村比呂)が消し止めたが、現場から発火装置が発見され、悪質な放火と見られた。
高山かおるという名前を耳にした洋子(櫻井淳子) は、ビックリ。洋子は最近、特別養護老人ホームでボランティア活動をはじめたのだが、そこで知り合って友人になったのが、かおるだった。 洋子は、かおるは特別養護老人ホームに入居している認知症の姑・サキ(花原照子) のもとを週に何度も訪ねるほど心やさしい女性で、怨恨による放火など考えられないと主張する。
その後、おみやさん(渡瀬恒彦) を連れて高山家を見舞った洋子は、近所の主婦が町内会で集めた火事見舞金をかおるに渡しているところに出くわす。 だが、かおるは、その中の封筒のひとつを見て、息をのむ。
その封筒には、“ワシヅケイスケ”とカタカナで名前が記されていた。
ワシヅケイスケという名前を聞いたおみやさんは、10年前の女性恐喝逃亡事件を思い出す。 ワシヅケイスケ=“鷲津啓介”は女性をだまして情事を盗撮し、金をゆすり取っていた恐喝犯だった。 被害総額が3000万円にもなることから、鑑識を入れて徹底的に手がかりを探したところ、事件はとんでもない展開を見せた。 鷲津の部屋から、人間がひとり失血死するほどの大量の血液反応が検出されたのだ。 警察は、3000万円をめぐって仲間割れした共犯者を鷲津が殺害し、死体をどこかに隠して逃げたと考えていた。 それを聞いた洋子は、「かおるさんの家庭は、私の理想。彼女に隠し事などあるわけがない!」と反論する。
そんな中、おみやさんは、放火の犯人は、高山夫妻のひとり息子で小学生の健人(渡邉甚平) ではないかという近所のうわさを耳にする。担任教師によると、健人は昨年から不登校の状態で、10年前の両親の不和が彼の心に傷を残しているのではないかという。 実は、健人がまだ2歳のころ、かおるはサキと折り合いが悪く、一時期、健人を残して家を出たことがあったという。
10年前といえば、鷲津啓介が姿を消した時期と一致する。おみやさんは10年前の事件と高山夫妻は関係があると考えるが…!?