◇初回放送日=2016年4月23日 視聴率=%

◇サブタイトル
土曜ワイド劇場「森村誠一の棟居刑事9」 美女作家のニセ者は二度死ぬ?血痕が付着しない1冊の本の謎!!疑惑の男女4人に鉄壁のアリバイが…棟居刑事の偽完全犯罪

◇出演者
東山紀之、貫地谷しほり、浅見れいな、柴本幸、大塚千弘、葛山信吾、金子昇、天宮良、草薙仁、片岡弘鳳、足立智充、諏訪太朗、高橋春織、阿部薫、中川真桜、井上肇、羽室満、河屋秀俊、中野剛、川俣しのぶ、瀬戸将哉、小村裕次郎、植本さおり、橋本拓也、大草理乙子、康喜弼、枝光利雄、大嶋守立、真下有紀、河野マサユキ、岡村多加江、ふるごおり雅浩、星野美穂、西辻こずえ、稲輪吉泰、石塚良博、関口あきら、杉山俊介、司容熱子、秦中智鶴、大出俊、きたろう、森本レオ

◇キャスト
mpg_000599587
棟居弘一良/東山紀之
警視庁捜査一課警部補・刑事
mpg_001261895
神林一子/貫地谷しほり
神林の娘・文宝出版
mpg_000603958
神林武人/きたろう
警視庁捜査一課警部補・刑事
mpg_003352911
那須亮輔/森本レオ
警視庁捜査一課警部

◇ゲスト
mpg_005270480
檜山麗子/浅見れいな
(作家)
mpg_002625367
水野伸江/柴本幸
(河上の同棲相手)
mpg_000969311
高梨みどり/大塚千弘
(隼ツーリスト旅行代理店社員)
mpg_000461146
小幡明彦/葛山信吾
(文宝出版編集者)
mpg_002985349
河上辰男/金子昇
(フリージャーナリスト)
mpg_000541816
福永孝則/天宮良
(捜査二課刑事)
mpg_005084394
藤堂省造/片岡弘鳳
 「東西四季観光」の専務
mpg_003342929
村井豊/草薙仁
mpg_004499561
勝呂肇/足立智充
同級生
mpg_001953891
牧田康次朗/大出俊
(箱根旅館「おかだ」支配人)
mpg_005474090
田代/諏訪太朗
(相模原署刑事)
mpg_000231399
有本昌良/阿部薫
第一発見者 河上の大学時代の友人
mpg_001147908
長峰春夫/井上肇
旅先で偽檜山麗子に3万貸す
mpg_005434250
水野/河屋秀俊
伸江の父 15年前失踪
mpg_005447320a
檜山麗子/高橋春織
(学生時代)
mpg_005447320
水野伸江/中川真桜
(学生時代)
mpg_005314641
羽室満
装丁デザイナー
mpg_000350732
宮原晋吾/中野剛
刑事
mpg_005785552
吉川珠美/川俣しのぶ
ペットサロンの経営者
mpg_004963724
日高守/小村裕次郎
刑事部下
mpg_005762082
金森勇祐/橋本拓也
(目黒西署・鑑識係)
mpg_003555809
康喜弼
検視官?
mpg_001256514
編集長/瀬戸将哉
文宝出版
mpg_000235607
植本さおり
河上・水野の近所
mpg_005045744
大草理乙子
高梨みどりの目撃者
mpg_005003840
枝光利雄
聞き込み
mpg_000241080
大嶋守立
河上・水野の近所
mpg_004962886
河野マサユキ
聞き込み
mpg_000278440
吉住/ふるごおり雅浩
スーパー店長 伸江が退職
mpg_003025839
秘書/西辻こずえ
「東西四季観光」
mpg_001768198
真下有紀
(箱根旅館「おかだ」仲居)
mpg_001768064
岡村多加江
(箱根旅館「おかだ」仲居)
mpg_001756362
星野美穂
(箱根旅館「おかだ」仲居)
mpg_001972035
稲輪吉泰
似顔絵捜査員
mpg_005083778
石塚良博
関口あきら
(警視庁捜査二課刑事)
mpg_001210062
杉山俊介
刑事
mpg_004979434
司容熱子
聞き込み
mpg_004956143
秦中智鶴
聞き込み
古賀プロダクション
UNCUT
舞夢プロ
TEREBEE
       
◇あらすじ
フリージャーナリストの河上辰男(金子昇)の死体が、都内の自宅アパートで見つかった。臨場した警視庁捜査一課の刑事・棟居弘一良(東山紀之)は、血痕が霧状に飛び散った本棚の中に、一冊だけ血痕が付着していない本を見つけ、不審に思う。その本は、有名作家、檜山麗子(浅見れいな)の人気小説『湖上の恋』で、開いてみると著者のサイン入りだった。
同僚刑事・神林武人(きたろう)らは、事件発生直後から姿を消している河上の同棲相手・水野伸江(柴本幸)を怪しむが、棟居は血痕の謎が気になっていた。河上が殺されたとき、『湖上の恋』は本棚になかったのではないか。だとしたら、犯人はなぜこの本を本棚に戻さなければならなかったのだろうか。
そんな中、麗子が編集者の小幡明彦(葛山信吾)と共に、捜査本部がある目黒西署の捜査二課に相談にやって来た。実は、最近、麗子になりすました女があちこちで借金を重ねたり、旅館で宿泊代を踏み倒しているらしく、返済や支払いの要求が出版社に多数舞い込み、迷惑しているという。
「麗子に恨みを抱く人物は?」と聞かれ、小幡は旅行代理店勤務の高梨みどり(大塚千弘)の名を挙げる。『湖上の恋』の執筆にあたり、麗子はみどりに取材させてもらったが、彼女は本の内容が気に入らなかったらしく、「檜山麗子を許さない!」と編集部にクレームをつけてきたという。小幡が勤める出版社は、奇しくも神林のひとり娘・一子(貫地谷しほり)が勤めている会社でもあった。
その矢先、伸江が自ら出頭してきた。彼女はペットの猫を亡くしたショックから体調を崩し、アパートを離れ神奈川県内の実家に帰っていたと主張。自分は事件とは無関係であり、昨夜のニュースを見て急いで出頭してきたのだと話す。とはいえ、実家はすでに誰も住んでおらず、伸江のアリバイは証明できなかった。
しかし、伸江は気になることを口にする。河上は自分と同棲していながらも、別に女性がおり、その相手の名は高梨みどりだというのだ。麗子の詐欺事件で疑わしい人物として浮上したみどりが、死んだ河上とつきあっていたとは…。奇妙なつながりに、棟居らは驚愕するが…!? 
その後、事件関係者のひとりが遺体となって発見された上、またしても麗子の偽者が出現する。はたして連続殺人の犯人は誰なのか…!? そして人気小説家になりすました女の正体は…!?